さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2012年12月30日

アウトドアの見る楽しみ



<狩人と犬/最後の旅>



「アウトドアの楽しみ」といっても映画を見る楽しみである。
何気なくテレビのスイッチを押したら「狩人と犬/最後の旅」という映画をやっていた。
2004年に製作された映画である。
フランス、カナダ、ドイツ、スイス、イタリアの合作というからなんとも珍しい。 


映画では動物たち、とくにハスキー犬やら北海道犬に似た犬たちがたくさんでていた。
とてもたくましい犬たちでもあった。
とにかく途中から見ても狩猟を生業(なりわい)とする物語であることがよく分かる。
あの秋田のマタギと似ていた。





それにもまして、映画の中ではアウトドア用品の数々や素朴なログハウス、薪ストーブなどがさりげなく描かれていた。
映画の中の小道具類にも目が奪われた。
ソローの「森の生活」をほうふつさせる・・といったら大げさか。
とにかくストーリーそっちのけ、画面を見るだけでも充分に満足した。
そのほかとしては、カナダやアラスカの大自然、オーロラなども堪能できる。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 14:24あうとどあ

2012年12月30日

砲丸投げの木とソーセージの木



「砲丸投げの木」と「ソーセージの木」は下記に移動しました↓


                雑木林に暮らす
↑ ↑ ホームページHPを公開中 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 13:51ねったい花木

2012年12月29日

フォーク世代‐1








↑ ギターのカタログだ
倉庫のような部屋からでてきた
というよりきれいに整理してしまいこんでいた
これらのカタログは別の言葉でいうと「ガラクタ」になるのかもしれない
ガラクタは「我楽多」とも書くらしい 
「自分だけの楽しみが多い・・」ということか   







↑ このギターを購入したのは数十年前である 
ヤマハのアコースティックギターになる
なんでも・・「トラディショナル」タイプとか云うらしい     
当時はそれなりの高級ギターだった
音はかなりいいし下手の横好きながら相当使い込んでいる
一応恥ずかしながら現役でもあるのだ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 04:39だんかいの世代

2012年12月29日

スロウな暮らし





スロウ・・スロウ、クイック・・クイック・・ならば踊りだす人もいるかもしれない。
久しぶりに「都会」の空気を吸ってきた。
「都会」といっても沖縄の県都、那覇市のメインストリートである。
相変わらず観光客の多いこと、「奇跡の1マイル」といわれた「国際通り」は昔と様変わり、客引きの多さにはうんざりだった。
観光地はどこもみな同じなのかもしれない。
小心者にとっては安心して街も歩けない。


「うんざり通り」の地ビールの店でドイツ風、イギリス風というのかよく分からないが、なんとか・・ふう・・のビールを2杯飲んだ。
値段は高いがビールはうまい。
ここにきて、うんざり気分も直り、ドイツとイギリス気分になった←意味不明。
そして沖縄でしか考えられないようなゴーヤの「オムライス」を食べることにした。
今度はちゅらさんのゴーヤマン気分だった。


それから、それから・・近くの「本屋さん」をのぞいてみた。
「つわものどものゆめのあと」の倒産した元ダイエーの建物である。
そこは「小さなパン屋さん」・・ではなくて、「大きな本屋さん」に変身していた。
中でうろうろしているとなにげなく「北海道限定」という雑誌が目に入った。
なぜ「限定」がここにあるのかはよく分からない。酔いのせいで間違いか・・と目をパチクリ。
「限定」は「まぼろしの食べ物」と同じかもしれない。
笑ってしまうほど、なぜか一年中出回っている。






そこでその限定の雑誌「スロウ」を衝動買いしてしまった。
バックナンバーがいろいろとあったので2冊ほど選んだ。「薪」の記事と「野の花」が決め手だった。


ブナの北限の里、黒松内町で薪を販売する「きこり屋」さんである。
自らを「きこり見習い」と称している。
薪を買うならここ・・と以前から決めていたのでずいぶんと懐かしい感じがした。
近くには「山菜採りの名人」もいる。ちょっとだけの知り合いでもある。






