さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2010年01月29日

畑の絶滅危惧種その1





世の中、そう何でもうまくいくとは限らない。
順調・・順調・・と叫んで家庭菜園(アタイグァー)の仕事(ハルサー)をしていても危機はやってくる。

キャベツも大きくなってきた。
やがて葉も交互にグルグルと巻きはじめるに違いない。
キャベツは万能野菜だ。胃にもいい。森繁さんが「キャべジン」のCMをやっていたのを思い出した。・・日露戦争の頃だろうか。



キャベツの最大の敵は知る人ぞ知る・・青虫くんである。
もう少し詳しく言うならばモンシロチョウの「幼虫」である。
「要注・・意」である←親父ギャク。
どちらかというとキャベツよりもこの青虫を食べたほうがすっきりする。
青汁効果もあるようだ・・でも食べない。



県外からのキャベツの移入とともに沖縄ではずいぶんとこのチョウがふえたと云う。
ウソかホントか知らないが、確かにモンシロチョウはふえている。
キャベツに限らず「アブラナ科」の野菜が食草である。



しかし冬は寒さでモンシロチョウも一時休止している。
青虫もほとんどいない。そういうことで無農薬の場合は冬に野菜作りをするのが賢い方法でもある。

しかしそうは云っても青虫は健在だ。分散してキャベツを植えているが、かといって農薬をまくわけにもいかない。
いくら農薬が「安全」といっても「安心」とは別物だ。



昨年の4月頃なので賢くないキャベツ作りをした。
結局まったく収穫できなかった。葉には卵と青虫だらけだった。こころおきなくモンシロチョウに貢献してしまった。
畑の「絶滅危惧種」になるかどうか・・早いうちに葉っぱだけでも収穫したほうがいいのかもしれない。

                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。


          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  


Posted by カワセミ@旅人 at 20:48みなみの野菜畑

2010年01月28日

畑の収穫






南の島ではゆっくりと時間が流れる・・と云う。
「スローライフの日々・・」とも云うらしい。でもその実態はまったく違う。


北海道の数倍の早さで時間は流れている。歳をとるのも早いので気をつけよう。
雪におおわれている北海道とは違って、南の島ではせわしなく「畑仕事」である。
もうダイコンが収穫できた。そしてまたダイコンのタネを蒔いている。




野菜も毎日収穫できるようになった。
食べきれないほどだ。親戚や知人、知らない人たちまでもとりにくる。ベジタリアンの鳥や虫たちも食べにやってくる。
畑はさしずめ「華やか村」である。




キュウリはまだ小さい。でもやがて大きくなるだろう。
曲がったキュウリもそのうちまっすぐに育つに違いない。
「成人式」で暴れた若者たちも目立たぬようにキュウリを食べて素直に育ってほしい。




畑(アタイグァー)の様子も変わってきた。
美味しそうにみえる。
葉野菜は「チマサンチュ」、「サニーレタス」、「ブラジルチシャ」になる。
家庭菜園にはとてもいい。スローライフではないので収穫も早い。




ジャガイモも順調・・順調。
収穫が待ち遠しい・・。

                     

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「小動物」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  


Posted by カワセミ@旅人 at 17:15きたの野菜畑

2010年01月26日

エゾリスの組木




小さな「組木」は結構好きだ。
頭の体操にはあまりならないが、気に入ったものは旅先で買ったりもする。
何気なく組木をみていたらこれはどうやら「リス」である。
まったく気にも止めていなかった。リスの組木があるではないか・・。
いつどこで買ったのだろう・・?記憶にない・・心配だ。



組木は「電動糸ノコ機」を使って作るのが普通だ。
慣れるまでは細かい曲線がうまく切れない。刃をずいぶんと切断したりする。刃を取り付けてスイッチを入れただけでも切断することもある。
糸ノコの刃はいろいろと種類も多い。最適な刃並びのものを取り付けなければならない。
人間の歯も糸ノコの刃も「歯・刃ならび」がやはり大切である。



