さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2013年03月31日

プリムスエクスカイザーランタンのホヤ






プリムスのエクスカイザーランタンだ。
とてもマニアックなランタンでもある。
今ではすでに廃番、店頭では見られない。
ただし、田舎の田舎では、まだ陳列されているか、ほこりをかぶっているかもしれない。
これはその時に偶然手に入れたもの。


ところで、このランタンのカーキー色の「燃料缶」も見かけなくなった。
これも廃番になっているのだろう・・・。







見つけたときは、ホヤ(ガラスの部分)がついていなかった。
そこで「ホヤ」をメーカーから取り寄せて、このランタンはなんなくよみがえったのである。
ただし、「ホヤ」についていえば、曇りガラスの「フロストホヤ」というものだった。
「クリアホヤ」という透明のホヤのほうは残念ながら「在庫なし」だった。







しかし、あきらめるのは早い。
透明ガラスのホヤを見つけたのである。
一個1,000円の普通の値段だった。まだそれなりに在庫もあったが2個も予備があれば十分だろう。
エクスカイザーランタンの本体はなかったが、田舎にはあるところで偶然あるもんだ。







「エクスカイザーランタン」のブラス仕様の本体を大小二個持っている。
ホヤは予備として各々一個づつとなる。
型番「EX-3240シリーズ」にぴったしのホヤである。
ホヤにロゴがついているのもなんとなくかわいい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 07:20あうとどあ

2013年03月30日

エゾリスのメタポ運動の裏側






↑ エゾリスなっちゃんのメタポ運動を暴くことにする。
かっこよく披露していたが実態はかなりちがうのだ。







↑ 相変わらず恐がっている。
全然ダメ、足が震えてる。
おかげでカメラも震えてしまった。
落ちたらかっこ悪い・・プライドが傷つく。
ファンがいなくなる・・・エゾリス仲間からいじめにあう。
余計なことばかり考えてどうしようもないダメ「なっちゃん」である。







↑ ひそかに特訓を繰り返す。
「栄光」が待っているのだ!へこたれるな!!金メダルは近い!・・メダルはおじちゃんがもらう!
おじちゃんも無責任に叱咤激励(しったげきれい)するのである。
なんたって無責任は尊い。







↑ しかし、それにしても不器用な「なっちゃん」である。
今日は夕飯抜き・・おやつ無し・・ということにしましょう。






↑ あぁ!!もうダメだ・・。
ここから出られない。
こうして、なっちゃんの特訓(いじめ)は毎日続いたのである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 07:20えぞりす

2013年03月29日

エゾリスのメタポ運動






「太りすぎにはメタポうんどうで~~す」
(・・そうですか、おじちゃんもやろうかな)







「まず・・下をみて、かくにんしま~~す」
(おちたらあぶないからね・・下は谷底だよ)



                



「では・・手をつかってぶらさがります」
(え!足じゃないの?)







「違いま~~す、さいしょはこうやって左手を・・だよ」
(・・・)







「つぎに右手を・・で~~す」
(・・・おいおい、だいじょうぶか?)







「エイッ!!」
(オオォ~・・)







「ヤッ!!」
(すご~~い!)
                        そのうちつづく。。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 07:20えぞりす

2013年03月28日

薪ストーブ暮らし‐8(クロキ)



<リュウキュウコクタン>



↑ いろいろな木を燃やすことも楽しみのひとつである
燃やす薪がないということではない  一種の「焚き火あそび」でもある
南の島の木の切れっぱしを燃やしてあそぶのも面白い
ただ 南方材には「煙(けむり)」や「木屑(きくず)」 「におい」などで喉(のど)や目を痛めることもあるので注意が必要だ 







↑ 黒い木である
成長するにつれて心材は黒くなっていく珍しい木である
「クロキ」ともよんでいる  とても堅い木である  
この木をみがくとプラスチックのような質感と光沢がでてくる  
沖縄三味線・・サンシンの棹(さお)にも使われている  
もっとも今では棹として使えるクロキは手に入りづらくなっている  
代用としてイスノキ ヤマクワ(桑の木) 外国産のシマコクタン シタンなどが使われているようだがシマコクタンやシタンもクロキ同様値段も高い        







