さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2009年03月30日

高千穂峰は近くて遠い






歩いても歩いても頂上はまだ遠い。下を見上げる(?)と信じられない、はるか遠くまで登ってきた道が見える。
それにしても足場の悪さに腹が立つ。しかし写真をうつす余裕もあるところが・・憎い。みんなは足場の良い所を探してもくもくと登っていく。




近くに見える山が「高千穂の峰」だ。目の前だがなぜか遠い。赤褐色の瓦礫はまだまだ続いている。
本当に歩きにくい道だ。足の筋肉もふらふらと麻痺をしている。やっぱり日頃からのウォーキングが大切だ。
ここで痙攣(けいれん)でも起こしたらみんなの迷惑にもなる。力をいれずに引きずりながら登っていく。




かっこよい縦走に見えるが縦走もかなりきつい。イオウのにおいが鼻につく。風も強い。
あおられて横に倒れそうにもなる。荷物も重いので重心がうまくとれない。重心はどこにあるのか考えるが、風船のようにどこにもないようだ。




右側はすり鉢状の火口になっている。臭かったのはここからのイオウの臭いだった。前を歩いている人を疑ってすみません。
すり鉢の底はまるでアリ地獄である。その火口の壁面を歩いていく。右側に倒れてしまうと、奈落の底へまっしぐらだ。




ようやくたどり着いた高千穂峰の壁面を「ほふく前進」のように登っている。後ろにはさきほどのアリ地獄が見える。この頂上が最終目的地になる。
下を見ると急な斜面がみえる。斜面のきついこと、すかさず一枚パチリ。
文句も多かったが、なんとなく余裕がでてきた。しかし上を見上げるとイヤになる。
・・さてもうすぐだ。

                     

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ  


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  


Posted by カワセミ@旅人 at 06:49あうとどあ

2009年03月26日

SNAの旅客機




「スカイネットアジア航空」という。あまり知られていないが、れっきとした日本の航空会社である。本社は九州の宮崎市にある。



地域の足にもなっていてANAとも共同運航している。
飛行機は中古機をリースして使用しているそうだ。型番をみるとどこの国で使用されていたのかがわかるらしい。飛行機自体はボーイング社となっている。



結構、南国らしく派手な模様を描いている。青い空にはよく映えるが、あいにくこの日は曇り空。



「鹿児島空港行き」の出発便に乗ったが、久しぶりと言おうか・・バスに乗って飛行機の入り口まで連れてこられた。



上空からみると何度も他の飛行機を見ることができた。その軌跡は飛行機雲になっている。



小さな飛行機だが、前の座席との間隔は広かった。しかしシートは合成皮革なのだろうか・・とても硬かった。
南大東島に行った時は別の会社のセスナ機だったが、それは木の座席だった。それよりはましか・・。
一時間半ほどで鹿児島空港に着く。
                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・* たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。


      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ    


Posted by カワセミ@旅人 at 09:23縦断にほん

2009年03月25日

那覇空港の空弁




那覇空港の弁当「そらべん」である。
空港の施設内で販売されている。あまり見たことがない・・かもしれない。



少し分かりにくいところにある。空港内の隅っこの或る「トイレ」のすぐ隣になる。
興味があって食べてみたい方はここを探すのも楽しいかもしれない。一階には無いので二階、三階と探してみるといい。



結構「空弁」の種類も多い。とにかく値段が「安い」のである。
「おきなわタコス」とか「グルクン」、「ソーキ」、「あぐー」というご当地弁当がすごい。



またそのほかに庶民が食べるような弁当もたくさん売られている。空港ではだいたい値段のほうも高いのが定説だが、これらはとても安い。
レストランで食べるのもよいがこれらの弁当を買って、「搭乗待合室」の中でゆっくりと賞味するのも旅の楽しみかもしれない。



