さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2012年09月30日

エゾリスとクルミ





エゾリスの食べものといえば、実にさまざまなものが知られている。
それらは愛好家たちによって報告されている。
その中でやはり一番共通して多いのは「松の実」、「クルミ」、「ヒマワリの種子」だ。  
でも聞くところによると地域によっては、食べるものもかなりかたよっているそうだ。
ドングリ、ヤマクリ、昆虫、樹液、木の新芽、フキ、ニンジン・・などなど。
確かにエゾリスは雑食性なので、大いに信ぴょう性はある。






これはみたとおり「クルミ」いろいろ。
クルミにもさまざまな形があって面白い。
「菓子グルミ」は実がたくさんはいっている。「ヒメグルミ」は実も少ない。
一番小さいのがその「ヒメグルミ」かもしれない。
「オニグルミ」は山や公園や河原などで見かける。実は少ないが風味があるそうだ。 


クルミを2個、手のなかでキュルキュルと動かして遊んでいたのでツヤがでている。クルミからもクルミ油がでる。
リハビリと称して、手の訓練(くんれん)にも良いという。握力がつくそうである。
老後の七つ道具になるかもしれない。
そいうえばクルミを割るにはどうすればよいのだろうか。






この「雑木林」ではエゾリスの主食はもっぱら「クルミ」と「ヒマワリの種子」と「落花生」である。
クルミは冬の貴重な食料になっているようだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 08:54えぞりす

2012年09月28日

薪ストーブ暮らし‐21





「チルチンびと」という本がある。
以前から好きな本だった。もうすでに「新年号」が出回っている、お正月ですね。
本では「火のある暮らし」が掲載されている。


一方では正月用の「オードブル」が花盛り、正月はこのチラシだけで充分??
「薪ストーブ」とはまったく関係ないが、たまたま近くに散らかっていたので本と呉越同舟で写しただけのこと。
このチラシを貼っておくだけでも正月を迎えられそうだ。
指をくわえての正月になるかもしれない・・不安。






↑ 「白川郷」の夜である。
昔ながらの生活を今なお続けているそうである。
もちろん「火のある暮らし」では大ベテランになる。
見学させていただくとやはり囲炉裏が多かった。
灯油ストーブもあったが屋敷自体も昔のままで、タイムスリップした生活も今では大変なことに違いない。
「そう、・・大変です」と家の人は云っていた。






↑ そこでタイムスリップをしながら薪ストーブで暖めてあげることにした。
少々ガラスは煤けているけれども暖かさは抜群だ。






↑ 今はもう使うのを止めたのだろう。
昔ながらの「火のある暮らし」の道具類が置かれていた。






↑ 「手あぶり」や「自在鉤(じざいかぎ)」もある。
どこかの「民藝館」を見学しているようだった。
この部屋で・・といっても「屋根裏」、「カイコ飼育部屋」になっているが、昔はどこの家でも「カイコ」を育てていたようだ。
囲炉裏からの煙はけむくなかっただろうか、モスラちゃん。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 14:44薪ストーブ暮らし

2012年09月27日

銃弾の持ち主はだれ?






沖縄での「地上戦」が終わってからもう何年経ったのだろうか。
未だに「不発弾」があちらこちらで眠っている。
最近でも事故が起きている。
同時に「基地」があるがゆえに「銃弾」も飛び交う。


高速道を走っていると「伊芸(いげい)」というインターがある。
このあたり一帯は金武町(きんちょう)伊芸区になる。
「レンジ」何とか・・という在沖アメリカ軍の「射撃訓練場」もすぐ近くである。
この射撃の的(まと)は伊芸区の「高速道」にも面している。


日常茶飯事とまでは云わないが、銃弾は「高速道」や近くの民家に着弾することもある。
高速道路を走っていて「被弾」したという事件も以前にあった。
ここを走るときは注意したほうがいい・・と云ってもどこをどう注意するのかは分からない。







これは大砲の不発弾ではないが、沖縄ではごく普通にみられる。
特に畑や海岸、家を建てたりする時に注意深く、気をつけているとよく発見する。
焦土になった沖縄の現実でもある。確かに恐ろしい。







つい最近、駐車場の裏で見つけた。
野菜作りをしようと地面を耕している時である。
バナナの木の下にあった。今のところ2発である。
かっての地上戦のときのものか、あるいはどこからか飛んできたものなのかは分からない。







