さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


雑木林に暮らす(Archives) › どうぶつと昆虫

2007年01月23日

ヤギさん再登場



また ヤギさんの登場です


ヤギは 意外と 気の強い どうぶつです


前回は 右側だったが こんどは左側・・やはりこちらも 清潔である
  

どこか 中央アジアの 山岳地帯に いそうなヤギだ
  
ヤギのことを 宮古島の方言で 「ピンザ 」という 
洗顔石鹸 とても使いごこちは いいとのこと  
そういえば 牧羊猫の  三毛猫ちゃんは 元気だろうか・・・  


                              *昨年(12/14)の記事を再投稿しました
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも
      見ることができます(ポインタをあててクリック) 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ  


Posted by カワセミ@旅人 at 14:00どうぶつと昆虫

2008年11月07日

ログハウス事件簿⑥





<今年もスズメバチ>


二年前にもスズメバチの巣があった。
今回もしっかりと巣作りされていた。いつ見ても見事な巣作りである。



昨年は寒さのせいかほとんどスズメバチを見ることはなかったが、今年は違っていた。寒いにもかかわらずスズメバチは活発に活動していた。
また今年も手作りの「スズメバチ捕獲器」を木にぶらさげていた。見ているとどうもなんとなく我が家のほうから飛んできているようだ。一昨年は薪置き場からだった。



薪置き場やひさしなどをのぞいてみたがわからない。そこで一匹のハチを追った。どうやらベランダからきているようだ。ベランダから降りるときの踏み台である。

ひっくりがえしてみると案の定である。まだ巣作りの初期のようだった。ソフトボール大のおおきさである。これでソフトボールをするわけにもいかない。みんな逃げてしまうか・・。



個人的にはこの巣を大きく育てよう・・と思ったがそうもいかない。完全装備で駆除することにした。
巣の中心の穴(入り口)の中に噴射する。バタバタバタ・・と騒ぐ声が聞こえる。
まったくこのあたり周辺はスズメバチが多い。なにもしなければおそってくることはまずないが・・。
気をつけよう・・オレオレ詐欺とスズメバチ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ  


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  


Posted by カワセミ@旅人 at 09:16どうぶつと昆虫

2009年05月13日

ゴマダラカミキリムシあらわる





季節はめぐる。
今年もまたゴマダラくんが頼みもしないのにやってきた。
昨年のものを見るとまさにピッタシ、この時季である。ここをみると(ゴマダラカミキリムシの発生)わかる。



ミカンの木をボケーと眺めていたら動くものがあった。
不吉な予感は当たった。さっそく皮手袋をして捕まえた。ミカンにはトゲがあるので、皮手袋が必要だ。

この恐怖の記事(ゴマダラカミキリムシの恐怖)もある。
ミカンの木のダメージもいまだに回復していない。



今年度、第1号の記念すべきカミキリムシということになる。
これから毎日、梅雨に向けて長い闘いがはじまる。天敵は人間以外にはいないのだろうか。いつも同じことを思う。 

                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ  


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  


Posted by カワセミ@旅人 at 09:05どうぶつと昆虫

2009年06月20日

雑木林の昆虫たち・その2

                     



↑ シラカバの木の葉にたくさんついていた。
「ハンノキハムシ」の幼虫らしい。葉を食害する。最初に見たときは「シジミチョウ」の幼虫かな・・と思って喜んだが残念でした ↓





↑ こちらの毛虫くんはよくわからない。
すってんころりんと死んでいたが、とても美しい毛虫だ。ミズナラを好む「クロテンシャチホコ」の幼虫に似ている。

                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ  


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  


Posted by カワセミ@旅人 at 06:07どうぶつと昆虫

2009年07月26日

ゴマダラカミキリムシを楽しむ





毎年、この「ゴマダラカミキリムシ」に悩まされていた。
梅雨の時季に現れて梅雨明けの頃には見かけなくなるがかなり手ごわい相手でもある。

ミカンの木にとりつく「天敵」としてここら周辺の世間を騒がしている曲者だ。今年はかなり少なくなってはいるが、近くの「シークァーサー並木」も食害されてほとんど枯れてしまった。



このブログにも「動物と昆虫」のカテゴリーの中で「ゴマダラカミキリムシ」をのせている。カミキリムシのあけたミカンの木の穴は圧巻でもある。1~2年間は木の中でのんびりと暮らし、その後、大きな穴をあけて外にでてくるという。

