さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2010年09月27日

なんとなく野菜畑その3





きのうの日曜日、トマトを収穫した。
まだまだ駐車場の畑は意気盛んだ。
まぁ・・そのうちにしょぼくれるだろう。



思えば息も絶え絶えだったトマトの苗。
店ではもう捨てられる運命にあった。
上から読んでも下から読んでも「トマト」なので助けてあげることにした←意味不明。



その恩を感じたのか・・暑さのせいかみるみる息を吹き返した。
そしてたくさんの実をつけてくれた。
今でもまだまだたくさんなっていてしぶとく育っている。
二人だけで食べるには充分な量ができている。



最初に熟したトマトを大事にいただいた。
でもあんまり甘くなかった。でもでも文句は言わないで食べた。
天地の恵み、なにはともあれありがたいことである。



そして次から次と色づきはじめているからうれしい。
寒さもきているのでビニール袋をかけてみたが、それがいいのかどうかよく分からない。
分からないけれどトマトは育っているのでうれしい悲鳴をあげることにしよう。
                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




↑ ↑ ホームページHPを公開中 

  


Posted by カワセミ@旅人 at 17:45きたの野菜畑

2010年09月24日

秋はクリの季節





秋も確実に深まっている。
でも日中は暑い。
季節外れ・・といおうかまだまだ」野菜のほうは収穫できる。
今年は7月からだったが苗やタネを植えても充分間に合った。



近くで野生の「ヤマクリ」を拾ってきた。
実は小さいけれど味のほうは濃いらしい。
ヤマクリはこの雑木林でも3,4本は生えている。しかし実のほうはまだまだ生らない。



クリのイガも茶色に変化していく。
虫が入る前に食べたほうがいいそうだ、それはそうだ。
といってもあまり食べない。イガクリを見るだけ、それを楽しんでいる。



それにしても・・これが「ウニ」だったらなぁ~
独り占めだ。「バフンウニ」にそっくりである。
バフンは嫌いだがウニは好きだ。
海に持っていって海中に沈めたら漁師さんにきっと怒られることだろう。



今年、クリの果樹苗を植えた。
売れ残りだったのでこの「丹沢」という品種は「198円」だった。
切なる願いは・・クリよりもウニが実ってほしい。

                     

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




↑ ↑ ホームページHPを公開中 

  


Posted by カワセミ@旅人 at 14:23北の木の実

2010年09月17日

執念のマツバボタンが咲く






7月中旬に極小のマツバボタンの「種」を蒔いていた。
あの有名な「鼻息でふっとんでしまう種子」である。
このマツバボタンを花壇に何とか移植をして育てていた。
最初の頃の苗は細かくて小さかったので先の尖った箸(はし)で根気よく、そして我慢強く植えた。
努力のかいがあって、翌月の初旬には最初の花が開いてくれた。うれしかった。




細かい苗は意外とたくさん移植したことになる。
一重咲きのマツバボタンは八重咲きよりもなんとなく愛着がある。
清楚にして可憐な一日花だ。
はかなく散りゆく「あだ花」かもしれない←拡大解釈です。




一つが咲き始めると次から次と咲く。
例年にない暑さが幸いしたのだろう。
苗ができてしまえばこっちのものだ・・と意気込んでしまう。




このマツバボタンは1年草という。
北海道ではそうかもしれないが南国では一年中咲いている。
一年草という常識は北国だけの常識かもしれない。




挿し芽でも増えるのでいくつかはもって帰ることにしよう。
沖縄での「冬」はマツバボタンにとって快適かもしれない。
ここでは「こぼれタネ」が期待できるので来年も咲いてほしい。

                     

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




↑ ↑ ホームページHPを公開中 

  


Posted by カワセミ@旅人 at 07:02北のやま野草と花

2010年09月14日

最後の渓流釣り






8月から始めた渓流釣り、3回目で終わることになった。
やがて産卵の時期も始るのでサークル(同好会)としては来年まで休憩である。
外来魚の「ブラウン」はその限りではないが、区別して釣り上げることは難しい。
大きな針に替えると良いのかもしれない。




しかしホント、よく釣れるものだ。
あちこちと移動しながら釣るといっぱいになってしまう。
釣り場も2~3箇所に止めている。




なぜか最初はウグイばかり釣れた。
合わせ方がウグイ向きなのかもしれない。
ブラウンのほうは今回は釣れなかった。


ブラウン狙いの知人はリール付の竿を持ってきていた。それで大型のブラウンを釣っていた。
30センチを越えるブラウンが釣れていた。
大きなニジマスをあと一歩のところで逃してしまった人もいた。
ルアーなら面白いかもしれない。




釣りは毎回時間にして正味2~3時間ほどの短時間である。
一日中釣りをすることはない。
この日の夕食には「塩焼き」と「甘露煮」の定番となった。
ウグイは骨が硬いがヤマメは柔かい。頭を除いてそのまま食べられる。




思えば「渓流釣り」もちょっとだけだったが、ずいぶんと楽しい経験をさせてもらった。
釣り方もいろいろと教わった。釣りの先輩たちに感謝である。
さて、釣りサークルの次の活動は・・「シャケ釣り」が待っている。
道具を揃えなくては・・。

                     

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




↑ ↑ ホームページHPを公開中 

  


Posted by カワセミ@旅人 at 06:30釣りを楽しむ

2010年09月12日

今度はカブトムシとクワガタを発見





またまたクワガタとカブトムシを発見した。
クワガタは雑木林の田舎道をのんびりと歩いていた。
風が強かったので木から落ちたのだろうか。
カブトムシのほうは「えさ場」の中にいた。



