さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2010年05月30日

閑話休題・3




「職を賭す・・」とまで明言した鳩山首相、連立を組んだ社民党の福島大臣を罷免した。
手と手を取り合って韓国の空港に降り立った鳩山夫妻・・沖縄県民の一人として苦々しく思った。
つないでいた手をパチ(叩く)したくなった。
まったく目玉の大きさだけで総理大臣をしている(失礼)。



「オレオレ詐欺」もいいとこである。
「ハト」というのは平和の使者ではなかった。
こんなにもずるがしこくてトンチンカンとは思わなかった。
確かにハトはずるがしこい。寺院や神社の厄介者でもある。

庭にやってくるハトも「シッ!」と追い立てると門扉から堂々と歩いて逃げていく。
羽根があるくせにまったく生意気、バカにしている。
しかし鳥のハトは無実だ。総理大臣のハトは罪深い。



根性のない民主党にはもう・・うんざりである。
アメリカと自民党は高笑いしているに違いない。「笑う門には福来る・・」である。
沖縄では「屈辱の日々」を味わっている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・* たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。


      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ  


Posted by カワセミ@旅人 at 16:40ぶろぐいろいろ

2010年05月27日

北への旅人・その3




苫小牧港から車を引き取ってどこに行こうか・・。
南下しようと思ったがどうもしっくりとこない。
やはり思いは北の「北」である。
いっそのこと北の「稚内」へ・・そして利尻島と礼文島に渡ろうか。
船はハートランドフェリーが就航している。



苫小牧から稚内の「道路距離」をマップルの検索地図で調べてみると「429」キロという数字が出た。
所要時間は「9時間43分」である。
朝の8時に出発するとその日の夕方の6時には到着するらしい。
でも数字の一人歩き・・実際はそうにはならない。運転者は大変だ。



「北の道ナビ」という北海道を専門とする「距離」と「時間」の検索サイトを見つけた。
都市間の細かい数字や距離がひと目で分かる。
多分「JAF]にもこのような「道ナビ」があるだろう。



相変わらず車には「カーナビ」を取り付けてはいないので、こうやって事前に調べることが面白い。
どこを走るにしても「地図」と「標識」、そして「方位計」が旅を楽しくさせてくれる。
旅はもうすぐだ。






↑ ↑ ホームページHPを公開中 

                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・* たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



   にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへにほんブログ村 小動物ブログ リスへ  


Posted by カワセミ@旅人 at 08:40縦断にほん

2010年05月20日

ねぶたの里のアンパンマン




昨年、青森で一泊した。
その時に「ねぶたの里」という観光施設を訪れた。
大きな「ねぶた」も見ごたえがある。でもこういうかわいい「ねぶた」も好きだ。



作っていても楽しいに違いない。
童心にかえって楽しめる。
昔、「ひょっこりひょうたん島」というNHKの人気番組のキャラクターを仮装行列で作ったことがある。大きな竹を使ってひょうたん島も作った。
けっこう夢中になってしまう。



これはなんだろう??
勘のいい人にはすぐに分かってしまう。
「ドラえもん」の完成した姿は見られなかった。
しかし楽しい見学でもあった。






↑ ↑ ホームページHPを公開中 


                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・* たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。


       にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへにほんブログ村 小動物ブログ リスへ  


Posted by カワセミ@旅人 at 20:03縦断にほん

2010年05月17日

今年も「ナッチャンWorld」就航




久しぶりに「津軽海峡フェリー」の「HP」をのぞいてみた。
今年の夏も「津軽海峡フェリー」として「ナッチャンWorld」が就航するという。
また「ブルードルフィン」という愛犬を遊ばせることのできる船も就航するようだ。
「ナッチャンWord」、「ナッチャンRera」が撤退して久しいがなんとなくうれしい。



一昨年に乗ったナッチャン「World」だ。
昨年、函館港に着いたときには港に係留されていた。
夏だけの短かい期間ではあったが函館、青森間を就航させていた。



昨年、青森港のほうでは「ナッチャンRera」が係留されていた。
とてもなつかしかった。
今でも「ナッチャン」のガソリン「給油カード」は大切に持っている。
乗船記念のプレミアカード(1,000円付)だった。まだカードは現役でもある。



一昨年の乗船ではこのように津軽海峡上でナッチャン同士のすれ違い場面を体験した。
もうこのようなことはないのかもしれない。



一度しか乗ったことのない「ナッチャン」。
また今年の夏(10月まで就航の予定)も元気な姿をみせてほしい。
就航は7月17日から10月31日までの予定になっている。





↑ ↑ ホームページHPを公開中 

                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・* たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。


      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ  


Posted by カワセミ@旅人 at 07:34縦断にほん

2010年05月14日

北への旅人・その2




「その1」では「那覇新港」から「苫小牧港」までの車の輸送代を74,000円(税込)とかいた。
その後、別の会社から見積もりをいただいた。その金額は71,400円(税込)である。

昨年は福岡の「香椎浜港」までだったが輸送代は「47,250円(税込)」である。
それを考えると決して高いとはいえない。
ちなみに「帰路」は「函館空港」渡しで94,500円(税込)、一週間後には車は那覇港に着いた。



さてもさて・・マイカーの搬送にあわせて空を飛ぶほうはどうなるのだろうか。
今回は「那覇空港」から「新千歳空港」までということになる。
航空運賃は複雑・・怪奇といっても良い。

安い運賃は28日前までに購入する「乗継運賃」である。
全部の空港がそうなっているわけでもない。
幸い那覇空港から経由する羽田、関西、福岡、名古屋、神戸が該当していた。
しかし日程と時間帯によってその料金は大幅に変わっている。