ミカンの木はもちろんのこと「ガジュマル」、「ベンジャミン」、「ゲッキツ」、「ツゲ」なども被害にあうが、あまりこちらの木は好みではないようだ。



捕獲したゴマダラカミキリムシの小集団である。左側がオス、右側がメスだ。
メスの大きさはオスの1.5倍から2倍ほどある。このメスがミカンの樹の表皮の内側の部分に卵を生みつける。



これが卵である。「玉子焼き」には無理である。
メスの腹の中にいくつも入っている。10個はくだらない。この卵が孵化(ふか)して幼虫が生まれる。幼虫は幹の表皮ではなくて、幹の本体をかじって穴をあけていく。

粉のような削りクズがでるので、すぐに被害の状況がわかる。成虫は枝や葉なども食害する。このカミキリムシを食材にすると、きっと「ミカン味」かもしれない。



まだ小さい幼虫だが、5~6センチほどの大きさに成長していく。それにともなって幹も食べられ、幹の内部にトンネルをつくって深く入り込んでいく。

穴に細い針金などを入れて幼虫を刺したり、かきだしたり、殺虫剤を流し込むといいのだが、早期発見に勝るものはない。つまり根気よく成虫を見つけては、そのつど捕獲することが一番いい。朝、昼、夕方・・と一日3回は見回らなくてはならない。かなり忙しい。

カミキリムシは動作は緩慢である。飛んでいる姿などはお世辞にも上手とは思えない。飛ぶのは苦手のようでもある。

手の届かない高いミカンの木に止まっている場合は、細長い棒をそっとカミキリムシに近づけて「コチョコチョ・・」と、くすぐるような感じで葉や枝やカミキリムシに触れるとその棒に移動してくる。
そしてそっとその棒をおろしながら・・やっこらさ・・と片方の手で捕まえる。とても面白く、簡単に捕まえることができる。



またカミキリムシは、驚くと下に落ちる「逃避行」の性質をもっている。あらかじめ捕虫網で受け取るようにしておくと、たやすく「ご苦労さま」と網の中に入っていただける。



カミキリムシは薄い「紙」や「髪」を切ることも得意なようでもあるが、ここはためしに試してみたが下手だった・・。
美しい文様なので、昆虫標本には似つかわしい虫でもある。

                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ  


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  


Posted by カワセミ@旅人 at 09:07どうぶつと昆虫

2009年08月05日

コムラサキ






「コムラサキ」という蝶々である。
似たような名前の「エドムラサキ」は海苔の佃煮だ。「コムラガエシ」・・というのも全然関係ない。


この「コムラサキ」は雑木林の周辺で良く飛び回っている。素早い飛び方だが道端や木の幹に止まる。花にはあまり止まらないようだ。




木の幹に樹液がでていたり、甘い汁(しる)を塗りつけておくとそこに止まる。他の虫たちがいても平気で吸い始める。
スズメバチの捕獲器にも「甘い汁」に惹きつけられてやってくる。人間の世界でもさることながら、昆虫の世界でも「甘い汁」には弱いようだ。




偶然にも捕獲した大きな「カタツムリ」の袋を水道栓にぶら下げて置いていた。そのくさいニオイにひかれたのか、やってきてしきりに吸水(?)しようとしている。




洗濯バサミのところにはクモがいる。
クモはジッとしてコムラサキを狙っているように見える。




このコムラサキに似ている蝶に「オオムラサキ」がいる。
「オオムラサキ」は日本の蝶、「国蝶」として不動の地位にあるが、「コムラサキ」とて負けず劣らず美しいチョウだと思う。




オオムラサキの食樹は「エノキ」(北海道ではエゾエノキ)になるが、コムラサキは「ヤナギ」である。
そういえばこの雑木林にもヤナギが生えている。この葉に卵を生みつけて育っているのだろう。




時々陽射しに反射して紫色に光る。この色が濃い場合は「オス」のチョウである。




紫のハネが美しい。
草花や樹木に静止する蝶の姿のほうが美しいのだが、腐りかけたもの(発酵)に興味をしめすチョウの姿も・・美しい・・かな。


                     

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ  


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  


Posted by カワセミ@旅人 at 10:00どうぶつと昆虫

2009年12月29日

ゴマダラカミキリムシの恐怖・その後





これが天下の「ゴマダラカミキリムシ」だ。
毎年カミキリムシが呆れるほど捕れている。
その一部は「つくだ煮」として東京界隈の老舗に出荷している・・?