・・というわけで「シャケ弁当」を買った。これもれっきとした「那覇空港弁当」すなわち「空弁」である。
のんびりゆったりと座って食べることにした。



実はこの日、「九州の旅」をするために空港にやってきたのである。
ボリュームたっぷり、野菜もたっぷりの315円である。少食の人のためにはミニのどんぶり物や玄米食もある。



ではもう一度、きれいに包まれた「空弁」である。
ぜひおみやげにもどうぞ・・
早めにウサガミソーレー(召し上がれ、Please help yourself)
                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・* たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。


      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ    


Posted by カワセミ@旅人 at 09:24まちかど散歩

2009年03月24日

ハーベスター八雲




国道5号線を走っていると「ハーベスター八雲」という看板が目にとまった。レストランである。
道南の八雲町の小高い丘の上にある。



有名・・そうな感じのレストランだったので、昼食をかねて立ち寄ってみた。



「ピザ」と「スパゲッティ」などを注文した。
ところが「ミックスピザ」はまったく美味しくなかった。
味は淡白すぎる。
沖縄でのピザを食べ馴れているせいか、どうもいまいちしっくりこなかった。
カラスが隙をついてチキンなどを狙うそうである。
チキンのほうは美味しいのかもしれない。
チキンがよかったか・・。



ここでの食事で一番気になったのは大きな「銀バエ」が2,3匹、わがもの顔に滑空しては食べ物に寄ってくることである。
従業員たちはハエが飛び回っていても意に介していないようだった。
こぎれいなレストランだけに残念である。
衛生面にもっと気を使ってほしかった。



しめてこれだけのお金を消費した。
二度と行きたい・・と思うレストランではないが、一度は訪れてすばらしい景色でも眺めてみるのもいいだろう。
野菜などは美味しい。
                    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・* たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。


      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ    


Posted by カワセミ@旅人 at 14:01きたの散歩

2009年03月23日

ログハウスの換気システム





ログハウスではいわゆる「外断熱工法」がとられている。
基礎には自然の空気が出入りする「換気口」がない。そのためノネズミや虫の入ることもないが、当初は室内の床下裏がよどんで湿気、結露などの心配もあった。

そこで換気について施工ログ会社に聞いてみた。
「換気」の仕方にはファンを吸気側にするか排気側にするかによって、第一種から第三種に分かれているそうだ。「強制吸排気型」が第一種、「強制吸気型」が第二種、そして「強制排気型」が第三種と呼ばれている。

建物の状況にあわせてそのうちのどれかを選ぶことになっていた。いずれも建築施工の法律で義務付けられている。
上の画像は矢印のところから「強制排気」されている。



このログハウスでは基礎の立上げ部分に自然の「換気口」を特に設けないでもいい・・とのことだった。
「換気口」をつけた場合には床下に断熱材を張りめぐらさなければならないが、ここでは断熱材は基礎部分の外側に張りめぐらしている。とにかくよくは分からないが魔法ビンのようなものだろう。
もちろんログの壁には断熱ウールが埋め込まれてすきま風なども防いでいる。

というわけで一応、第三種の「強制排気型」の換気口になる。つまり電気でのファンは「吸気」のほうにではなくて「排気」のほうに取り付けたことになる。
「自然吸気」は二階から、電気による「強制排気」は床下からということになった。



長期の留守にしても毎日24時間休むことなく「強制排気口」は動き続けている。しかし停電や故障の時はアウトになってしまうのが欠点だ。そこが心配だが今さらどうこうできるわけでもない。

外からの新鮮な空気は矢印の二階の「自然給気口」から室内に入ってくる。紐スイッチでかんたんに開閉ができるようになっている。ここに換気扇の羽根を逆につけると「強制吸気」にもなるかもしれない。

できれば将来、ここに同時給排気式の「熱交換型」の換気扇を取付けたいと思っている。冬場の寒冷地の換気にはこれがいいようだ。熱の交換率も70パーセント近くあって、薪ストーブなどで暖めた空気を失うことも少ないとか・・そして低騒音、防音とのことらしいがどうなんだろう・・。



