さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2013年12月31日

薪ストーブ暮らし‐47(薪小屋づくり)






伐採木は増えるばかりで片付けるのも容易ではない。
腐らせて「キノコ畑」にするというわけにもいかない。
今までの朽ち木で充分間に合っているし・・。
そこで重い腰をあげた。
なんたってその重い腰は「ぎっくり腰」に「腰痛持ち」、自慢じゃないが「頚椎」の潤滑油も足りない。
その潤滑油は「ビール」では代用できないそうだから悲しい。







今年は「風除室」の計画もあって、そのついでに「薪小屋」といおうか「薪棚づくり」をもお願いした。
奥行きの幅は120cmとれた。小屋の横長は5~6mほどになった。
高さはそれなりに高い・・どうしよう。







この薪小屋が完成すると今までログ壁につけていた「玉切り」や「薪」なども整理して撤去することができる。
やはり薪は壁につけたくない。







あれよあれよというまに組み立てられていく。
「塗装」のほうは、ログ壁に使っている塗料があるので、後ほど完成してから自分でやることにした。







屋根の勾配も雪国らしいか。
「薪小屋」の雪降ろしって必要なのだろうか。
それはともかくとして、屋根のトタンと後ろ壁などの作業は明日になる。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 11:20薪ストーブ暮らし

2013年12月30日

薪ストーブ暮らし‐45(8,000円の丸太)






ログを建てた頃の薪たち、もう5年以上は経っている。
思えばここにスズメバチが巣を作っていた。
そして、アオダイショウの脱皮した抜け殻もあったし・・ご本人もおいであそばした。







秋晴れも続いているのでブルーシートをとり、白日の下にさらすことにした。
さらに別な場所にも積んでいた玉ちゃん。
トラック1台分で8,000円分の丸太を玉切りにしたものだ。
適当に切ってしまった。
最初の年は自己調達するのは無理だった。
7年物の玉切りはもう残り少ない。
そういえばこの場所ではネコが子どもを産んでいた。
それも沖縄に戻る前日だったなあ・・どうなったことか。







ブルーシートもところどころ穴があいていた。
そのせいで雨水の垂れた周辺は腐っていた。
玉切りの状態のよいものを選り分けて割ることにした。







キクイムシも多かったがこれは小鳥たちのごちそうになる。
腐ってスカスカの薪はキノコの発生する場所にホイホイ・・と捨てた。
ゆっくりとキノコが生えて、そのうち土に還ることだろう。







薪割りは楽しいといえば楽しい・・苦痛といえば苦痛。
なにも考えないで「エイッ!やぁっ!」と、かけ声をあげながら割る。
で、なかなか割れないものもある。
力を抜いて円月殺法、ツバメ返し・・空手・・割れない。







ひと冬越すにはまだまだ足りない。
やはり敗者はしばらく「南の島」に逃げたほうがよさそうだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 18:39薪ストーブ暮らし

2013年12月29日

キタキツネ




↑ キタキツネをうつすことが できた
デジカメですばやく接近し パチリ





↑ 警戒心もあったが キツネになって・・・近づいた
一匹は逃げてしまった





↑ なんとなくのんびりしている
が そのあと  すぐにおきあがり別な場所に移動した   
太いシッポである


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 20:54どうぶつと昆虫

2013年12月28日

楽な登山






高千穂峰とは違って、こちらは「らくらく登山」である。
山の名前は「楽々山」というそうだ(ウソ)。
それでも1,000m近くある山だ。緯度が高いぶん、実質1,500ぐらいはあるだろう。もっとかな・・。
駒ヶ岳がきれいに見えている。もちろん北海道の山だ。







ゴンドラに乗っていると山頂まで運んでくれる。
観光地の山などはリフトやらロープウェイがあるので、口先だけ鍛えた人間にとっては至福の乗り物になる。







その山は、函館市のとなり町、七飯町(ななえちょう)というところにある。
冬場はスキー場になっている。







パノラマを眼下に見ながらゴンドラを降りると、「クマ除け」のお守りが待っている。
それを携えなければならない。この近辺にはクマがいるそうだ。
冬は親子でスキーをしている。
・・というウワサが絶えない。







