さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2013年01月28日

雑木林のエゾリス・なつこちゃん





07-17
三匹目のエゾリス「なつこちゃん」である。
とても馴ついている。2007年の時のものだ。落花生が大好物だった。中国産だったので申し訳ない。






07-18
どれも一昨年のものだが、去年(2008年)のなつこちゃんの姿は次回にアップするつもりだ。
どちらもまったく同じ仕草をするのでそんなに変わらないが・・。






07-19
かわいいことはかわいいのだが、敵に狙われないか・・と心配する。
キタキツネやらハヤブサのような猛禽類(もうきんるい)も時々見かける。






07-20
長期の留守のときは、どこか近所の家で馴れ親しんでいるのかもしれない。
近所の家・・といっても遠いが、エゾリスのテリトリーはどのぐらいの距離になるのだろうか。






07-21
警戒心のないおだやかな顔をみせている。
ここまでくるとネコや犬と同じ、ペットのようにみえる。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 20:24えぞりす

2013年01月28日

バラの花にはトゲがある




きょうは 日曜日
のんびりと花の観賞を・・・
「ガーデンパーティー」という品種に似たバラ
品種名をメモしていた





でも このメモ用紙をなくしてしまった 
宮城県「花巻温泉郷」の とある「バラガーデン」でのひとコマ・・・でした


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 20:21北の木の実

2013年01月28日

薪にとりつくジャバラ虫





朝からちょっと気持ちが悪い。
「研究・観察」としては、あの妖艶な「ゴマダラカミキリムシ」のほうがどちらかというと得意分野なんだが・・。
薪にとりつく「カミキリムシ」や「キクイムシ」たちはまだまだ不得手である。






なんせ、骨董的な薪を割るのだから、ずいぶんと大きいカミキリムシの幼虫がでてくる。
「つまようじ」さんも顔負けである。
この虫の体がアコーディオンのように蛇腹状になっているので、「ジャバラ虫」ともよんでいる。
時として「カミ、カミ、カミ・・」とその合唱が聞こえてくる。






とってもかわいい・・ではなくて、それなりに生意気そうだ。
そこで「つまようじ」で突っつくことにした。
ジャバラ虫さんは怒った。つまようじをくわえてむかってきた。
歯もないくせに根性だけはありそうだ、キバがあるか。


しかし、このカミキリムシの幼虫たちを捕って、だいたいは小鳥たちの「給餌場」に直行する。
ゴジュウカラなどの好物でもある。冬を越すための貴重なタンパク源になるに違いない。
アカゲラもこの虫には目がない。






それでも逃れたカミキリムシはめでたく変身すると、どこからともなく顔を見せる。
なんとなくゴマダラさんに似ているなぁ~。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 17:43薪ストーブ暮らし

2013年01月24日

高千穂峰の昆虫たち





すばらしい眺望に感動しながらも昼食の「オニギリ」を頬張っていた。
おかずもたくさんあって、二人分を「よっこらしょっ!」と担いできたわけである。
重かったので途中で二人分を食べてしまおう・・と、よこしまな考えもわいていたが、あとが恐いので止めにした。






頂上での昼食中にチョウが現れた。
「ウッ・・ギフチョウか・・?」と一瞬喜んだが、どうも普通の「アゲハ」である。
低地でも普通に見られるチョウである。いわゆる高山チョウではない。
やはり「緯度」の関係で北海道の山のようにはいかないか。






もう一頭いたがすばっしこい。
これも珍しくない。タテハチョウの種類で「ヒヨドシチョウ(ヒオドシチョウ)」だった。
この種類で似ている「コヒオドシチョウ」は高山チョウだが北海道では低地で見られる。


食草樹などは見当たらないので、風がチョウを運んできたのだろうか・・?
ワタシも風に乗って頂上まで運ばれたかった。






「ウンモンテントウムシ」という。
人なつこい。汗のにおい(炭酸ガス)に惹(ひ)かれるのだろうか・・それなら蚊と同じだ。
岩肌だけの山頂でも注意深く観察すると昆虫もいろいろといるものである。
カメラを向ける気力だけはあった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 21:28どうぶつと昆虫