「・・山に生えている木というのは薪用に植えているわけではない」、「・・捨てられていた木に価値をつけること」等々、いろいろと共感するものがあった。
山は山としての価値をつけた「循環型林業」を理想としている。
確かに荒廃していく山は寂しい。
薪ストーバーの片隅のさらに端っこに位置する者として考えさせられる内容のことが多々載っていた。
ということで本の宣伝にもなってしまったが、北海道十勝からの「限定本」も意外と楽しかったのである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 04:04だんかいの世代

2012年12月27日

フォーク世代‐4



<ふきのとう>


  

♪ 一人で想う秋はもう深く 過ぎ去ればむなしく消えた日々・・あなたに逢えた秋はもう遠く 迎えつつあるは 悲しい白い冬・・♪





ふきのとう・・というと時節がら「山菜」のふきのとうを思い起こす。
「てんぷら」にするとほろ苦く、さぞおいしいことだろう。「フキ味噌」も大好きだ。
でも、その話ではない。


山木と細坪の二人組だった。
圧倒的にここ南国ではフォークの人気ナンバーワンといってもいいぐらいだった。
特に当時の高校生たちの人気ではすさまじいものがあった。


「同好会」やら「クラブ」やら「守る会」、はては「保存会」などなど、各高校に「ふきのとう」が林立(りんりつ)していた。
有線放送でも軒並みトップを独走していたという。
なぜ沖縄ではこんなに人気があったのだろうか?? 不思議といえば不思議である。


そういえば、ご当地限定版の「ここは沖縄」という曲、歌をきいて笑ってしまった。
不可思議な歌だった。でも、みんな大好きな曲ばかりである。
「春雷」、「風来坊」、「やさしさとして想い出として」、「時代の重さ」等々・・あげればきりがない。


そして、熱に浮かされるまま何度も東京まで通って、銀座の近くや神田街の「楽器店」などで「ふきのとう」の楽譜本を探し回り、手に入れるほど当時は凝っていた。 
今ならネットの通信販売で注文すれば簡単に手に入るご時世である。


  


グループを解散してからもコンサートを聴きにいったことがある。
そのときは低音の山木康世だった。 
ほかに「初恋」、「踊り子」の村下孝蔵、沢田聖子もいっしょだった。 3人でのジョイントコンサートだった。
山木はひとりで細坪基佳の歌も唄っていた。
コンサートが終わってから、何枚かCDを買った。CDも珍しかった頃である。


この「水車(みずぐるま)」という細坪の作詞作曲の歌がいい。
長い歌だが「水車(すいしゃ)」のようにカッタンコットンとながれていくメロディーがなんともいえない。
途中であくびのひとつでもしそうな感じだが、ゆったりとした空気が流れていく。
弾き語りにもちょうどぴったしの曲かもしれない。コードもゆっくりとやさしい。


♪ みずぐるま 今日も唄っていた・・ゆるやかに流れていた さみしさを言い訳にしてはいけないと・・♪



  



    


♪・・・・僕は相変わらずこの街で暮らしてる ふる里離れて君から遠く離れて・・永遠に変わらぬ心がほしい 人はそれを願う・・♪




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 08:47だんかいの世代

2012年12月26日

雑木林とログとエゾリス‐7





雑木林の秋の様子。
コンポスターには魚やイカなどの残存物を捨てている。
キタキツネにあげるわけにもいかない。
なるべく匂いのしないようにヌカづけされた「EM菌」のボカシをまぜている。
一年後にはりっぱな堆肥となるのである。






落花生を食べている。
「給餌」にはいろいろと批判も多い。
人間たちの「グルメ」よりは質素といえる。
自然界に育っていないものを与えるのは・・なんであると言う。
人間のほうはなんたってグルメで別腹らしい。
他の生物には厳しく、自分には甘く・・は都合の好い人間界の「へ理屈」でもある。






「車庫」と「薪小屋」をどうするか・・悩みのタネになっている。
樹木を伐採しないとそのスペースはない。
ミズナラとカエデ・・薪にするには上等なのだが根も掘り起こさなければならない。
そう思いながら前面にシラカバの幼い樹を植えてしまった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 21:20ぞうき林

2012年12月26日

おもしろ画像・イルカの歯科




↑ これもまた 南国ムードの歯医者さんである
今にも空を飛んでいきそう 「サザン」とは 南のほう・・とか云う  
サザンクロスになると「南十字星」である
方言では 「ハイムルブシ」という




↑ イルカもかわいいが 歯・・とは まったく関係ないと思う
虫歯というのは イルカには ないのだろうか・・?