ドングリの中にリスがいる。
よく考えたものである。ドングリの中には普通だと「ゾウムシ」がいる。幼虫は渓流釣りのエサになりそうな小さな虫でもある。



耳の短い・・というよりは太った感じのエゾリスくんだ。
7月に現れたので冬支度で太っているのではないようだ。とするとメスのエゾリスだろうか・・。
組み木のリスも本物のリスも、とにかくかわいい。
                    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・* たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「小動物」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。

       にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ  


Posted by カワセミ@旅人 at 21:48えぞりす

2010年01月21日

白うりの味噌粕漬けその後





白うりを漬けてからおよそ2週間がたった。
南国は日常的に気温が高いので、あまり漬けておくことはできない。
よほど塩とか酢とか砂糖をたっぷり入れておかないとカビが生えてしまう。
この「白うり漬け」は味噌と酒粕と砂糖少々である。長期間の保存にはむいていない。

2週間ほどでも充分に漬かっていた。
やはり途中でパパイヤを加えたのが正解だった。白うりとも相性がいいようだ。それをなぞらえて「うりふたつ」と云う・・。



↑ 二つの漬け樽のうちのひとつを全部取り出した。
とはいっても小さなポリ容器である。
すぐにでも食べやすいように切り分けた。
特に細かく切ることもないが包丁を手にすると切りたくなる・・漬物を。
これらは冷蔵庫での保管となる。



↑ やはり「白うり」は奈良漬けのようにやわらかい。
「パパイヤ」は歯ごたえもある。どちらもやはり「味噌」と「酒粕」の匂いと味がする。
おいしそうにみえるだろうか・・。
                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「小動物」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  


Posted by カワセミ@旅人 at 08:10お茶タイムと料理

2010年01月12日

タンカン狩り-2010




今年も「タンカン狩り」をしてきた。
昨年よりも10日ほど早い。
2,3年前の↓↓↓「タンカン狩り」を見るとそれなりになつかしい。

2007年タンカン狩り

2008年タンカン狩り

2009年タンカン狩り



昨年の大豊作の反動だろうか今年は不作という。
台風はこなかったがタンカンの姿、形はあまりよくない。
ミカンの病気「黒点病」も蔓延したとのこと。
例年だと「サクラ祭り」の頃は最盛期になるが今年は危ぶまれている。「タンカン狩り」も早くに終わるだろう。



いつもお世話になっている農家の方は有機栽培をされている。
タンカンの根元には牛糞堆肥などを蒔いて樹の養生と土作りに励んでいる。



なんとか目標の100キロ弱のタンカンを確保することができた。
といっても5,6本の樹でじゅうぶんだった。ここでは敷地も広く、100本以上の成木がある。
これで安心して昨年同様、知人友人に美味しさの旬の味を送ることができる。



タンカンは日持ちがいい。追熟するとオレンジ色に変わってくる。
ついでにタンカンの里「伊豆見(いずみ)」では1キロ250円ほどで購入することができる。道端の店や道の駅などでは少々高いかもしれない。

                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・* たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「小動物」、 「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ  


Posted by カワセミ@旅人 at 11:11ねったい花木

2010年01月11日

モズク雑炊




「七草粥」のようなあっさりとした食事も好きである。
メタポ予備軍の「肉食人」にとってはつらいものがある。しかし巨大なアメリカ女性やらロシアなどの女性を見るにつけ、この雑炊を食べさせてあげたいと日夜願っている。



↑ 全国で消費されるモズクの大半は沖縄産である。
それ故なのかいくらでも手に入る。天然物や養殖物が出回っている。
細モズクよりもどちらかというと太いモズクが美味しいように思う。

あちこちの海では養殖もさかんである。
泳いでいると流れてきたモズクが口に入ってしまうこともあるらしい。
よそ見をしていると鼻に入るかもしれない・・沖縄の海は危険でもある。

雑炊には「漬物」である。
なんたって手づくりの漬物が似合う。
今年の正月につくった塩分控え目のパパイヤ、白うりたちである。素朴な味が雑炊を引き立てる。



昆布もそうだ。
大きくなった「島ラッキョウ」は酢と黒糖で漬けている。このピクルスはカレーにも好く合う。
                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・* たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。