後ろ髪をひかれる思いだった。
北に旅立ったが、南に戻ってみると案の定「ミカン」は無残にもその後の被害にあっていた。



↑ 庭にはミカンの「シークァーサー」の木を何本か植えている。
その根元には木屑がふきだしていた。おびただしいほどの木屑である。
あきらかにカミキリムシの幼虫の仕業である。
「幼虫」はやはり「ようちゅう・・い」要注意・・・である。←オヤジギャグ



↑ かわいそうなシークァーサー・・泣きたくなる。
まだまだカミキリムシの完全駆除にはいたっていない。毎年、飛来してくる回数は少なくなっているが、卵を産みつけられると手に負えなくなる。

まるであたかも「在沖米軍基地」と同じである。
いったん居座ると我がもの顔になる。
まだまだ「核貯蔵施設」もどこかに隠しているに違いない。カミキリムシの「卵」も木のどこかに隠されている。アメリカとカミキリムシは親戚だ・・。



↑ きれいに木屑を取り除くとみごとに喰われていることが分かる。
穴を見つけて細い針金を挿入して「コチョ、コチョ・・」とくすぐってみる。中にまだ幼虫がいたら突き刺すことができる。
念のためその後はカミキリムシ用の殺虫剤をシュッとふきつけた。



↑ 別のシークァーサーでは根っこが被害にあっている。
むきだしの根っこに卵を産んだようだ。ところかまわずなので被害甚大である。



↑ まだほかの「四季柑(シキカン)」の木にも巣喰っている。
しかしミカン類は今回は珍しく丈夫である。
弱ってはいたが徐々に回復の兆しを見せ始めている。
以前は木も小さかったのでずいぶんと枯らしてしまったのだが、堆肥をいれて樹勢回復に努めている。
「アメリカ」は嫌いだ・・いや違った、「ゴマダラカミキリムシ」は嫌いである。

                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  


Posted by カワセミ@旅人 at 17:14どうぶつと昆虫

2010年04月27日

今年もゴマダラカミキリムシ





冬ごもりの虫たちがゾロゾロと姿をあらわす「啓蟄(けいちつ)」もすでに過ぎてしまった。
やはり・・である。
シークァーサーの花も終わって実をつけ始めている矢先、やっぱり・・である。
ミカンの木の中に住んでいた。ポッカリと穴を開けて出てきた。



ゴマダラカミキリムシの「食害」がはじまっている。
ミカンにとっては天敵の昆虫でもある。
「ゴマダレ」は好きなのだが・・「ゴマ」のはいったカミキリムシにはホトホトまいってしまう。



これで3匹目になる。
隣近所や街路樹にはシークァーサーの木がある。またまた協力し合ってこの虫を駆除しなければならない。
昨年のダメージも大きくて2本のミカンの木は未だに回復していない。
枯れてはいないが食害が痛々しい。



昨年のカミキリムシである。
昆虫としての姿、形はとても美しい。しかしこれを放置しているとミカンの木を枯らしてしまう。
アゲハチョウのように「少しだけ葉を食べさせてください・・」という程度ならかまわないのだが・・まったく「カミさん?」には困ったものである。





↑ ↑ ホームページHPを公開中 


                     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  


Posted by カワセミ@旅人 at 05:51どうぶつと昆虫

2010年08月20日

エゾミヤマクワガタをまた発見





スイカを置いていた。
またやってきた。



今度のクワガタはこの前のものよりは少し小さい。
6センチほどだった。



頭のノコギリが少々交差している。



他の虫たちも三々五々やってきた。
                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




↑ ↑ ホームページHPを公開中 

  


Posted by カワセミ@旅人 at 05:51どうぶつと昆虫

2010年09月03日

果物に群がる昆虫たち





果物の食べ残しにさまざまな昆虫たちがやってくる。
匂いがそうさせるのだろう。
特に腐りかかった「臭い」にはチョウたちが敏感だ。



ところがまさか一番にエゾリスがやってくるとは思わなかった。
エゾリスは匂いよりも見た目や味かもしれない。



黒い貴婦人の「キべりタテハ」である。
昨年は「コムラサキ」もきていた。今年もちょくちょくやってはくる。
でも今年はこのキベリタテハの数が圧倒的に多い。



食草を調べると「シラカバ」などである。
このあたりの雑木林にはシラカバも結構多い。
だいたいが高いところを敏捷に飛び回り、あまり地面のほうに下りてこない。



それにしてもよく群がるものだ。
腐りかけた果物は発酵アルコールのようなものかもしれない。
酔っているのか、近くで羽根をさわってもなかなか逃げない。



夢中で果物を食べたので体が重い。
近くの朽木に止まってひと休みである。
                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




