さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2009年02月22日

南のふっくりんこ





↑これは北の大地の「ふっくりんこ」無洗米である。
ほかに「日本ハムファイターズ」の広告がのっている「ほしのゆめ」無洗米を交互に食べていた。

価格も1,800円から2,200円ぐらいだったと思う。
残った米は車に積んで、といってもたいしたことないが・・南の島に運んだ。味噌、醤油も無駄にはできないので、缶詰以外は毎年、車に積み込むことにしている。
北海道からは1週間ほどで那覇港に到着する。



南の島でも、つい最近発売になった。さっそく購入した。
5キロで2,050円である。北海道よりも安いかもしれない。生産地は道南の「蔵部」、道央の「北空知」、「ピンネ」の3ヶ所になっている。
「ふっくりんこ」だけのブレンド米になるのだろう。



「ピンネ」という地名(?)をはじめて知った。
調べてみると新十津川町と浦臼町にまたがっている。まだその周辺は訪れたことがない。いわば未知の場所である。今年の夏に行ってみようか・・。
           
味は上々だった。美味しい。しばらくはふっくりんこを楽しめる。
なんでもこちらでは大手スーパーの独占限定販売らしい。でもあまり北海道の米にこだわる客はいないので売り切れることは無いだろう。
                    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ  
  


Posted by カワセミ@旅人 at 11:51お茶タイムと料理

2009年02月08日

きなこ餅を食べる





男の料理である。かなり難しい・・いや、かんたんだ。
「オーブントースター」などで餅(もち)を焼く。遠赤外線つきのヒーターがついているとこんがりきれいに焼ける。
冬は薪ストーブの上か囲炉裏でも味わいがある。



北海道で買ってきた「きなこ」さんをずーと忘れていた。
北海道産黒大豆100%にひかれてしまった。



茶色っぽいのはおきなわの粉黒糖(こなこくとう)である。きなことこの粉黒糖を適量混ぜ合わせる。砂糖はなにごとにも控え目がいい。餅の焼き方・・やきもちも控え目が・・。



餅はお湯などで軽く浸してから・・。
かきまぜるのは隣の小さな誰かさんにお願いした。
見るからにおいしそうな?「きなこモチ」のできあがりである。
                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。


          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ  

  


Posted by カワセミ@旅人 at 10:23お茶タイムと料理