さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2012年07月30日

ゴジュウカラの災難‐最終回





「おじちゃん、ゴジュウカラくんは生きてますか?」






ちょっと羽根に血がついているけど、クスリをぬっておいたからだいじょうぶだよ。 
「のうしんとう」をおこしていたのかもしれないね。






まだフラフラしていました。
でも、大丈夫そうです。






エゾリスのなつこちゃんは安心して、帰って行きました。
バイバイ~~また遊ぼうネ






あ~あ、痛かったなァ~~もう。


                         おしまい


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 17:33えぞりす

2012年07月29日

ゴジュウカラの災難‐2







ドンちゃんはあわてんぼうでした。
ゴジュウカラに「おくやみのことば」をかけていました。






おれは死んでなんかいないぞ~~!






食べにきた・・じゃない、様子をみにきたエゾリスの「なつこちゃん」は心配そうにのぞきこみました。
「おじちゃん、だいじょうぶなの? 死んじゃったの?・・」
「だいじょうぶだよ。ちょっと血がでて、痛い・・いたい・・しただけだよ」




                             
あと1回だけつづく



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 08:34えぞりす

2012年07月28日

ゴジュウカラの災難





「ガァ~~ン!!・・」
大きな音がしました。窓のほうです。
みると、ベランダに「ゴジュウカラ」がひっくり返っていました。
ものの見事に窓に体当たりしたようです。






血もでているようです。
おじちゃんは手にとってゴジュウカラのからだを調べてみました。
「息はしているようです。







そこへエゾリスの「なつこちゃん」が飛んできました。
空を飛んだわけではありません。急ぎ足でやってきたのです。
「食べにきたのかな・・?」と、一瞬ながらおじちゃんはそう思いました。

                                                       つづく


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 14:32えぞりす

2012年07月23日

小鳥さんの災難





ベランダに横たわる一匹の小鳥・・窓ガラスに衝突。






そこへ悪魔の手足が・・こわ~~い!






踏みつけてから食べるのだろうか・・






「小鳥さん、どうしたの・・?」
「・・ちょっと横になっていただけだよ、踏みつけないでくれ!」






「すまん、すまん・・ゴメンね」
エゾリスのなつこちゃんは後ろにあとずさり・・






「でも本当はどうしたの?」






「内緒でおしえてよ・・」

                  (本物の小鳥さんです・・つづく)






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 17:41えぞりす

2012年07月17日

ジュゴンと暮らす





何日か前に「ジュゴン訴訟」の判決があった。
地元の新聞「沖縄タイムス」ではトップを飾った。
大手の新聞ではもちろんトップでもなんでもない。裁判はアメリカでの法廷のことである。
ジュゴンも訴訟人の一人だった。


鳥羽水族館のジュゴンの名前は「じゅんいち」と「セレナ」ちゃんであるが、訴訟人のジュゴンの名前は何と云うのだろうか。
「ジュゴン訴訟」とは簡単に云うと「ジュゴンの生活する美しい海を奪うな・・」と云うことである。
「在沖縄アメリカ軍基地」がらみの問題ではあるが、ジュゴンにとっても「基地」は迷惑このうえないことである。






ジュゴンは切手にもなっているので有名人である。
3セントの琉球切手である。
3セントとは当時のルートで1ドル360円だったので11円ほどか・・。
1966年に発行されているもう一枚の封書には本土復帰前日の1972年5月14日のスタンプが押されている。
これらは昔の「玉手箱」から出てきた。 


ジュゴンは漢字で「海牛」と書くそうだ。
でも、牛よりも象のほうに近い縁があるとのこと。似たものとしてキャベツなどの野菜を食べてくれる「マナティ」がいる。 
ジュゴンは海の浅瀬に生えているアマモなどの海藻類を食べているそうだ。
近くの南の海岸にもたくさん生えているところがある。
そこは干潮になると海草の林になっていることが分かる。
ジュゴンの生活(生息)域の行動マップを見るとそこも行動範囲に入っている。意外と身近にいるようだ。
しかし残念ながらマンタが海で遊泳しているところを見たことはあるが、ジュゴンの海での姿はまだ見たことはない。