      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 小動物ブログ リスへ  


Posted by カワセミ@旅人 at 14:09お茶タイムと料理

2010年01月08日

エゾリスはカメラ好き




遊んでいるエゾリスを撮る為に近づいていく。
もちろん逃げてしまうエゾリスもいる。
ところが犬のようにシッポを左右にふって愛嬌をふりまくエゾリスもいる。シンジラレナイことかもしれない。



↑ そういうエゾリスのことを総称して「なつこチャン」とよんでいる。
どうしても同じような顔をしているので間違うこともあるが、どうも一匹ではないようだ。
多分何匹かいるだろう。



↑ 今まで見てきたのでは4匹が最高である。
数が多いとめまぐるしく動き回る。写真に4匹同時に撮るのも難しい。



↑ カメラを向けていたら食べ物と間違えたのかそれとも何だろう・・よく分からないが接近してくる。
カメラのレンズに触ろうとする。動作もすばやい。そうなるとピントを合わしきれない。



結局「カメラをよこせ・・」である。
不思議なエゾリスはこの雑木林に多い。「旭山動物園」に寄贈したいくらいである。
                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・* たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。


       にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  


Posted by カワセミ@旅人 at 11:06えぞりす

2010年01月07日

白うりの味噌粕漬け




「赤カブ」や「パパイヤ」を漬けたりと名人(迷人)の域に入りつつある。
そのうちに「漬物博物館」に殿堂入りするかもしれない。
もっともそんな建物があるのかどうか・・いまいち疑問がわく。

話は「白うり」の味噌粕漬けのことなのだが、そういえば「味噌っかす」という言葉があった。
今でも使われているのだろうか。
「味噌っ粕」とは書かないが、意味は「味噌粕漬け」のことである(ウソ)。
広辞苑では「味噌っ滓」と書かれている。

昔、守屋浩だったかな・・「僕はナイチッチ」という歌があった。
これは「僕には乳(チチ)がない」という意味ではない。
東京に行ってしまった恋人を田舎で独り寂しく思いながら♪♪・・・ぼくだけしょんぼりみそっかす・・と唄っている。
「半人前のみじめなダメ男」・・という意味になるようだ。
「白うりの味噌漬け」も奥が深い。



↑ 奥が深い・・ということで次に「味噌」と「酒かす」を用意する。
味噌はたくさんはいらない。500グラムもあれば足りる。
漬け方はまったくの好みである。味噌を多く使うか酒かすを多くするかだけのことである。
味噌を多用すると塩っけが多くなり、酒かすを多くすると「奈良漬」になってしまう。 塩分は控え目がいいだろう。
ついでに「人生」のほうも控え目・・である。



↑ 漬物を漬ける器は小さかったので白うりを適当にカットする。
ガーゼフキンなどで水分を拭き取る。
「白うり」の塩分は二晩水に浸して何回も水を取り替えている。塩分はほとんどなくなっている。
漬物用の「白うり」はずいぶんと塩分が濃かった。



↑ 味噌と酒かすをまぜたいわゆる「糠床」に白うりをいれる。
甘口が好きならザラメなどの砂糖をあらかじめ入れておいてもかまわない。酒かすでも甘みはでてくる。



↑ 糠床の一番上には正月だったので「昆布」と「島唐辛子」を置くことにした。
「うまく美味しく漬かりますように・・」と近くの神社にもお参りに行ってきた。 人出は多かった。
皆さん・・漬物を漬けてきたのだろう。



↑ ラップをかけて静かに寝かせておく。
しかし、正月早々米軍機の爆音がうるさい。やはり漬物のためにも「基地撤去」が妥当である。
県外の「赤字空港」にでも移転をして、心置きなく「沖縄の爆音」を響かせてほしい。



↑ 数日後、ちょっとだけ取り出して味見である。
美味しいことは美味しいが味噌が少し多すぎたかな?、砂糖をいれて甘口にするか、それとも・・どうするか??
そこでまたまた庭の昨日のパパイヤをとってきて合体させることにした・・つづく。
                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・* たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。


      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ  


Posted by カワセミ@旅人 at 10:56お茶タイムと料理