↑ ↑ ホームページHPを公開中 

  


Posted by カワセミ@旅人 at 06:31どうぶつと昆虫

2010年09月12日

今度はカブトムシとクワガタを発見





またまたクワガタとカブトムシを発見した。
クワガタは雑木林の田舎道をのんびりと歩いていた。
風が強かったので木から落ちたのだろうか。
カブトムシのほうは「えさ場」の中にいた。



カブトムシの歴史を紐解くともともと北海道にはいなかったそうである。
今では北海道のどこにでもいるそうだ。
ここの「雑木林」のカブトムシたちはどこからやってきたのだろうか・・。



このエゾミヤマクワガタの角の形状にはいろいろとあるそうである。
「サト型」とか「エゾ型」とか云うらしい。
人間にも「O脚」とか「X脚」・・というのがあるので似てなくもない。



激しく動き回るのでひっくり返して寸法をみた。
7センチ以上あった。いままで捕まえたクワガタの中では一番大きい。
このあと自分で起き上がることができた。たいしたものである。



今までどおり少しだけ飼育観察をして、あとはこの雑木林に離すことにしよう。
                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




↑ ↑ ホームページHPを公開中 

  


Posted by カワセミ@旅人 at 12:59どうぶつと昆虫

2011年03月09日

旭山動物園のペンギンさん




あれほど嫌がっていたペンギンさん・・
水中ではとてもすばらしい泳ぎを見せてくれました



陸上でのヨチヨチ歩きはウソのようです



本当はこのペンギンさん、「ぬいぐるみ」です



水泳の北島選手が「ぬいぐるみ」をつけて泳いでいます
ないしょですょ・・



では、次は「アザラシ」くんのところに行きましょう・・つづく
                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・* たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。


      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





この「ブログ版」とは別にホームページを公開中↑↑雑木林に暮らす↑↑  


Posted by カワセミ@旅人 at 09:42どうぶつと昆虫

2011年05月10日

季節はゴマダラカミキリムシ






今年も「招かざる客」がやってきた。
この時期になると必ず現れる。
見た目はきれいな昆虫なのだがそのどう猛さには閉口する。



昨日の初日は4匹も捕まえてしまった。
ただただこのしつこさにあきれるばかりである。
毎年駆除するけれどもいっこうに減ってはくれない。



「ミカン」にとっては大の天敵でもある。
大きく生長した「シークァーサー」の木が枯れていくのはホント、痛ましい。
木の中に卵を産んでその幼虫は何年も木の中で暮らす。



狭い「牢屋」もいっぱいになることだろう。
いつも思う、天敵はいないのだろうか・・?人間様だけかな。
                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





この「ブログ版」とは別にホームページを公開中↑↑雑木林に暮らす↑↑  


Posted by カワセミ@旅人 at 20:05どうぶつと昆虫

2011年06月07日

アオダイショウ、木にのぼる





セミの声も聞こえてくるようになった。
遠くでは「チリ紙交換」の声も聞こえてくる。
ここも少しだけ都会になってきたかもしれない。

その声に押されるように雑木林の動物や昆虫たちの活動も活発になってきた。
ふと近くの樹木に目をやると・・なにやら動めいているものが見える。



どうやら長い物体である。
高い木の上で遊んでいるようだ。



「ヘビ?」・・・「アオダイショウ」みたいだ。
木をユラユラと揺すろうか・・とも思った。
周りの木や葉と同じような色になっている。ちょっと見た目では分からない。



最近、暖かくなってきたせいか・・ひなたぼっこをしているアオダイショウをよく見かける。
道路で、草むらで・・このアオダイショウで3匹目だ。
写真もたくさん撮らせてもらった。

さてと、どうしたものか・・それらのアオダイショウの接写を「ブログ」に載せようか載せまいか・・
明日からは「怖い、気持ち悪い・・」そんな「ブログ」記事になりそうです。
                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・* たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。


          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



この「ブログ版」とは別にホームページを公開中↑↑雑木林に暮らす↑↑  


Posted by カワセミ@旅人 at 15:49どうぶつと昆虫

2011年06月09日

アオダイショウ木にのぼる・その2




こんにちは。
日向ぼっこをしに、でてきました・・暖かくなってきましたね。
一匹目のアオダイショウさんはベランダテラスの下からニョッキリ出てきました。
おかげでネズミも見なくなっています。