2013年01月23日

雑木林のエゾリス・よしこちゃん






06-1
ここの7枚のエゾリスの写真には共通した特徴がある。
足(脚)をおもむろにあげて食事をしている。
それも決まって必ず「右の足」のほうである。ほかの写真も調べてみたがやはり右足だ。


このエゾリスを「よしこちゃん」と呼ぶことにした。
「みつおくん」が三番目なら、こんどは四番目のエゾリスになる。
もっとも、以前の「くろべこちゃん」、「はらぺこちゃん」たちとどこがどう違うのかよく分からないが、そういうことにした。







06-2
三年前の2006年、夏の写真が「06-1」と「06-2」である。
その当時の「くろべこちゃん」なのか「チョコちゃん」なのか「ちゃこちゃん」なのか・・、もう・・分からない。
「ごちゃごちゃちゃん」だ。







07-13
こちらは2007年夏の写真である。
警戒心がそうさせているのか・・いつでも逃げられるような体制をとっている。
確認しているエゾリスの中ではよしこちゃんは一番警戒心の強いエゾリスになる。







07-14
必ず片足を掛ける。面白いといえば面白い。
本当に感心するほど特徴がでている。顔のほうもなんとなく別のリスよりも頬がこけて面長(おもなが)のような気もする。







08-9
2008年、去年である。
顔が丸っこくなっている。エゾリスなんてどれも顔が同じかもしれないし、もしかしたらこれらの写真のエゾリスは別々かもしれない。







08-10
大きな物音をたてなければかなり接近できる。
カメラはいつものコンデジ「カプリオGX」である。







08-11
まったくの目と鼻の先である。警戒心はあるが逃げようとはしない。
さて、あと残るは一番目の「なつこちゃん」と二番目の「にいなちゃん」ということになる。つづく・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 12:01えぞりす

2013年01月22日

風除室と薪小屋





「風除室」と「薪小屋」を並行してつくっている。
ログハウスにアルミは似合わないかもしれない・・と心配だった。
けれども、そんなに違和感もなくてホッとした。






薪小屋の容積を測ってみた。
実質内部の寸法は180×120×530である。
体積にすると「11㎥」は積み込める。
これで相当「伐採木」を整理することができる。
外の「伐採木」をキノコにさせないでホント、良かった。






右側の、いわばデッドスペースにも風除室が延長される予定になっている。
そのために右側に植えていた紫のきれいな「クレマチス」を少し移動させることにした。






幸い天気も良かったので薪小屋仕事のほうもはかどった。
ラジオをかけながらひたすら塗った。ログ壁と同じペンキだ。
明日も2回目のペンキ塗りをすることにしよう


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 10:45ろぐはうす

2013年01月21日

雑木林のエゾリス・みつおくん






08-7
昨年夏のエゾリスくんである。
名前は「みつお」くんとつけた。三番目のエゾリスになる。一番目が「なつこ」ちゃん、二番目が「にーな」ちゃんである。
そのうちに登場させるつもりである。


この「みつお」くんの特徴は右の耳が切れている。
そして、あちこちに怪我をしたような傷跡(きずあと)がある。
けっこうきびしいい顔をしていて、動作も機敏である。







07-10
これは昨年ではなくて一昨年の「みつお」くんである。
右の耳のうしろが切れている。
誰かに襲われたのかどうかは分からない。
目つきのほうもかなり鋭い。







07-11
体格も大きいので仲間のエゾリスくんたちとは容易に区別がついている。
ゆっくりと近づいても逃げることはないが、愛嬌のほうはいまいちである。







07-12
一生懸命食事をしている。
エゾリスくんの中でもクルミに見向きもしないのもいるが、嗜好性(しこうせい)はさまざまらしい。
ドングリは豊富に雑木林にある。しかし、まったく食べない。
冬には食べるかもしれないがまだ見たことがない。







