さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2013年09月30日

薪ストーブ・「北の国から」






昨年、富良野・美瑛を旅した。
あの「北の国から」のロケ地をいくつか見学することができた。
その様子、特に「薪ストーブ」についてはこのブログで2~3とりあげて載せたこともある。
そこで今回は少し多めに・・てんこもりではないが、もう一つの『雑木林に暮らす』のHP(ホームページ)に載せることにした。
でもなんせ枚数が多い、まだHPの作業中でもある。
もう少し時間がかかりそうだ。







全部が全部「薪ストーブ」というわけでもないが、やはりいくつかのレトロっぽいストーブが「北の国から」では登場している。
このストーブは多分「石炭ストーブ」だろう。
こういうストーブをはじめ、スナップ写真とともに紹介していきたい。
今週中にはいくつをこの「ブログ」と重複するかもしれないがアップすることができるだろう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 09:50きたの国から

2013年09月29日

「北の国から」の薪ストーブ・その2






「‘92巣立ち」で計画された黒板五郎(田中邦衛)の「石の家」。
「`95秘密」の中で建てられたと言う。
構想?年の「石の家」はロケーション用ながら美しいたたずまいである。背景によく生えている。
使った石はこのあたり一帯の畑からからでてくるそうだ。
コツコツと積み上げたことになっているが、どうしてどうしてホントにりっぱに積み上げられている。





黒板五郎の「最初の家」もここに復元されている。
水を引いて「風力発電」をした。
この風力発電で電燈の明かりが点いた・・というシーンが「`81年」の連続ドラマの中であったような気がする。





石の煙突だ。
家の中ではちょうど下が石づくりの暖炉になっている。
薪ストーブは「石の暖炉」ということだがもう一つ普通の薪ストーブもつけられている。





さすがに見ただけでもけむたそうだ。
あまり実用的ではなかったのかもしれない。映画の中ではどうなっていたのだろうか。
冬は寒く夏の暑い「富良野」では、暖炉は不向きと云えるかもしれない。
「囲炉裏」に近い使い方なのだろう。





しかし、石造りはいい。
頑丈にして気高い(?)。
アウトドアの雰囲気も最高だろう。
「石焼き芋」や「ピザ」も簡単につくれそうだ。熱くなった石に串焼きも面白い。





この「石の家」の別の薪ストーブと詳しい内部は次回にでも・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 21:14きたの国から

2013年09月27日

「北の国から」の薪ストーブ






今も根強い人気のロケ地、「麓郷の森」。
「北の国から」のドラマはいったいいくつ制作されたのだろうか。
最初から見るとなると大変だろう。いつだったか・・年末に放映されていたことがあった。見ていて疲れた。
あ~~あ~~う~~う・・の、さだまさしも初回から最終回まで、ハミングの繰り返しなのでかなり疲れたことだろう。







黒板五郎(田中邦衛)や純(吉岡秀隆)たちの住んでいた丸太小屋だ。
ドラマ「‘84夏」で火災を起してしまった丸太小屋だ。
確か薪ストーブから洗濯物に引火したことになっている。


ドラマでは丸太小屋が全焼したことになっているが、実際上はこの丸太小屋を燃やしてしまったわけではなかったようだ。
この丸太小屋、ログハウスは時の経過とともにかなり古びていた。
造ったのが‘81年というから、30年を経過して味わい深いログハウスになっている。







黒板五郎の衣装?だろう。帽子に見覚えがある。
いくつも同じものが別のロケ地にもあった。
予備に同じものをいくつも準備していたのだろう。
それにしても「馬子にも衣装」のごとく、「田中邦衛」さんにはよく似合う。







ドラム缶製の薪ストーブかもしれない。
器用な人ならドラム缶で薪ストーブを簡単につくることができるだろう。
しかし、溶接の技術も必要なので簡単?というわけにもいかないか。







丸太小屋の内部、煙突が立ち上がっている。
純と蛍の小さいころはやはりかわいい。







薪や玉切りの丸太が軒下に無造作に転がっていた。
屋根も古くなっている。雨漏れはしていないのだろうか。
訪れたこの日は観光客もほとんどいなかった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 21:25きたの国から