今の時代、「クールビズ」には最適な襟巻きになる。
ひんやりとして気持ちよいかもしれない。
多分誰も近くには寄ってこないだろう・・逃げる。
沖縄の観光地では首にニシキヘビを巻いているそうだ。



二匹目のアオダイショウさんは道路の真ん中にいた。
危ない、危ない・・近くには天敵のカラスもいる、見つかったらお終いだ。
カラスは子育て中でもある。



遠くの雑木林に放すことにした。
しかし三匹目は木の上なのでこれはダメだった。
今年はずいぶんとアオダイショウやらキタキツネをよく見かける。
スズメバチも活動し始めているので注意をせねば・・。
                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・* たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。


          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



  


Posted by カワセミ@旅人 at 15:37どうぶつと昆虫

2011年09月05日

雑木林の動物と昆虫たち‐05





クモに捕まってしまった大きなトンボ。
「オニヤンマ」なのか「ギンヤンマ」・・「ルリボシヤンマ」なのか、トンボの名前はわからない。
どちらかというとこのトンボのほうがクモより強そうに見える。



クモの胴体はたっぷりと大きい。
雑木林では良く見るクモである。どうやら「オニグモ」の種類らしい。
このクモは「オニ・・」といってもかなり臆病なクモでもある。



季節はもう秋なのでトンボも多く見られるようになってきた。
山で暮らすトンボは里に下りてくるそうだ。
池をつくるとなぜか「イトトンボ」が最初にやってくる。



クモの様子をジ~と見ていると、上空にトンボを運ぼうとしている。
ミズナラの木の葉が上空の「隠れ家」になっている。



糸の網(網の糸?)をたぐりよせている。運び上手だ。
できれば「薪運び」もお願いしたいところだ。



そうこうするうちにその後、この巣は消失していた。
また別なところに巣をつくったのかもしれない。

                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




↑ ↑ ホームページHPを公開中 

  


Posted by カワセミ@旅人 at 08:04どうぶつと昆虫

2011年09月20日

クワガタがやってきた





クワガタがやってきた。
スズメバチはクワガタの背中にも上がる、それがうるさいのか追い払う。
スズメバチのほうはたじたじである。多分刺してもクワガタの鎧(よろい)は堅いので痛くも痒くもないだろう。




チョウの「シータテハ」も食事にやってきた。
昨年は「キベリタテハ」や「コムラサキ」がきていた。




よくみると小さなクワガタもいる。
腐りかけた(発酵した)果物が大好きである。
スズメバチもなぜか酔ってしまう。
足元がふらふらになって動きも緩慢になり容易に飛べなくなる。
一種のアル中か・・。




左側の「シータテハ」の羽の切り込みは独特である。
ボロボロになった羽、落ち葉の羽にも見える。
しかしこれは新品の羽である。




クワガタの大きな幼虫も時々見つけることがある。
地元の人の話ではこの辺り一帯はクワガタがよく採れたそうである。
山菜だけではなさそうだ。
さて、このあと更に大きなクワガタがやってきた。明日また・・。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




↑ ↑ ホームページHPを公開中 

  


Posted by カワセミ@旅人 at 18:27どうぶつと昆虫

2011年09月21日

クワガタがやってきた‐02





「餌場」はさながらにぎやかな銀座通り、歩行者天国になってしまった。
スズメバチも意気盛んである。
巣が近くにあったら困る。




今度はシータテハに代ってクジャクチョウである。
北国のチョウにしては派手な感じがする。




さらに大きな別のクワガタもやってきた。
クワガタはこの辺りではやはり多いといえる。
この夏に傍の道で轢かれているのも見ている。
「クワガタが車に轢かれる」というのも・・田舎ならではのことかもしれない。




大きいクワガタである。
まだ大きいのがいるかもしれない。




これは昨年の写真、体長は7~8センチほどだった。
クワガタのみならずカブトムシも昨年はやってきた。
今年はまだカブトムシのほうは見ていない・・車に轢かれてしまったのだろうか。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




↑ ↑ ホームページHPを公開中 

  


