さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2013年07月31日

北海道のキノコたち‐02






スッポンタケは悪臭が強いそうである。
しかし臭わなかった。
ここでは臭いがよく分からない。
それでもやはり何かの臭いに惹きつけられるのだろうか、ハエたちが群がっていた。
このキノコの傘の濃灰色の部分だけを食べている。







隣りにはあのエイリアンの卵が不気味に鎮座している。
最初見たときはヘビの卵かな・・とも思った。
卵以外には考えられない。
この場所はスッポンタケの生息地だ。







それにしてもキレイに食べるものだ。
ハエ社会では、小さい頃からのしつけがよくできている。
ハエとてあなどれない。







そうこうしているうちにその4日後、またこのウロをのぞいてみた。
「ウッなんだこれは・・?」
卵が割れかかっている。







そのとなりのスッポンタケもキレイだ。
毒キノコではなくて、中華の高級食材になるそうです。
またつづく・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 07:16キノコたち

2013年07月29日

北海道のキノコたち‐01






この奇怪な生命体は宇宙からやってきた。
雑木林に棲みついている。
寒天?ゼラチン質?で覆われていた。「占い師の水晶体」では決してない。
指で触れるとヌルッとして気味悪かった。
もしかして指が溶けるかもしれない・・心配だった。
でも指は今のところ溶けていない。







「ウロ」のなかでひっそりとこの生命体は、時がくるのを待っていた。
今思えば雑木林一帯は不気味な雰囲気を漂わせていた・・ような気がする。







しかし、しばらくそのことを忘れていた。
なんとなく思い出して数日後、この「ウロ」の中をおそるおそるのぞいて見た。
妙な・・それでいてキノコのような物体がそこにあった。
あの生命体は・・どこに行った?
宇宙に一時帰国したのだろうか。


仕方なくこのキノコを調べてみると「スッポンタケ」というらしい。
ところが左下のほうにまた新たに卵のような、寒天のような物体ができていた。







何かよく分からないがとりあえず「スッポンタケ」について・・。
この「スッポンタケ」はオスのスッポンキノコである。
メスのキノコは「スッポンポンタケ」と言う。
本当かどうか定かではない。







スッポンタケは傘の頂点に特徴がある。
一応「毒キノコ」ではない。食べることができる。
物好きなことに料理をして食べている人たちもネット上に何人かいるみたいだ。
まぁ、中華料理の「具」にもなっているので美味しいのかもしれない。







さて、その横のエイリアンの卵のような物体は今現在どうなっているのだろうか。
寒天上の水晶体の正体は・・??
つづく


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 19:42キノコたち

2013年07月27日

薪ストーブ暮らし‐49(前向き)






それは昨日のことです。
外は小雨、冷たい風も吹いていた。
空を見上げながらの玉切り作業・・中断・・再開・・・中断・・あきらめる。







「チェンソー」をずいぶんと使った。
おかげでソーチェーンの「目砥ぎ(目立て?)」も上手になってきたように思える・・錯覚か。
燃料補充のたびに砥いでいた。







しかし、まだまだ作業のほうが追いつかない。
空中に浮いてる木もある。
地べたに着地していないミズナラはずいぶんときれいだ。
3,4年経っても朽ちることはないし、キノコも生えていない。







薪小屋には次第にふぞろいの「玉切り」が増えていく。
作業もマイペースなので「薪割り」の工程に至るまではおぼつかないでいる。
多分、薪割りは来年になるだろう。







場所がなくて別のところにも積んだ。
やはりまだ「薪小屋」が足りないか。
今日は雪だった、作業は休んだ・・急ぐこともない。
あすは雪も雨も降らないなら作業をしよう・・前向きである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 07:56薪ストーブ暮らし

2013年07月24日

国内最南端の「道の駅」






国内ではもっとも南に位置する「道の駅・豊崎」が昨年の12月20日にオープンした。
真新しい複合施設になっている。昨年にも訪れたのだがオープン間際だった。


再度訪れた日(2月24日)は真夏日であった。
外気温は28℃を超え、短パンにTシャツ一枚でも暑かった、ふぅ・・。


この日の温度と北海道の一番寒い所との温度差はなんと50℃近くである。ラジオからはそのことが話題として流れていた。
北海道との直行便は残念ながらなくなってしまったが、お互いの交流をダイレクトにすると、どのような感じになるのだろうか。







空の上では絶えず飛行機がとんでいく。
この「道の駅」は那覇空港から車で15分ほどの距離にある。国道331号線沿いの豊見城市に位置している。
県内の「道の駅」ではこれが6番目の施設になる。
沖縄でも「道の駅」めぐりは楽しいドライブコースにもなっている。







