さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2010年07月31日

海で魚釣り





磯釣りをしてきた。
仲間たちと一緒に「穴釣り」、「防波堤釣り」である。
どちらかというと子どもたちが喜びそうな釣りになる。しかし初心者の大人だって面白い。
すぐそばの船では漁師さんが「ウ二捕り」をしていた。
女性たちはウニを貰っていた。男にはなかった。
船に釣り糸を垂らしてウニを釣ろうと思った。




遠くをみるとたくさんの船が出ている。
何を獲っているのだろうか・・イカ?、昆布?、タコ?・・ホタテ??まったく分からない。
波も穏やかである。




このテトラの穴を狙って釣り糸をたらす。
買ってきたばかりの1メートルほどの竿をおろした。長い竿だと扱いにくい。
エサは東南アジア産の冷凍の「エビ」を使った。スパーでは安い。
イカのゲソやサンマも用意していたけれど結果的には使わなかった。
一番多く釣った人は「ウグイ」をエサにしていた。




竿を下ろすとすぐにアタリがきた。
ここでは「ガヤ(メバル)」かな・・沖縄で云えば「イシミーバイ」の釣り方とそっくりだった。




結構小型ながら・・大きかった。
「ソイ」釣り・・ということでやってきたのだが「ガヤ」が多かった。




3時間ほどの釣り、短時間でもたくさん釣れた。
こんなに簡単とは思わなかった。
たくさん釣るとあとでの魚の処理が大変だ。




釣った魚をさばいてから少量に分けて冷凍におさめた。
「鍋」や「煮付け」に良いという。




ということでまずは味見。
意外と身も多く、締まっていて美味しい。
次は「渓流釣り」に挑戦だ。「竿」と「胴長靴」を昨日、買ってきた。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




↑ ↑ ホームページHPを公開中 

  


Posted by カワセミ@旅人 at 06:52釣りを楽しむ

2010年07月22日

サクランボ祭り






サクランボは今が旬、小樽近郊の「仁木町」に出かけた。
仁木町といえば何といっても果樹園の多い所だ。
リンゴやブドウの生産地にもなっている。


「サクランボ祭り」の会場は大きな広場だった。「フルーツパーク」と云う。
出し物の踊りは「阿波踊り」だろう。テンポが早い。




たくさんの人出だったがサクランボの出店はとても少なかった。
ここに来る途中ではサクランボの個人「観光農園」があちこちでにぎわっていた。
ノボリの旗もたくさん立っていたのでサクランボ祭りの会場??と間違いそうでもあった。
この祭りに参加していないのだろうか?


各地の観光農園も今日だけは休んで、この「サクランボ祭り」を盛り上げるのかと思ったらそうでもなかったわけである。
駐車場からはシャトルバスも運行されていた。
仁木町の大々的な「サクランボ祭り」にしては農園の出店が貧弱だったのはなぜだろう。




「サクランボの詰め放題」という催しがあった。
20秒以内に指定の袋にサクランボを詰め込む・・・無料ではなくて1,000円を支払っての詰め放題だ。
「お祭り」なのだから「抽選無料」とか参加料を「少額」にするとかの太っ腹がほしかった。「メタボ腹」は嫌われているご時世だからしょうがないか・・。
制限時間も20秒とは・・ちょっと「せこい」感じがした。




だいたいこの程度・・。
このサクランボは高くついたかもしれない。少しだけの袋の人も結構いた。
かわいそうである。
もう少し楽しさを演出するような気配りが必要だと思う。
仁木町のサクランボのイメージが悪くなっても困ることだろう。
来年も行きたい・・とは思わない。




サクランボの種類も多い。
「佐藤錦」、「高砂」、「ナポレオン」ぐらいしか知らなかった。
そういえば雑木林のサクランボも今年、いくつか実をつけていたがいつの間にか大きくならずに落ちてしまった。
ここの「サクランボ祭り」はまだ遠い。

                     

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




↑ ↑ ホームページHPを公開中 

  


Posted by カワセミ@旅人 at 07:43北の木の実

2010年07月20日

コクワの花が咲く





コクワ(サルナシ)の花が咲いている。
このコクワは日よけがわりということでベランダにツルをのばしている。
キウイフルーツの花にそっくり、純白で美しい。
久しぶりに見ることができた。



つぼみもかわいい。
今年は蔓(ツル)が伸び放題になっている。
一生懸命に剪定をしないと屋根の上にまで登っていきそうだ。
その蔓をたどってエゾリスが屋根にのぼるのも困る。
ただ煙突掃除をしてくれるのならいいのだが・・。



ベランダのコクワの花は両性花だ。
挿し木をした別の種類のコクワも3本ほどからまっているのでそれらが咲くとどうなるのだろうか。
コクワはメスだけ、あるいはオスだけ、そして両方(両性花)があると云う。



こちらは雑木林にあるコクワの蔓。
こんもりと樹にからまって茂っている。
ここでも花が咲きだした。
手も届かないほど蔓は上へ上にと伸びている。「ジャックと豆の木」みたいになっている。



脚立にのぼって写してみた。
光学3倍が限界のデジカメなのでもどかしい。
花がいっぱい咲いている。



コクワやヤマブドウの実はヒグマの好物という。
ヒグマは多分ここにいないと思うが、山菜採りの人に採られてしまうかもしれない。
「騒音に耳をかさないヒグマが近くにいます」の看板を立てておこう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 06:00北の木の実