さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2012年04月30日

「幸福の黄色いハンカチ」の土管煙突






「幸福の黄色いハンカチ」の石炭ストーブの続きになる。
夕張市のロケ地「想い出広場」の長屋がのびる。
長屋の奥には「幸福の黄色いハンカチ」が風に揺れている。




たくさんのハンカチ。
映画の中では倍賞千恵子が夫の島勇作(高倉健)を一途に、くじけず、ず~と心待ちしている。
気まぐれな世間ではなかなか・・出来ないことだ。




刑務所から出所した高倉健が武田鉄矢と農家に泊まった時だろうか・・?
部屋に置かれているストーブは「ルンペンストーブ」だ。
ルンペンストーブの焚き方は普通の「火入れ」とは逆の方法になる。
石炭を真下に入れてその上に焚きつけ、新聞紙をのせてマッチを着ける。




土管の煙突も「逆差し」なのだがそうなっているように見えるだろうか・・。
それにしても見事な常滑(とこなめ)塗りの土管煙突である。
陶器製の土管、昔はずいぶんとその用途があったらしい。
特に煙突の用途では海岸地方に多かったという。ブリキ製は錆が早いのでもっぱらこの土管が使われていたそうである。




普通、一般家庭で使う土管は排水管(下水管)として重宝されていた。
今では珍しいことだろう。




「点検口」も煙突掃除ができるようになっている。
土管の煙突は単独で立ち上げるには短く、つなぎ合わせているので不安定でもある。
そこで安定、固定化するために長い木の棒などが使われた。
梯子(はしご)のような支えをして土管の煙突が倒れていかないようにしている。
煙突掃除をする時にもこの支えの梯子は足場になって便利である。




フタが落ちないように針金などで固定している。
針金というのはホントに便利な小道具です。




メガネ石をとおして土管は内部の煙突とつながっている。




「想い出広場」は夕張市にある。
夕張市も「幸福(しあわせ)」になってほしい。




エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

  


Posted by カワセミ@旅人 at 08:36北のくにから

2012年04月28日

もう一つのブログ





エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑
下記の雑文を載せています



 ・ さぽろぐブログのテンプレート 4/08
 ・ さぽろぐブログテンプレート-2 4/10
 ・ 2012年春、北への準備    4/13
 ・ 五輪に出そうなエゾリスくん  4/15
 ・ 今年の薪割りの予定は未定  4/16
 ・ 今年の薪小屋の予定は未定  4/18
 ・ 車だけは苫小牧港に上陸  4/20
 ・ ヤクルト快調、巨人を三タテ 4/23
 ・ 寒冷地仕様は車だけではない  4/24
 ・ 雑木林の山荘は雪だった  4/27
 ・ 沖縄野菜を植える  4/28


                    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
  


Posted by カワセミ@旅人 at 07:07お知らせ

2012年04月27日

「幸福の黄色いハンカチ」のストーブ





1週間ほど留守にしました。
道央内陸部の夕張、富良野、美瑛、旭川などを周る旅だった。
少し太り気味・・ようやく質素な食事暮らしに戻った。


先ずはなにかと北海道では有名な夕張市・・。
映画ではこの市の郊外に「撮影地」が保存されている。
「幸福の黄色いハンカチ」という。
残念ながらこの映画をみたことはないけれど何となく知っている。
そしてもう一つのロケ地、「北の零年」・・吉永小百合の主演作らしい。
これはよく分からない・・で、「・・零年」の撮影地はみなかった。






遠くには「黄色いハンカチ」がいくつもたなびいていた。
どちらかというと「イラク戦争」に出征した兵士が無事帰還できるように・・と待ちこがれる家族と重なってしまう。


余計なことだが「黄色いハンカチ」や「青いハンカチ」は、沖縄では選挙での「革新」、「保守」のシンボルになっている。
今日はいみじくも「参議院議員選挙」でもある。
沖縄では民主党の候補者が一人も立候補できなかったのは誰のせい・・だろう。






おびただしいほどの黄色い紙が隙間のないほどに貼られていた。
「幸福駅」の駅舎を思い出してしまう。
「幸せになるように・・」というメモ書きよりも「宝くじが当たるように・・」などという欲の深い願い事がずいぶんと多かった。


