さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2011年06月30日

イチゴのジャムづくり





あれは露地植えの「イチゴ狩り」だった。
とにかく・・「ハッピィ~ジャムジャム・・最高!」である←意味不明



たくさん収穫したので大きな鍋(なべ)で・・。
この鍋は薪ストーブの湯沸かし器になっているが、なにしろ「台所用品」が足りない、そこで兼用することにした。
鍋は防災用の「ヘルメット」にもなるので貴重な道具。。。でもある。



たくさんのジャムができた。
訳あってさかさまになっている。
ビンはもちろんリサイクルしたものである。
そういえば山菜用の「ビン」が北海道ではずいぶんと売られている、フタだけも・・珍しい。



いくつかは「シロップ漬け」にした。
「ケーキづくり」などの飾りに使える。



昨年の北海道新聞に載っていた「ジャムづくり」を実践する。
下にフキンを敷いてビンを逆さに置く、そして「煮沸消毒(30分)」をする。
常温で1ヶ月(シロップ)~1年(ジャム)は保存できるらしい・・でもその前までにはなくなることだろう。
                    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




この「ブログ版」とは別にホームページを公開中↑↑雑木林に暮らす↑↑  


Posted by カワセミ@旅人 at 17:42お茶タイムと料理

2011年06月27日

露地植えのイチゴ狩り





露地植えの「イチゴ狩り」というのは珍しい。
美味しそうなイチゴをたくさん収穫することができた。
目的は「ジャム」をつくること、そしてチョッとだけ生食すること。



広々とした畑がどこまでも続いている。
遠くには秀峰「駒ケ岳」が見えている。
1ヶ月ほど前まではまだ残雪が見えていた、今はない・・だろう。



広々とした畑の片隅にお隣のAさんの「家庭菜園」がある。
「家庭菜園」といってもかなり広い、手も足も端っこまではなかなか届かない。
手前が露地植えされている「イチゴ畑」である。



露地植えのイチゴ畑は広い。
今が旬、収穫もはじまっている。
カラスも食後のデザートとしていくつかを失敬しているらしい。
このあたりのカラスは「イチゴカラス」とよばれている・・そうだ。



大小さまざまのイチゴがたくさん生っていた。
太陽いっぱい浴びているので「ジャム用」には最高とのこと。



ランナー(幼苗)になっている苗もいただいた。
さてもさて・・急いで「ジャムづくり」をしなければならない。
他に近くで「ワラビ」も採ったので、こちらの仕込みもある・・忙しい。

                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



  


Posted by カワセミ@旅人 at 09:04きたの野菜畑

2011年06月22日

今年もアスパラの味噌粕漬け





歌手の細川たかしのふるさと、真狩村(まっかりむら)の「道の駅」に立ち寄った。
細川たかしがマイク片手に唄っていた・・それは銅像だった。
ここで細川・・じゃなくて細めの「アスパラ」の見切り品が1束50円で売られていた。明日に持ち越さないためだとか・・。
5束全部を買った・・しめて250円である。漬物にするには上等の品と云える。



その最高級品、見切り品のアスパラを軽く水洗いをする。
そして半日ほど干すことにした。
天気も上々である。



漬物用の「酒粕」と安価な「味噌」、そしてチョッと高い「本みりん」を入れて漬け込んだ。
それらの量の割合は勝手な配分である。
塩も砂糖もいれない。



あまり漬け込まないほうがいい。
4~5日でとり出した。
水洗いを軽くするとほんのり漬かっているのが分かる。
このぐらいが一番いい。



昆布もいれた。
濃い味の好きな人は1週間以上漬けると良いかもしれない。
左は「メロン」である。



オニギリには「フキ味噌」が入っている。
次は「メロン」の味噌粕漬け・・これも美味しい。
手づくりの漬物は「雑木林の味」である。
                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




この「ブログ版」とは別にホームページを公開中↑↑雑木林に暮らす↑↑  


Posted by カワセミ@旅人 at 19:30お茶タイムと料理

2011年06月21日

山菜も美味しい‐2





いただきものの「ワラビ」である。
薪ストーブの灰を塗ってお湯の中に入れた。
「アク抜き」にはいろいろなやり方があるようである。
ここではアクがいっぱいあるのでこの方法が手っ取り早い。