ごく当たり前の換気扇は「台所」、「浴室」、「トイレ」などにあるが、第三種用の「換気口」が各部屋、台所などの床についている。これらはもちろん外の「強制排気口」とつながっていることになる。

木は呼吸していると云われるが確かに暖かい。薪ストーブを焚く初日はとても寒いが、翌日からは魔法ビンに入ったような(実際入ったことはないが)暖かさになる。保温効果抜群とまでは云えないが、やはり木の「ぬくもり」を感じる。

いずれも「赤い矢印」のところに換気口がある
                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                         

* たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  


Posted by カワセミ@旅人 at 09:09ろぐはうす

2009年03月19日

函館の花火大会




北海道の今の季節は冬だが昨年の「花火大会」である。
函館市の大きな花火大会は「港まつり」と北海道新聞社主催の二つらしい。
「港まつり」では名物の「イカ踊り」もある。残念ながらまだ見たことはない。

上の花火大会は確か新聞社主催のものだった。
折込チラシに「湯の川温泉」のホテルの「何とか・・プラン」というのがあって、それを申し込んでみた。
花火大会当日であったにもかかわらず空いていた。ゆっくりと「花火大会」が観賞できると喜んだ。



「湯の川温泉」は函館市の郊外にある。
老舗の旅館が並ぶ昔ながらの湯所でもある。
ちょうど花火大会の会場から湯の川温泉までは電車が通っている。
夕食もそこそこに電車に乗って函館駅周辺の会場へ向かった。さすがに電車は混み合っていた。

会場では多くの人出でにぎわっていたが、じゅうぶんに「花火」を堪能することができた。
夏の夜空の花火は情感あふれて郷愁を誘う。



これはホテルでの翌日の「朝食」である。
暖簾(のれん)分けされた部屋でいただきました。
朝食にしてはちょっぴり上品で豪華な感じでした。



ごちそうさまでした。
楽しい「花火大会」と「温泉入浴」になりました。今年もこのパターンにしよう。
                    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・* たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。


       にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ  
  


Posted by カワセミ@旅人 at 06:00きたの散歩

2009年03月12日

ログハウスのインフラ・その2





前回の続きになる。
ここの町は浄化槽設置の「補助金」というものはなかった。離れた隣の家は「汲み取り式」であったが、やはり結局のところ気品ただよう?「合併式浄化槽」ということで落ち着いた。それはかなりの出費でもあった。

合併浄化槽は「風呂」、「トイレ」、「台所」などの生活雑排水もいっしょである。浄化槽に集合した汚水はバクテリア等によって分解され、「自然浸透式」の形で排水されている。



当然、浄化槽をつけたことによって維持管理費がかかる。それはやむを得ない。
この「合併浄化槽」は休むことなく働き続けている。つまり24時間通電されていることにもなる。水槽にちょうど「エアーポンプ」をつけて熱帯魚を飼育しているようなものだ。通電しておかないと浄化槽の中の住人たち(バクテリア)は死滅するそうだ。

そのほか維持管理には法律にもとづく「公的機関の検査」と年4回の「維持管理検査」がある。ここでも費用はかかる。
この法定検査は「北海道浄化槽協会」というところが行っている。ここでエゾリスたちと生活している時期にその検査をお願いしている。



年4回のほうは指定の民間会社が請け負っている。回数については任意のようである。
どちらの検査も浄化槽の大きな重いフタを空けて・・試験管をとりだして・・と検査をしているのだが、その様子を「ジー」としつこく見ていると、ずいぶんと簡単な感じがする。値段に見合うような感じはしないでもないが、まあ・・そういうものだろう。

