さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2011年02月12日

新燃岳は・・その2





登山をしたのは「韓国岳(からくにだけ)」と「高千穂峰」一帯だった。
天気さえ良ければ韓国岳頂上から新燃岳は見えたに違いない。
しかしこのときはまったく「新燃岳」を意識していなかったので見過ごしたということになる。




↑↑で見ると位置関係がよく分かる。
韓国岳山頂からは韓国(かんこく)さえもよく見えるというが、そこまではないにしても「新燃岳」は確かに見えるはずである。




九州の山々は魅力に溢れていた。
韓国岳から高千穂峰までの縦走はできなかったけれども、えびの高原側から「韓国岳」、高千穂河原から「高千穂峰」を登山することができた。




今後、この「霧島縦走コース」はどうなるのだろうか。
ちょうど真ん中に新燃岳が位置するので難しくなるかもしれない。




こうやって「馬の背越え」のようなところを歩くのは軽登山(トレッキング)の醍醐味でもあった。
よくもまぁ・・写真に夢中になって転げ落ちなかったものだ・・。

                     

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





この「ブログ版」とは別にホームページを公開中↑↑雑木林に暮らす↑↑  


Posted by カワセミ@旅人 at 13:38あうとどあ

2011年02月10日

新燃岳はどこにある?その1





↑↑これが新燃岳(しんもえだけ)の火口湖なのだろうか・・。




いまだに噴火を続けている「新燃岳」はどこにあるのか。
その位置関係を調べてみた。新燃岳は「霧島連峰」の一つという。
2年程前に霧島連峰の登山をしていたので資料をひっくり返してみた。




韓国岳(からくにだけ)の山頂から見えた火口湖はもしかして・・と思った。
しかし残念なことにそれは「大浪池」という火口湖だった。




その時の登山は「韓国岳」と「高千穂峰」だけだった。
やはり「新燃岳」はコースには入っていなかった。
この二つの山を縦走していれば新燃岳のあの「火口湖」を見ることができたかもしれない。

                     

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





この「ブログ版」とは別にホームページを公開中↑↑雑木林に暮らす↑↑  


Posted by カワセミ@旅人 at 16:14あうとどあ

2011年02月07日

マツバボタンの緊急避難





昨年は7月にタネをまいて、なんとか咲かせることができた。
マツバボタンのタネは細かくて大変でもあった。しかし持ち前の優しさ(?)と忍耐が功を奏したのか、よく咲いていてくれた。



が、しかし・・である。
秋も過ぎる頃になるとナヨナヨ・・となってきた。
花もきれいに咲かない。



そこで家の中にいくつかを避難させて育てることにした。
窓越しの陽の光や薪ストーブの暖かさでみるみる元気を取り戻した。
しかし、だからといって外には放り出せない。
そこで・・南の島にこのマツバボタンの苗を持って行くことにした。土を取ると荷物にもならない。
苗の状態ならば挿し芽も簡単にできる。



というわけでマツバボタンは南の島に無事到着した。
そしてプランターに植え込んだ。
でも今年は雨が多い、曇り空も多い。
そのせいかどうも生長が遅い、なによりも小鳥たちがいたずらをする。



またもや「緊急避難」である。
家の中の木洩れ日をあびるところで「余生」を過ごしている。
大きく育ったら、またこのマツバボタンの子孫たちを北の国へと旅立たせよう。
それにしても気の長いヒマそうな話である。

                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





この「ブログ版」とは別にホームページを公開中↑↑雑木林に暮らす↑↑  


Posted by カワセミ@旅人 at 15:16北のやま野草と花