↑ ここは別の町のサザン歯科 イルカもいるので同じ系列の歯科かな・・
休診は 「台風」 と 「ウークイ」 がつけくわえられている
台風時は納得だ  「ウークイ」とは旧盆の3日目をさす  
あの世の人たちの治療をするのかもしれない
ごくろうさまです



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 08:26まちかど散歩

2012年12月23日

雑木林とログとエゾリス‐6





クレマチスを植えている。
毎年ムラサキの大きな花を咲かせている・・という。
咲く時期に居ないのでまだその花を見たことはない。
咲き終わったクレマチスの「綿ぼうし?」ばかりを見ている。




のぞきの名人だ。
いつも監視されている。
裸で室内を歩けない。




散らかしているのかまとめているのか・・樹木の幹やら小枝が散らかっている。
土に還す・・といえば聞こえは良いのだが・・。
一応・・「柵」というイメージでのマーキングかもしれない。
向かいは他人の土地、温泉が出るかもしれない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 07:16ぞうき林

2012年12月21日

自然食喫茶「夢紀行」





喫茶「夢紀行」という自然食を主体としたかわいい喫茶店がある。
道南の鹿部町の市街から森町に向かう国道278号線沿いにある。自然の風もさわやかなところである。






「玄米」などを使っていろいろと料理の工夫もなされている。
興味のある方はレシピなど聞かれるといい。
ユニークな文字でメニューがかかれている。
「絵手紙」の得意なご主人の作かもしれない。






いろどりもあざやかな菜食のセットメニューがおすすめである。
もちろん自家焙煎のコーヒーも美味しいが、紅茶のほうも断然美味しい。
外のさわやかな空気も一緒に飲んでしまう。こういう雰囲気の店で飲むと何でも美味しくなる。
時折、ライダーたちの車が停まっていたりもする。きっと通り道なのかもしれない。






こちらはパンのついたセットメニューである。
自宅でとれた野菜などを使っている。






こちらは「おにぎり」のほうである。
函館からの国道5号線とは違い、正反対の噴火湾沿い、国道278号線は意外と目だたないドライブコースでもある。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 21:39まちかど散歩

2012年12月21日

ご当地の切手




全国都道府県などで発売されているご当地切手である。
「沖縄の海」シリーズのもの、かわいい魚たちが泳いでいる。
ジンベイさんもマンタくんもニモ(カクレクマノミ)くんもいる。





北海道のこのシリーズものも買ったことがある。
クリオネからキタキツネまで、動物たちのシリーズものまである。
ときどき、「道の駅」、観光地などで郵便局の臨時出張所が旗を広げて販売している。美しい切手も多い。  
トイレの壁に飾っているが下手な「絵葉書」を飾るよりもこのほうが好きである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 21:20ぶろぐいろいろ

2012年12月21日

駒ケ岳木炭と長火鉢





道南の秀峰、「駒ケ岳」の麓には今も「炭焼き小屋」が点在している。
その一帯はミズナラ、コナラなどの堅木も豊富である。






「囲炉裏」というのか「長火鉢」になるのか・・とにかく炭を熾して暖をとっている。
南国とはいえ寒い日もある。
マイナスの温度にはならないが20℃を割るとやはり寒い。
外では風があると「体感温度」はとても寒く感じる。






木炭というと、沖縄でも東南アジア方面のマングローブの炭や中国の備長炭(びんちょうたん)などが安価に出回っている。
「備長炭」はまぁ別格として、マングローブなどの炭は火持ちも悪くとてもニオイが臭い。
もちろん県内産の木炭も売られてはいる。しかし木炭としての質が悪すぎる。
どちらかというとビーチパーティーやバーベキュー用である。
とてもじゃないが室内では使えない。






そこで歴史のある岩手の切炭(黒炭?)とか土佐の黒炭などに注目した。
そしてどうせなら北海道のナラの黒炭にも・・というわけで、この「駒ケ岳」の木炭を探して購入したのである。