まだまだ出土(?)してくるかもしれない。
3,4日前には当時の「機雷」を見つけて、海で爆破処理したというニュースもあった。
「不沈空母」といわれている沖縄を早く「平和な島」に帰してほしい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 17:37ぶろぐいろいろ

2012年09月26日

篤姫に出会う





歴史上の人物である。
気品あふれる「あつひめ」さんだ。
「高千穂峰」の登山の時に山頂で見かけた・・のではなくて、どこだったろうか?
「焼酎工場」だったのか・・「お土産品店」だったのか・・忘れてしまった。






こちらは「♪よ~く考えよう~お金はだいじだよう~♪」の宮崎さんだ。
NHKの大河ドラマに出演していた「篤姫」になる。
九州地区ではかなり評判になったようである。


このドラマに「そのまんま東」を出演させていたら、もっともっと評判になったかもしれない。
そうするとその「役」はなんだろうか・・・よ~くかんがえよう~。






晩年の篤姫さん。






「島津家」とここ「琉球・沖縄」は因縁の仲でもある。
今年は薩摩の「琉球侵攻400年目」になるそうだ。
島津藩は「奄美」と「琉球」を支配したが、いろいろと歴史観の相違もあって認識・評価もさまざま。
つまるところ、「侵略者」たちの言い分はいつの時代も身勝手である。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 20:30ぶろぐいろいろ

2012年09月26日

赤い鯨と白い蛇




78歳になる女性監督の映画である。
登場する人物は5人の女性だけというのも珍しい。
子どもからおばあちゃんまでの5世代・・かやぶきの古民家を中心にして物語りは展開していく。
2,3年前に作られた映画という。


この映画を観てきた。
たくさんの人たちであふれかえっていた。
さながら「後期高齢者医療制度・・粉砕」の総決起大会のような人出と顔ぶれだった。
内容については触れない。
いい映画なのでぜひ観てほしい。なつかしの「香川京子さん」が、おばあちゃん役で登場している。
樹木希林も、とぼけた味をだして笑わせている。
千葉県館山市の風景も一見できる。美しい夕日が印象的だった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         



エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 06:45ぶろぐいろいろ

2012年09月24日

M・ムーアのシッコ




話題の映画である。
500円をだして観にいってきた。 
「sicko(シッコ)といっても「おしっこ(排尿)」ではない。
でも似たような意味がしないでもない。
アメリカの「医療保険制度」は民間会社がになっている。
しかし、これが支離滅裂なのである。
笑える・・というよりは悲しい現実でもある。
この映画を観ているとショックで病気(sicko)になりそうになった。


アメリカほど「英雄」のたくさんいる国はないだろう。
なにかにつけて「・・誇りに思う」とつけくわえる国でもある。
イラク戦争でも英雄は大量生産され続けている。
国家にだまされている・・といったら言い過ぎか。





「利益の追求」は資本主義と民主主義の根幹であるという。
国が施す医療制度は社会主義であり、それは「悪魔の制度」といってはばからない。
社会主義に国家を乗っ取られていいのか・・と短絡的な発想も大手を広げる。
唯一笑えるところでもあるが・・なんともばかばかしい。


イギリスもフランスもカナダも・・そしてキューバも出演(?)するが、アメリカの際立った底なしの落とし穴を淡々と描き出している。
9.11の英雄たちや出演者(患者)全員を連れて社会主義国?のキューバまで治療に行くくだりは泣かされる。


これをかいているときに、あのチャールトン・ヘストンが「死去」したというニュースが流れた。
「全米ライフル協会」の会長だった。
ライフル銃を片手でふり上げながら、勇ましく声高に叫んでいた。
「誰にもこの銃は渡さない!」・・と。
ベンハーと思っていたらアホだった。
M・ムーア監督のコロンバィン高校の銃乱射事件の映画にもちょこっと出演していた。


「銃社会」のアメリカ、「シッコたれ」のアメリカ・・になってほしくない。
「大統領選」もやがてである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 20:38ぶろぐいろいろ

2012年09月24日

薪ストーブと灰





薪ストーブを焚いているとかなりの灰が「出土」する。
その掃除も欠かせないだろう。ほとんどの人たちは灰をとって、そのまま適当な場所に捨てているか、あるいは「燃えないゴミ」として出しているかもしれない。
しかし利口な人はヤフーの「オークション」などに出品しているそうだ。商売繁盛、アイデア繁盛である。