08-8
昨年の「みつお」くんになる。
目よりは鼻がいい。鼻を動かしながら(においをかぎながら?)食べ物のありかを見つけている。
ほとんどのエゾリスはそういう動作をするので珍しいことでもないようだ。


3,4個のクルミをおいとくと、次に持っていく準備として必ず二番目のクルミの匂いをかいでから一番目を持っていく。
まずは「みつお」くんの紹介でした。
同じ名前の人間がいたらどうしよう・・?。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 10:46えぞりす

2013年01月20日

ログハウスに風除室をつくろう





夜になると暗くなる。
キタキツネか通ると防犯灯が点く。
散歩のイヌが通ると小便をする。






正面玄関を開けると「薪の束」が目に入る。
こういう光景も珍しい・・ユニークといえば聞こえはいい。
しかし、他人には見せたくない入り口、玄関である。
吹雪の時は冷たい風がまともに入り込んで「雪見」ができるか(やせ我慢)。






大雪で家に閉じ込められても3,4日は生きていられるかもしれない。
最後には、ひと部屋ごとにログの壁を切って薪にすれば、1ヶ月は大丈夫・・かもしれない。
ログハウスとはなんと便利なことか、全部が全部薪になる?






でも、薪にされても困るので、それはさておいて・・である。
やはり、北海道では「風除室」がどうしても必要になってくる、冬はなおさらだ。
「薪小屋」のほうは二の次かもしれない。






それらしき所を見渡してみると幸いにも玄関前に作れそうだ。
この際、「風除室」を右側のクレマチス(?)のところまで広げようか・・薪もそこにたっぷりと置けそうだ。
ウ~~ム、これはグッドアイデァかもしれない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 19:51ろぐはうす

2013年01月19日

ログハウスの塗装‐3





天気の良い日、雨の降らない日を見つけてはペンキ塗りをしている。
何カ所かのベランダを何度も塗るのだから結構ペンキを使う。






4リットル缶の二つはすでに使い切ってしまった。
足りなかったのでさらに二缶を再注文した。
業務用の割安の大型缶もあるにはある。
しかし、大きすぎてどうも素人には使い勝手が悪い。






ペンキはひところのものよりは臭気が大幅に減ったような気がする。
2~3年前のログ壁の塗替えのときは臭気がひどすぎて、まったく閉口してしまった。






それでもこの油性のペンキはかなり気に入ってる。
水には確かに強い。
そろそろまた「ログ壁」の塗替えも必要になってくるだろう。
手の届くところまでは自分でやることにしよう。
背の高い人ほど確かに便利だ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 21:42ろぐはうす

2013年01月18日

ログハウスの塗装‐2





ログハウスも遠くから見るときれいに見える。
近くから見ると・・・見ないでほしい。
近くからのその実体は、ベランダのペンキがはがれている。
水性のペンキを塗っていたけれどやっぱり水性はダメだ。
雨や腐食に弱い。






結局、ログハウスの壁に塗っていた同じペンキを取り寄せた。
この「木材保護着色剤」というペンキはDIYショップでも売っていなかった。
「油性」ということで臭いのほうもきつい。それで一般的ではないらしくてなかなか手に入りにくい。






ネットで購入した。
それなりに何軒かの「塗料店」のものを比較して、安価に手に入れた。






ログ壁に使った色は「メープル」。
やっぱり雨に当たるところは「水性」などよりも「油性」のほうに軍配が上がる。
取り扱いは面倒だけれども仕上がりと耐久性がいい。






最初にサンドペーパーをかけて・・というわけではなかったが、見た目きれいになった。
2回塗りよりも3回ぐらいが素人にはいいような気がする。
乾きも遅いので天気とにらめっこをしながらやった。
でも、にらめっこは不得手だった。






ついでに「給餌場」の屋根も・・。
エゾリスや小鳥たちはペンキを塗った当日と翌日は遠慮してくれた。
なかなかできないことである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 10:34ろぐはうす

