さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2010年12月30日

南の野菜畑・その3




知る人ぞ知る「島ラッキョウ」が群れている。
この「島ラッキョウ」の美味しさは格別である。
におい、歯ごたえ、食後の胸焼け・・・口直しにビールがすすむ。
あまり畑の場所もとらない、手間かからず、人気あり。
・・なのでたくさん植えてしまった。



「マヨネーズ」や「キムチ」と友だちの「セロリ」。
虫もつかず、栽培はいたって簡単という優れものの野菜になる。
食べだしたら止められなくなる・・という経験の持ち主も多い。



こちらは小集団のタマネギ。
試験栽培のようなもの。あまり作ったことも無い。
野菜の本を見ると「土寄せする」らしい。あわてて土寄せをした。
これらはカレーの材料になる予定。



苗は島ラッキョウに似ている。
「長ネギ」の苗である。となりの畑からいただいた。
タネからだとできあがる苗の量が多いらしい。
これもあとで土寄せをして軟白な長ネギを作るつもり、果たして上手くいくかどうか・・。
鴨にネギを背負わせたい。
                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・* たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。


      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



この「ブログ版」とは別にホームページを公開中↑↑雑木林に暮らす↑↑  


Posted by カワセミ@旅人 at 18:14みなみの野菜畑

2010年12月29日

南の野菜畑・その2




「畑づくり」が一年中できる。
そういったことがシニアたちの人気を惹きつける一因なのかもしれない。
昨日のロングスティでの沖縄での回答者の人気地域は「北海道」と地元「沖縄」そして「京都」、「長野」となっていた。
目的をはっきりとさせればおのずと地域が絞られてくると思う。

トマトも実をつけ始めている。
今回は「1本仕立て」にこだわっている。
なんとなくうまくいきそうな感じ、がんばれ「トマト」くん。



ポリフェノールの葉野菜「サニーレタス」だったかな?
もうずいぶんと前から食卓に上がっている。
葉野菜の高い時期なので自宅栽培はうれしい。



初めて「ブロッコリー」を植えてみた。
「アオムシ」くんとの闘いでもある。
どちらかというとブロッコリーを食べるより「アオムシ」くんを食べたほうがいいかもしれない。
究極の「青汁」になるか・・。



こぼれタネからの「南米チシャ」。
「ラーメン」や「煮つけ」、「チャンプルー」などに使っている。
今が一番の食べごろかもしれない。
不思議と虫がつかない、ムシする・・つまらん冗談も自分なりに少し飽きてきた。
きょうもキリギリスのように野菜を食べよう。
                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・* たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。


      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




↑ ↑ ホームページHPを公開中 

  


Posted by カワセミ@旅人 at 17:45みなみの野菜畑

2010年12月24日

メリークリスマス






久しぶりにドンちゃんの登場です





                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・* たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。


          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





↑ ↑ ホームページHPを公開中 

  


Posted by カワセミ@旅人 at 16:25ぶろぐいろいろ

2010年12月16日

お好み焼きです




北と南を往復するお金はあっても「ホットプレート」を買うお金(機会)がなかった。
いまどき珍しい・・と云われても抵抗できない?
ようやく「モウいちまい」という名前のホットプレートを買うことができた。
ホットプレートが2枚ついていた。



「お好み焼き」のつなぎは「ヤマイモ」である。
御近所の方から収穫した「やまいも」をいただいた。
その一つを北からのおみやげとして大切に持ってきた。
さすがにこの「ヤマイモ」は粘りがあって、「お好み焼き」のつなぎにぴっ足し、味のほうも良かった。



生の牡蠣(かき)も美味しい・・と聞いていたので具の中に入れることにした。
お好み焼きの具は野菜、イカ、タコ、エビ、豚ばら肉・・などさまざまの食材が利用できる。
広島風(ふう)とか関西風・・いろいろあるけれど、なに風になるのだろうか。



幼子(おさなご)もいるので食べやすいように小さくカットする。
トッピングとしてソース、マヨネーズ、花カツオ、青のり・・いろいろな味を楽しめる。
しかし醤油世代はやはり「しょう油」かもしれない。



次第に「ヒラヤーチー」に似てきた。
「ヒラヤーチー」とは沖縄ふうの「お好み焼き」のことである。
さて次は焼きソバ・・たこ焼きになるのだろうか。
                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・* たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。