↑ クロキが生えている
この大きさでも20年余りかかっている
コーヒーを代用するような実がつき種子からも生えやすい 
鳥が運んでくるのか 庭の片隅に小さな苗が生えていたりする
クロキは街路樹としてもさかんに植栽されるようになったが どこの家でも庭木として必ず植えられている超人気樹木のひとつでもある   







ところでこのクロキの端材はサンシン(沖縄三味線)をつくる際の切れっぱしである 
三味線屋さんからダンボール箱で大量にいただいたものである 
三味線屋さんは近所のアメリカ人家庭にあげていたそうだ もったいない
アメリカ人のご主人はバーベキュー用の木炭がわりに使っていたという 
確かに木炭の色と似ているが・・
三味線屋さんとは泡盛(地酒)2本と物々交換した
その後 アメリカーは供給路を断たれてしまい「助けて~」とか「どろぼう~」とか叫んでいたという
このクロキは他の用途にも使われる
小木工などの材料にもなりアクセサリーなどの象嵌(ぞうがん)用にも優れている
燃やすにはもったいない木なのである


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 07:30薪ストーブ暮らし

2013年03月27日

薪ストーブ暮らし‐6(クスノキ)



<クスノキ>





 前回の「 薪ストーブ暮らし⑤ 」では「ウルシノキ」でした
今回は「クスノキ」について・・・です
クスノキは暖かい地方の樹木である 
神社仏閣などの敷地に大木がよく見られ なじみ深い木でもある
街路樹としてもよく植えられている
その「クスノキ通り」になった街路は真夏でも涼しさをもたらしてくれる  







我が家の狭い庭(南の島)には幹廻り75cmほどのクスノキが生えている
成長のとても早い木でもある
幼苗を植えたが またたくまに大きくなってしまった 
今では黒豆を小さくしたような実がたくさんできて このこぼれ種からよく芽が生えてくる 






 
このクスノキというのは主にテーブルや椅子などの材としても使われている
ユニークな小木工としては「クスノキ枕」がある
一枚の木の板からこれをパズルのような木取りをする   
においはどうかというと 葉や枝など 生木はもちろんのこと この木を削ると樟脳(しょうのう) のにおいがする
以前は「防虫防腐剤」や「消炎鎮痛剤」として もてはやされていた  
タバコや塩とならんで「樟脳」も昔の日本専売公社(今のタバコ屋さん)の売り物のひとつだった







ところで このクスノキは 「アオスジアゲハ」という蝶々の食草でもある  
これはほとんど知られていない
クスノキに卵を産む やがて幼虫が葉っぱを食べて育つのである
クスノキといえば「となりのトトロ」でも背景にでてくる サツキとメイの家のそばにはクスノキの大木がある
ちなみに住所は「クスノキトナリ・・?」となっている 
ついでにといってはナンだが 「ススワタリ」というキャラクターの「まっくろくろすけ」もトトロに登場している
薪ストーブの「ゆるきゃら」になるかもしれない







数年たったクスノキの角材である 
↑写真のように赤みをおびることもある
クスノキの樟脳は180℃ほどで溶解するらしい
また208℃ほどで蒸発するという  
嫌な臭いという人もいるが 雑木といっしょに雑(ま)ぜて燃やしても別段困ることはない
照葉樹(しょうようじゅ)のクスノキ 落葉樹(らくようじゅ)のヤマウルシノキ 
どちらも乾燥さえしていれば 燃やせば暖かくさせてくれる木でもある


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 06:12薪ストーブ暮らし

2013年03月26日

街角散歩①




↑ 観光客用の免税売店である
ここで買ったものを 空港で受取るシステムだ    
ブランド品があるようだ  ブランドとは無縁なので 店の中に入ったことはない
右側の建物は モノレール駅である  
おもろい駅・・ではなくて「おもろまち駅」だ 






↑ 通りすがり おもしろいシーサーを見つけた





↑ 浦島太郎バージョンのようだ
シーサーを屋根に飾ることも 少なくなった
玄関前にシーサーが 鎮座していることが多い






↑ 泡盛の好きなシーサーくんが 店の番をしている
商売繁盛のおまもりかもしれない 
酔っ払って顔が赤い?