「民主党、消えてなくなれ・・」という自民党の恨み節もあった。
言論の自由も時には恐ろしい。
映画ではこの赤いファミリアに高倉健、武田鉄矢、桃井かおりが乗っていたそうである。






倍賞千恵子と高倉健がいた。
脇にあるストーブのほうに目がいった。石炭ストーブだ。


昔、夕張市は炭鉱の町として栄えていた。
当然「薪ストーブ」よりも「石炭ストーブ」のほうが、より普及していたはずである。






ストーブの右側は石炭を入れておく貯炭用の箱(?)、なんと云うのだろか・・ミニ貯炭庫?
「十能(じゅうのう)」で石炭を取り出してそれをストーブに「くべる」。
「くべる」のは上からなのだろうか、それともサイドの片側に口があるのだろうか、下は灰を取るようになっているのだが。
ガラス越しなので反対側からは写せなかった。






見事な鉄瓶がストーブの上にのっかっていた。
この鉄瓶のほうが魅力的に思えてきた。




エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

  


Posted by カワセミ@旅人 at 20:47北のくにから

2012年04月26日

冬のポプラ並木






有名な北海道大学のポプラ並木が見える。
2年前の「台風18号」の影響を受けて19本のポプラが倒れた。
他のポプラも相当な被害をうけた。
この写真は昨年の1月だった。


札幌駅前JRタワーの屋上展望台からうつしたものである。
「ポプラの並木」が痛々しくうつっている。
今では新しいポプラが植えられていると聞く。
また倒れたポプラの何本かは形をかえ、木工製品になってよみがえっているようだ。


薪になったものもあるらしい。
それはそれで人の心を暖めたのかもしれない。
たしか・・この日は「ナマラ シバレテ」いた。


(2012年4月注:倒壊したのは2004年の9月のことである)




エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ








    


Posted by カワセミ@旅人 at 08:00きたの散歩

2012年04月25日

ベイスターズ in 沖縄




ハマのベイスターズは「トロピカルビーチ」のすぐとなりである
りっぱな「歓海門(かんかいもん)」が入り口となっている





そうそうたるピッチャー陣。
左から三浦投手、川村投手、クルーン投手





そしていちばん右端には今年移籍のあの工藤投手だ
報道陣に交じって後ろから押されるふりをして・・堂々と中に入った。
とがめる人もいなかったのが幸いした。
昔から知らんふりをするのが得意である。





ハマの守護神になった超速球のクルーン投手である。
ちょっと近づきすぎて、カメラがボケてしまったかな。
188cmの身長というがせいぜい178cmぐらいだろう。





元巨人の駒田選手だ。
あのころは槙原 吉村と3人トリオの新人だった。
声をかけたら(コマダさ~んと)気軽にポーズをとってくれた。





工藤投手である。
西武のころは若々しかったが・・・横浜でもうひとつもふたつも花をさかせてほしい。
あの清原くん(オリックス)もだが・・。


(2012年4月現在)
川村投手は2008年に引退、2011年からは二軍投手コーチをしている。
工藤投手は2009年に古巣の西武ライオンズへ移籍、2011年に引退する。クルーン投手は2011年にジャイアンツを退団する。三浦投手は今も現役で活躍中である)




エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
  


Posted by カワセミ@旅人 at 08:00プロやきゅう

2012年04月24日

古い石炭ストーブ





安比(あっぴ)の宿では骨董品を集めているのだろうか・・。
ひっそりとその小屋は離れにあった。
出発の朝ではあったが少しだけ覗いてみることにした。鋳物製の「石炭ストーブ」が目についた。
これは貯炭式のストーブである。


現役でまだ使われているような・・でも飾っているものだろう。
煙突の先を見れば分かったかもしれない。
とにかくデンと小屋の真ん中にそれは鎮座(ちんざ)していた。






「貯炭式」のストーブは最初、ドイツから輸入されたそうだ。
その後、国産のストーブが開発されて、よくわからないが「フクロクストーブ」と名づけられたらしい。


一番上は重いフタになっている。そのフタをあけて石炭をたっぷりと詰め込む。
下の口の上は空気の取り入れ口(燃焼室)だ。燃焼をコントロールできる。真下の口は灰をとる部屋である。
ストーブ本体の表面に凹凸をつけて表面積を大きくしている。暖房効率がよくなるそうだ。