      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






↑ ↑ ホームページHPを公開中 

  


Posted by カワセミ@旅人 at 22:04お茶タイムと料理

2010年12月12日

北のヤマブドウを育てる・その1





北海道には大小20近くのワィナリーがあるそうである。
知っているだけでも、ふらのワイン、十勝ワイン、鶴沼ワイン、小樽ワイン、余市ワイン、ニセコワイン、函館ワイン等々・・まだまだある。
驚いたことに奥尻島にもあるとのこと。
道の駅を巡っていたら結構その地区の「○○ワイン」というのにお目にかかる。
山梨の甲府のブドウは有名だが北海道は加工醸造用ブドウでは生産量が日本一だという。


それにしても注意して見ていないせいかフランスやドイツの「ブドウ畑」のような風景にはなかなかお目にかかれない。
空知には鶴沼の広大なブドウ畑があるというし、十勝平野にもきっとあるに違いない。
今度は目的を持って「ワイナリーの旅」をしてみたいものである。
上の画像は昨年のヤマブドウのビンテージ?物。今は空っぽである。




ここの雑木林にもたくさんのヤマブドウが生えている。
幹の太いものから小さいものまで様々だ。
うっそうとするので処分したり一箇所に集めたりしていたが、当初の頃より実をつけなくなった。
オスとメスの木があるのは分かっているのだけれども小さい木(蔓)はまったくオスメスの区別がつかない。




大きな木(蔓)のヤマブドウ、ミズナラの木にからみついている。
丈も高過ぎてエゾリスさんの手助けがないと収穫はムリである。
ただ遠くから指をくわえて眺めているだけだった。




昨年のヤマブドウになる。
いただきものも入っている。
なぜか漁師さんからいただいた。
漁師さんも秋になると「シャケ」よりもヤマブドウやコクワの採取に精を出すそうである。


さて、実のなったヤマブドウは挿し木などもしているがどうも効率が悪過ぎる。
そこで北海道の気候、風土に適した・・といえば格好はいいがこの雑木林、やや「寒冷地」に向くブドウを購入することにした。
つづきは「その2」で・・。

                     

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






↑ ↑ ホームページHPを公開中 

  


Posted by カワセミ@旅人 at 17:59北の木の実

2010年12月07日

飛行機での危険物




飛行機での「危険物」というのは確かに恐い。
次第に「危険物」の範囲も広がって全ての所持品もネクタイも靴も・・危険物になってしまうかもしれない。
・・もっともその前に「お前が一番危険だ」と言われることのほうが恐い。
昔から「悪い奴ほど良く眠る」という、飛行機の中で眠っている人物にも気をつけなければならない。



「危険物」として矢印のものは「別送品」になってしまった。
いつもは手荷物ではなくて別にしていたのだけれどもたまたま忘れてしまい、身につけたまま持ち込んでしまった。
荷物はすでに預けてしまっていたので、これだけ「一個」を箱に入れて預かってもらった。
この写真は「那覇空港」に着いてからのものである。



仰々しいほど大げさな箱・・とも云える。
中身はとても小さい。
「この箱、大き過ぎませんか・・?」と係りの人に云ってもただ笑っているだけ。
返す言葉がマニュアルにはないようだった。
「会社のまごころもたくさん詰めております。そのため大きくなってしまいました。」と言うくらいのジョークは望むべくもなかった。



中身は「ミニチャンプ」。
ヴィクトリノックスの6センチにも満たない刃物でした。
                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・* たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。


      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




↑ ↑ ホームページHPを公開中 

  


Posted by カワセミ@旅人 at 19:54縦断にほん

2010年12月06日

ブログ環境の変更





「ウィンドウズエクスプローラ-7」から「エクスプローラ-8」に3,4日前から変更しています。
「-8」をお使いの方は上記の矢印のところをクリックしていただくと従来のままの表示できれいに見ることもできます。
お試しください。

矢印の表示は「互換表示」といいます。
詳しいことについては「検索」されると良いでしょう。

                     

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




↑ ↑ ホームページHPを公開中 

  