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 07:00まちかど散歩

2013年03月25日

薪ストーブ暮らし‐41(常夏ハワイ)






今年の「薪ストーブ暮らし」が始った。
まだまだ北海道は沖縄よりも寒い。
朝晩は冷えるし「遅霜(おそじも)」もあるという。
ところで・・「遅霜」ってなんだろう?
まぁ、いいか。







朝はちょっとだけ、夜はかなり燃やしている。
室内が25℃前後になると暖かくて気持ちがいい。
でも、気合をいれて焚くと「常夏のハワイ」になってしまう。
抑え気味に焚いている。
その「抑え気味」というのが結構難しいといえば難しい。
何事も「ほどほど」・・ストーブの腹八分が難しい。







不ぞろいの薪を割る。
雑木林のカエデはスパン、スパン・・と割れる。
あとはヤマザクラとミズナラを少々。
最後に「薪割り台」も割ってしまった。







こうしてまたエゾリスのなつこちゃんが冷やかしにやってくるのだろうか。
まだまだ今のエゾリスくんたちは毛並みがふくよかである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 10:25薪ストーブ暮らし

2013年03月23日

薪と伐採・その2






今年の伐採はかなり順調にはかどった。
しかし、一人では倒せない立ち木もあって、それらは残したままになっている。







伐採のおかげで雑木林も明るく陽が射すようになった。
やはり「手入れ」というのは欠かせない。
広くなるにつれて好きな果樹もまた植えることができる。
リンゴに梨にブドウにシークヮァーサー・・は、ムリか。







伐採した木は冬の間、ブルーシートを被せて来年まで待つことになる。
そして適当な大きさに切って、割って、また積むことになる。
そのまたのまた、「腱鞘炎」が待っている。
匂いのしないサロンパスが必要かもしれない。







こちらにも積んでいる。
伐採木は分散して積んでいる。
薪になるのは、さ来年になるかもしれない。
ところで来年の薪は昨年、伐採しなかったので不足している。
すぐに使えそうな薪をどこかから買わなければならないだろう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 18:00薪ストーブ暮らし

2013年03月22日

薪ストーブ暮らし‐24(薪小屋)



<薪小屋に思う>





薪の「常設会場」をどこにするか・・・悩ましい。
今の「薪小屋」は軒下や木陰などを利用するだけの平々凡々な置き場になっている。小屋には遠い。
あちこちに置かれている薪の姿はホント、心もとない。
見た目も悪いしなんとなくだらしない。「ゴミ屋敷」になっても困る。やはり整然とした「薪小屋」がほしい。
今年の目標の第一は「薪小屋」をなんとか作りたい。


今の薪置き場、薪棚ではヘビやネズミやスズメバチなどが棲みつくには格好の場所でもある。
現にスズメバチやヘビに遭遇してしまった。薪の小枝をつかんでヘビだった・・では狂乱する。
なんとかしなければといつも考えていた。
やはりどこか1ヵ所、せめて2~3年分ぐらいの薪をストックできる小屋が必要である。
「普天間基地」はまったくいらないが、せめて「薪小屋」だけはほしい。







ところでこの決断のつかない一番の理由は「薪小屋」を固定することにある。
がっちりと作ってしまうとあとでこの場所ではなかった・・と後悔するかもしれない。
「後悔」したところでどうしようもないのは分かっているのだが・・。


昨年、近くで暮している人たちの「薪小屋」をいろいろと見せてもらった。
薪ストーブを焚いている人たちも多い。
車庫兼用で小住宅のように立派な「薪小屋」もみた。
そこの建築費は軽く100万円を超えたそうである。
別なところの「薪小屋」は50万円・・費用のかかった分以上に感心、感嘆してしまった。
やはり先立つものは☆☆である。







その「薪小屋」の場所である。
あまり遠くに「薪小屋」を作るわけにもいかない。
薪運びも大変だ。冬場の雪かきのこともある。道がなければ歩けない。
途中で倒れて、こころざしなかば、で、薪の下敷きになっても大変だ。
薪ストーブまでの軌跡を描いてみる。
外からも目だたない場所に置きたい。日当たりは二の次である。都会とは違う。


日当たりの良いところは「花壇」や「菜園」、「洗濯物干し場」に取られてしまった。
また少々、樹木を伐採して「薪小屋」の候補地を確保しなければならない。







それにしても薪は一向に減る気配もない。
むしろ雑木林の整理整頓に励んでいるせいか増える傾向にある。
やはり一度はゆっくりと、この雑木林で「越冬」しないことには話にならないだろう。
本物の「薪ストーブ暮らし」をまだしていない。
その点、肩身が狭い・・・態度はでかい。
がんばろう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 17:30薪ストーブ暮らし