はるばると北から南へ陸送と船便経由で運ばれてきた。
「木炭」は航空便積載は「禁止」だそうである。
ついでに広葉樹と針葉樹のオガクズをヤニで固めて高温処理した「オガタン」も購入してみた。
これが実に「備長炭」のような感じでとても使い勝手がいい。
火保ちは黒炭の2倍ほど、あのクサイ臭いもほとんどしない。






「木炭使用上の注意」を気にかけながらの「ティータイム」もいいもんだ。
ちょっと火が強すぎたか・・干し芋が焦げてしまった・・でも食べるぞ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 08:32薪ストーブ暮らし

2012年12月20日

雑木林とログとエゾリス‐5





エゾリスの秋。
まわりの雑木林の景色も美しい秋景色だ。






10月頃の景色は特に好きだ。
紅葉の最盛期になる。
ポッと染まる雑木林は実りの秋でもある。






小枝を集めて簡単な柵をしている。
そこにヤマザクラの苗を2~3メートルおきに定植した。
小さな苗であっても無駄にはできない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 12:24ぞうき林

2012年12月19日

受水走水




↑ 「うけみず走る水」とかいて「うきんじゅ はいんじゅ」とよむ。
3回云うと舌をかみそうだ。 
玉城村(たまぐすくそん)というところにあって、今は南城市(なんじょうし)となっている。   
沖縄の「稲作発祥の地」として知られている。






↑ 石灰岩の割れ目から 湧き水がながれ、昔は田んぼをうるおしていたという。





↑ 海岸のちかくではあるが清水のせせらぎとなっている。





↑ つい最近までは草がおいしげり、ゴミだらけではあった。 
いまではきれいに整地整備されている。






↑ 田芋も栽培されている。





↑ 夏、このあたり一帯は「有料駐車場」になり、ビーチ客でにぎわうが冬の静かな時期に訪れたい場所のひとつでもある。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 09:15みなみのふうけい

2012年12月19日

冬の気分を・・




大通公園のはずれにあるテレビ塔。
この地下街(オーロラタウン)に はいると沖縄の特産品をあつかう 「わしたショップ」がある





 
いにしえの北海道庁舎。
今は赤レンガ館??きれいな呼び名がほしい。
地図を広げると「道立文書館」とか「北海道庁旧本庁舎」と記載されている。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 09:04きたの散歩

2012年12月18日

雑木林とログとエゾリス‐4





ベランダの塗り替えが必要かもしれない・・。









去年は青空も少なかった・・。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 18:47ぞうき林

2012年12月17日

雑木林とログとエゾリス‐3





鼻を大きくしてカメラ目線になってしまう。
いつも鼻で匂いを嗅ぐ。サングラスでもかけさせようか。






雑木林には少しだけトドマツの林がある。
倒れたトドマツの処理もままならぬ。






毎年、花と実をつけるコクワの蔓がある。
ベランダ沿いに植えている。夏は緑のカーテンになっている。
なぜかエゾリスが「サーカス」の練習をしにやってくる。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 15:42ぞうき林

2012年12月16日

薪割りの監視人・その1





昨年は薪割りに情熱を「注いだ」。
夜はグラスにビールを「注いだ」。
同じ・・「注ぐ」・・といってもずいぶんと違うものだ。
妙なところで感心する。






必ず様子をうかがいにやってくる正体不明の男がいる。
一応「男」ではあるが名前はなぜか・・「なつこちゃん」である。
自称、雑木林の「監視人」でもあり、薪レンジャーの「隊長」でもある。
しかし、夜はビールを飲みにやってこない。
つつましやかな生活をしているのだろう。






ここにきては愛嬌と笑顔をふりまくが・・なにかと口うるさい。
控え目に評価させていただいても「生意気な男」である。






おじちゃんの薪割りのテクニックの「一挙手一投足」を全て監視しているのである。
油断のできない男である。
              つづく・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 07:47薪ストーブ暮らし

2012年12月15日

雑木林とログとエゾリス‐2



しばらく忙しいので・・手抜き?

