2013年01月17日

ログハウスの塗装






外壁の塗装である。
こうして今あらためて見ると、それは冬だった、感慨深いものがある。
「塗料」のほうは油性の「ガードラック」(商品名)というのを使っている。
「和信化学」という老舗の塗装メーカーの商品である。


この塗料を3年後にもう一度塗りなおした。
5年後ぐらいでも良かったが、セトリングのほうも落ち着いてきたので早めにメンテナンスを施した。







「再塗装」のときは立ち会うことができた。
でも、塗装の臭いがとてもきつかった。
臭いは一日でだいたい消えたが、有機溶剤が含まれているので夜中も窓を開けっぱなし、あらゆる換気扇を全開にして換気に努めた。


最近は有機溶剤ではなくて水性の塗料も普及している。
質のほうも格段に良くなっているらしい。水性は扱いやすく、においもそれほどきつくない。耐久性もかなりあるという。


だが、テラスに外壁と似たような水性の着色塗料を塗ってみたが、1年ではがれかけてきた。
雨水などは確かにはじく、しかし、耐久性には乏しかった。
今では外壁と同じ油性の塗料を塗っている。
木材に浸透する力は、なんたって「油性」のほうに分がある。







一般的に外壁の塗装のメンテナンスは新築後の3~5年目という。
ひび割れしていたログの木口もセトリングのためなのだろうか、やがて引締まってくる。
いわば開いた傷口がふさがり、元にもどってくる。


部屋の内部のほうは塗装を施していない。
本来どうするのかはよく分からないが、多分塗ったりはしないはずだ。
どうせなら「古民家」のように、家は燻(いぶ)されたほうがよいのかもしれない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 21:22ろぐはうす

2013年01月17日

鬼太郎と遊ぶ




↑ 「ゲゲゲの鬼太郎」は 根強い人気がある
ウルトラマンもかな・・
これは真似をして むかしむかしに 描いたものである
じぶんの子どものころには 全然 別の漫画が はやっていたが・・






↑ 色鉛筆やクレヨンなど 色の数が たくさんあると うれしかった       
そして時代とともに こどもと一緒に 絵を描く楽しみにかわっていった






↑ 細いサインペンを使ってかいたものである        
なんとか真似をして 描けるものだ
手描きというのはおもしろい
今だったら コピーなどという手もあるが・・ 
これは 普通のどこにでもあるような紙にかいている
鬼太郎の漫画には 「猫バス」や「トトロ」は でてこないが・・






↑ 色をぬっている紙は パネルシアター「MBSテック」という
ポリプロピレンなどを含んだ合成繊維である
紙というよりは けばけばした布である   
色をぬるときには ちょっとしたコツが必要だ  書道用の筆がいい
こどもといっしょに パネルシアターを楽しもうと思っていたが 未完成のままで ほったらかしてしまった






↑ 時代とともに こんどは 孫を相手に あそばなくてはならない 
はたして いっしょにあそんでくれるだろうか
おもい腰をあげながら「お絵かき」を 完成させなければならない      
まてよ・・・鬼太郎の歌もむかしとは 変わってきているようだ  



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 19:00ものづくり

2013年01月17日

ツマベニチョウ






パッチワークの丘で有名な美瑛町の美馬牛(びばうし)の方から蝶々の雑誌が送られてきた。
「日本蝶類研究会」を立ち上げたそうだ。
40数ページのカラー版である。「とてつもなく純粋に、蝶と自然を楽しむ雑誌」と書かれている。
とてつもなく期待してみよう。


美馬牛の近くには、あの有名な「拓真館(たくしんかん)」という前田真三さんのギャラリーがある。
美瑛の丘の四季折々の写真が数多く展示されている。
この「拓真館」は少し分かりにくい場所にあるが、ぜひゆっくりと鑑賞したいスポットでもある。
見ごたえがあり、写真の多くも販売されている。
一昨年も訪れたが、毎回、展示写真も変わっていて新鮮な感動を与えてくれる。