「デレッキ」(デレキ?)という火かき棒を使って灰を燃焼室から落とすことができる。
ストーブの後ろのほうには鍋ややかんなどが置けるようになっている。煙突にいくまでの熱がそこを通る。
そこを貯水式にすると暖かいお湯が使えそうだ。






もっと古いストーブになる。
今ここにあればすばらしい装飾品になるだろう。
「博物館」か「開拓の村」や「明治村」行きは間違いない。




エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
  


Posted by カワセミ@旅人 at 08:01薪ストーブ暮らし

2012年04月23日

アイ・ミヤザト(宮里藍)




残念ながらアメリカ女子ツアーゴルフ開幕戦(ハワイ)は予選落ちしてしまった。
これはデンドロビウム「アイ・ミヤザト」と命名された品種である。


2012年4月21日、ハワイでアメリカ女子ゴルフツアー最終戦ラウンド、今季初優勝を飾る





熱帯ドリームセンターは水族館にくらべて入場者は少ない。
起死回生(きしかいせい)の目玉として展示された・・・とのこと。





マレーシアのラン生産農家がタネから育てて選抜したという。
ほのかなピンク、花びらのふくよかさ、元気で丈夫・・かわいらしさ等々なんでもござれである。
アイちゃんが活躍するとこの花も有名になるかもしれない。




エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
  


Posted by カワセミ@旅人 at 11:09ねったい花木

2012年04月22日

ゴマダラカミキリムシの発生





連休明けから梅雨の時期に入る頃、必ずこの「ゴマダラカミキリムシ」が現れる。
模様の美しいカミキリムシではあるがミカンの天敵である。地域一帯のミカンの木が枯れるほどである。


ミカンやクワ、ベンジャミンなどの木に卵を産みつけては知らんフリをする。
卵の数も多い。許せない。まったくもってやっかいな昆虫である。
昔はこの昆虫の駆除のために「懸賞金」を出したそうだ。「ウォンテッド」お尋ね者だ。






何本かのシークァーサーの成木を枯らしたことがある。
成木から木屑(きくず)をだして幼虫は育つのだがその食事の程度をわきまえない。
成虫は幹や枝の若くて美味しいところを食害する。大変な美食家でもある。時には数十匹も捕れることがある。


この時期は朝晩何回となく見回りを余儀なくされる。
ただこのカミキリムシの動作は、はなはだ鈍い。いとも簡単に捕獲できる。飛ぶのは苦手のようだ。飛び方は甲虫のそれのようにきわめて下手である。


天敵がいてもよさそうなものだが、鳥たちも捕獲しようとはしない。
近くにはイソヒヨドリやタイワンシロガシラなどのつわものもいるのだが、いまだに捕獲する姿をみたことがない。






このゴマダラくんを駆除するにはもちろん捕殺することが一番だ。
専用の農薬スプレー缶もある。木屑のでているところは幼虫駆除としてガムか真綿などでふさいで窒息死させる方法もある。
さらに根元にその被害が多いので布などを厚手に巻いて、そこに卵を産ませる方法もある。


とにかく毎年、悩みの多いやっかいな昆虫である。そしてそろそろシロアリの結婚飛行の時期も始まるので油断ができない。




エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
  


Posted by カワセミ@旅人 at 14:01どうぶつと昆虫

2012年04月22日

あら、ヤギさん






ヤギさんに会いに行きました。
なかなか探せなかった。でも会えてよかったよ。
よく見かけるようなヤギさんたちです。






ヤギミルクを飲んでみました。
ミネラル味?しょっぱい?濃厚?ヤギ味?      