カブトムシの歴史を紐解くともともと北海道にはいなかったそうである。
今では北海道のどこにでもいるそうだ。
ここの「雑木林」のカブトムシたちはどこからやってきたのだろうか・・。



このエゾミヤマクワガタの角の形状にはいろいろとあるそうである。
「サト型」とか「エゾ型」とか云うらしい。
人間にも「O脚」とか「X脚」・・というのがあるので似てなくもない。



激しく動き回るのでひっくり返して寸法をみた。
7センチ以上あった。いままで捕まえたクワガタの中では一番大きい。
このあと自分で起き上がることができた。たいしたものである。



今までどおり少しだけ飼育観察をして、あとはこの雑木林に離すことにしよう。
                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




↑ ↑ ホームページHPを公開中 

  


Posted by カワセミ@旅人 at 12:59どうぶつと昆虫

2010年09月08日

雑木林の堆肥





生活上のいわゆる「残飯」はコンポスターの世話になっている。
時には枯れ葉や除草した草なども混入する。
コンポスターは2つ用意している。いっぱいになると二つめのコンポスターに入れる。1年のサイクルもあればりっぱな「堆肥」となる。

そこで堆肥化を早めるために「EMボカシ」をちょんちょん・・と振り撒く。
ドサッ・・と、では無い。
中では白い糸状の菌が発生するみたいだ。
それが「EM菌」なのかどうかは分からないが、いわゆるボカシ菌(?)が発生するようだ。



ところがこの「EM菌」というのはずいぶんと世間では論争のタネになっているそうである。
EM菌は「新興宗教」とか「ニセ科学」とか・・そんな話題にもつながっている。
発明なのか発見なのか分からないが、EM菌を広めた沖縄の人に問題があるようだ。

そういう「喧噪}も知らないで「EMボカシ」なるものをDIYの園芸コーナーで買った。このEMボカシは一袋200円ほどである。
米ぬかを別口で購入してお互いを混ぜ合わせて使っている。
喧噪という「論争」は混ぜ合わすことはできないが、このEMボカシはよく混ざる。
米ぬかの「ボカシ」と云ったほうが手っ取り早いかもしれない。



効果のほどは「驚異的!」・・というわけでもない。
堆肥化が進み、悪臭が余りしなくなる・・というぐらいだ。
「米ぬか」単独だけでもさほど変わらないと思う。
まぁ、とにかく「堆肥」になってくれればそれでいい。

                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




↑ ↑ ホームページHPを公開中 
  


Posted by カワセミ@旅人 at 15:04ぞうき林

2010年09月07日

なんとなく野菜畑・その2





駐車場の豪華な?北の「実験農園」。
広さは車一台分・・車のほうはというとアッチのほうに追いやられてしまった。



「南米チシャ」も「チマサンチュ」も順調に育っている。
ダイコンの葉の茂りもすごい。しかしモンシロチョウがうろうろしているのが気にかかる。
アブラナ科の野菜は食草になる。



トマトもこの夏の北海道の暑さのために大きく実をつけた。
7月に苗を植えたのだから晩生(おくて)のトマトともいえる。
やはり暑いと生長も早い。
沖縄では寒くなってからトマトを育てるのだがこの暑さはちょうど良いのかもしれない。



ミニトマトも同じように生長している。
脇芽を欠いて差し芽をして苗は増えている。



かなり収穫できた。
またまた赤くなっている。
当分暑さも続くようなのでトマトを楽しめそうだ。
昨年の「冷夏」がウソのようである。
                    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




↑ ↑ ホームページHPを公開中 

  


Posted by カワセミ@旅人 at 08:35きたの野菜畑

2010年09月03日

果物に群がる昆虫たち





果物の食べ残しにさまざまな昆虫たちがやってくる。
匂いがそうさせるのだろう。
特に腐りかかった「臭い」にはチョウたちが敏感だ。



ところがまさか一番にエゾリスがやってくるとは思わなかった。
エゾリスは匂いよりも見た目や味かもしれない。



黒い貴婦人の「キべりタテハ」である。
昨年は「コムラサキ」もきていた。今年もちょくちょくやってはくる。
でも今年はこのキベリタテハの数が圧倒的に多い。



食草を調べると「シラカバ」などである。
このあたりの雑木林にはシラカバも結構多い。
だいたいが高いところを敏捷に飛び回り、あまり地面のほうに下りてこない。



それにしてもよく群がるものだ。
腐りかけた果物は発酵アルコールのようなものかもしれない。
酔っているのか、近くで羽根をさわってもなかなか逃げない。



夢中で果物を食べたので体が重い。
近くの朽木に止まってひと休みである。
                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




↑ ↑ ホームページHPを公開中 

  


Posted by カワセミ@旅人 at 06:31どうぶつと昆虫

2010年09月01日

なんとなく野菜畑・その1





南米チシャなどの種子を持ってきた。
ここでためしに栽培してみようと思っていた。
無農薬にはもってこいの野菜である。虫もほとんどつかない。



昨年から「駐車スペース」に堆肥を積んで養生していた。
駐車場はそのまま小さな「実験農場」になってしまった。
「実験農場」といえば聞こえはいいが、ただの小さな畑である。



ここで買った秋のダイコンの種子も植えてみた。
あわよくば漬物用のダイコンが秋には収穫できるかもしれない。



ここのトマトの苗は7月ではもう売れ残りだった。
タダ同然・・それを3~4本買った。
今年の夏は暑い。うまくいけば育つかもしれない。



つるなしインゲンの苗もあったので、それも「思った・・」勢いで買ってみた。
これは順調に育ってくれた。
今では貴重な野菜として重宝している。

                     

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




↑ ↑ ホームページHPを公開中 

  


Posted by カワセミ@旅人 at 07:13北のやま野草と花