さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


雑木林に暮らす(Archives) › みなみのふうけい

2007年01月16日

サクラ祭りがやってきた

  
今週の土曜日から サクラ祭りが はじまる
さすがに 海開きは まだだ   寒い!
 


ひとあし お先に 失礼します・・・・というところか
サクラの木の下で 陣をとり 飲めや歌えや・・の習慣は まったくない



咲いているのは ひとにぎりの木だ   
暖冬のせいらしい

寒さが こないと 咲かないのが「寒緋サクラ」だ  北から咲いて南へと下る
なぜか ソメイヨシノは 育たない


ハラハラと花びらは 散らない  下向きに咲き ポトリ・・とおちる  
一応 小さなサクランボも なる    
なにごとも控え目か・・・ わたしとおなじ



まつりは まだなので 駐車場は ガラガラでした
近くでは 梅が咲いていた   台湾産の梅だ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・* たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。


       にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ    


Posted by カワセミ@旅人 at 06:00みなみのふうけい

2008年01月01日

風景の散歩道-6





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・* たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。


      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ  
  


Posted by カワセミ@旅人 at 14:40みなみのふうけい

2009年01月17日

カムイ外伝のロケ地





「カムイ伝」という忍者ものの漫画があった。
今から40年ほど前だからずいぶんと昔になる。
作者は「白土三平」という人だった。
少し「馬場のぼる」に風貌(ふうぼう)は似ていた。知る人ぞ知る野山の好きな「ナチュラリスト」でもある。

「カムイ伝」は「ガロ」というマニアックな漫画月刊誌に連載されていた。
当時の「ガロ」の値段はたしか・・他の漫画月刊誌よりも少し高かったと思う。

それは学生のころだが、同じ下宿の隣の部屋に「ガロ」の大ファンという友人が住んでいた。
その友人は毎月「ガロ」を買うので、いつも彼のあとに遠慮がちに見せてもらっていた。

「ガロ」には「勝又進」、「池上遼一」、「つげ義春」、「滝田ゆう」そして「水木しげる」などが出稿していた。
みんな個性も強く、特徴的な漫画家でもあった。
とくに「つげ義春」はひときわ不気味な漫画を描いていたのを覚えている。

なぜか「勝又進」の4~8こま漫画が大好きだった。
傑作中の傑作でもあったと思う。とにかくブラックユーモアがあって笑わせた。

白土三平の「カムイ伝」は今なお人気が衰えていないようである。
番外として「カムイ外伝」というのもあった。これがその映画の原作になったのだろう。

沖縄本島の北、東海岸の太平洋側で昨年の5月にロケセットが作られた。
そして偶然そこに居合わせたのである。



何のことはない。自分の車を写そうと思って、それなりの雰囲気のある海岸を選んでいたら、「カムイ外伝」の誰かさんもここを選んでいたのである。

およそ沖縄のサンゴの白い砂とエメラルドグリーンの海にはほど遠い。
でもこのあたりの海にはジュゴンも生息し、冬にはクジラも回遊してくる所でもある。



「日本縦断」の今年の出発として写したスバルの「フォレスター L.L.Been」だった。
このフォレスターは往路、那覇新港から福岡の香椎浜港に上陸し、復路は函館空港から苫小牧まで陸路・・そして苫小牧港から那覇新港に無事もどってきたのである。

「カムイ外伝」のロケ地にフォレスターということでなんとも不思議な取り合わせである。
このロケのセットは今でも保存しているらしい。

ところでこの「カムイ外伝」の映画はもう終わったのだろうか(失礼ながら・・映画での興味は全然ない)。
やはり白土三平の漫画のほうが一番いい。
                   
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・* たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。


          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ  
  


Posted by カワセミ@旅人 at 20:58みなみのふうけい

2009年04月11日

コンデジで飛行機




特にどう・・ということはないのだけれど、ちょっとした「遊び」である。
このブログの画像はすべてコンパクトデジカメ「カプリオGX]で撮っている。そこで飛行機を撮影してみた。



場所は海岸である。ちょうど逆光になってしまったが、なんとなくいい雰囲気になった。



かなり接近・・というよりも飛行機のほうが着陸体勢にはいっているので、低空飛行である。



ここの海岸からは民間機、自衛隊機、米軍機なども見られる。他人ごとながら一体どのような縄張りになっているのだろうか。飛行機が入り乱れている。
優先順位があるそうだが、「民間空域」だけにしてほしいものだ。
                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・* たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。


      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ    


Posted by カワセミ@旅人 at 10:19みなみのふうけい

2011年05月03日

早くも梅雨入り




しばらく留守にしていた。
羽田空港のロビーで沖縄地方の「梅雨前線」のニュースを聞いた。
先月の30日にはもうすでに「梅雨入り」していたようだ。



今年は早かった。昨年は確か連休明けの頃だったと思う。
これから6月の下旬までは我慢のうっとおしい天気が続く。
しかし農家にとっては「恵みの雨」ということだろうか。



