さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2011年11月28日

野菜はがんばる





雪になったり、雨が降ったりとめまぐるしい天気が続いている。
それにもめげず、野菜は季節の流れに逆らわずがんばっている。
夕方に写したので画面はちょっと暗い、一応ここは「駐車場」予定地のミニ菜園。




いろいろな葉野菜がまだまだ育っている。
もちろん雪をかぶってもいた。
葉野菜類は「越冬」することが分かった。
今では「つまみ菜」として重宝している。
ラーメンには「ミズ菜」をふんだんに入れてみるととても美味しかった。




そして「クレソン」。
いただいた「クレソン」を少しだけこの菜園に挿し芽をしていた。
それがずいぶんと地を這うように増えている。




多分、越冬することだろう。
来年になってたくさん増えていれば楽しみである。
エゾリスくんにも食べさせたい。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




↑ ↑ ホームページHPを公開中 

  


Posted by カワセミ@旅人 at 17:14きたの野菜畑

2011年11月11日

がんばる野菜畑





雪も降りそうだというのに野菜たちはまだ寒さに耐えている。
できないことだ、がんばっている姿に感心する。




一度目のダイコンは大収穫でもあった。
その後、2度目のタネを蒔いたのは9月の下旬だった。
あまった春蒔きダイコンのタネやら秋蒔きのダイコン、間引きしたダイコンの苗などを無造作に蒔いたり植えたりした。
かなり乱暴な野菜作りである。




今は小さいがそれなりに育っている。
巷(ちまた)では漬物用のダイコンがたくさ出回っているのに、ここでは「別天地」の畑である。
葉っぱダイコンとして収穫できそうだ。




トマトもまだまだ収穫可能・・である。
なんとなく悪代官(TPP)が百姓(トマト)をいじめているようにも見える。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




↑ ↑ ホームページHPを公開中 

  


Posted by カワセミ@旅人 at 17:07

2011年11月10日

ミズナラの伐採





以前から伐採しなければ・・と考えていた木を10本ほど処理することができた。
いずれも電線にかかる、あるいは倒れると屋根にかかってくる、陽射しをさえぎっている・・等々の{ミズナラ」、「コナラ」たちだった。



なにしろ木の背丈もずいぶんと高い。
そして結構な太さもある。
「伐採名人」のお二方に協力していただくことができた。
というよりは半ば強制的にお願いした感もしないではない・・かな。



さすがに「名人」だけあって見事というほかはない。
倒す指定の場所にきちんと倒れていく。
伐採する木に巻くロープは登山用の「ザイル」を使った。
弾力もあってとても引っ張りやすかった。



午前中に10本も伐採したので午後には明るく開けてしまった。
これなら「花園」どころか「野菜畑」もつくれそうだ。




ついでに「シイタケ栽培」のホダ木も確保することができた。
20数本もあれば充分だろう。
春には「シイタケ」と「ナメコ」の栽培を・・と意気込んでいます。
                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





この「ブログ版」とは別にホームページを公開中↑↑雑木林に暮らす↑↑  


Posted by カワセミ@旅人 at 20:14ぞうき林

2011年11月03日

ブナの木の移植





ブナの木の黄葉はきれいだ。
春夏の緑の葉もすがすがしく「照葉樹林」と見間違うほどの趣きもある。
といいながら・・邪魔になっている。
そこで別なところに移動(移植)することにした。
前々からそう思っていた・・重い腰をあげただけのことでもある。



株立ちのを含めて2本、移動、移植、移し替え・・あっちに植える。
かなりの重労働だった。「刑期の重労働」をつとめているような感じがしないでもない。
最初は2株とも足でけってもビクともしなかった。



しかし根の回りを囲みながら気長に「ノコ」と「剪定ばさみ」と「クワ」を駆使すると少しずつ動きだした。
「気力と体力」は「知力」を上回ることができた。
歳をとってくると、失う「体力と気力」だけで充分かもしれない←意味不明。



そして数時間後、1本の株立ちのブナは小山の近くに移植完了できた。
もう1株のブナは写ってはいないが、巨大な岩石(?)のそばに植えた。
将来はこの巨大な岩石を抱えたブナの「観光名所」になるかもしれない。



すっきりとした。
来年は「花園」になりそうだ。
                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         * たくさんの人たちの「田舎暮らし」、「ログハウス」、「薪ストーブ」などのブログ記事が紹介されています。クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。



          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウスへ
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




この「ブログ版」とは別にホームページを公開中↑↑雑木林に暮らす↑↑  


Posted by カワセミ@旅人 at 17:39ぞうき林