今回は購読を勧めるための「見本誌」ということなのだろうか。
一応無料である。中味をパラパラと読んでみたが、主に「ギフチョウ」の記述が多い。
大雪山には「ヒメギフチョウ」が棲息しているはずである、確か天然記念物にもなっているはずだが。


上の画像は以前集めた標本のひとつである。
日本の「シロチョウ」では最大の大きさをもつ「ツマベニチョウ」である。
モンシロチョウと同じ仲間である。ハネの先がオレンジ色をしているのが特徴だ。
とてもきれいなチョウではあるが、メスのほうは全体的に少し、くすんだ色をしている。


ここの近くの森には食草樹の「ギョボク」がたくさんある。
それゆえ、ツマベニチョウの数も多い。このチョウは高いところを鋭敏に動き回るので捕まえるのは容易ではない。
しかし、森の中では比較的低空飛行を繰り返すので捕まえやすくもある。
サンダンカやハイビスカスの赤い花が好きなチョウでもある。







上が冬に捕獲したものである。体も小さい。
下は夏になる。羽根を広げると7~8センチにもなる大型のチョウだ。
ギョボクの葉を食べる幼虫はなんとなくヘビのような頭をしている。
容易に飼育可能なチョウの仲間でもある。
捕獲するよりは飼育したほうが面白いかもしれない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 16:11どうぶつと昆虫

2013年01月13日

フォーク世代‐3



<中島みゆき>







中島みゆきさん。  
札幌の出身で「みゆき」は「美雪」とかくそうだ。
「美しい雪」に毎年、北国は悩まされている。
中島みゆきにとっても不本意なことだろう。
「中島吹雪」か「中島猛吹雪」が良かったかもしれない←全然よくない。  







5、6年前になるが覚えている人もいることだろう。
「紅白歌合戦」で「地上の星」を歌った。
それも黒部ダムの洞窟(トンネル)のようなところだった。この中継を見た人も多かったと思う。
「地上の星」は有名な「プロジェクトX」の主題歌である。
沖縄では結婚式の余興に、この曲はさかんに使われている。 
で・・結婚式の余興の話ではなくて、どういうわけか中島みゆきは、このとき、2番の歌詞を間違えて歌ってしまった。
あとでなにかの番組の中で恥ずかしそうに「釈明」していた。
寒いトンネルの中で待つ時間が長かったのかもしれない。   




      




中島みゆきの曲も好きなのでCDをレンタルした。
それらを「テープ」にふきこんだのだが、今の車にも以前の車にも「テープ」を再生するカセットの機器がついていない。
世の中、進むのが早い、CDとかMDの機器ばかり。  
おじさん世代はここでも悲哀を感じている。自動車のメーカーは団塊世代をターゲットにするなら機器のレトロも大切にしてほしいと思うのだが。







好きな歌では「杏(あんず)村から」 「ほうせんか」 「まつりばやし」などがある。
中島みゆきの作った歌の詩はとても面白いものが多い。 
時間はおぼろげながら止まったままである・・・あの頃がなつかしい。




⇒⇒次回は「ふきのとう」・・です  
ふきのとうの山菜料理ではありません


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 09:29だんかいの世代

2013年01月12日

魔女の宅急便と遊ぶ




↑ 「魔女の宅急便」だ
宮崎アニメはどれをとっても顔がほとんど同じである   
それゆえ、なれてしまうと似顔絵はけっこう簡単に描けてしまう
絵の具はふつうのものとは違う






↑ これらもケバケバした布(Pペーパー)に描いている  
魔女のイメージにそぐわない主人公がかわいい
お供の黒猫ジジも・・ 






↑ 登場人物も多いので、最後はあきてしまって・・
ほったらかしである
口の中、携帯のラジオなどのところは塗っていない
色を塗っているときはけっこう楽しいことは楽しいのだが・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 15:21ものづくり

2013年01月12日

木のペーパーナイフづくり






「木のスプーン」のほかに「ペーパーナイフ」もつくって楽しんでいる。
ダイレクトメールや請求書がやってくるとこのナイフで封を切る。
正装してパイプをくわえながら・・というわけではない。
みすぼらしいTーシャツと半ズボン姿である。


