さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2009年10月20日

ベランダのコクワを収穫する





ベランダにはコクワの蔓(つる)がのびている。
今年はコクワがたくさん生った。「大豊作!」
と絶叫叫したのも束の間、その後の雨や風で半分ほど落ちてしまった。
まぁそれでも大きく育ってくれたので、納得して満足、満足・・でも残念←しつこい。



このコクワ、以前の「ヒメリンゴ」のような形のものとはまた違う。
形も大きさもまちまちだ。
すでに柔らかくなって熟しているものもあった。キューイ(キウイ)の味がする。収穫はうれしい。



メジロがコクワの蔓に止まっている。
もう今はコクワも黄葉と落葉を始めている。来年はドカ~~ンと生ってほしい。
欲はつきない・・のだ。
                     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  


Posted by カワセミ@旅人 at 07:24北の木の実

2009年10月14日

さくらの温泉






なんともやさしそうな名前の温泉である。漢字では「桜野温泉」と書く。
八雲町の奥深い一軒宿の温泉ということになる。
この宿は玄関を入るなりとてもこぎれいで清潔感にあふれている。宿泊したくなるような温泉宿でもある。




日帰り入浴ができる。入浴料は500円のワンコインでOKである。
100円ショップ温泉のワンコインとは大きさが違う。




宿の主が不在ということもある。
その時は玄関脇に料金箱(?)が置かれているのでそこに納めると良い。
「あぁ~あ、いい湯だった」と言って、帰りに「料金箱」を持って帰らないように・・それだけが人ごとながら心配だ。




こちらは女湯である。
中年も過ぎると少々太り気味になるので狭いかもしれない。ドボ~~ンと入るとお湯がなくなる、太ってはいけない。←余計なお世話です




宿のご主人が丹精込めて作り上げた手づくりの露天風呂である。
女将さんもずいぶんと手伝ったそうだ。


こじんまりとしているが、この露天風呂の雰囲気はとてもいい。
ただし露天風呂はこのひとつだけなので譲りあって入浴することになるかもしれない。




落ち葉が底に沈みながら溜まっていた。
葉を見るとシラカバやヤマザクラのような葉だ。今は秋なので落ち葉も多かった。




手乗りの落ち葉である。
なんとなく風情(ふぜい)がある。
世間では「濡れ落ち葉」といわれてン十年、今、この温泉にてゆったりと落ち葉を見つめる。
「あぁ~これがお金だったら・・」

                     

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  


Posted by カワセミ@旅人 at 12:47温泉

2009年10月02日

ヤマブドウ狩りの季節





車で林道を徘徊(はいかい)する。別な言葉では「ドライブ」すると云う。
紅葉はまだまだ・・という感じである。それでもブドウの葉やヤマウルシは真っ赤に染まっている。

ヤマブドウが生っていた。
よそ見は危ないので車を止めて、じっくりとのぞいてみることにした。
木の上にブドウのツタがからまってたくさん生っているのが分かる。
低いところにもある。これはラッキーだ。日ごろの行ないが良かったから・・そう考える。



ヤマブドウの収穫は面白い。足場を気にしながら控え目に採る。
近くにクマはこないでほしい・・まわりを見渡しながら「クマ棚」の確認も忘れない。



粒の大きいものやら小さいものやらいろいろある。
かなりの量がとれた気分である。目的はヤマブドウ狩りではなかったのでこれで充分満足である。
山菜採りなどでは「欲は深くない」ほうがいい。自分を見失っては大変だ。



「ブドウ狩り」をしている夫婦とも出会ったので、お話を聞きながらちょっと写真をうつさせてもらった。
バケツにたくさんとっていた。
毎年この時期はヤマブドウやコクワ(サルナシ)などをとっているという。生業は「漁師」と言っていた。

ちなみに今、ニセコの「道の駅」ではヤマブドウが売られている。200~300円ほどである。とても安いのでクマの恐怖に勝てない人は、買ったほうがいいのかもしれない。



黒い真珠?のようだ。
冷凍保存して南国に持って帰るつもりである。いろいろと料理に使えそうだ・・←ホントかしら?

                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  


Posted by カワセミ@旅人 at 09:37北の木の実