庭のシークァーサーの花もすでに散り、実が小指大のおおきさになっている。
今年もあの「カミキリムシ」との戦いの時期でもある。
                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・* たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。


      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この「ブログ版」とは別にホームページを公開中↑↑雑木林に暮らす↑↑  


Posted by カワセミ@旅人 at 12:19みなみのふうけい

2012年12月19日

受水走水




↑ 「うけみず走る水」とかいて「うきんじゅ はいんじゅ」とよむ。
3回云うと舌をかみそうだ。 
玉城村(たまぐすくそん)というところにあって、今は南城市(なんじょうし)となっている。   
沖縄の「稲作発祥の地」として知られている。






↑ 石灰岩の割れ目から 湧き水がながれ、昔は田んぼをうるおしていたという。





↑ 海岸のちかくではあるが清水のせせらぎとなっている。





↑ つい最近までは草がおいしげり、ゴミだらけではあった。 
いまではきれいに整地整備されている。






↑ 田芋も栽培されている。





↑ 夏、このあたり一帯は「有料駐車場」になり、ビーチ客でにぎわうが冬の静かな時期に訪れたい場所のひとつでもある。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 09:15みなみのふうけい

2013年02月22日

煙霧の空





きのうの夕方の空は見事だった
二日間ほど黄砂(こうさ)のような天気で 遠くの景色もよくみえなかった
新聞をみると「煙霧」(えんむ)とかかれていた



かわいたこまかいチリが空気中にただようらしい 
空気が乾燥しているとおこりやすい  いうなれば「スモッグ」と同じ
それと関係あるのかどうか・・よくはわからないが あまり見たことのない空が出現した
珍しい雲の羅列(られつ)である
イワシ雲はみたことがあるがここでこのような雲はきわめてめずらしいのだ



たしかにめずらしい  
沖縄に異変でもおきるのか・・と思いそうである
そうだとしたら怖い現象だ  
今朝の天気は晴れの予報だが空気はかすんでいる
気温は24℃ またきょうも暖かい一日となるだろう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑
                     


Posted by カワセミ@旅人 at 11:00みなみのふうけい

2013年11月21日

イヌとバナナ




↑ 脱水症状・・?   日射病・・??   いき倒れ(ゆきだおれ)・・???





↑ 道のまんなかで  どうどうと寝ている 
あさ寝して ひる寝して ときどき起きて いねむりをする・・・ワンちゃんなのだ
日焼けしている・・・とだれかさんが 云っていた





↑ バナナの木の下には おうちがあった  
なんとなく スヌーピーの家みたいだ
あまりにも暖かいので ついウトウトしてしまったようだ  
車も めったにとおらない いなかの道での スローライフ生活である  
バナナが 大好きかもしれない


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 20:41みなみのふうけい

2014年02月01日

南のヒマワリ畑





    寒い北国とは違い今が満開となっている
ヒマワリ畑である 
ここは北中城村(きたなかぐすくそん)の安谷屋(あだにや)という所  
那覇市からは車で30分ぐらいだろうか  
近くには自然遺産(建物)の中城城址(なかぐすくじょうし)や古民家の「中村家」もある 






    ↑北海道の北竜町のヒマワリ畑とはくらべものにならない。
けれども、約2万3千本のヒマワリが今を盛りに咲き誇っている 






    小柄(こがら)なヒマワリである  
ミツバチも一年中働くことができる
働きすぎは体によくないがミツバチくんにとってはどうなんだろう??
ヒマワリの種のできる頃 エゾリスたちをここに連れてこようか。 






    昨年の5月に種をまいたが台風で全滅したらしい
10月に再度種をまき見事に花開いた 
土地の広さは約3千平方メートルという
もともとはサトウキビ畑である
ここに暖地性のラベンダーなどを植えると「南の富良野 美瑛」になる・・かもしれない  
ヒマワリは毎年続けるという


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 14:49みなみのふうけい

2014年04月28日

サクラ祭り



   

さくらまつりが はじまった  
きょうは あいにくの大雨だ  雷雨 注意報もでている 
新聞には 「桜まつり」と「雪まつり」の宣伝が なかよく のっている
「スキーツアー」そして 「横浜対中日」の プロ野球の試合も・・
北と南は がんばってるね
 
ちなみに 桜まつりの広告 「八重岳」は 「やえだけ」という 
「今帰仁」は 「なきじん」とよむ   
今帰仁村 (なきじんそん)では スイカの 早だしも正月から
はじまっている   
あぁ・・・春と夏もちかい
 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 07:20みなみのふうけい

2014年11月06日

海水発電所−2





この発電所は「電源開発株式会社」が所有している。
2004年に民営化され、10の全国の電力会社(北海道電力から沖縄電力までの大手電力会社)に電力の供給をしている。
全国の地熱、水力、風力、火力、原子力(建設中の大間原発)等の発電所を受け持っている。
詳しいことはこの会社のホームページを見るとよ~く分かる。