2013年09月25日

北の国から・その3






畑から集めた石を積み重ねて造った「石の家」。
「北の国から」に登場する家は多い。そしてかなりユニークでもある。







石でつくった風呂が家の中にある。
「石風呂」のぬくもりとはどういうものなのだろうか。
岩風呂や岩盤浴とはひとあじもふたあじも違うのかもしれない。







ちゃぶ台に「男山」の日本酒が置かれていた。
北海道旭川の清酒だったと思う。
ドラマの中で五郎(田中邦衛)と飲んでいたのは誰だろうか・・。







写真が飾られていた。
別れた奥さんはブルーライトよこはば?の「いしだあゆみ」が演じていた。
見たわけではないが、いしだあゆみの横幅は細い、狭い。







石の家のストーブはごく普通の薪ストーブだった。
石づくりの暖炉と薪ストーブがここの暖房器具ということか。







生活臭をただよわせる煙突がのびていた。
メガネ石のところで煙突が外されている。







風力発電をする前までは「ランプ」の生活という設定だったのだろうか。
とにかくいわゆる「我楽多(がらくた)道具」が多かった。
一つ一つにそれなりの意味があったのだろう。







ここでの「ロケ」はどのぐらいの期間だったのだろうか。
あれこれと思いをはせながら、また「北の国から」の別の家に向かった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 15:13きたの国から

2013年09月24日

めざせ、北のダイコンづくり






このようなダイコンにあこがれる。
つくってみたい、たべてみたい。







昨年は失敗した。
葉ばかり茂っていた・・。







でもその後、なんとか太ってくれた。







でも・・この程度だった。







今年も挑戦している。
根に回る肥料が少ないのかもしれない。







「カリ」肥料を追肥してみようか・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 16:33きたの野菜畑

2013年09月22日

エゾリスは子ども






昨年のエゾリスである。
おそらくまだ子どものリスだろう。耳の毛が長い。
でも冬に備えて毛深くもなるのでそちらのほうかもしれない。
写したのは10月、どちらにしろ顔つきは子どもだ。







小鳥たちをおしのけて給餌場を独占する。
でも小鳥たちもそれほどエゾリスを恐がらない。
隙(すき)をついてはヒマワリの種子や落花生をとっていく。
ときどきヤマバトが鎮座(ちんざ)する。なぜか・・ハトはかわいくない。
ハトは「平和の使者」というが図体も大きくて態度もでかい。どこかの戦争大好きの国と似ている。







昨年はまたこの雑木林で会えることだろう・・と思っていた。
今年も全部で3,4匹のエゾリスが確認できた。
白っぽい尻尾のエゾリスくんも現れるようになった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 19:34えぞりす

2013年09月19日

エゾリス絵本・番外編






むかしむかし・・のことでした
ちいさい雑木林がありました







そこはエゾリスの暮らす雑木林でした
エゾリスは毎日まいにちたいくつでした







ふと空に目をやると・・







「ウオ~ォ~ン」とほえて・・







雑木林の中に消えていきました


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 17:53えぞりす

2013年09月16日

薪ストーブ暮らし‐22(温暖化)






「正月」をたくさんの雪で大歓迎(?)された地方もあったようだ。
大雪の生活も、そこで暮らす人たちにとっては大変なことに違いない。


しかし、飛躍はするが・・地球の「温暖化」が進むと雪も降らなくなり「除雪費」も必要なくなるだろう。
そして北海道では一年中農業ができることになる。
温暖化は「温暖な生活」を満喫させてくれる。
でも「温暖化」はそんな単純な話でもない。
ただ、薪ストーバーにとっては悲しいことになる。
大好きな「薪ストーブ」が必要なくなってしまうからだ。







話は変わって、
レストランに入ると自分の注文したメニューよりも、隣で食べている人のメニューが美味しく見える。
薪ストーブの世界でも「隣で焚いているストーブ」のほうが数段上に見えてしまい、うらやましくなる。
薪ストーブの美しい炎を見せつけられるとなおさらだ。
四六時中きれいに焚ける人というのはあまりいない・・と思うのだが、羨望のまなざしは強くなる。







そうこうしながら「羨望の炎」をメラメラと燃やしたところで家の中は暖かくはならない。
そういう時は「薪ストーブ」の本でも読みながら心を静めるのがいい。
しかし、かえって火に油を注ぐ結果になるかもしれない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 21:22薪ストーブ暮らし