「那覇空港」から「新千歳空港」までの乗継割引片道料金は「22,300円」である。
なんとかバーゲン運賃よりも安い。

そこから苫小牧駅まではJRのスカイライナーや道南バスが運航している。
料金は600円台である。千歳か苫小牧で一泊するのもよし。
若くはない人はあせらずにゆっくりと休憩したほうがいい。



そして「苫小牧港」にマイカーを取りにいくか、あるいはホテルまで運んでもらう。
もちろん別料金で千歳空港まで運んでもらうこともできる。
苫小牧市内だと5,000円ほど別途かかるが、苫小牧駅周辺から港まではとても近い。
取りに行ったほうがいいかもしれない。
「船の旅」のほうは別項目「日本縦断」に詳しくのせています。  つづく・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 




↑ ↑ ホームページHPを公開中 

                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・* たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。


       にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ  


Posted by カワセミ@旅人 at 09:12縦断にほん

2010年05月13日

カレーライスを極める




薪ストーブの上でつくる料理は美味しい。
そこで作ってみたい料理の定番の一つ・・カレーライスである。
子どもたちもきっと喜ぶことだろう。

北海道のタマネギを一生懸命に「する」。
この際、タマネギで訳もなく泣いてみるのもいい。「♪泣かせて~」の歌でも唄いながら・・。
今回は2個弱だった。すりきれないタマネギはみじん切りにする。ニンニクも少々。
これらをフライパンで「キタキツネ」色になるようにゆっくりと炒める。
飽きてきたらそこで止める。



材料は今回これらになる。
カレー粉は2種類、「摩周湖」や「洞爺湖」のカレーでもいい。
カレーの種類と値段はピンからキリまである。中間ぐらいのもので試すといい。

ポイントは「野菜ジュース」である。200円もしない。
「香料」などの入っていない自然系の野菜ジュースがいい。
今回は二分の一ほど使った。



今回は美味しさで定評のある「やんばる赤鳥」、コケコッコウ~である。
もちろん地元のチキンでもかまわない。
これも適当にこま切れ、フライパンで手早く炒める。強火がいい。
この脂身がカレーのコクにもつながるようだ。



お湯の中にチキン、ジュースなどが入っている。
そして固形のルーをいれて、粉のカレー粉で調整しながら弱火でゆっくりと焦げないようにかきまぜる。
飽きてきたら火を止めて休憩する。ティータイムはやはり必要だ。あせることはない。そしてまた同じことを繰り返す。



ニンジンやジャガイモなどのトッピングは別につくる。
これでカレー屋さんのカレーよりも美味しくできあがる。
そしてその日限りの「尊敬」される父親にきっとなることだろう。





↑ ↑ ホームページHPを公開中 

                    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・* たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。


       にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ  


Posted by カワセミ@旅人 at 07:57お茶タイムと料理

2010年05月10日

北への旅人・その1




今年も「北へ」の準備が始る。
でも松尾芭蕉のような旅はできない。
そういえば2~3年前だったろうか・・北海道の北の果て、「宗谷岬」から沖縄まで歩いて旅をした「写真家」がいた。

歳も若くはなかったのにその人のバイタリティーには感嘆する。
動物の「渡り鳥」にも平伏せざるを得ない。さらに台湾から海を渡る蝶々さえもいるのだ。
なんとなく・・自分がみじめにみえる。

気分を変えて・・
あのクルーズカーフェリー「飛龍」の頃がなつかしい。
まったく船旅はずいぶんんと高価になってしまった。
というより航空運賃が安くなってしまったのかもしれない。



今年も昨年のように車だけは船旅、身のほうは飛行機の旅になる。
軟弱な「旅人」の旅である。

昨年と一昨年は福岡の「香椎浜港」からの出発だった。
今年は一気に「苫小牧港」からの出発にしようと思っている。
まだ訪れたことのない「襟裳岬」を目指したい。
そして「ナウマン街道」を走り、十勝平野に向かう旅になるかもしれない。



車は那覇新港(安謝港)から苫小牧港まで運ぶことになる。
一週間ほどの長旅である。
気になる搬送代は74,000円あまり・・
松尾芭蕉の心境にはほど遠い渡り鳥である。  つづく





↑ ↑ ホームページHPを公開中 

                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・* たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ  


Posted by カワセミ@旅人 at 07:32縦断にほん

2010年05月07日

ロフトからの雑木林





ログハウスの2階はロフトになっている。
秋になるとそこから眺める雑木林の風景が美しい。



ロフトには本や雑誌も置いている。
「サザエさん」や「意地悪ばあさん」の本もある。
肩の凝らない笑いの専門書(?)だ。
外国ものでは「スヌーピーとチャーリーブラウン」の本がある。
いずれの本も大人としての教養を身につけなければならない←意味不明。



裏手は小山になる。
本当はこの小山にログを建てたかった。
山の上に「山荘」を造ってその名前をどうつけようか・・と考えたりもした。



人の手によって手入れされた山や森を「里山」と昔から言っている。
「ももたろう」の時代から受継がれてきた里山も数多い。
この雑木林を「里山」のようにしたいといつも考えている。
エゾリスといっしょにたくさんのクルミも植えた。しかしまだまだ木は小さい。



なにしろほとんどは幼木なので木の(気の)長い話でもある。
でも毎年、その生長している姿を見るとなぜかうれしくなる。
雑木林の美しい風景を今年もまた見せてくれることだろう。
                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「小動物」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。


          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




↑ ↑ ホームページHPを公開中 

  


Posted by カワセミ@旅人 at 09:11ろぐはうす