Posted by カワセミ@旅人 at 15:55どうぶつと昆虫

2012年04月21日

コノハチョウ




コノハチョウである。
今では県指定の天然記念物になっている。  
昔は家の周りや森林公園などでよくみかけた。
時代とともに食草が消えると生息域は限られてしまった。
チョウの育つ環境にとっては管理される「公園」など苦手である。
落ち葉があって「食草」が適度にないとチョウも育たない。





昆虫たちにとっては、それなりの野草のある環境が生命を育てる。
雑木林(里山)も同じである。
木の葉っぱのような形は「コノハチョウ」が羽を閉じた状態だ。木の葉っぱと見間違う。
模様にも個体差がある。 





さまざまなチョウたちである。  
コノハチョウは別として庭にやってきたチョウを採集した。
玄関にはいつも補虫網をおいていたが、もうあまり捕まえることもしなくなった。
「食草」をみつけてチョウの増殖のほうに興味がうつっている。
昔はトンボなども集めたものだ。
最近の子どもは「カブトムシ」なのだろうか。





↑↑エゾリスの画像をクリックすると新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
  


Posted by カワセミ@旅人 at 16:25どうぶつと昆虫

2012年04月22日

あら、ヤギさん






ヤギさんに会いに行きました。
なかなか探せなかった。でも会えてよかったよ。
よく見かけるようなヤギさんたちです。






ヤギミルクを飲んでみました。
ミネラル味?しょっぱい?濃厚?ヤギ味?      







オスのヤギ。      






牛・・??のようなヤギ。                 







先祖はラクダ?・・のようなヤギ。






たくさんのヤギが飼われていました。




エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑


                    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
  


Posted by カワセミ@旅人 at 13:45どうぶつと昆虫

2012年04月22日

ゴマダラカミキリムシの発生





連休明けから梅雨の時期に入る頃、必ずこの「ゴマダラカミキリムシ」が現れる。
模様の美しいカミキリムシではあるがミカンの天敵である。地域一帯のミカンの木が枯れるほどである。


ミカンやクワ、ベンジャミンなどの木に卵を産みつけては知らんフリをする。
卵の数も多い。許せない。まったくもってやっかいな昆虫である。
昔はこの昆虫の駆除のために「懸賞金」を出したそうだ。「ウォンテッド」お尋ね者だ。






何本かのシークァーサーの成木を枯らしたことがある。
成木から木屑(きくず)をだして幼虫は育つのだがその食事の程度をわきまえない。
成虫は幹や枝の若くて美味しいところを食害する。大変な美食家でもある。時には数十匹も捕れることがある。


この時期は朝晩何回となく見回りを余儀なくされる。
ただこのカミキリムシの動作は、はなはだ鈍い。いとも簡単に捕獲できる。飛ぶのは苦手のようだ。飛び方は甲虫のそれのようにきわめて下手である。


天敵がいてもよさそうなものだが、鳥たちも捕獲しようとはしない。
近くにはイソヒヨドリやタイワンシロガシラなどのつわものもいるのだが、いまだに捕獲する姿をみたことがない。






このゴマダラくんを駆除するにはもちろん捕殺することが一番だ。
専用の農薬スプレー缶もある。木屑のでているところは幼虫駆除としてガムか真綿などでふさいで窒息死させる方法もある。
さらに根元にその被害が多いので布などを厚手に巻いて、そこに卵を産ませる方法もある。


とにかく毎年、悩みの多いやっかいな昆虫である。そしてそろそろシロアリの結婚飛行の時期も始まるので油断ができない。




エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
  


Posted by カワセミ@旅人 at 14:01どうぶつと昆虫

2012年05月12日

多摩川のタマちゃん



多摩川の河川敷になる。
確かアザラシの「タマちゃん」で有名になったところだ。
川が増水してホームレスの方がヘリコプターで救出されたこともあった。


橋の向こうは東京の大田区、ここは川崎市になる。
橋のすぐそばには「田園調布交番」がある。なぜか「警視庁」という枕詞文字はなかった。
「交番」には警官がいた、とても珍しい(沖縄ではほとんどが不在)。





ゴマアザラシのタマちゃんは見つからなかった。
しかし、別のタマちゃんがいた。
3匹いたが、一匹はサァ~と逃げた、用心深い。
このタマちゃんは逃げなかった。悠然として立ち止まっていた。


よくみると毛並みもいいし気品もある。
聞いてみると「ニャ~ォ・・田園調布からきましたのよ・・」という。




こちらの「タマちゃん2号」はゆっくり足で逃げたが、立ち止まりながらのひなたぼっこである。
もう一匹の一目散に逃げた猫も、きっと田園調布のどこかで様子をうかがっているにちがいない。





エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

  


Posted by カワセミ@旅人 at 16:31どうぶつと昆虫

2012年06月06日

アオタテハモドキ




小型の美しいチョウである。
でも名前が「・・モドキ」ではかわいそうである。
低空飛行の得意なチョウである。あまり高いところを飛んでいない。
地面に止まっては飛び上がり遊んでいる。





オスのブルーに輝く色はきれいだ。
メスは茶色っぽい地味な色をしている。
食草は「イワダレソウ」、「キツネノマゴ」などといわれているが、どちらかというと「オオバコ」に産卵する。
食草の範囲は広いのかもしれない。
右側のチョウは「ツマムラサキマダラ」、左の白いチョウは「ツマベニチョウ」である。





アオタテハモドキは特に珍しいチョウではない。
一匹(一頭というが・・)見つけると近くに数匹が群れている。
動作は鈍いほうにはいるかもしれない。




エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

  


Posted by カワセミ@旅人 at 06:40どうぶつと昆虫

2012年06月08日

リュウキュウムラサキ




「リュウキュウムラサキ」というチョウである。   
何年か前に近くの雑木林の中で飛んでいた。
このチョウは台湾などから飛んでくる迷蝶(めいちょう)に分類されていた。しかし、近ごろでは沖縄本島や石垣島、日本最西端の与那国島などに定着している。 
食草はサツマイモの葉っぱである。
サツマイモを植えておけば産卵のためにやってくる。




エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

  


Posted by カワセミ@旅人 at 05:23どうぶつと昆虫

2012年06月10日

キタキツネ




キタキツネだ。
素早く接近し、素早くパチリ。





キツネは「警戒心」もあったがわたしもキツネになって・・・近づいた。
子ギツネのほうは逃げてしまった。





なんとなくのんびりしている。
そのあと、すぐに起き上がって別なところに移動した。
太いシッポである。きっと襟巻きにすると暖かいだろう。 
なんとなくそのシッポを足で踏んでみたい衝動にかられた。


*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 18:23どうぶつと昆虫

2012年08月11日

キオビエダシャク





↑「キオビエダシャク」という美しい「蛾(が)」がいる。
「蝶々」といってもいいぐらいだ。
この梅雨時期になると必ず飛び交う。それも梅雨の合間をぬって蝶のように日中の活動をする。
結構すばやい飛び方をするけれど、容易に捕虫網でとらえることができる。






↑「イヌマキ」、方言で「チャーギー」というが、この樹木に寄生している。
いわば「害虫」である。たくさんの幼虫は葉を根こそぎ食い尽くして枯らしてしまうことが多い。






↑これが幼虫だ。シャクトリムシでもある。
葉をゆするとたくさんのシャクトリムシが落ちてくる。
口を開けながら上を向いて作業をすると、口の中に落ちてくるので要注意でもある。
この虫は口から糸を吐いて枝や葉にぶらさがる。
危険を逃れた虫は糸を伝って、もとのところに戻っていく。






↑多いときには、何百となく発生してぶら下がる。
その光景は圧巻にして・・不気味でもある。
イヌマキは材も堅くシロアリにも強いので、昔から重要な樹木として知られている。
県外の「コウヤマキ」や「ラカンマキ」と親戚同士だ。






↑天敵はアリや小鳥たちらしい。
しかし、あまり美味しくないのか見向きもしない。
小鳥たちに食べられないように毒素を蓄えているのかもしれない。
この蛾は「シャクトリムシ」から「さなぎ」になる。さなぎになるとは土の中で生活をする。蝶のように葉や枝にはぶら下がらない。
やっかいな害虫だが、標本にしても良いほどその成虫の姿は華麗である。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 15:57どうぶつと昆虫

2012年08月17日

ヒグマを捕獲する・その2





「ヒグマを捕獲する・その1」のつづきです。
注:2012年8月現在、「その1」はあまりにも残酷シーンが多過ぎるので再掲載は考慮中・・


「ヒグマ」は野生動物の頂点に位置しているそうだ。
そうすると天敵は「人間」だけということになる。
「百獣の王」はライオンといわれるが北海道では「羆(ひぐま)」になるだろう。
ヒグマは「熊」ではなくて「羆」という字を書いている。