2013年03月21日

薪と伐採






伐採した木の幹や太めの枝を積み重ねている。
伐採木は来年にまで、そのまま日干し、雨にさらすことになる。
そして来年には「ダイコン干し」や「干し柿づくり」のように軒下につるすことにしよう。


薪を45センチに切って・・つるす。
まぁ・・世間広しといえどもだれもそんなことをしないだろう。
というよりは本当に吊るすと「縄梯子(なわばしご)」になってしまうか。







古い薪(超熟成薪・キノコ薪)を盛んに燃やしている。
おかげで外は寒くても中はポカポカ陽気。
日中はその余熱で暖かさは充分間に合っている。


やはり南と北での「Tシャツと短パン」の定番生活は居心地がいい。
500円で2枚のTシャツでも一年中過ごせるのだから、ぜいたくといえば贅沢、貧乏といえば貧乏・・。
来年は奮発して1,000円で2枚のTシャツにしよう。







伐採するたびに薪予定の丸太がだんだんと増えてくる。
太いのやら細いのやら、まちまちの丸太が無造作に積みあがってくる。
伐採木の積み方の方程式は東西南北、気の向くまま。


「井桁」の組み合わせもしないし羽交い絞めもしない。
几帳面にはほど遠いことは確かだ。
この「薪集積場」は居心地が良いので、またヘビやらスズメバチが巣をつくりにやってくることだろう。







西側の小さな丘の上にはまだまだ木も多い。
写真をとると平原に見える。
細くて背丈の高い木ばかりである。




丘も平原になってきた。
ここにいくつかの果樹苗を植えることにしよう。
ヤマブドウの畑にするのも面白いかもしれない。


できればセイベル、ツバイゲルト・レーべ、ノースブラック、なんとかケルナーなどのブドウがいい。
知ったかぶりのブドウの知識も増えてきた。







くっつき合っていたホオノキ、かなりの高さと面積を占めていた。
この木は根が浅かった。そして倒れてきそうで危険だった。
それに「ホオバ味噌」のこの葉っぱは大きくて、家の周りをいつも散らかしていた。
果実はちょっとした小型の爆弾、手榴弾とおなじである。
上から落ちてくる時はとても危ない。
傘をさしていても突き抜けてくる・・かもしれない。







こちらはほとんど倒れ込んでいたアオダモ。
野球のバットができそうな太さだった。
バットよりもシャケのこん棒(残酷だった)に良いかもしれない。







まだまだ整理と手入れは、ヒマとヒマの合間に続いている。
今の雑木林はドングリだらけになってしまった。
さて、ミズナラばかりではなく、萌芽力の強い「コナラ」の苗も計画的に植えることにしよう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 06:30薪ストーブ暮らし

2013年03月20日

横浜中華街






有名な横浜中華街の東門入り口である。
この日は寒かったが観光客も多く、にぎわいをみせていた。
中華街の通りに入ると人の波、波・・だった。 


クリ(栗)の試食の勧誘がやけに多かった。
毎度のことらしい、次回は袋をもってクリを集めてみよう。
小さなクリだったがいい味だった、それはヤマクリに似ていた。    






メニューが全部並ぶのを待って写真を・・とは思ったが、待ちきれずに食べながらになってしまった。
値段に見合うかどうかは分からない。
すきっ腹だったのでなんでもおいしくみえた。  





南国にもどってみると、なんと25日から「横浜中華街展」がデパートで始まった。   
ポケモン号(飛行機)にのって横浜の中華を食べに行かなくても、ここで食べることができたのである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         



エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 07:00まちかど散歩

2013年03月19日

ストーブ列車のタコストーブ





今では珍しいJRの前身、国鉄列車で使われた「ダルマストーブ」を見つけた
潜水夫がテーブルの下から顔を出しているのか・・と思った。
このストーブは「タコストーブ」とも云うらしい。そう云われればそう見える。
イカよりもタコだ。