オスのヤギ。      






牛・・??のようなヤギ。                 







先祖はラクダ?・・のようなヤギ。






たくさんのヤギが飼われていました。




エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑


                    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
  


Posted by カワセミ@旅人 at 13:45どうぶつと昆虫

2012年04月21日

コノハチョウ




コノハチョウである。
今では県指定の天然記念物になっている。  
昔は家の周りや森林公園などでよくみかけた。
時代とともに食草が消えると生息域は限られてしまった。
チョウの育つ環境にとっては管理される「公園」など苦手である。
落ち葉があって「食草」が適度にないとチョウも育たない。





昆虫たちにとっては、それなりの野草のある環境が生命を育てる。
雑木林(里山)も同じである。
木の葉っぱのような形は「コノハチョウ」が羽を閉じた状態だ。木の葉っぱと見間違う。
模様にも個体差がある。 





さまざまなチョウたちである。  
コノハチョウは別として庭にやってきたチョウを採集した。
玄関にはいつも補虫網をおいていたが、もうあまり捕まえることもしなくなった。
「食草」をみつけてチョウの増殖のほうに興味がうつっている。
昔はトンボなども集めたものだ。
最近の子どもは「カブトムシ」なのだろうか。





↑↑エゾリスの画像をクリックすると新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
  


Posted by カワセミ@旅人 at 16:25どうぶつと昆虫

2012年04月18日

もう一つの「雑木林に暮らす」



もう一つのブログの「雑木林に暮らす」では下記の記事などをのせています。


 ・ 薪ストーブ暮らしなんだけど 
 ・ エゾリスはかしこい 
 ・ エゾリス傑作選-01 
 ・ エゾリス傑作選-02 
 ・ 開幕戦、ファイターズ快勝 
 ・ さぽろぐブログのテンプレート 
 ・ さぽろぐブログテンプレート-2 
 ・ 2012年春、北への準備    
 ・ 五輪に出そうなエゾリスくん  
 ・ 今年の薪割りの予定は未定  






画像をクリックすると↑↑「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします 上記の記事をのせています↑↑↑


                    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
  


Posted by カワセミ@旅人 at 09:16ぶろぐいろいろ

2012年04月17日

日本縦断4,500キロの旅‐1 






クルーズカーフェリー「飛龍」が本土の大阪、名古屋とむすんでいる。
那覇新港の「飛龍21」は夜に出発して、35時間前後で朝の7時半ごろには名古屋港に着く。    
14,700トンの船である。
昔の青函連絡船のおよそ3倍のトン数だろうか。







こちらはもう一隻の船「飛龍」16,494トン。
こちらのほうが大きい。
交互に二隻のフェリーが「台湾ーおきなわー名古屋ー大阪」を巡航する。






貨物用トラックが多い。
でも乗用車も・・。
客室は一室6~8人用のベットが使える。いわゆる「大部屋」という部屋はない。
食事も意外と美味しい。
台風がこなければ快適な船旅が約束される。


(2012年現在、この定期航路は廃止されている。かわって飛龍21は那覇→名瀬→志布志→東京有明間の航路を担っている)

                    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
  


Posted by カワセミ@旅人 at 11:35縦断にほん

2012年04月16日

ミカンとへゴ林

   


「タンカン狩り」の山々は「ヘゴ」が生い茂る。
ミカン畑の密林か・・。
5メートル以上はのびるだろう。
ヘゴ周辺は日が陰り、湿っぽい感じである。 





整然とミカンの木が植えられている。
なぜか カラスの被害が多かった。





昨年は台風の直撃はなかった。
でも今年は裏作の年になってしまった。来年は 多くのミカンが 豊作になることだろう。
(2012年は昨年の台風のために、ミカンの実は全滅。タンカン狩りはできなかった)




メジロ、ヒヨドリ、シロハラ、ウグイス、シジュウカラなどの野鳥も多い。





庭にヘゴを植えている家庭も多い。
庭のアクセントになるが大きくなると伐採し、ランの植え込み材料にするようだ。
着生ランとの相性はすこぶるよい。

                    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
  


Posted by カワセミ@旅人 at 07:50ねったい花木

2012年04月15日

ヴェイパラックスランタン-01





アウトドア用のランタンである。                             
キャンプの好きな人は必ずといっていいほど「コールマン」とか「スノーピーク」などのマニアックなランタンをもっている。
コレクションとしてたくさん蒐集している人もいるようだ。                     

                                             
このランタンは「VAPALUX 」(ヴェイパラックス)というイギリス製のアーミーランタンになる。
イギリスの軍人さんたちが使っていたランタンだ。                         偶然にも中古品をみつけた。どちらかというとコールマンのランタンのほうが沖縄では多いのだが、イギリス製は珍しい。


