さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2010年03月30日

春近しログハウス





春は確実にやってきている。
雪がずいぶんと少なくなっている。屋根からの雪がこんもりと積もるだけだ。



沖縄の興南高校が智弁和歌山に勝った。←選抜高校野球のはなし・・
強打の4番打者に対して連続5三振は見事だった。
今日は小樽の北照高校の試合がある。北と南の応援でアレコレ忙しい。
「決勝戦」をこの北と南でやってほしいのだが、ムリかなぁ・・。

ホームページでは「エゾリスのスナップ」を更新中↓





↑ ↑ ホームページHPを公開中 


                     

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  


Posted by カワセミ@旅人 at 12:15ろぐはうす

2010年03月25日

フキノトウのテンプラ





「フキ味噌」の次はやはりテンプラである。
フキノトウを水に長いこと浸けていた。ちょうどテンプラにするにはいい形になっている。
こういうのを県外の温泉旅館などで食べたことがある。



コロモにフキノトウをつけて、夕食の一品は旬のテンプラが似合いそうだ。
ビールも・・どうしよう・・。



そのまんまだと多分苦味が強いのでは・・と思い、縦割りにして小さくしたものもある。
しかし基本はあくまでもそのままで食べたい。
どんな苦味だろう・・。



ついで・・と云ってはなんだが庭にある「ヨモギ」、そして「桑の木」の若葉、「サクラの木」の若葉もテンプラにする。
畑の島ラッキョウも・・納豆も・・。



意外と美味しかったのはサクラの葉っぱである。
サクラの匂いが強くてとてもいい。サクラ餅の葉を食べているような感覚だ。



肝心のフキノトウのテンプラはフキ味噌をつけながら食べた。
フキの苦味は思ったよりも少ない。日ごろから「ゴーヤ」を食べ馴れているせいかもしれない。
苦味には強い沖縄県民・・しかし、「普天間基地」問題でまた苦味を味わいたくないのだが・・。
テンプラだけにしてほしいネ。。





↑ ↑ ホームページHPを公開中 

                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  


Posted by カワセミ@旅人 at 09:14北のさんさいお茶タイムと料理

2010年03月22日

ログハウス夏と冬





南の島ではもう「海開き」が始っている。
数日前の北の雑木林のログハウス。
屋根の雪が滑り落ちて積もっている。でも雪は少ないように見える。



似たようなアングルで二年ほど前に撮影したもの。
こうして比べてみるのも結構面白い。






↑ ↑ ホームページHPを公開中 


                     

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  


Posted by カワセミ@旅人 at 21:26ろぐはうす

2010年03月13日

豚キムチ丼をつくる・その2





昨日の続きになる。
白菜をまぜる。新旧の白菜がなじむように混ぜ合わせる。



そしてタッパーかあるいは簡単にするなら「ビニール袋」に詰め込む。
このまま数日のあいだ、冷蔵庫の野菜室で寝かせることになる。匂いが強いのでビニール袋を3重にするといいだろう。



袋詰め前におおざっぱに「キムチの素」で味の調整をあらかじめしておく。
そのほうが美味しくできる。



1週間ほど寝かせた新しい「キムチ」を取りだして「キムチ丼」をつくる。
寝かせておくのは多分、3~4日もあれば充分だろう・・と思う。
もっと長期間熟成させた場合の味は韓国にでも行かないと分かりません。
1週間でも酸味(乳酸)が効いてまろやかになった。



あらかじめつくっておいた豚肉のこま切れチャンプルー(タマネギ、キノコなど)にのっけて炒める。
まろやかでコクのある「豚キムチ」のできあがりである。



これをどんぶりご飯にのせてできあがり。
トッピングは海苔、ネギ・・なんでもいい。辛味もほど良い味である。ごちそうさまでした。






↑ ↑ ホームページHPを公開中 


                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  


Posted by カワセミ@旅人 at 09:00お茶タイムと料理

2010年03月12日

豚キムチ丼をつくる・その1





「豚キムチ」・・というのか「キムチ豚」というのか名称のほうは良く分からない。
風味豊かな一品料理をつくる。お昼向きのどんぶりものにはいいかもしれない。



まず、あまり美味しそうには見えない安価なキムチを選ぶ。
高級過ぎるキムチは普通に食べたほうが美味しいに決まっている。それは使わないほうがいい。
ここでは「国産白菜」等を使っているキムチを2パック、値段は1パック「198円」だった。
そして「プレーンヨーグルト」である。これも賞味期限ぎりぎりの「値引きもの」でかまわない。失敗しても後悔する気持ちは半減する。



獲れたてではない白菜を2~3枚ほど準備する。
賞味期限切れの棚に置いているようなものが一番いい。水分が抜けてヨレヨレの白菜が適している。



キムチをボウルにあける。
ヨーグルトを大さじ山盛り2杯ぐらいにしたが好き勝手な量でかまわない。一見、なげやり・・。
すっぱい味が好きなら多目がいい。
水分を切り少し乾燥させた白菜を入れて・・まぜ・・まぜする。



赤いキムチが白っぽくなってくる。
充分にまぜあわせたほうが熟成しやすい。このままで食べても美味しくない。
そして・・写真が多いのでまた続きはあした・・です。






↑ ↑ ホームページHPを公開中 



                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  


Posted by カワセミ@旅人 at 09:00お茶タイムと料理

2010年03月05日

サクラ餅をつくる





今年はサクラの花が初めて咲いた。何年か前に植えていた。
毎年、沖縄の「サクラ祭り」は1月の中旬から下旬にかけて催されている。
庭の初めてのサクラは今、葉ザクラである。



一昨日は「ひなまつり」だった。
そこでこのサクラの若葉を数枚とった。塩水で湯がえて「サクラ餅」をつくる。
塩漬けにすると葉の色はくすむが、軽く塩茹でにすると葉の色はそのまま鮮明さを保ってくれた。
葉を食べないのなら生の葉でもいいかもしれない。

そして「ムーチ」に使った余分の餅粉が残っていたので、もちをつくり十勝のつぶあんをいれた。
餅の色を「ももいろ」にしたかったが着色料はどうも苦手である。
ということで一応白い「サクラ餅」ができあがった。少し気品に欠けるかな・・?



ついでに先月は「イチゴ大福」をつくった。
このイチゴをいれるとほんのり桃色が透けて見える。十勝のつぶあんよりもイチゴをサクラ餅にいれると良かったかもしれない。
忘れなければ来年は「イチゴ大福サクラ餅」をつくることにしよう。





↑ ↑ ホームページHPを公開中 


                     

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  


Posted by カワセミ@旅人 at 10:55お茶タイムと料理