海水を右側の太平洋から汲み上げて、山側の貯水池(調整池)に溜める。
太平洋が下部放出池になる。まったく池の設備の必要もない。



これが海側の海水である。太平洋につながっている。
この海水を汲み上げている。いわば無限にある海水を繰り返し使える。
この日の見学では、近くから見ても遠くから見ても水の色はとてもきれいだった。
消波ブロックの外側の海中を見ると「テーブルサンゴ」がたくさんあった。
どこかの国のサンゴ密漁船に狙われるかもしれない。



こちらは山の上にある八角形をした「貯水池」である。
説明では東京ドームの広さとほぼ同じらしい。周囲は848メートルとのこと。
深さは20メートル以上ある。ちょうどこの時は満水状態だった。
時間をかけながら最大3万キロワットを発電することができる。



このあたりは「ヤンバル」という森の一部なので天然記念物の動物、昆虫類も数多く見られる。
しかし簡単に見られるというわけでもない。
でも偶然に出くわすことも多々ある。
またつづく・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 18:17みなみのふうけい

2014年11月07日

海水発電所−3





発電所の「建屋(たてや)」は地上から130mほどの地下にある。
エレベーターに乗って降りた。
その「建屋」は地下の空洞の中にあって、発電機の「組立て室」は海面下15メートルの位置にある。
原発の「建屋」とはえらい違いだ。



「建屋」の内部である。
幅16m、高さ32m、長さ40mの空洞内に収まっている。



「送電」や「運転制御」は50キロ以上も離れている「うるま市」の「石川石炭火力発電所」で行われている。
「遠隔操作」での制御ということだろう。



「放水口」のある海岸まで職員に案内してもらった。
「放水口連絡トンネル」である。200メートルはあるだろうか。
この下に海水の通る「放水路」がある。



津軽海峡トンネルのミニ版のような感じがした。
上を見上げると小さな鍾乳石のツララが何本も垂れ下がっているのが見えた。
つづく・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 09:56みなみのふうけい

2014年11月08日

海水発電所−4





「建屋」を通って、長い「放水口トンネル」を200mほど歩いた。
かなりの距離である。



そしてこの「放水口」の先、行き止まりの大きな扉を開けてもらった。
「ひらけ~ゴマ!」と云っても開かない。
外は海岸に通じている。
海抜130mほどのところからエレベーターで降り、建屋の中を見渡して、放水口トンネルを歩き、この扉を開けたことになる。



扉を開けた出入り口が真ん中に見える。
ここの防波堤は海抜1メートルの海岸線・・ということだろうか。



遠くから見渡すと矢印のところに立ったわけである。
この山の上に発電所の建物があって、山の洞窟に建屋や「放水口トンネル」が隠れている。



目の前は消波ブロックで囲まれた天然の放水池、太平洋の一部である。
「汚染水」とは無縁の環境にある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 07:52みなみのふうけい

2016年02月20日

サトウキビシーズン


2015/03/20
砂糖キビポッキー
サトウキビ収穫のシーズンが真っ最中である。葉を刈り、幹を束ねて運ぶ。肩にズシリとくいこむ。軽そうにみえるが、なかなか重い。甘い汁を求めて野ネズミも多いが、それを追いかけてハブも出没する。キビの幹をカマなどで切っていると、間違ってハブの胴体を切ってしまうこともある。嘘か誠かそういう話も…




サトウキビの説明は上の記事にそれなりに書いています。
(下線をクリックするとその記事になります)


毎年、一月下旬頃から「キビ刈り」のシーズンが始まる。
最近は健康志向の影響もあってか、徐々に「黒糖」の人気も高まっているそうだ。


この日はどんよりとした曇り空だった。
奥の小さな林を抜けるとすぐにも海岸だ。
白い砂浜が広がっている。


葉を刈ったサトウキビ。
ズシリと重たい。


刈り取ってもまたサトウキビが生えてくる。
今日は大雨をともなう低気圧が足早に過ぎ去って行った。
明後日には発達しながら北海道の道東沖に居座るようだ。
大雪になるか北海道。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 16:55みなみのふうけい

2016年03月02日

ワルミ大橋




沖縄本島の北に「ワルミ大橋」という橋がある。
沖縄本島と「屋我地島」を結ぶ橋でもある。



この運河のような川(?)は「ワルミ海峡」と呼ばれている。
東シナ海と風光明媚な羽地内海とがつながっている。
台風時の船舶の避難場所の通り道にもなっている。



「ワルミ」とは方言、「割れ目」という意味である。
ワルミ大橋は今帰仁村(なきじんそん)から屋我地島(やがじじま)に通じる県道248号線上にも位置している。



橋の全長は315キロ・・ではなくて315メートルとなっている。
なかなか景色の良い所でもあり、ひなびた田舎の風景も見られる。



このワルミ大橋を渡って屋我地島に着くと、さらに古宇利島(こうりじま)に渡ることもできる。
見えているのは全長1.96キロの古宇利大橋である。
海の上を爽快に走って古宇利島名物の「ウニ丼」を食べに行くのも悪くはない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 19:04みなみのふうけい