買った店に最近再訪したが、なぜか「ランタン」のコーナーは撤去されていた。
数は少なかったが結構いろいろなランタンが展示されていたので目の保養にもなっていたのに残念である。
代わりにアメリカの皮革製品などの中古品やらアーミーグッツが並んでいた。 






この「ヴェイパラックス」は「ハリファックスイングランド製」とも刻印(英字)されている。
それも古い時代の「WILLS BATES 」製の刻印もつけられている。
昔の最初の製造会社だ。    
現在では「Bairstow Brothers」社に引きつがれて生産が続いているそうだ。


ホヤガードはアルミダイキャスト製でとても頑丈である。
購入した店では「一応オーバーホールはしています・・」と云っていたが、どうなんだろう。
購入してからはそのまま飾っているだけで改めての総点検はずーとしていない。







タンクは真鍮製のようだ。
タンクの圧力もかかり、点検はしたがはたして灯りはつくのだろうか。
マニアにとっては垂涎の「ヴェイパラックス」かもしれない。                                
本当は灯(炎)を燈さなくてはならないはずだが未だに実行していない。






マントル(網の目になった布)は一応新品に付け替えられていた。                  
店でオーバーホールした時に付け替えたものらしい。ホヤを支えている部分は潜望鏡みたいである。                
とにかくがっちりとして頑丈につくられている。


そこで罪滅ぼしに少しだけ分解してみた。
今度の「縦断の旅」の同伴者にするためだ。壊れないようにホヤ(ガラスの部分)をはずしてみた。
以前、お気に入りのスタンドの笠を旅の途中で割ってしまった。
今回は割らないように「本体」と「ホヤ」を別々にして、慎重に梱包した。
車に揺られても大丈夫なように・・である。    







ところでこの「ヴェイパラックスランタン」は今でも新品が販売されている。
画像の「ヴェイパラックス」はもちろん中古品である。
ワタシも悲しいかな・・中古品だ。販売はしていない。                   
                    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ                        
                                           
  


Posted by カワセミ@旅人 at 08:05あうとどあ

2012年04月14日

ものづくり




もう10年以上前につくった「こけざるの壺」?である。
花器のつもりでつくったのだが・・一応は花器に見えそうだ。
陶芸窯で焼いてみた。
海岸でひろった貝をつけたり、自家製の灰釉をつかったりもした。


「クワディーサー」という木の実を焼いてから灰をとった。  
それに「長石」の粒を少しまぜている。
もちろん他の釉薬を少しは使っている。  
長石粒のせいか、信楽焼のような肌合いをみせているところがいい。





一見、古めかしい花器にもなっている。
野の花などを活けたら似合うかもしれない。
直径30cmほどの花器である。  




  
こちらは「おちょこ」と一合徳利(銚子)の「一輪挿し」だ。
猪口(ちょこ)のほうは、いわゆる「還元」が少しかかっている。
徳利には親指の跡がついてしまった。
「広く浅く・・・」の手づくりものづくりでもある。


                    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
  


Posted by カワセミ@旅人 at 17:26ものづくり

2012年04月11日

薪ストーブと物々交換






遠くにいる知人と物々交換をすることにした。
「物々交換」なるものは、はるか昔の「縄文時代」からあったそうだ。
見たわけではないが「海の幸」と「山の幸」を交換とか、狩猟(しゅりょう)民族と農耕民族とかがお互い同士を助け合った。
時には貴重な「食料」をめぐっての諍(いさか)いや闘争もあったに違いない。






ところで知人とは、縄文時代から・・「物々交換」をしていたわけではない。
縄文時代からだと、お互いなんとなく・・かなりの歳になる。
知人は福島の「薪ストーブ屋」さんである。
前々から店の「ホットサンドクッカー」なる商品がほしかった。
「日本縦断」の・・あの時も郡山市の店に寄って2本購入していたのだが、もっとたくさんほしかった。






その時の商品「ホットサンドクッカー」でアメリカ製である。
柄が長いので子どもたちにも安心して持たすこともできるし火の中にも入れやすい。 
便利で簡単な「ホットサンドクッカー」だ。
これほど柄の長いクッカーもなかなか見当たらないのもほしい・・理由の一つである。