お湯が染まるほど「アク」がたくさんでていた。
その後ゆっくりと水洗いをして浸けておいた。




ちょっと青っぽく写っている。
2回いただいたのでこのワラビは2度目のもの。
ためしにワラビをかじってみるとシャキシャキする、苦味もないのでOKである。




簡単な「煮付け」の具材に使う。
どちらかというと「うすあじ」・・下に見える生協の「ポーク」は濃い味か・・。




2度目は「煮付け」以外に油揚げとワラビは相性が良い・・と教えてもらったので、油揚げを細く刻んで得意のチャンプルー。コンニャクも同居させている。
ということで・・どちらも美味しゅうございました。

                     

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





この「ブログ版」とは別にホームページを公開中↑↑雑木林に暮らす↑↑  


Posted by カワセミ@旅人 at 17:32北のさんさい

2011年06月20日

雑木林の山野草‐3





木洩れ日を浴びた「マイヅルソウ」の群落がある。
といっても目と鼻の先・・毎年、家のほうに押しよせてくる。
恐怖の「マイヅルソウ」だ。



そこでいつもは「草刈り機」を使って三分の一ほど刈り取っている。
それでも追いつかない。
根の生命力は強い・・もしかしたら長寿の薬草かもしれない。



湿地の大好きな植物らしい。
マイヅルソウの生えているところは「ジメ~」としている。
ジメッとするわりには清楚な花を咲かせるところが憎い。



その群落の中にクサソテツも生えている。
このマイヅルソウに負けそうな気配でもある。
クサソテツの若い芽は「コゴミ」として知られているそうです。



しかし、とにかく今年のマイヅルソウは伸び放題、やりたい放題である。
雑木林の地面が急速に覆われていく。やはり整理整頓は必要である。
針葉樹林にしか生えない・・という「記述」も世間ではあるけれど、まったくそういうことはない。



マイヅルソウは鶴が舞っている姿に似ているので「舞鶴草」というらしい。
しかしそれなら「ツルマイソウ」とか「ツルオドリコソウ」と云う名称のほうが良いと思うのだが・・。
はぐくんでいる山野草の愛好家さんたちに怒られるかもしれない・・ね。
                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



  


Posted by カワセミ@旅人 at 16:34北のやま野草と花

2011年06月18日

スズランが咲き終わった





この場所に「スズラン」を植えている。
地中2メートルにお金を埋めていた(脱税)土建業者もいたようだ。
ここではフキの根っこと大きなミミズしかでてこない。



今年は「早起きは三文の得・・」というわけで、白い清楚なスズランの花を見ることができた。
北海道では「雑草」に近いのかもしれない。
際限なく増えるらしい・・そして「行者ニンニク」とも葉の形が似ているので危険(有毒)でもあるそうだ。



昨年に見たスズラン、花が咲き終わっていた。
いつもこんな感じのスズランを見ていたので・・あります←口調が変った。



沖縄ではこの時期になると新聞によく載っていた。
「スズランをプレゼント・・」とかなんとか云ってJALとかANAのきれいどころが飛行機で運んでいた。
しかし最近では「きれいどころ」も高齢化しているように見える・・。
気のせいかもしれない。

                     

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




この「ブログ版」とは別にホームページを公開中↑↑雑木林に暮らす↑↑  


Posted by カワセミ@旅人 at 15:01北のやま野草と花

2011年06月13日

雑木林の山野草‐2





この野草は「マイヅルソウ」の群落のなかに咲いていた。
葉は似ていた。しかしマイヅルソウの花にしては少し違う。
何という花だろう・・。



調べてみると「エビネ」の名前は判らなかったが、どうやらこの花は「ベニバナイチヤクソウ」という野草らしい。
「紅花一薬草」と書くそうだ。花はほんのりと薄紅色をしている。
薬草でもあるらしい。



「深山に咲く花」とも記述されている。
そういえばこの場所は霧のかかる深い幽谷の山のふもと・・ではなかった。
1キロも行かないうちに「ローソン」や「セブンイレブン」がある。



今が盛り、群落をつくっている。
この時期ではなかったらエビネ同様、気づかなかったかもしれない。



「ベニバナイチヤクソウ」という名前を覚えることができた。
出会いを求めて(?)雑木林の探検はつづく・・。
                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