・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 15:33ぞうき林

2012年12月15日

雑木林とログとエゾリス‐1



しばらくは「文章なし」の昨年の写真をどうぞ・・




















・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 15:29ぞうき林

2012年12月15日

雑木林を探検する





「キノコ」はないものかと・・雑木林を探検することにした。
「東京ドーム」よりは狭く、「ネコのひたい」よりは大きい雑木林である。
駅近し、歩いて3分かもしれない。




小さなヤマクリの木はいつもよく見かけている。
不思議だったのはクリの「イガ」があちこちにたくさん落ちていることだった。
エゾリスがよその土地から運んできて、ここで食べたのだろうか・・そう思っていた。
イガグリだから小さい木ではないはずだ。
どこにヤマクリの大きいのがあるのだろうか。




ところがあった!
まったく見過ごしていたのである。
トドマツの隣にそびえていた。トドマツと背比べをするかのようにずいぶんと高い木だった。
葉がかすかに見えた。
そして、クリの葉っぱをようやく確認することができた。




杉のようにまっすぐ直立してそびえている山栗の樹を見たことはない。
でもここにある、ホント、驚いた。




地面をゆっくりと見渡してみると実の入ったイガもあった。
中を取り出してみるとけっこう大きい実が入っている。
雑木林のこの山栗(ヤマクリ)の樹は大切にしよう。
雑木林での「ドラフト会議一位指名」ということにもしよう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 06:36ぞうき林

2012年12月14日

熱帯花木三題




↑ ランタナという花
この花にはチョウがよく蜜を吸いにやってくる
チョウの大好きな花である
こちらでは雑草に近い、野生化している



↑ 熱帯スイレンの花
この池には「オオオ二バス」もあった  
子どもがのってももちこたえる葉っぱだ 



↑ ウコンラッパ花という
メキシコ原産のつる状になる木
カレーの黄色い色をしたさかずきのような花・・という意味らしい 
ウコンはカレーの原料でもあるがウコンにはシロもムラサキもある


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 07:57ねったい花木

2012年12月13日

カカオの木




↑ カカオナッツの木である
みたことのある人は多いかもしれない
チョコレートやココアの木でもある



↑ 果実は木の幹についている
この中の種子を使う 
種子(タネ)は「カカオ豆」とよばれている
チョコレートやココアの原料になる



↑ 原産国は南アメリカという
アマゾンの奥地にはまだまだ知られていない木もたくさんあることだろう



↑ 木の幹になるものはまだまだたくさんの種類がある
熱帯花木ののんびりとした性格がそうさせるのだろうか


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 19:35ねったい花木

2012年12月12日

雑木林の貯食





エゾリスくんたちにはいつもお世話になっている。
きょうは「母の日」でもあるので、ここで誌上(?)をかりて感謝申し上げます。
エゾリスの母は強し。


いっしょうけんめいこの雑木林にヒマワリのタネを隠しまくっていた。
おかげでヒマワリのタネは季節もまだまだ・・すばやく生長してしまった。
知らぬが仏・・知ってても掘っとけ(放っとけ)か。




ヒマワリのタネは、切り株から見事に生長している。
これはヤマガラやゴジュウカラ、コガラのしわざでもある、エゾリスくんではない。
「貯食」はエゾリスだけの専売特許でもない。
雑木林の小鳥たちもせっせと同じことをする。




ヤマクリの実、ギンナン(イチョウの実)、ヒマワリ、オニグルミ、カシグルミ、トチの実、落花生・・多くの実や種子がエゾリスたちによって植えられる。
目だたないが忘れ去られた「幼木」も育っている。
きっと味わい深い「雑木林」になることだろう。
でも、それは30年後かもしれない。




「貯食」の行為はいわば「学資保険」のようなものだ。
将来に備えて手堅く貯金をする。
ただヒマワリの種子は・・学資保険とはチト違う。
報われない「貯金」かもしれない。




「さて、人間」さまも将来に備えて貯金にせっせとがんばる。
しかし時としてヒマワリのタネのように姿、形を変えてしまうことも多い。
花は開くのだがやはり報われない。
どうも・・「母の日」だというのに、淋しい話で申し訳ない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 20:35ぞうき林

2012年12月12日

雑木林の山菜





雑木林の雪もすっかりなくなってしまったことだろう。
春の山菜の時期でもある。
あちこちでは「山菜採り」に出かけた人たちの「遭難」のニュースも聞こえてくる。
道なき道をかきわけるのだから確かに大変だ。
「事故」のないように動物も人間も楽しみを分かち合ってほしい。