ストーブの窓ガラスをあけて暖めることもできる。
もちろん焚き火など野外のほうがかっこいいに決まっている。
食パン、トマトの切れ端、卵、ハム、ベーコン・・なんでもてんこもりにのっけることもできそうだ。







さてその後の縄文時代の「物々交換」だが、福島からは山の幸(?)薪ストーブライフの「本」と「ホットサンドクッカー」が送られてきた。
直接買った2本がすでにあるので、これで3本目である。
こちらからは「薪斧(まきおの)」、ついでに海の幸「モズク」、「勝山シークワーサー」、「シキカン(ミカン)」などをいれることにした。
ミカンは庭の木からとったものである。   






「物々交換」のよい点は金銭を問題にしないことにつきる。
今ここにある物をあげるわけだ。ないものはもちろんあげられない。
薪ストーブ愛好家の輪は「物々交換の輪」のような気もしてきた。
すこし・・欲も深くなってきたのかもしれない。

                    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
  


Posted by カワセミ@旅人 at 08:49薪ストーブ暮らし

2012年04月09日

雑木林の花壇づくり





毎年雑草だらけ・・ここに来たときの様子である。
今年は雨も多かったようだ。7月にやってきた時はのび放題だった。
エゾリスくんに管理を任せていたのだが遊んでばかりだったかもしれない・・許せない。






少しずつ雑草をとりながら、花壇をつくった。
今までの枯れ木の囲いを整理した。いつでも取り外しができるようにブロックは「接着」していない。
ただポンポンと置いたので水平をとるのもいい加減である。
しかし、いい加減にやっても真剣にやっても疲れは一緒のようだ。






ブロックをただ並べているだけだが「数」を間違えてしまい、きれいな形の長方形にならないこともあった。
その時は「あれ?」と、しばしぼう然とたたずむ。
単純な作業なのにまったく困ったものだ。エゾリスが悪い・・と他人になすりつける。






少々歪んでいるが愛嬌である。
几帳面な人にとってはこれを見ると「許せない・・」、「邪道だ・・」と、ひとことふたことポツリとつぶやくかもしれない。
「造園屋さん」はもちろんのこと、あまり人には見せないことにしよう。






何を植えるか・・。
冬越しできる花がいい。ルピナスはどうか・・あれはきれいだ。
球根もいいかもしれない。チューリップは・・しかし7月にきても花を見れないか。
それよりも「キッチンガーデン」がいいかな・・ネギの「あさつき」もいい。
次第に考えることは「食べもの」のほうに片寄ってくるのです・・。

                     

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
  


Posted by カワセミ@旅人 at 11:12ぞうき林

2012年04月07日

雑木林に暮らす(アーカイブ)宣伝です

















この「ブログ」では過去の記事(アーカイブス)だけを適当に選んで載せています。
いわば「時空を越えて」のとりとめのない「ブログ」になっています。
新しいネタについては上のエゾリスさんの画像にマウスをあててクリックすると時系列の「新ブログ」を見ることができます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*「日本ブログ村」のランキングに参加しています↓↓↓

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
  


Posted by カワセミ@旅人 at 22:19お知らせ

2012年04月07日

日ハム in おきなわ




日ハムには失礼だが用事のついでに近くを通りかかったので、寄ってみた。
全体の練習はもうすでに終わっていた。





新人の金子洋平外野手(背番号40)が元巨人の淡口打撃コーチにバッテングの指導を熱心にうけていた。





川島慶三外野手(背番号39)がファンサービスをていねいにこなしていた。
サイン、ツーショットなどを嫌がらずにやっていたのには感心した。 





その背後から、去年活躍したキャッチャーの高橋信二選手(背番号30)が宿泊ホテルとは反対の方向に向かう。
ファンはぜんぜん気がつかない。
そして すぐそばの国道にでると・・・。





さっとUターンする。
道路をよこぎり 反対側の歩道に・・・宿泊先のホテルに向かう。
うまくファンを回避できた。
さすがにキャッチャーだけあって頭脳的プレーだ。


(2012年4月現在;金子洋平外野手は2008年を最後に引退、川島慶三外野手は2008年にヤクルトスワローズへ、「背番号00」で現役の内野手として今も活躍中である。
高橋信二捕手は昨年までジャイアンツに在籍、今年からはオリックスに移っている。
淡口打撃コーチは現在ヤクルト二軍のコーチをしている)