聞くところによると明るい時には「デントコーン畑」にやってこないそうである。
ヒグマの「ワナ」も明るいときにはよく分かるそうだ。
人を恐れて夜に行動するわけだから結局「ワナ」にはまってしまう。


ヒグマではないが昨日の新聞に、あまりにもエゾシカが増えすぎて「食害」は甚大・・とあった。
確かにここでも「食害」ではないが、エゾシカとの「自動車事故」について「回覧板」が回っている。
エゾシカやエゾリスは急に飛び出してくる。
気をつけなくては・・。






足の裏である。・・自分の足の裏ではない。
ずいぶんと大きくて、あの「雪男」の足みたいだ。見たわけではないが・・。






ヒグマの足を洗った。
ちょっと手でさわったら「ピクッ!」と動いた。「おおぉ!!」とビックリ仰天した。
恐いもの見たさは時として危険でもある。
死んだふりをしているのでは・・と一瞬、思った。






今度は手のほうである。
大きくて長い爪である。凶器になるほど鋭い。←凶器です






手のほうも水洗いをする。
こんな「グローブ」で頭を叩かれたらたまったもんではない。
頭をなでなで・・されるのも嫌である。
しかし、このヒグマには罪はないのだ。・・つづく


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 08:16どうぶつと昆虫

2012年10月14日

ヒグマの謎





北海道のヒグマはもう冬眠しているのだろうか。
冬眠する場所(穴)は毎年決まっているのだろうか、それとも別の場所に新しく穴を掘るのだろうか?
ヒグマの冬眠のメカニズムはどうなっているのだろうか?
「動物園」や「熊牧場」のヒグマは冬眠するのだろうか・・??
全部が全部よく分からない。






シャケの遡上する川ではヒグマとの遭遇が多い・・と言う。
知床などではその気になればいくらでもお目にかかれるらしい。怖いといえば怖い。
「その気」といっても、お互いの安全のためには「双眼鏡からの遠距離」がいいのかもしれない。


ヒグマの歯はワニの歯みたいに大きい。
改めてみてみると肉食獣の歯をしている。草食動物とはやはり違うようだ。
この歯でヤマブドウやコクワも食べるのだから不思議な感じもする。






朝青龍の手?それともイチローのグローブ??
これで突っ張りをされたら誰一人として適(かな)わないだろう。
そういえば、相撲取りの「手の爪」というのはどうなっているのだろうか?






爪を抜いて装飾品などに使うのかもしれない。
先住民族の「アイヌ」の世界では「カムイ(神)」はたくさんいるが、ヒグマもカムイの化身だったようだ。
しかし人間を襲うヒグマは別だったらしい。
北海道の「ヒグマの物語」は奥が深いのかもしれない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 07:15どうぶつと昆虫

2012年11月01日

北海道の動物ランキング





北海道の「シンボル動物」のアンケートが地元の新聞に載っていた。
石狩、網走管内の高校生615人と北大生134人のアンケート結果である。それによると・・


一位 ヒグマ(29%)
二位 キタキツネ(28%)
三位 エゾシカ(17%)、
四位 エゾリス(6%)
五位 モモンガ(4%)である。






オレは・・・2番かよ~~






これは登山の時に九州の「えびの高原」で見かけた野性のシカ。
エゾシカとはちょっと違うかもしれない、番外か。






ここ「雑木林」の哺乳動物のランキングはなんたって一位は「エゾリス」である。
二位はというと・・ 飼いイヌ(散歩コースになっている)、
以下三位 野ネズミ、四位野良ネコ ・・である。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 08:35どうぶつと昆虫

2012年11月04日

雑木林の動物と昆虫たち‐1





「雑木林」にはたくさんの昆虫や動物たちが訪れる。
もちろんアオダイショウやカミキリムシのように棲息している動物や昆虫たちもいる。
まずは「毛虫」から・・「知的好奇心がわいてくる」といったら大げさか。






この毛虫は昨年も見つけている。
チョウの毛虫ではなくて蛾(ガ)の幼虫である。
美しくふくよかにして、見とれるほどの不思議な毛虫だった。






体全体を丸くたたんでしまった。
美味しそうなまんじゅうか・・。
いや、それよりも先週出かけたあの「運転免許更新」を思い出す。
それは「目の検査」だった。
では・・「うえ↑」






「した↓」






「みぎ→」






「ひだり←」
・・「目の検査」は合格です。
どうやらこの毛虫は「ヒメヤママユ」の4齢ほどの幼虫らしい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 08:57どうぶつと昆虫