さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2009年11月19日

トウガンの煮付けです





北海道の知人から貰った「タケノコ」だ。
山菜採りでは人気のあるタケノコである。瓶詰めにされて送られてきた。
「かぐや姫」がいらっしゃりあそばした竹の種類とは違う。「ネマガリタケ」とかいう笹の種類らしい。アク抜きしなくても大丈夫という。

しかし食べるにしてもこの瓶のフタを開けるのが大変だ。天下の一大事である。
びくともしない。
テコでも動かない「かでな・・カデナ・・嘉手納・・」と呪文のように繰り返す「岡田外相」みたいだ。頭のフタを水で冷やすといい。ついでに「アク抜き」したほうがいいかもしれない。←きつい冗談です

・・で、結局、熱いお湯の中に瓶のフタを下にしてしばらく浸けおいた。

時は流れ・・フタを回すと見事に簡単に開いた。
気の短い人はフタに穴を開けて空気を入れるだけでいいと思う。
そういえばお店の「山菜採り」のコーナーではフタだけでもたくさん売っていた。そういった人たちのためだろう。
「気の短い方のコーナー」で売っている。



ありあわせのものをまぜこぜにする。
冬瓜(トウガン)がたくさんあったので、どうしてもメインはトウガンになる。
本当はダイコンにしたかったのだが、その時は家にはなかった・・ダイコン足の人はいたが・・使えない。
そして「ダシ昆布」、あの「タケノコ」を入れる。



こぼれタネから生えてきたトウガンである。
食べきれないほどできる。沖縄のアメリカ兵はスイカと間違って食べようとしたそうだ。
それもボートに乗って海の上で・・あらかじめこの「スイカモドキ」をクーラーで冷やしていた。「さあ、みんなで食べよう!」といくつも取り出し、ランボーナイフで切ったのはいいが・・もう爆笑ものである。
「怒り」と「悔しさ」いっぱいで海に放り投げたそうである。
今では在沖米兵の語り継がれる「伝説」になっている。



そして沖縄の豚肉である。
ブタの足の「足てびち」なのだが「骨無し足てびち」になる。この部分もやわらかくて美味い。値段も安い。



パパイヤも庭になっているので、きざんで少し入れる。
パパイヤの成分が肉を、よりやわらかくする。パパは嫌(イヤ)でもママは好き・・。←オヤジギャグ



パパイヤを切るとこれが見事に美しい星になる。
「五稜郭」は函館だけではない。沖縄にもあるのである、それも樹にぶら下がっている。
この乳濁色のミルクのような汁が肉を柔らかにする。
妊婦さんもパパイヤをなぜか・・よく食べようとする。



漬物にするとこれまた美味しいのだが今回は豚肉と合体させる。
来年は薪ストーブの上で煮込んでみたいですね・・。
                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「小動物」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  


Posted by カワセミ@旅人 at 09:47お茶タイムと料理