「国鉄」時代の列車などにあった。
多分、北海道や東北の一部の本線で「ストーブ列車」として走っていたに違いない。
「ダルマストーブ」といってもいろいろな形のものもあるが、小型でかわいらしいストーブである。






燃料は原子力・・ではなくて「石炭」である。
最近では「石炭」(せきたん)や「コークス」といっても分からない子どもも多い。
さらに「黒いダイヤ」、「燃える石」・・などなども「石炭」のことを言った。






よく見ると「タコさん」の頭のところが平原になっている。
ヤカンや蒸発皿を置いたのだろうか。
この上にスルメ・・というのはよく聞く話でもある。
頭に角(つの)も3本はえている。ローカル列車では田舎のおじいちゃん、おばあちゃんがお茶をすすりながら網を置いて、餅(もち)などを焼いて食べていたそうだ。






うしろ姿である。
しかし単純なつくりだが重厚な感じがする。このタコ型のストーブは探せばまだまだたくさんあるのかもしれない。
小さいので薪ストーブの横に鎮座させるのも面白い。マイバックにいれて持って帰りたかった。






ここの壁面には高倉健・・「流山温泉駅さん江」と、サインがあった。
流山(ながれやま)温泉レストランの「冷やし中華」もうまい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 06:00薪ストーブ暮らし

2013年03月18日

おもしろ画像・巨大なさかなちゃん



↑ おおきな口をパックリあけた 南の島の さかな
虫歯は ない・・・そういう話ではないが
なんとも恐ろしい 形相(ぎょうそう)だ  
ビビリそうである





↑ 「ハタ」という魚の種類を 総称して 方言では 「ミーバイ」とよんでいる
魚汁にすると すこぶるうまい
疲れたからだには この魚汁が元気回復の元になる  
もちろんサシミにもできる





↑ 北海道に行くと 「タラバガニ」の生きているような看板(?)に 驚かされる
この店も多分 繁盛(はんじょう)していることだろう


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 06:00まちかど散歩

2013年03月17日

おもしろ画像・海と空ときらら




↑ 南国らしく ダイナミックな名前である
この病院の待合室の天井からは 空が見えるとか・・見えないとか・・??
もしかすると三階あたりからは 海が見えるかもしれない
この病院は結構な 高台にある   






↑ ここは那覇市のベッドタウンになる
そして そのすぐ横には 北海道では 気になる 「 きらら」 という名前がみえる
ふっくりんことか おぼろづき はないか・・ほしのゆめならありそうだ






↑ きらら・・とは よくつけたものだ
歯がキラキラ光る?・・という意味なのだろうか
院長は 歯のまぶしい新庄・・かな?



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 06:00まちかど散歩

2013年03月16日

札幌駅前




↑ 札幌駅前の南口である ここをまっすぐに 歩いていくと 大通り公園に出られる
さらに進むと狸小路だ  さらにさらにススキノに通じる 
そして ローマに通じ・・・ないネェ    
碁盤の目になっているので 非常に分かりやすい 案内板もよく目につく






↑ 3月の初旬だったが 雪は降らずに 雨であった 
雪をみたかったが・・ 雨では まったく珍しくないのだ  こちらでも雨は降る
雪は なぜかとっても汚かった ↓のせいである






↑ この砂のせいで 雪は黒い   
この中に ゲゲゲの鬼太郎の 「砂かけババア」がいる・・とのウワサが絶えない
足元がすべるような 凍てつく日には 砂かけババアが 歩道で 砂をまいているそうな  
からかうと 砂をかけられるので 誰もが無視して歩いているらしい


おきなわだと さしづめ白い 「サンゴ砂」だろうか・・・
カルシュウム分も多いので雪はよくとけることだろう     
そういえば 「転ばないコツ」・・のパンフレットなども 札幌市には あるらしい
札幌の人には 珍しくもなんともないが 砂袋の箱は やはり奇異にみえてしまう
  


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 06:00きたの散歩

2013年03月15日

四季彩の丘から見えた薪々の山





富良野・美瑛を旅したときに「四季彩の丘」を訪れた。
見事な花々が咲き乱れていた。




「ファーム富田」のラベンダーも良かったが、この「四季彩の丘」も良かった。
訪れたのは7月だった。
さらに先月も訪れた・・それはまたの機会に。




そこで丘から遠くに見える薪棚(?)が気になった。
素敵な家はペンションなのだろうか・・個人の普通の家なのだろうか。




デジカメなのでズーム3倍がようやっと。
薪の多さに驚いた。所狭しと詰まれていた。




こうなると圧巻である。
時間の関係で家の近くに寄ることはできなかった。
「拓真館(たくしんかん)」というところに向かったのだが、心残りだった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 14:13薪ストーブ暮らし