複合施設なので、隣は「JAとみしろ」の販売所になっている。
野菜類やお土産品なども豊富に取り揃えて観光客にも対応しているようだ。
「姫百合之塔」や「平和の礎(いしじ)」のある「南部戦跡めぐり」の寄り道場所でもある。







この店のユニークな商品として「サトウキビ」がある。
季節限定かもしれない。そしてこの「サトウキビ」は歯の丈夫な観光客向けになるかもしれない。
かじって食べるのである。







こちらは「島ラッキョウ」である。
洗うのは面倒だが、土つきのものは量も多くてかなり安い。250円ほどである。
これもサトウキビ同様、今が旬なのかもしれない。たくさんの数が並んでいた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 17:35まちかど散歩

2013年07月22日

北海道のキノコたち‐05






キノコが生えている。
雨降りが多いとキノコの活動も活発だ。
恐らく雑木林ではたくさんのキノコたちが顔をだしているに違いない。
毒もあれば食用もある、それを見分けることができるならどんなに楽しいことか。
しかし、今のところ無理難題である。







カッターナイフで縦にスパッと切ってみた。
すばやく紫色に変る・・なんとも毒々しいように見える。
そしてもう一方の大きなキノコ、その傘に小さなキノコが生えている、
なんとなく「東京電力」と「北海道電力」の両者が「キノコ雲」になって合体、くっつきあっているようにも見える。







傘の裏のひだは「網目」になっている。
「つば」はないような・・感じである。
「キノコ図鑑」を持ち出して調べてみると、まずこの程度まで。







イグチ科のキノコ、どうやらこの辺りである。
それらしきのは「ミヤマイロガワリ(食)」か・・な?
そのほか、それらしき候補のキノコが3~4種類見つけた。
「食」もあれば「毒」もある、なかなか難しい。
では、食べてみることにしよう・・というわけにもいかず。







不思議なことにこのキノコ、しばらくすると紫色が消えて、もとに戻ってしまった。
切ったときだけ「紫色」ということか。
命がいくつあっても足りない「キノコの世界」はやはり奥が深そうだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 17:28キノコたち

2013年07月21日

北海道のキノコたち‐06






かわいいキノコを見つけた。
なんとなく気品を漂わせている。







黄色のキノコである。
さっそく「キノコ図鑑」をとりだして調べてみた。
でもなかなかそれらしきキノコが見当たらない。







ツバがあるので「タマゴタケモドキ」に似ているような気もする。
しかしそれは毒キノコである。
「キタマゴタケ」なら「食用」らしいが、この種類はずいぶんと猛毒も多い。







結局またもや・・特定できずに終わる。
しかし、「キノコ図鑑」とにらめっこするのも楽しい。
今日は雨降りなので調べる時間はたくさんあった。







傘の裏のヒダも美しい。
雨が止んだらまた雑木林を散策してみよう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 21:13キノコたち

2013年07月20日

グローブを買う






軟式野球用の「グローブ」を買った。
週一回の「ソフトボール」の練習はそこはかとなく続いている。
やっぱり軟式野球のグローブのほうがしっくりとくる。







「軟式野球」にもポジションごとのグローブがあるようだ。
グローブではファースト用とキャッチャー用ぐらいしか分からなかった。
なんでも・・ウソかまことか補欠用のグローブもあるそうである。







軟式野球のグローブなのに、なぜかヤンキースのあの有名なデレク・ジーターのグローブ仕様ということになっている。
何がどう・・ジーターなのだろうか。







まあしかし、これからは「ソフトボール」の練習も気分良くできそうである。
捕ったり打ったり三振したり走ったりと楽しめそうだ。







思いあまって子供用のグローブもふたつ買ってしまった。
キャッチボールができそうだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 21:50あうとどあ

2013年07月17日

スズメバチがやってきた






スズメバチが活動するようになってきた。
今年は新品の「捕獲器」を作ることにした。
スズメバチの季節になると面白いほどよく捕れる。







大きなスズメバチだった。女王バチかな。
頭の上をブ~ン・・ブ~ンと飛び回っていた・・と思ったらいなくなった。
なんとなく巣になりそうなところを物色しているようだった。
頭の上に巣をつくられても困る。







チョウ、トンボ、ハチなどの飛んでいる昆虫を捕獲するのは結構得意である。
捕虫網を・・こうしてああしてこうすれば・・簡単に捕まえることができる。
少年時代がなつかしい。