燃えかすの灰は「木灰(もっかい)」あるいは「きばい」とよんでいる。
木灰の使途はだいたいが菜園の「肥料」、山菜などの「アク抜き」、薪ストーブの「ガラスふき」、「融雪剤」、陶芸の「釉薬」、囲炉裏や火鉢の「灰に使う」などなどだろう。
そのほかにもいろいろとオークション出品のように「良いアイデア」があるのかもしれない。







陶芸の世界では「もっかい」というのが一般的だが、これを釉薬(ゆうやく、うわぐすり))として使う場合がある。
畑にまいたら土壌の改良・肥料になるが、陶芸の世界では「絵の具」になる。
しかしただ簡単に「絵の具」になるわけでもない。そのまま水に溶かして素焼きの作品にかけても失望するだけである。


フルイにかけ、何度も水で濾(こ)してアク(アルカリ分)を抜かなければならない。これでもかこれでもか・・というほど念入りに濾す必要がある。
その一連の作業を「水簸(すいひ)」と云ってる。
市販されている「ナラ灰」や「松灰」はみなアク抜きされたものである。






それでもやっとできあがった「木灰」は釉薬としてまだまだ不安定である。
「木灰釉」は着色剤(鉄とか銅など)をいれて調合するが、安定した納得のできる色を継続的に維持するためにはさらに試し焼きという実験(釉薬見本づくり)を繰り返さなければならない。
これがかなりしんどい作業でもある。
薪ストーブからでる灰はほとんどが「雑木の灰」になるので、どのような色合いになるのかは、使ってみてのお楽しみ・・ということになるのかもしれない。




エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

  


Posted by カワセミ@旅人 at 18:14薪ストーブ暮らし

2012年09月23日

チャイルドスポンサー




「ミャンマー」という国がある
「ビルマの竪琴(たてごと)」といえば・・わかるかもしれない
以前は国の名前を「ビルマ」といった 

 
そして昨年の9月だったろうか
フリーのカメラマンの長井さんが民主化運動の取材中に至近距離から兵士に撃(う)たれ、非業の死を遂げた
その国である



  

ミャンマーはタイ、ラオス、中国、バングラデシュなどの国々と国境を隣り合わせており、日本の面積の1.8倍の広さをもっている
首都はヤンゴン(旧ラングーン)である     


長いこと軍事政権が続く中、民主化運動のリーダー 「アウ・サン・スー・チー」さんがいまだに軟禁(なんきん)状態のままである




毎年、ミャンマーの田舎の小さな村の子どもから手紙が送られてくる
それは「クリスマスカード」であったり、「誕生日カード」であったりもするが、一番うれしいのは子どもたちの学校での様子や成績などの報告である     





「チャイルドスポンサー」とはいっても「子ども個人」に対する援助ではない
地域の村、学校などのさまざまな活動や取り組みに対しての「支援」である
この支援は何百万、何千万のお金の世界ではなく、毎月小遣い程度のお金で支援ができることになっている
そして「励ましの手紙」、あるいは「現地への訪問」などが主になっている


手紙などは日本からいったんとなりのタイに郵送される
そこからボランティアの人たちによって、隣国ミャンマーの子どもたちに手渡される
誰とでも仲良くして、優しさと思いやりをもてる力を学びとってほしい
     
(2012年9月現在: 行政首都は2006年に「ネビドー」という町になった。 「アウ・サン・スー・チー」さんは軟禁を解かれ、アメリカを訪問中である


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 08:20だんかいの世代

2012年09月18日

おもしろ画像・強い意思






「飲んだら乗らぬ 強い意思」というよりも「強い意思」があるならば、最初から飲まないほうがいいと思うのだが・・
それにしても広い駐車場だ。
「駐車場」の無い居酒屋はつぶれるといううわさは多い。
やはり飲んだら「弱い意思」をもっていても、車の運転は絶対にやめましょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 06:30まちかど散歩

2012年09月14日

おもしろ画像・さかなちゃん




どこが・・さかなちゃん??
おいおい どうみても ウシだろうが・・・それも闘牛だ。
それに「口込みの味」はないだろう。   
「くち」と 「コミュニケーション」の合体ことばなのに 「口込み・・」とは・・
口に押し込んだ味なのかなぁ~
それともホルモンも焼肉もさかなの味??