Cocco(コッコ)の歌ではないが「ジュゴンの見える丘」が北の東村(ひがしそん)にある。
運がよければクジラが泳いでいる姿も見ることができるという。
そこにはかわいい一軒の「喫茶店兼ガラス工房」がひっそりと建っている。美味しいコーヒーを飲みながら海を見下ろす眺めはすばらしい。 
「国際通り」の店のような見世物看板にだけはなってほしくない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 07:46ぶろぐいろいろ

2012年07月12日

五勝手屋さんのあきあじ最中




今年も来年のカレンダーが送られてきました。 
江差町にある老舗(しにせ)の和菓子、羊羹(ようかん)のお店。
この店の「あきあじ最中(もなか)」を食べたい・・と以前からずーと思っていた。
その思いは時々忘れたりもするがやっと念願が叶った。



函館市から車で1時間以上かかるあの「江差追分」で有名な江差町へと車を走らせた。
この「あきあじ最中」の日保ち日数は7日である。
賞味期限がとても短い。  
だから宅配・・というわけにもいかなかった。また函館空港などにもこの商品は置かれていない。



待望の「最中」を買うことができてホントうれしかったのである。
ウキウキワクワクであった・・しかし態度にはあらわさなかった。
そして帰りに竹製の「ものさし」と「タオル」をいただいた。
これは食べることはできないが・・ ものさしのほうは背中をかくのにちょうどいい。 

   

有名な「丸缶ようかん」のほうは品質管理保持に万全を期すため、来年からの販売再開となるようだ。 
美味しいお茶と「あきあじ最中」・・ あきあじの頭をガブリッとくらいつく。
まるで北海道のヒグマである。  
エゾリスのおじさんは、ほんの少しだけ「 ヒグマ 」に変身したのであった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 09:47まちかど散歩

2012年07月10日

五勝手屋の羊羹




毎年、年末になると道南の江差町にある「五勝手屋羊羹本舗」からカレンダーがおくられてくる。
北海道のおみやげ・・というと六花亭の「モカチョコ」、「五勝手屋の羊羹」、千秋庵の「ノースマン」を定番にしている。


 




カタログを見ていると・・「あきあじ」の形をした最中(もなか)というのをぜひ食べてみたいのだが、なんといっても賞味期限が「7日間」ほどしかない。
江差町に行く機会があったらぜひ食べてみたいものである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 06:18まちかど散歩

2012年07月09日

お茶のタイム




時々・・といっても毎日かもしれない。
こんな「ティータイム」をもつことがある。  
本来なら和菓子や洋菓子の「ティータイム」のほうが格好いいのかもしれない。    
しかし、なんといっても本人は「若年性年寄り」である。
古代米の少し入ったオニギリ、黒砂糖と蜂蜜で漬けた島ニンニク、ダイコンの味噌粕漬け、そして牛乳と酢で漬けたダイコンの牛乳漬け・・みんな手づくりである。 
ついでにお茶のはいった湯飲み茶碗も手づくりである。
プロフィールの自画像も手づくりだが、これはあまり似ていない?   


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 06:34お茶タイムと料理

2012年07月07日

エクスカイザーランタンの夜





昨年の10月29日の夜は停電になった。
確か雷も鳴っていたと思う。やはり雷は恐い。
昔は・・地震⇒雷⇒火事⇒オヤジ・・と恐さにも序列があった。
今の序列、順番はどうなっているのだろうか。




ろうそくを灯しながら考えた・・もちろん「序列」のことではない。
ろうそくよりも「ランタン」があったではないか・・と。
非常用に備えていたわけではないので、すぐには「ランタン」を思い浮かべることができなかった。




明るくなった。
「エクスカイザーランタン」を灯した。
ブラス仕様のしぶいプリムスのランタンだ。やはりろうそくよりも明るい。
ランタンを灯したとたんに「電気」がつくとみじめ・・。
でも電気のほうは「停電状態」、なぜかホッと安心した。
「北海道電力」に感謝した。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 07:24あうとどあ