秀峰「駒ヶ岳」はもちろん、はるか遠くには「羊蹄山」や「昭和新山」なども見られる。
函館近くの大沼もあざやかにみえる。
天気の良い日の楽々登山がおすすめである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 09:51あうとどあ

2013年12月27日

薪小屋にスダレ






「薪小屋」は開放的といえば開放的。
物置のように塞いでしまうわけにもいかない。
そこでとりあえず「スダレ」を掛けることにした。







「雪の舞」を少しはふせげるだろう。
雨もチョッとは避けてくれそうだ。







1枚180円のスダレ・・役立つだろうか。
あとは来年まで様子見である。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 10:27薪ストーブ暮らし

2013年12月25日

「風のガーデン」の薪ストーブ






放映されていた「風のガーデン」のロケ地は富良野にある。
「緒方拳」の遺作となった舞台でもある。
約2,000㎡(600坪あまり)の庭に365品種の花々が咲き乱れていた。
数えてはいないがそれ以上ありそうだった。
聞いたわけではないが昆虫たちもウキウキワクワクと楽しんでいた。







カンパニュラ、モナルダ、ユーフォルビア・・覚えきれないほどの花の名前だ。
これらの花の名前はチンプンカンプン。
チンプンカンプン・・という花もあった。
しかしながらチンプンカンプンの花々は美しく心が和んだ。
個人旅行なので時間をかけてゆっくり楽しむことができた。
やはり「個人旅行」はいい、富良野では思わず2泊もしてしまった。







舞台となった建物は静かに佇む・・という表現にピッタシカンカン。
・・なにかと今日は擬音が多い。
風の音が静かに聞こえる「風のガーデン」・・よく似合っていた。
「風のガーデン」の灯台か教会のようでもある。







中に入って見学をすることができる。
すぐに薪ストーブが目につく。
あのドラマの「ピアノ」もある。
何という薪ストーブだろうか・・調べてみた。







アメリカの「Quadrafire」のストーブのようだ。
カタカナで書くと「クアドラファイア」になる。
「触媒」はついていない、4次燃焼のストーブとのこと。
クアドラファイヤの「ヨセミテ」という名前がついている。
前扉の装飾に特徴がある。天板からも薪を投入することができる。







でもこの「ヨセミテ」ストーブの販売は終了した・・らしい。
結構大きなストーブだ。横幅でも70センチはある。
でもこのクアドラファイア社での薪ストーブの中では最小の機種というから驚く。
横幅が70cmもあるのでダッチウェスト社ならば最大の薪ストーブになってしまう。
それ以上だと各メーカーでは「メタポストーブ」と呼ぶそうだ。







風格のある「ヨセミテ」の薪ストーブ。
「クアドラバーニング」という燃焼をするそうだ。「オーロラの炎」が見れる。
燃え方のバーニングはダッチの「エンライト・ラージ」とよく似ているかもしれない。







煙突はまっすぐ素直に伸びていた。
ドラマの中では薪ストーブが燃えているシーンはあったのだろうか。
実はこのドラマ、一度もみたことがないのである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 10:58きたの国から

2013年12月24日

薪ストーブ暮らし(ベートーヴェン)



薪ストーブと友だちの本革のてぶくろさんである
  もうかなり年季(ねんき)がはいっている かれこれ20年はゆうに越えているだろう
  札幌で買ったように覚えている それもなぜか刃物屋さんだった

  安くはなかったが べらぼうに高くもなかった  確か2,500円ぐらい・・だったの
  では ないかと思う
  在庫処分のような感じで 刃物たちとは違う場所 すみっこのほうに さびしくおか
  れていた


  
  今では このてぶくろ 雑木林での作業やら薪を運ぶ時に活躍している  
  酷使(こくし)したせいか いたるところにたくさんの穴があいてしまった
  擦り切れ ほころびも多い

  そのつど補修をしては また使っていた  手によくなじんでいたので捨てるには惜
  しかった  それでたくさんの歳月もながれてしまったのである  
  ホント 歳月は容赦(ようしゃ)ない 
 