2013年09月14日

モヒカン刈りのエゾリスくん






やはり「アオダイショウ」よりも「エゾリス」のほうがいい。
ヘビは昔から苦手だ。
このエゾリスくん、バッチリと髪型が決まっている。
・・「モヒカン刈り」である。







いつもは毛の少ない夏専用のエゾリスばかりを見ていた。
それで、これを見ると、とても異様な感じがしないでもない。
今月末には雑木林の床屋さんに行って、普通の髪型になってくることだろう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 18:35えぞりす

2013年09月09日

薪ストーブとエゾリス






「薪ストーブ」を楽しんでいるとベランダの「給餌場」にエゾリスたちがやってくる。
でも入れ替わり立ち代りというわけでもない。
もちろん、長いことやってこない日もある。







意外と雨の日はなぜかよく訪問してくれる。
雨降りは苦手でもないようだ。







少しの物音や気配で逃げてしまうエゾリスもいる。
そうかと思えば、ず~とつきまとう「なつこちゃん」もいる。
真剣なまなざしで薪割りの手伝いだってしてくれる。







なつこちゃんが動物園などで愛嬌をふりまけば、たちまち人気者になるに違いない。
しかし、「芸は身を滅ぼす」ということわざ(?)もある。
世間の気まぐれな「冷たい目」には注意しよう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 12:08薪とエゾリス

2013年09月04日

薪ストーブ暮らし(焚きつけ‐02)






毎日朝と晩には燃えている。
焚き付けづくりにも燃えている。
「燃える男」といっても過言ではない。
でも、筋力が乏しいせいか「薪割り」をすると背筋が痛みだす。
昔から背筋だけは軟弱だった・・背筋も・・のほうが正確か。







ノコで木の枝を剪定すると肩の周辺が傷んで手が上がらない。
首のスジもおかしくなる。
心の痛みも大変だが体の痛みも無視できない。
こうなるとやはり「万能細胞」がほしくなってくる。
スポーツ選手なら「筋力増強剤」か。







焚きつけ用の細い薪、小割り、中割わりの薪をまたせっせとつくった。
割っているうちに思考は停止、身体は継続、薪の区別も全然できなくなった。
薪材は小枝がたくさんあるのであまり小さく割る必要もない。
それでも今回は、伐採用の小型の斧を使ってみることにした。
薪に節などがあると難しいが、そうでなければかなり簡単に割ることができた。







四股(しこ)を踏むようにしてしゃがんで作業ができる。
でも小さな「まさかり(鉞・斧)」があれば、そちらのほうが多分、便利かもしれない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 07:52薪ストーブ暮らし

2013年09月03日

エゾリスの貯金箱07‐3






07-07
ミズナラの切り株である。
確か2006年に伐採したもの。心材は黒々としているが割ると実際は茶色っぽい。
この切り株の上にクルミを2,3個置いておくと、必ずエゾリスがやってくる。







07-08
エゾリスはなんどとなく雑木林を往復する。
「貯食」はいたるところにするので、東西南北どこにでも走っていく。
すぐ近くの家の前にも埋めたりもする。







07-09
一個は口にくわえ、あと一個は手に持って・・走ろうとするが走れない。
立ち上がることはできるが二本足では歩けない。
どんなに大きなクルミでもきちんと口に咥(くわ)えるから感心する。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 07:45えぞりす

2013年09月02日

エゾリスの貯金箱・07‐2



エゾリスの貯金箱「07‐1」のつづきです。
2005年からエゾリスを撮っているので「05‐1」、「06‐1」、「07‐1」そして「08‐1」の予定カテゴリーがあります。
カメラはリコーの「カプリオGX」です。





07-04





07-05





07-06


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 08:01えぞりす

2013年09月01日

エゾリスの貯金箱・07‐1



コンパクトデジカメ(リコーカプリオGX)でうつしたエゾリスたちの「スナップ写真」をまとめてみました。
・・というよりも単なる羅列にすぎないかも。
2005年から2008年までのものを少しづつ、いわばエゾリス画像の「貯金箱」。
ただしほとんどはこのブログに使用されています。





07-01





07-02





07-03


この写真が切れているような細い白い線はカエデの木からベランダまでをつないだ紐(ひも)です。
器用にもこの「つなわたり」ならぬ「ひも渡り」をするエゾリスもいました。
なかなかエゾリスは器用です。
・・つづく


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 17:07えぞりす