おみやげに「ブタ一頭」どうやってもっていくのだろうか。
マイバック持参・・というわけにもいかない。 
飛行機では手荷物として預かってくれるのかな・・悩むところです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 17:34まちかど散歩

2012年09月11日

薪ストーブ暮らし‐52



<薪ストーブの掃除‐1>




洗濯機の切売り排水ホース50cm(250円)を使って、薪ストーブの掃除をした。
大がかりな「煙突掃除」はストーブ屋さんに任せるとして、これぐらいはできる。その掃除の場所はというと「煙突」と「ストーブ」をつないでいる箇所である。
煙突からのススや燃えカスがよく溜まる場所でもある。






この切売りホースを使うとずいぶんと使いやすい。
掃除機本体につなぐことから始る。
幸いなことに同じぐらいの太さだ。






これをテープでしっかりとつなぐ。
継ぎ手のところは専用の部品もあって兼用もできそうな感じもする。






ストーブの天板を外すといわゆる「四次燃焼室」が現れる。
ずいぶんと汚れているので焚き方が下手・・ということが歴然、よく分かる・・申し訳ない(薪ストーブファンの皆さまへ)。
煙突から落ちてきたパラパラ。。の燃えカスが溜まっている。
左右の四角い穴にもたくさん落ちているに違いない。
ここの穴は普通の掃除機の道具では挿入が難しい。






そこでこの切売りホースが役立つのである。
ジャバラ仕様なので簡単に底まで挿入できる。そしてクネクネと動かすと隅々まで吸入できる。
続きはつづく


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 06:48薪ストーブ暮らし

2012年09月10日

おもしろ画像・日焼けサロン





沖縄のメイン通りの「国際通り」の中心地にこのサロンはある。
一階はシアトルが本拠地のスターバックスコーヒー店である。
二階はステーキハウスのようだ。
牛は鉄板の上で日焼けどころの騒ぎではない。


「日焼けサロン」よりも近くの海で遊んだほうがてっとり早いと思うのだが・・死ぬほど焼ける太陽が待っててくれる。  
火傷(やけど)で救急車に運ばれる観光客もずいぶんと多いのだ。
日焼けもほどほどにしないと「シミだらけの人生」を送ることになるかもしれない。
「シミませんでした」と謝っても手遅れである。  


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 07:31まちかど散歩

2012年09月09日

おもしろ画像・空手の達人です





空手の本場は沖縄である。
空手の人口も多い。
毎日、血のにじむような稽古(けいこ)が待っている・・と思う。






恐ろしいほどに気合(きあい)のはいった建物だ。  


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 17:49まちかど散歩

2012年09月05日

薪ストーブ暮らし‐13





毎日のように「薪割り」をしている。
そういう「薪割り生活」も悪くはない。
知力は衰えても体力はまだまだありそうだ。
別の記事では「体力無し」、「虚弱体質」・・などと書いた覚えがあるけど、まぁ・・いいか。






乾いた薪を「パカ~~ン」と割るのは難しくない。
真っ二つに割れる。気持ちの好いものである。
しかし、乾きすぎた骨董的な薪は「真っ二つ」ではない。
皮もいれると「真っ四たつ」に割れる。
皮は剥がれて勢いよくあっちこっちに飛んでいく。






時としてそれをみながら、もしかして「ワタシは薪割りの名人かもしれない」と、妙に自分を称賛する。
しかし、自画自賛もこのぐらいが限界のようだ。
薪の皮ならぬ「化けの皮」がはがれそうだ。






エゾリスくんも「スゴ~~イ!」といってパチパチと手を叩いてくれる。
「いや、いや・・ほんの小手調べなのです」とひかえめに謙遜する。






パカ~ンと割れる樹はミズナラ、ドングリの木である。
樹皮は厚いが乾燥しすぎると、とても剥がれやすくなる。
ということで、薪割りをするたびに皮(樹皮)が集まる。
土にかえしても良いが、この皮も大事な「資源」となっている。

いつまでも薪割りの「名人」でありたい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 14:46薪ストーブ暮らし

2012年09月04日

茶色の子リス





下記の「ブログ」に画像を載せています
クリックするともう一つの「ブログ」にいきます


http://ezoriss.com/Blogpage/rblog8-5..html




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 13:59えぞりす