2012年07月04日

カラフルな魚たち





最近各地では「魚市場」がにぎわいをみせている。
「道の駅」と併設されているところも多い。
見て歩くだけでも楽しい。




大小さまざまな南国の魚たちと出会える。
見るのなら海の中とか水族館のほうが良いのかもしれない。
しかし「市場」では「買う・・」という楽しみもある。




県魚の「グルクン」である。
海中では青いスジがはいっている。陸に上がるとなぜか赤くなる。




「イラブチャー」という魚。
「ブダイ」の一種、赤や青のイラブチャーがいる。
白身の刺身を「酢みそ和え」で食べるのが一般的である。




熱帯魚も刺身、煮付け、汁物、から揚げ・・等々いろいろな形で調理ができる。
北国のさかなも美味しいが南国のさかなもカラフルで美味しい。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 17:11まちかど散歩

2012年07月03日

琉球の魚たち




「ブダイ」はその種類も多い。
「ナンヨウブダイ」、「オオブダイ」、「アオブダイ」など・・。
後ろのほうのブダイは「オーバチャー」とよばれる「スジブダイ」のようだ。彩りもあざやかである。



手前の赤いさかなは「アカジンミーバイ」とよばれている魚。 
「ニセスジハタ」である。



こちらは「マクブー(シロクラベラ)」、「タマン(ハマフエフキ)」などである。
みんな刺身にすると美味しい魚であり、船酔いしながら釣ったこともある高級魚である


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 07:38まちかど散歩

2012年07月02日

南の魚たち




那覇市にある「市場」に寄ってみた。
ここはすっかり観光客御用達の「市場」になってしまった。
有名人の色紙などもたくさんぶらさがっている。色紙も売っているのかもしれない。
庶民の市場という雰囲気も薄れているように見えた。



カラフルな熱帯魚たちである。
「タカサゴ」とかかれているのは「県魚」である、方言では「グルクン」と云ってる。
スーパーなどでは一匹100円ほどで唐揚げにされたものが買える。
このグルクン釣りは沖釣りが面白い。
何度となく釣ったこともある。
沖釣りではとても人気があり、群れをなしているので釣れだすと入れ食い状態になる。
緑の魚は「アオブダイ」、イラブチャーともいう。



アバサーという魚である。
フグの仲間で「ハリセンボン」のことを云う。  
ヒマな人はハリ(針)が1,000本(センボン)あるかどうか、数えたらしい。針は「999本」だったようだ。
1本足りなかったのでもう一回数えたとのこと・・確かにヒマな人だ。
毒はもっていない。「アバサー汁」は美味しい。
もちろん「肝(きも)」も食べられる。
漂白したのだろうか・・・やけに白い肌だ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 06:12まちかど散歩

2012年07月01日

沖縄の魚たち





南の魚たちである。
北へは寒いので行きたくない・・という魚たちでもある。
きちんと整列していないところが南国らしく大らか・・まあ、「いいかげん」でもある。
この魚たち、色もカラフル、見ていても飽きない。そして何度食べても飽きない。
赤い小さな魚は「沖縄県」の魚、県魚の「グルクン」である。
格式も高いが庶民の魚でもある。また「から揚げ」の焼き魚としては不動の地位にある。
グルクン(たかさご)は大好きな魚だ。
海中では地上の色とは違って、あざやかな「青緑色」を呈している。とても美的センスのある美しい魚でもあるのだ。




ここは沖縄本島の真ん中あたり、沖縄市の泡瀬(あわせ)漁港になる。
小売を専門としているさかな屋さんである。
時折、マグロの解体ショーなどを見せてくれる。食堂もあって「伊勢えびの定食」が旨い。
右上の飾り物は大きな「サメ」の歯、左上の貝はよく磨かれた「夜光貝」だ。
真ん中は「ハリセンボン」となんだろうか?
ポケモンでもないし・・ぬいぐるみみたいでよく分からない。




この港では時期になると「太刀魚(タチウオ)」が良く釣れる。
イシミーバイ、イラブチャー、カタカシ、トカジャー、マクブ・・舌を噛みそうな魚たちである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 15:02まちかど散歩