思えば、スズメバチさんは「木のウロ」に巣を作っていた時もあった。
巣を調べるとかわいいハチノコ(幼虫)もたくさんいた。







薪を積んでいた棚にも・・。
急にブルーシートをはがしたので、スズメバチも目を丸くしていた。
不意打ちをくらって攻撃どころではなかったのだ。
お互い同士が「あとずさり」だった。







ベランダ踏み台の足元にも・・。
まったくあちこちに巣をつくるもんだ。
今年はどこにつくるのだろうか・・楽しみだ。
否、・・心配だ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 06:48どうぶつと昆虫

2013年07月15日

エゾミヤマクワガタを発見






倒木の整理をしていると、目の前でゆったりのったり歩いていた。
「オッ、びっくら、ぎょうてん!」。
かなり大きなクワガタを発見!







捕まえて虫かごに・・防災訓練とは違うが一時避難させた。
クワガタにとっては、いい迷惑かもしれない。
そこで迷惑がてらゆっくりと観察することにした。







すごい迫力。
手をだしてみたくなる・・でもしなかった・・他人にはさせよう。
女性なら「鼻リング」に良いかもしれない。
クワガタの「鼻ピアス」・・おもしろい。







失礼ながら、ひっくり返した。
やはりカメのように自力では立ち上がれない。
精神的に落ち込まなくても「自力」では立ち上がれないようだ。







一応ウェスト、体重、血圧・・じゃなくて「体長」を測ることにした。
7センチに近い。
「ウ~~ム」、この手のクワガタでは大型になる。
それも天然ものだ。







さて、どうしたものか・・。
エサは、きのうパイナップルをあげた。
今日はキュウリ?・・食べるだろうか。
そういえば冷蔵庫にはマンゴー、パッションフルーツもある。
パインもそうだが南国からやってきた果物だ。
ちょっとぜいたくをさせてあげようか・・クワガタくん。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 20:03どうぶつと昆虫

2013年07月11日

薪ストーブ暮らし(うちのお父さん)






♪ 汗をかいたので ひと休み 







♪ 薪割りは疲れますね おとうさん 







♪ もうすぐ日が暮れる カラスが飛んでゆく 
♪ 一番星光るまで もうひとガンバリ







♪ 汗をふいてお茶を飲んで 腰を伸ばせばおとうさん
♪ ニッコリ笑う ニッコリ笑う







♪ 明日天気になあれ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 17:56薪ストーブ暮らし

2013年07月10日

二地域居住者の衆議院議員選挙






「二地域居住」という言葉も最近では珍しくもなくなった。
国、各県、市町村などもずいぶんと奨励しているようだ。
北海道も補助金を出して「お試し移住」、「定住」などに力を入れている。


やはり都会は人が多すぎる。
人や物が集まり、まるで一年中「都会の盆踊り大会」をしているようにも見える。
しかし、「便利さ」や「文化的な活動」は捨てがたい。
犯罪者も都会が大好きである、隠れて暮らすには大都会が好都合らしい。







「投票所入場券」が日本縦断をして転送されてきた。
「衆議院議員選挙」と「最高裁判所裁判官の国民審査」の入場券である。
この「入場券」がなくても投票はできる。


選挙の「投票」はいつも真面目にやっている。
どういうわけか「これは・・」と思う候補者を選んでもなかなか当選しない。
ほとんど「落選者」に投票しているようなものだ。
それは「宝くじ」になぜか似ている。あらかじめ分かっていればそういうこともしないのだが、やはり人を選ぶことは難しい。
「右をみて左をみて、ついでに頭上の宗教もみて・・みんな危ない。
「横断歩道」をしっかりと渡れるのはどこの政党になるのだろうか・・難しい。







まあ・・今回もめげずに投票しようと思う。
この町の「選挙管理委員会」から「宣誓書」なるものを貰ってきた(ネットでダウンロードもできる)。
まずこれに必要事項を記入して、沖縄まで郵送することになる。


そうすると向こうから「投票用紙」が送られてくる。
ただ、喜んで開封すると無効になってしまう。
この送られてきた「開封厳禁」の信書(?)を、ここの「選挙管理委員会」に持って行く。
そして、そこで開封してもらい「小選挙区」、「比例区」、「国民審査」の投票をすることになる。
この投票用紙は再び沖縄に送られるそうだ。
「期日前投票」ではなくて「不在者投票」ということになる。
「監獄等に収容」でも「交通至難の島に滞在」していても投票はできる・・と「宣誓書」に記載されている。
で、結局、どちらかというと「北海道の候補者」に投票したいのだが・・あの、落ちてほしい有名な候補者が少なくても3人はいるのだ。