この「ブログ版」とは別にホームページを公開中↑↑雑木林に暮らす↑↑  


Posted by カワセミ@旅人 at 12:53北のやま野草と花

2011年06月11日

雑木林の山野草





雑木林を探検した。
今頃の雑木林は初めてである。
どちらかというと探検は山菜目当ての秋のほうが多い。



驚いたことに小さなエビネがたくさん咲いていた。
誰かが植えたという感じではない、自生種のようだ。



トリミングをしてアップすると黄色いエビネである。
なんという名前のエビネなのか・・もちろん判らない。



いたるところにたくさんある。
まったく知らなかった。
花が咲いていなければ「刈り払い機」で刈ってしまったところだ。



もうひとつ驚いたのはアオダイショウが切り株の上でのんびりと昼寝(?)をしていた。
逃がしてあげたあの「なつこちゃんヘビ」なのだろうか・・。
                    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




この「ブログ版」とは別にホームページを公開中↑↑雑木林に暮らす↑↑  


Posted by カワセミ@旅人 at 18:03ぞうき林

2011年06月04日

ワイルドなチューリップ





一応それなりの「花園」はハコベなどの草が生茂っていた。
それでもチューリップは控え目に咲いていた。



ワイルド・・野生種?のチューリップということで、数年前に購入したものである。隣りはカタクリ、花が散っている。
このチューリップの花もカタクリ同様に見ることはなかった。
しかし今年は心がけが良かったのかもしれない。



毎年元気に球根を増やし続けていたことになる。
確か球根は「カタクリ」や「行者ニンニク」などと似たような形をしていた。
どこに植えていたのかも忘れていた。
発見して・・たかがチューリップされどチューリップである←意味多少不明。



普通のチューリップの花がソフトボールならこのワイルドチューリップはピンポン玉の大きさ。葉のほうは細長い。
花が咲いていなければニンニクの葉っぱに見間違える。



赤、黄色・・ピンクのチューリップも確かあったはず・・。
どこかに埋まっているのかな?
ということでワイルドな・・野生種のチューリップは小粒で可愛いことが分かりました。

                     

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



  


Posted by カワセミ@旅人 at 19:55北のやま野草と花

2011年06月03日

カタクリが咲いている





カタクリの花の時期はすでに終わってしまったことだろう。
しかし、ここでは「黄色」のカタクリが今咲いている。



黄色のカタクリはもちろん自生していたものではない。
かれこれ3~4年ぐらい前に購入した球根である。
毎年時期も合わなかったので見たこともなかった。
今年はたまたま1ヶ月ほど早くここに来たおかげで、見ることができた。
黄色のカタクリはもうやがて終わりである。



他の薄紫咲き色のカタクリはもうすでに花も終わり、大きな種子をつけている。
この種子が熟するとアリさんがあちこちに運んでいく。
昨年はその様子を見ることができた。
カタクリの種子を運ぶアリ←クリック



そのおかげで黄色なのか紫なのかよく分からないがカタクリが増えつつある。
きっと両者は混在していることだろう。



「行者ニンニク」とはまた違った花の葉っぱもある。
それも似ているからややこしい。
結局、種子をつけている様子を見て「カタクリ」と判断することになる。
一ヶ所にまとめようと思ってもアリさんはそれを許さないからまた困る。

                     

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



  


Posted by カワセミ@旅人 at 17:58北のやま野草と花

2011年06月01日

山菜も美味しい





さてもさて・・雑木林の山菜を少々利用することにした。
「フキ」、「ヤマウド」そして「アサツキ」である。
ビールは発泡酒ならぬ「リキュール」になるのだろうか・・でもなかなかいける。



左がウド、白いのがアサツキ、右がフキになる。
なんとなく材料は柔かめ・・になってしまった。
初心者にとっては湯がくのが難しい。そのうちに馴れることだろう。



ウドのチャンプルーである。
葉っぱも使った。
しょう油とミリンとカツオブシでの味つけをしてみた。
ほんわか~とウドの味がした。



アサツキは軽く焼いた。
それにフキ味噌をちょんちょんとつけて食べた。いい加減な味がした。でもビールにとても合う。
青い部分は薬味に使えるのでネギとして細かく切って冷凍保存をする。



煮付けに相性の良いフキである。
青白い茎を収穫した。
柔かすぎたかもしれないが山菜をそれなりに味わっている。
すべて「良し」としよう・・。
                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




この「ブログ版」とは別にホームページを公開中↑↑雑木林に暮らす↑↑  


Posted by カワセミ@旅人 at 18:57北のさんさいお茶タイムと料理