さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2009年01月12日

長火鉢で焼き芋





「長火鉢に干しいも」を以前にのせたが、今回はサツマイモである。
「ブログ村」(最下段のバナーのところからいける)では薪ストーブの愛好家たちが「焼き芋づくり」をしている。そういう記事がのっていた。

いつもいろいろなブログ記事をよませてもらっているが、とても楽しいものも多い。また参考になることもしばしばである。



薪ストーブでの「焼き芋づくり」も楽しいが、長火鉢や囲炉裏でも美味しくつくることができる。
今回、ブログでおおいに参考にさせていただいたのが「ぬらした新聞紙で包む」ということである。

その上にアルミホイルでまた包む。そして熾(お)きになっている木炭の中に置くだけである。
もし大きな囲炉裏だったら灰も多いのでその中に入れるのがいいかもしれない。



約1時間弱でおいしい焼き芋のできあがりである。黄色味は少ないがふっくらとしている。品種のほうはよく分からないが・・。



もし囲炉裏や火鉢、かまど・・薪ストーブなどがあるならば一度楽しんでみるといい。ただしくれぐれも「火の用心」である。



                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。


          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ  


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  


Posted by カワセミ@旅人 at 11:06お茶タイムと料理

2009年01月08日

温泉めぐり・二股らぢうむ温泉







秘湯温泉ファンにとってはかなり有名な温泉という。
昨年の夏に訪れたのだが名物の「石灰華ドーム」の浴槽はあとかたもなく消えていた。


何年か前に経営者が変わったらしい。きれいに建物や浴槽などが改築されていた。でも温泉は昔ながらの「源泉かけ流し」のままである。
秘湯ムードというわけでもないが、あちこちに石灰の塊(かたまり)が堆積して歴史を感じさせていた。


お湯は茶色っぽくて硫黄分もかなり強い。台所仕事などで手も心(?)も荒れていたのでちょうどよかった。浴槽に手を入れるとピリピリと滲みこんだ。


浴槽はいくつかあって、ぬるめのものもあれば熱いのもある。
歩行訓練用だろうか・・プールもあったが、湯を抜きながら掃除の真っ最中だった。掃除は入浴客のいない時間帯にやってもらいたかったのだが・・。


温泉の中にスッポンポンの人と服を着た人が同次元にいるというのは・・どうもなじめない。
だからといって裸んぽで掃除をするというのもおかしいが・・。(本質的には客の前で掃除をするな!)








残念ながら中の写真はとらなかったがキタキツネと温泉旅館のツーショットをとることができた。いつもこのあたりで駐車場の管理をしているらしい。


日帰り入浴だったが料金は高めである。もう少し安くしてもいいのでは・・と思うのだが、温泉の維持管理が大変なのだろう・・と好意的に考える。


この温泉の中の様子はネット上にたくさんレポートされている。温泉はあまり知識を溜め込んで訪れるよりは知らずに訪れたほうが楽しいかもしれない。


もちろんがっかりすることもあるが、それはそれで次の楽しみが倍増するかもしれない。
まぁ、気楽に・・気楽に・・・である。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ  


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  


Posted by カワセミ@旅人 at 10:29温泉

2009年01月06日

沖縄料理・ソーキ汁





以前、「足てびち」の料理をやってみたが、今回も似たようなものである。
「ソーキの煮つけ」ということになる。(下線をクリックすると「足てびち」の記事にいきます)

「ソーキ」は豚のアバラ骨の部分をいう。もちろんアバラ骨もついている。牛でいうと「テンダローインステーキ」に相当する。



普通のスーパーで売られている県産のソーキ800グラムである。これを料理したのは昨年の3月ごろなので今では値上がりしている。豚肉も高くなってしまった。

しかし豚肉は「沖縄産」のものが一番である。北海道の「豚肉」よりも失礼ながら・・はるかに美味しい、そして安い(さっきは高いといったが・・)。

    

湯でて余分な脂(あぶら)とアクをぬく。そして水洗いをしてからまた煮込む。




北海道の港町で買ったゴム手袋である。
数あるゴム手袋のなかでもこれがとても手になじむ。ゴワゴワ感もなくて皮膚感覚がいい。作業をするときはこれがいい。数十種類のゴム手袋の中から選抜した。魚の獲れる港町はゴム手袋の種類も多い。

          

大根、ニンジン、昆布などをいれる。しょうゆとみりんで基本的な味付けをする。ことこと大根が柔らかくなるまで煮込む。
お好みしだいで味はどうにでもなる(なげやり・・)。



うす味だと見た目は貧相になるが、盛り付けに工夫をこらしたらいい。この盛り付けは下手ですねぇ~スミマセン。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

* たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






  


Posted by カワセミ@旅人 at 11:29お茶タイムと料理