山菜の缶詰である。
何年か前に秋田の知人からいただいた。
りっぱな缶詰だ。自分たちで採った山菜をこのように「缶詰」に加工している。
もちろん「自家用」である。
個人ではなかなかできないので組合かJAなどが缶詰会社に「委託」するのだろう。
「マタギ」が凛々しい。
もしかするとあまりにも立派なので一般にも販売されているのかもしれない。




「ネマガリタケ」という。
北海道の一般的なタケノコだ、アク抜きの必要もない。
それと「葉わさび」である。この葉ワサビは「畑ワサビ」とは別ものになる。


さてこの雑木林だが・・いったいどのような山菜があるのだろうか。
秋もそうだが、春先にも必ず山菜採りの軽トラが道端に止まる。
やはり「タラノメ」、「ウド」、「フキ」、「コシアブラ」、「コゴミ」、「キノコ」、「ヤマクリ」などだろうか。
そのほかにアレとコレ・・・書いてしまうと盗られそうである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 18:08北のさんさい

2012年12月06日

ブナの木の移植





ブナの木の黄葉はきれいだ。
春夏の緑の葉もすがすがしく「照葉樹林」の樹木と見間違うほどの趣きもある。
といいながら・・この場所では次第に大きくなるにつれて邪魔になっていた。優柔不断でいると毎年毎年大きくなって手がつけられなくなる。
そこで別なところに移動(移植)することを決断した。






株立ちのを含めて2株、移動、移植・・あっちに植える←どっち?
かなりの重労働だった。
前科はないが「刑罰の重労働」をつとめているような感じがしないでもなかった。
最初は2株とも足で蹴ってもビクともしなかった。
ずいぶんとよく根が張っている。






根の回りを囲みながら気長に「剪定ノコ」と「剪定ばさみ」と「クワ」を駆使すると少しずつ動きだした。
やはり長すぎる「根っこ」は切らざるを得なかった。
こういう時の「気力と体力」は「知力」を上回っているようにみえる。






そして数時間後、「株立ちブナ」は数十メートル離れた小山のやや近くに移植することができた。
もう1株のブナはうつってはいないが、近くの巨大な岩石(?)のそばに植えた。
将来は大きな岩石を抱えたブナの「観光名所」になるかもしれない。
それよりも岩石とブナをまたどこかに移動しなければならなくなるのかもしれない。
「失う体力と気力」は温存しておく必要がありそうだ。






すっきりとした。
来年は「花園」になりそうだ。
*2012年現在:ここは畑の一部「菜園」になってしまった

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 08:22ぞうき林

2012年12月05日

雑木林のブナ





先月下旬のブナの木・・さすがに雪の中では葉は枯れている。
でも落ち葉にならないところが珍しい。
この雑木林にはブナの幼木が7本ほどある。
黒松町内のブナを分けてもらったもの、もう3~4年はたつだろう。


ブナの木の北限は黒松内町というが本当はそうでもないようだ。
寿都(すっつ)町、島牧村、蘭越町などにも分布しているそうだ。






こちらが葉の枯れていないときに写したブナの木である。
まだまだ樹としてはずいぶんと小さい。
ブナの木は木の仲間であっても「木では無い」というレッテルをはられて、ずいぶんと蔑(さげす)まれていたと云う。
そういうわけで「木へん」に「無し」で「橅」と書くこともある。
今ではずいぶんとその見方も変わった。
「白神山地」では世界遺産にもなっているのだから驚く。
ブナは大好きな樹のひとつでもある。






これもブナの木、4~5本まとまっての株立ちになっている。
分けて移植したほうが良いのかもしれない。
大木になった時のことを考えたら大変だ、しかしあと何年後・・だろう。
3年後かもしれない・・。






ブナは役だたずだったがこれをなんとか「工芸」の分野で工夫できないものかと考えられた。
青森県などではその努力が実って「ブナコ」という工芸品が生まれている。
ブナを細い平たい紐状にしてグルグルと巻きながら器(うつわ)をつくっていく。
その作品のことを「ブナコ」とよんでる。