*注:2013年7月初旬現在、「参議院議員選挙」が始っている。  


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 08:33ぶろぐいろいろ

2013年07月09日

北の登山の準備






北国での登山を楽しみにしていた。
しかし、痛ましい遭難事故が大雪山連峰で起きてしまった。
未だに「どうして?なぜ・・?」という疑問ばかり沸いてくるのだが、お気の毒でもあり痛恨の極みでもある。


登山仲間たちは、今月下旬に3泊4日の「穂高連峰」の縦走を計画している。
9月になると「立山連峰」の縦走と「屋久島の宮之浦岳」登山がある。
どちらも今は参加できないが無理をしないこと、そして楽しい登山で終わってほしい。







雑木林にも「登山靴」を持ってきた。
近くの山・・といっても雑木林にそびえる(?)山は、海抜10メートルぐらいかもしれない。丘である。この靴で登るとエゾリスにきっと笑われる。
もう少し高い山に登りたいと思う。
10メートルの山ではやっぱり物足りないしエゾリスにも笑われたくない。







イタリアの靴として知られる「シリオ」の登山靴である。
製造は日本である。
どこもそうだがブランド名だけが外国製というのが多い。
このシリオはずいぶんと履き心地がいい。
サイズは「27.0」である。足の長さプラス1.5ほどのサイズがいい。







こちらは日本のメーカー「モンベル」の靴である。
旧型になるのかもしれない。
購入は相当古いが、まだまだしっかりと役目を果たしてくれている。
あの靴底の「加水分解」も無い。一応は女性用になる。
靴の中に「備長炭」を入れてる。湿気予防・・だが、ただの気休めでもある。







あとは女性用の「VASQUE」と「L.L.Bean」の靴である。
「バスク」はアウトドアショップ火災の後の投売りで購入したもの、「エルエルビーン」は靴底を補修した・・いわくつきのものである。
さて、天気とにらめっこしながら10メートル以上の山に登らなくては・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 18:16あうとどあ

2013年07月08日

薪ストーブ暮らし‐42(支離滅裂)






今は「支離滅裂」のちょうどよい季節になっている。
このところ暑くなったり、寒くなったり・・朝は寒い、夜はなぜか暖かい。
暑くも寒くもないが、とにかく「火炎」をみたい。
ビールを飲みながら「ストーブ」の暖かさがほしい







あれこれと結局、燃やしている。
もちろん「薪」を・・でもなんとなく薪が少なくなってきた。
薪割りもかなりしんどい、最近は運動のし過ぎなのだろう・・「筋肉痛」がひどい。
そこで「絆創膏」を買って、口以外のところに貼ることにした。
しかし、どうもかぶれてしまう。
お肌に合わない。







早いとこ「薪づくり」をしなくては・・。
でも、大きなスズメバチが巣作りのためにブ~ンブ~ンと飛んできては丸太を物色している。
たぶん「女王蜂」だろう、本当に大きい図体だ。
さっそく捕獲して、寸法を測ってみた・・その結果、メタポなハチではなかった。
薪積みの棚には巣をつくらないでほしいものである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 09:40薪ストーブ暮らし

2013年07月01日

日本縦断・山形蔵王






「磐越自動車道」磐梯山SAでの休憩後、郡山JCTを抜けて「東北自動車道」に入る。
安達太良(あだたら)SA、国見SAを経て、村田JCTから「山形自動車道」に向かう。
「東北自動車道」とはいったんお別れである。


その後、「山形自動車道」山形蔵王インターで下車する。
時計はちょうど午後4時、そこからさらに一般道を通り「西蔵王高原ライン」という有料道路に入った。


今夜の宿泊地である「山形蔵王温泉」に到着。
時計を見ると5時少し前だった。赤倉温泉を出発したのは午前9時である。
妙高高原から、かなりの距離を走ったことになる。450キロほどだろうか。







ここの旅館では竹久夢二の絵がたくさん飾られていた。
夢二は山形などにも旅行をしているそうだが、風景画は描いていないのだろうか。
女性のナヨナヨっとした(変な表現?)絵が得意だったようだ。
調べると、50歳直前に亡くなってはいるが、一応は明治、大正、昭和にわたって生きている。
全国には夢二ファンも多い。


    







旅館の中ではいたるところ、大正ロマンの「竹久夢二」がいて、レトロっぽい雰囲気をかもしだしていた。
骨董品も飾られている。
少し遠くに露天風呂もあった。ここはとっても有名なところらしい。


           


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 06:18縦断にほん