このナイフが一本あるとすこぶる便利で都合が良い。
でも、余計につくってしまった。まったくの貧乏性・・デザインのほうもワンパターンである。







おきなわの「三味線」をつくるときの端材である。
材は「クロキ」、心材は真っ黒だが辺材は白っぽい。
その境界線のところを使っている。
アクセサリーなどの材料に使うと面白いものができあがる。







「クロキ」と一見似ているがこれは南方材の「ローズウッド」である。
黒っぽいが、みがくと赤ぶどう酒のような色になる。
辺材のかすかな模様がとてもきれいだ。
「ローズウッド」といっても産地によってはいろいろな色に変化する。







これは「リグナムバイタ」という木である。
木の中で一番重いといわれている。ちなみに一番軽いのが「バルサ」材である。
けむたいようなグリーン色で特有のにおいもあったが、日がたつにつれて消えてしまった。
今では茶色っぽくなってしまった。
ヤスリをかけるとまた特有の匂いがよみがえる。







・・というわけで、あれこれと木をを覚えながら手先を動かしている。
やはり木の手触りはいい。
ところで・・世界で一番背の高い木は何だろう?
それはもしかして「ジャックと豆の木」かもしれないなぁ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 10:19ものづくり

2013年01月08日

薪ストーブ暮らし‐27



<薪ストーブのカタログ>



カタログが送られてきた。
「請求」しないと送られてこない。
でも、「無料」で送っていただいたので感謝である。
こういうところから、また「薪ストーブ」を買いたくなる。


昨年あたりからだろうか・・とても分厚いカタログになっている。
自分の厚顔無恥の顔と比較しても、やはりこちらのカタログのほうがなぜか分厚い。
ちょっとした雑誌にも匹敵するほどである。
かえって、市販の薪ストーブの本よりも面白いかもしれない。






カタログといっしょに新しいDVDビデオディスクも同封されていた。
以前の「CD-ROM」と重複するけれど、仕組みや燃焼について詳しく解説されている。
なんとなく「エンライトの達人」になったような気分になる。
単純な頭脳はいまだに健在だ。






しかしながら今までのストーブの「焚き方」のまずさを反省してみる。
年度末だからちょうど良いのかもしれない。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 18:07薪ストーブ暮らし

2013年01月08日

ドメインの更新





ネット上の「ドメイン」と「HP(ホームページ)」の有料レンタルを更新した。
「ドメイン」とはインターネット上の「住所」というになります。
その住所は「ezoriss.com」・・「エゾリスどっとこむ」という覚えやすいフレーズを使用しています。
もちろん有料ですが煩わしい「宣伝・広告」もありません。
付随して「ブログ」も「商売」も「掲示板」もその気になればできるようになっています。






それにつけても「鳥インフルエンザ」の蔓延はどうなっているのでしょうか。
「家畜」とはいえ「推定有罪」のニワトリや野鳥たちが哀れです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 17:56ぶろぐいろいろ

2013年01月07日

木のスプーンづくり






趣味は時として暴走する。
でも、「交通違反」ではないのでその点は安心。
使いもしないスプーンをつくっている。
木っ端(こっぱ)はいくらでもある。北の雑木林では薪ストーブの焚付けだが、南では貴重な資源になっている。
やりだすと面白い、夢中になる。
ところが、最後まで仕上げようとはしない。
途中でまた別の木に移ってしまう。
木は堅いが頭が柔らかすぎて飽きっぽい。







勢いあまって木槌(きづち)まで作った。
誰を叩こうか・・まだ決めていない。
この木槌を持つと縄文時代の石器を持ったおっさんになりそうだ。







スプーンの切れ端はカリン、シタン、クロキ、クワ、ローズウッドなどである。
いわゆる切れ端の銘木と名付けてもよい。
木槌のほうはアデク、柄はホルトノキである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 09:53ものづくり