上の作品はずいぶんと幼稚だが40年ほど前に四苦八苦して作ったブナコの器。
あのころは「糸ノコ」の使い方さえ分からなかった。
もう1点、船型の器もつくった・・どこに行ったのだろう。
沈没したのかもしれない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 20:12ぞうき林

2012年12月04日

カケスの登場





カケスが現れた。
最初は3匹だった。
しかし、今ではずいぶんとたくさんやってくる。






「ギャ~ぎゃ~」とか「ニャ~ンにや~ん」・・いろいろと鳴き声を変えるそうだ。
物まねがうまいらしい。
「ヤッホ~~」と叫んだら「ヤッホ~~」とも答えるらしい。






つまり、人間の物真似をするので「生意気な鳥」ということになっている。
さらにずうたいが大きいのも気にくわない、だいいち憎たらしい顔をしている。






でも、そういうことだけでそう決めつけるのも大人げないし良くない。
そこで・・じっくりと見てみるとなかなか愛嬌のある顔をしている。
憎たらしい顔でも愛嬌がある。






カケスはネズミを捕食するそうである。
エゾリスをも狙うのだろうか・?
エゾリスは目の前でハヤブサのような鳥に狙われたこともある、間一髪だった。
遠くでカケスはエゾリスを無視しているようである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 08:22どうぶつと昆虫

2012年12月02日

日本縦断4,500キロの旅‐8

<フェリーの船内>



船内はベッドになっている、大部屋ではない  
混雑することはなくてわりとゆったりしている 
「飛龍」と「飛龍21」の二隻のフェリーのベッドの配置は若干異なっている
「飛龍」のほうが個室っぽくて、シャワーやトイレが各部屋に備わっている



マクラ、毛布などそなえつけられている
でも、できれば船室に持参したほうがよい
低反発マクラとタオルケットを持参した
車に積んでいるので荷物にもならない
二晩(ふたばん)使うので、これらがあるととても便利で楽である
あぁ・・それから船内ではサンダル履きがよい
車内で靴と靴下をとり、サンダルばきにはきかえる
海外旅行でも長い時間飛行機に乗る時はスリッパかサンダルがあると楽である



お金に余裕のある人は、1等室や特等室などもあるのでもちろんそれも利用できる
一応車とこの2等ベッドはセットになっており、4メートル未満の乗用車で名古屋までは77,260円(運転者1人込み)である 
5メートル未満だと96,540円、なぜか大阪で降りるなら10,000円ほど安い
しかし、この料金に7,000円ほどプラスアルファ・・でまたとられる
「燃料調整費」である
石油の値上げ攻勢の影響である


*2012・12現在:この航路は廃止されている、しかし、沖縄‐東京航路で「飛龍」が使われている







エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

  


Posted by カワセミ@旅人 at 11:50縦断にほん

2012年12月01日

日ハム・武田久投手





コンパクトデジカメの限界をこういう時に感じる
ベイスターズとファイターズの試合






武田久投手(背番号21)である 
球場の中ではベイスターズとの試合のさいちゅうだ
たまたま外にいたら、目の前を通り過ぎていった
愛嬌(あいきょう)のある子どもっぽい顔なのですぐにわかった
「21」の背番号も首筋のところに小さくみえた






まだ試合中だというのに・・出番の予定はなかったようだ
ダルビッシュ投手たちは、別の練習場で短パン姿のまま軽いトレーニングをしていたが、観客はみんな球場の試合のほうに集中している






すぐそばの宿舎のホテルに戻るのだろう
武田久投手に気づく人はいなかった  
昨年は中継ぎ役で大活躍だった 
小柄(こがら)なのにどこから力がでてくるのだろうかすごい投手だ  
歩きながら高橋信二捕手のようにUターンすることはなかった 
最初からホテルの方向に向かって一直線である  
この道から国道を5分ほど歩くとステーキとパイの美味しい店がある  






300gのヒレミリオンステーキが2,100円ほどである
ライスは大盛りでもOK、選手たちもよく利用しているらしい  
むかしからの店で「パイ」のほうもおいしい
おみやげとして買っていく人も多い
オキナワのステーキはとにかく安い
ベーコン巻きの「ヒレミリオン」がおすすめである
A1(エーワン)というソースをかけて食べるのが昔からのスタイルである


*注*この記事は2008年2月のキャンプになります

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 07:57プロやきゅう