Posted by カワセミ@旅人 at 21:21ぶろぐいろいろ

2010年12月06日

山栗のクリきんとん




晩秋の裏山でクリ拾いをした。
エゾリスの食料は幾らでもある・・ということが分かった。
ドングリなども雪の中を探すまでもなくたくさん落ちている。
エゾリスにとって冬は、意外としのぎやすいかもしれない。



大きな山栗だった。
♪おお~きなクリの木の下で~・・と歌も唄いたかったがとても大きな背の高い栗の木だった。
とにかくこの秋の自然の恵みにありつけたのは幸運だった。



結局いろいろと選り分けて、よさそうな山栗を南の島に持ち帰った。
思いは「栗きんとん」をつくるためである。
アメリカの国務長官もクリキントンが好きらしい・・。



南の島で一生懸命、皮を剥いで実をとり出した。
スプーンの柄のところで引っかくと、とても取り出し易かった。



またたくまにたくさんとれた。
あらかじめ湯がいていた(蒸してもOK)のでそのままでも食べられる。
そのままでも美味しかった。



ちょっとした味付けに「サツマイモ」を少し混ぜてみた。
別に砂糖をいれてもかまわないそうである。
蜂蜜もいいかもしれない。



「クリきんとん」のできあがり。
黄色の色づけはクチナシの実を使うそうである。
ま、自然のままの「クリきんとん」、つぶあん仕様ということでできあがりました。
飾りをつけたら正月用の一品に仲間入りです。
                    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・* たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。


      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




↑ ↑ ホームページHPを公開中 

  


Posted by カワセミ@旅人 at 18:32お茶タイムと料理

2010年12月03日

夕張メロンの気持ち





今年の夏に摘果された「メロン」が売られていた。
夕張近郊では夕張メロンになりたくてもなりきれなかったメロンもあった。
そういえば「メロンの気持ち」という歌が昔、流行(はや)っていました。



漬物用ということで2袋を買った。
〆て200円である。200円といってもかなりの量だ。
普通の「メロン」として食べたい気持ちにもなってしまう。



皮とタネをとる。
メロンを丸ごととか二分の一に切って漬けるには大きな容器が必要なので、それとは反対に小さく切っている。
小さな容器で充分である。



これを酒粕のはいった味噌に漬け込む。
塩分過多になるので味噌のほうは控え目である。
♪コラ~ソン~デ~メロンデメロンメロンメロン~~~・・と唄いながらやると早く漬かる。



3日ほどたてば食べられる。
アスパラとニンジンも一緒に漬けた(少しずつ漬けたので画像の日にちは前後している)。
このメロンの漬物は「夕張メロンの気持ち」という商標で売りだすと夕張にお金が落ちる・・かもしれない。
                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




↑ ↑ ホームページHPを公開中 

  


Posted by カワセミ@旅人 at 16:55お茶タイムと料理

2010年12月02日

赤カブの甘酢漬




昨年は「赤カブの粕漬け」(←詳しいことはここです)を仕込んだ。
今回は「甘酢漬」に挑んだ。
車に積んできたので車ごと甘酢に漬けたかった・・。



基本は「酢」と「砂糖」だけなので簡単でした。
「酢」の味がきつい場合は軽く酢と砂糖を煮立てるか、昆布を入れて中和すると良いらしい。



赤い色を最大限に出すためには皮をあらかじめ剥いて、その皮を赤カブ本体の上にのせておく。
もちろん下処理として赤カブはきれいに洗っておかなければならない。
皮を別にして「色づけ用」を作っておく人もいるそうだ。
「インターネット・赤カブ漬け」を見るといろいろなやり方、自己流があるので参考になる。



砂糖はグラニュー糖でも氷砂糖でも白糖でもかまわない。
黒糖は色が黒くなるので控え目がいい。まぜこぜもいい。
とにかく要は甘くなればそれで良いだけのこと・・です。



三日もたてば美味しくいただける・・はずである。
味見をしながらあとは微調整すればよい。
柿の実などをいれると味がまろやかになるかもしれない。
そのほか「赤カブ」の「ブドウ酒漬け」も良いかもしれない。
・・・かもしれないでイロイロ試してみるのも良いかもしれない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・* たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。


      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ





↑ ↑ ホームページHPを公開中 
  


Posted by カワセミ@旅人 at 17:16お茶タイムと料理