                    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
  


Posted by カワセミ@旅人 at 17:16プロやきゅう

2012年04月06日

ヤマべをいただく





渓流での釣りを始めると「病気」になるという。
なかなか治らない・・完治しない、重症だ。
道具にもこだわり、服装にもこだわり、車にもこだわり・・・ヤマメの大きさにもこだわり、肩や腰が凝るほどにこだわる。


でも楽しさいっぱいだ。
うらやましいほどのアウトドアである。
沖縄ではヤマメはいない、しかし絶滅したという「リュウキュウアユ」が復活している。
そのうちに「米軍演習地」の横でアユ釣りの風景も見られることだろう。






遠くて近いお隣さんから「ヤマメ」をいただいた。
こちらでは「ヤマベ」と云うそうである。
釣果(ちょうか)の分け前を有難くいただきました。


昨年はなんと「シャケ」をいただいた。
海で釣ってきたそうである。
・・さて来年は、なにを貰えるのだろうか。






旅の途中・・あれは下北半島だった。
ちょうど大間港から函館港に向かう途中でもあった。
そこである親子に出会った。


川の周辺を走り回ったり、車で往ったりきたりしている。
行動が奇異だった。どこかの「あやしい犯罪者」に見えなくもなかった。
何をしていたのだろうか??夕方、偶然にも同じ旅館にその親子と一緒になった。そこで聞いてみた。
なんのことはない「渓流釣りの旅」・・とのことだった。






「ヤマメ」は海に旅すると大きな「サクラマス」になるという。
川で一生を過ごすと「ヤマメ」のままで終わるそうだ。
どちらが幸せなのだろうか・・不思議な魚である。






上の画像のそれぞれの「川」が気になるかもしれない。
旅の途中のトロッコ列車の走る「黒部川」と十和田湖の「奥入瀬渓流」のふたつの川を写している。
奥入瀬でも釣り人を見かけた。やはり奇異な行動をとっていた。

                    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
  


Posted by カワセミ@旅人 at 21:58釣りを楽しむ

2012年04月05日

懐かしのジュークボックス




なつかしい・・といえばなつかしい。
しかし涙ぐむほどの昔でもない。
ドーナツ盤を演奏する「ジュークボックス」である。
まだまだ現役として使われているから驚く。


「ジュークボックス」は店舗のインテリアとしても役立っている。
そしてこの「ジュークボックス」はしっかりと場所をとってその存在感も大きい。
レトロな雰囲気は落ち着いた店舗などに良く似合うことだろう。


未だに熱烈なファンもいるようだ。
自宅の部屋や車庫にこのボックスを置いて、楽しんでいる「団塊の世代」も見受けられる。






この店舗では、10セントで1曲、クウォーターダラー(25セント)で3曲、そしてハーフダラー(50セント)で7曲がリクエストできる。
さまざまなジャンルの曲、あるいは映画音楽など、特に「オールディーズ」をかけながら、当時を偲んでみるのもいい。
円高ドル安の今がチャンスである。


「西部劇」や「名作映画」の主題歌などはやはり最高である。
映画のシーンがよみがえる。
ドーナツ盤の擦りきれる音も郷愁を誘うようだ。






「ジュークボックス」の魅力は、なんといってもその重厚な「低音」にある。低音のここぞ!という響きがすこぶるいい。
今ではこの「ジュークボックス」もすたれてしまった。残念である。
でも部屋が広ければ、近所迷惑な一台としてぜひほしいところでもある。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
  


Posted by カワセミ@旅人 at 21:19だんかいの世代

2012年04月03日

雑木林に暮らす(アーカイブス)

















このさぽろぐの「ブログ」では過去の記事(アーカイブス)だけを適当に選んで載せています。
上のエゾリスさんの画像にマウスをあててクリックすると別の新ブログ(CM無し)を見ることができます。
「雑木林に暮らす」のブログは二つということになります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓ ランキングに参加しています。


          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
  


Posted by カワセミ@旅人 at 18:00お知らせ