2013年01月06日

薪もいろいろ‐クロキ



<リュウキュウコクタン>





いろいろな木をいろいろと試しながら燃やすのも楽しい。
そこで・・
南の島の木の切れっぱし、端材についての講釈を。
この黒味をおびた木は「クロキ」という。「黒檀」ともよばれている。
生長するにつれて心材は黒くなっていくという珍しい木でもある。
とても堅い木で、この木をみがくとプラスチックのような質感と光沢がでてくる。  
沖縄三味線・・サンシンの棹(さお)として昔から使われている。  


もっとも今では、棹として使えるクロキは歳月がかかるのでなかなか手に入りづらくなっている。  
代用としてイスノキ、ヤマクワ(桑の木)、外国産のシマコクタン、シタンなどが使われているようだ。 






クロキが生えている 
この大きさでも20年余りかかっている。
コーヒー豆のような実がつき、種子からは簡単に生える。 
鳥が運んでくるのか、庭の片隅に小さな苗が生えていたりもする


クロキは街路樹としてもさかんに植栽されるようになった。
どこの家でも庭木としての風格があるため、必ず植えられている超人気樹木のひとつでもある。






このクロキはサンシン(沖縄三味線)の棹をつくる際にでた切れっぱし、端材である。
三味線屋さんからダンボール箱で大量にいただいた。 
三味線屋さんは、以前には近所のアメリカ人家庭にあげていたそうである。
聞くところによるとアメリカ人のご主人はバーベキュー用の木炭がわりに使っていたらしい。 
確かに木炭の色と似ているが・・。


三味線屋さんとは泡盛(地酒)2本とクロキの端材を物々交換したが、供給路を断たれたアメリカーは「どろぼう~」とか「助けて~」とか叫んでいたという。


このクロキは他の用途にも使われる。
小木工や指し物などの材料にもなり、アクセサリーなどの象嵌(ぞうがん)用にも優れている。
ただ燃やすにはもったいない木なのである。




エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

  


Posted by カワセミ@旅人 at 09:16薪ストーブ暮らし

2013年01月03日

がんばるゴーヤとパパイヤ




↑この写真をうつしてから一週間ほど過ぎてしまった
先週の日曜日にゴーヤを収穫する
今年度の最後の収穫となった





↑パパイヤの横にぶらさがるゴーヤはこぼれタネから生えてきたものである
最初のゴーヤは台風で全滅した
それゆえに感謝感激である  ゴーヤに足を向けては眠れない 
パパイヤは一年中生長をつづける優秀な作物である
青いときは野菜として、熟(じゅく)してくると果物になってくれる


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 08:15ねったい花木

2013年01月01日

年賀状はこの日に





「あけましておめでとうございます」
今日は「2010年の1月1日」ですね。


昨日の12月31日は沖縄気象台から「サクラの開花宣言」が発表されました。
サクラ前線の到来です。
庭にもサクラの木が1本あります。小鳥が運んだ種から育ったもので、今年の今月から咲きそうな気配がします。






↑ 年賀状を昨日の大晦日に買ってきました。
きょうの「元旦」に書くことにしました。「亀井シズカちゃん」の郵便局にも行かなければなりません。


遠くから「サンシン(沖縄三味線)」が流れ、めでたい歌が聞こえてきます。
「赤ちゃん」の泣き声もしています。
ご家族の『健康と安全・安心』を・・今年もよろしくお願いいたします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 17:36ぶろぐいろいろ

2013年01月01日

明けまして元旦



あけまして おめでとうございます
ことしもどうぞよろしく・・











・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 17:31ぶろぐいろいろ

2013年01月01日

年末ジャンボ発表です










 
年末ジャンボが発表された            





ドンちゃんがはたらきものだったので おじちゃんは
当選したクジ4枚 みんな お年玉としてあげました





おじちゃんのぼやき・・です 
「あぁ・・灯油をたくさん買ったほうがよかったなぁ」                  
( 9,000-3,900=マイナス 5,100 )


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 17:29ぶろぐいろいろ