2013年03月13日

むだ話読本・その2






沖縄のおもしろネタの「一行小話」をみつけた。
どれも本当なのかウソなのかよく分からない。
以下参考までに「むだ話」を・・。


街の安全のために週末は「ハブ捕り」、「不発弾処理」をすることがある


(訳) だいたいは当たっている。
「マングース」の捕獲もさかんである。
「不発弾」のほうは、まだまだほとんど回収されていない。
日本に復帰した頃(1972年)には全部回収するのにはあと50年はかかると云われていた。
ところが30年以上たった今現在でも、回収には50年以上かかるとされている。
時のながれはまったく無視されている。
沖縄の島を2,3回沈没させるほどの量が眠っているそうだ。




・ 島田紳助、所ジョージ、中尾彬の徘徊の地である


(訳) 沖縄病・・というらしい。
移住あるいは別荘を持っている芸能人も多い。
「宮本亜門」もこちらでは有名である。沖縄は「夜型社会」といわれているので、有名な誰かと遭遇するかもしれない。
「永六輔」と遭遇したことはあるが、「あむろなみえ」などは未だに見たこともない。
そういえば「羽賀研二」を見たことがある。




・ 墓石の形がやたらとでかい。
怪獣ガメラと偉大な人物がいっぱい、いたらしい



(訳) とにかく自分の屋敷の土地よりも広い墓地が多数存在する。
沖縄に多いのは「米軍基地」と「墓地」でもある。
墓があまりにも大きいので、なんとなく昔の偉人の墓と思うのかもしれない。
墓の形はちょうど亀さんの形をしている。
「亀甲墓」というのだが、「怪獣ガメラ」の発祥の地であるのかどうかは分からない。




・ ゴキブリがやたらとでかくて空を飛び回る。


(訳) 県外の人は空を飛ぶゴキブリを信じない。
ゴキブリはなぜか図体(ずうたい)も大きく、空を滑空する。
顔をめがけて飛んできたりもする。
ゴキブリとは縁の無い北海道の人たちが体験したら卒倒するかもしれない。
「ヤモリとゴキブリの決闘」は「ハブとマングース」の決闘よりもはるかに面白い。
「秘境オキナワのゴキブリを体験する」ツアーもあるそうだ。


上の画像は墓ではない。
亀のバス停留所である。竜宮城の帰りに、疲れたカメはバスに乗ったそうだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 19:46ぶろぐいろいろ

2013年03月12日

おもしろ画像・あたまのたいそう




いくら考えても わかりません
なんということばがはいるのでしょうか・・??? 
「せなかを かきましょう」ではありません   
(でもようやく わかりました・・・)
答えはこちら→ここです


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 06:02まちかど散歩

2013年03月12日

おもしろ画像・法律喫茶





むかしは「歌声喫茶」というのがあった  小冊子の歌集を片手に
みんなで歌ったものだ  みんながみんな友達にみえた
いまはカラオケ・・カンオケ(棺おけ)・・文字がひとつ違うだけだ      


素人の裁判員制度もはじまるという
裁判員になってください・・といわれてもそれ相当の理由がない限り
断れないそうだ
まあ 「被告」になるよりはましだろう


それはそうと この「法律専門喫茶」とはなんだろうか??
日本人専用・・と英語で書かれている
アメリカさんが入ってくると困る理由(わけ)でもあるのだろうか
知っている人がいたら教えてほしい


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 06:00まちかど散歩

2013年03月11日

むだ話読本






「読めるかな?北海道」
「日本縦断」では難しい漢字、読み方のわからない地名にたくさん出会う。
気難しい国だ。
この国が「日本」なのか「日本国」、「にっぽん」なのか「にほん」なのかも良く分からない。
沖縄も「日本」なのか「アメリカ」なのか「中国」なのか・・はたまた「琉球国」なのかまったく分からない。






「書けるかな?北海道」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 16:28ぶろぐいろいろ