ちなみに長期不在時の電気代は「自動防犯灯」、第三種の「強制排気」そしてこの「浄化槽」を含めて月々1,500円前後の支払いとなっている。

水道は凍結防止を含めて、水を落として止めているが、不在でも月々の基本料金は負担しなければならない。長期不在の「一時停止」という方法はできないそうだ。解約はできるのだがそれもいちいち面倒である。
熱源となる「プロパンガス」のほうは水道や電気と違って、使用期間だけの料金となっている。使ったぶんだけの支払いなので合理的だ。

(その後、水道については一時停止ができるようになった。基本料金は免除、水道メーター代だけになる)



最近では「二極化された生活」や「お試し移住」を楽しむ人たちも増えているそうだ。それなりの補助金などもある。空き家対策にもいいらしい。
興味があればリンクをしている「くらすべ北海道」(下線をクリックするとそこにいける)を参照されるとよい。たくさんの市町村がいろいろと工夫をこらして実施している。
                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・* たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。


          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ  
  


Posted by カワセミ@旅人 at 09:14ろぐはうす

2009年03月03日

津軽海峡フェリー「ナッチャン」




昨日の「ナッチャン」の続きである。
どうやら「ナッチャンWorld」は和歌山県の由良町のドッグで「船舶検査」を受けていたようだ。その帰途に横浜港に立ち寄ったことになる。横浜も開港150周年なので強い要請もあったそうだ。



「ナッチャン」が津軽海峡を撤退したことによって、青森と函館の航路がなくなってしまった・・と誤解している人たちも多いそうだ。この「ナッチャン」は「そうではない・・」というPRも兼ねているとか・・。

実際、「道南フェリー」などの会社などによって「青函航路」は維持されている。名称も「津軽海峡航路」に変更になりそうだが・・。
そのほか「青函フェリー航路」として「北日本海運」という会社が「ナッチャン」とは違う新造船「あさかぜ21」を就航させることになっている。



ターミナル「待合室」と「ナッチャン」を結ぶ。飛行機の搭乗と似ている。一般客はここを通って船に乗ることになる。「車を預けた客」は、車ごと「ナッチャン」の心臓部に入って行く。



ターミナルの搭乗口である。空港のそれと似ている。



ナッチャンの船内である。清潔感もあってゆったりとしている。全席指定の席は奥のほうにある。眺めも最高だ。
「ナッチャンRera」と「ナッチャンWorld」が海峡上ですれ違うのも醍醐味もあって楽しかった。



子どもの遊ぶプレイルーム(遊戯室)もある。
それにしても沖縄と名古屋・大阪を結ぶクルーズフェリー「飛龍」の航路の復活はないのだろうか・・。
昨日のブログでは花火も打ち上げたが、こちらのほうは寂しい限りである。
                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・* たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。


       にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ  
  


Posted by カワセミ@旅人 at 09:36縦断にほん

2009年03月02日

津軽海峡「ナッチャン」復活




「津軽海峡フェリー」として高速船の「ナッチャン」が復活しそうである。
現在開港150周年記念として、「ナッチャンWorld」が横浜港に停泊中のようだ。6日には豪華客船「クイーン・メリー2」も停泊するという。両方の見学客が大勢やってくるだろう。絶好のPRにもなる。



ナッチャンの「湾内クルーズ」も予定されている。
「青函航路」が「津軽海峡航路」として復活することは大変うれしい。5月の連休ごろから定期運航が予定されている。
当面、夏季限定のようだが、なんとかがんばってほしい。また今年も車を積んで乗ることにしよう。



燃料の石油のほうも値下がり傾向である。以前の状態にもどりつつある。
昨年は車のほうも180円を超えて給油していたが、100円前後で推移している。
「ナッチャン」の「燃料調整費」もどうなるのか心配だが、関係方面の努力は続いているようだ。



「復活」を祝してお祝いの花火をバババ~~ン!!と・・。
昨年夏の函館港の花火大会であるが、「ナッチャン」のために祝砲だ。
                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・* たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。


       にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ  
  


Posted by カワセミ@旅人 at 06:14縦断にほん