  「時のながれは 最大の殺し屋である・・」と云った人がいたが・・・ああ・・ また話が
  それる

  そろそろこの手袋 ろくぶてさんも引退かな・・と思っている
  使い捨ての時代なのか 物を大切にする時代なのか よく分からないが なかなか愛
  着のあるものは 捨てられない

  

  靴下の 片方の穴があいても
  もう片方はすてられない
  だから同じ靴下を 2足買うが
  やっぱり片方あまる

  スーパーのビニールのレジ袋
  に穴があいてもガムテープで
  ふさいで つかう

  そんなことをしなくても・・・と 
  みかねた人が新品のレジ袋
  をプレゼントしてくれる

  
 ひと昔前 ベトナム戦争の頃は 沖縄で走っている車 とくにアメリカさんたちが乗る車は
 やたらとガムテープが目立っていた  穴ぼこだらけのボンコツ車が多かった
 よくもまあ・・ 車検がとおるものだと その芸術作品(?)に 感心したものである  
 車は動きさえすればいい・・という時代でもあった



 上の写真は ドイツのベートー
 ヴェンという薪ストーブである  
 スタイルもいい ズシッとしたド
 イツの重厚さがうかがえる 

 岩手の知人が この薪ストーブ
 を焚いている 家はログハウス
 であり 広大な雑木林の中での
 生活をしている 

 右の写真は アメリカのダッチ
 ウェストのコンベクションストー
 ブである

 触媒(しょくばい)を使っている  この「触媒」は ハチの巣のような形をしている 簡単に云
 うと自動車の排ガス装置のようなものだ  
 そこでは高価なプラチナ パラジュウムなどが使わている  見た目とは裏腹に意外と繊細
 (せんさい)の感がする



 べートーヴェンが燃える  
 雪国の家の中は暖かい  かえって 煙突のない南国の家のほうが寒いのである
 とはいっても
 
 温度計は (11月21日16時30分) 室温23℃をつけている 北国のみなさんか
 らは 石を投げつけられるかもしれない・・・  いや 石ではなく 雪のかたまりだ


       
                     (ベートーヴェン提供)


                                     つづく






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 15:04薪ストーブ暮らし

2013年12月20日

シマリスのテレフォンカード






なつかしの「テレフォンカード」である。
そしてなんと!「おたふく風邪」にかかったシマリスである・・ウソ。
今でもこのテレフォンカードは使えると思うが(パンチがはいっているけれど全部は使っていない)それにしても「公衆電話ボックス」の少なくなったこと・・寂しいといえば寂しい。
「赤電話」も「ピンク電話」も死語になりそうだ。
ついでに「自動販売機」もなくしてほしいが・・
なんと言おうか・・「便利さ」の押し売りが世間様では多すぎる。
自動販売機の好きな人は背中に「しょって」歩いたらどうだろう?
野球の「ドーム」などではビールのタンクを背中にかついで、叫んで歩いている若い子達もいるのだから。







シマリスは冬眠するという。
一方のエゾリスはしないのだが、その要因は体のつくりそのものが違うそうだ。
冬眠のメカニズムもまだわかっていないらしい。
で、シマリスはこの雑木林に棲息(せいそく)しているかというとまったく見かけたこともない。
いないのなら・・なぜいないのだろうか?
北海道ではそれほど珍しい動物でもないと思うのだが・・。
ならばヒグマは・・?いてほしくないですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 21:12えぞりす

2013年12月18日

エゾリスのカレンダーづくり






来年用の「エゾリスカレンダー」は、「春・夏・秋・冬」用として各季節3枚づつ・・これがなかなか決まらない。







まずは自画自賛の冬(11-12月)(1-2月)(3-4月)の候補作をあげてみた。







しかし考えるに・・(11月‐12月)用の1枚は来年なので、年が明けてからでも充分に間に合う。







そうするととりあえず、冬の「1-2月」用の1枚になる。
その1枚となると・・ますます決めきれない。
期限は明日の大晦日までだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 14:48えぞりす

2013年12月17日

薪ストーブとエゾリスの関係






一般的に「関係」・・とは微妙にして複雑なる意味を持っていることが多い。
その最たるものが「人間関係」ということになるらしい。
人間以外の生物にとっては「共生」とか「寄生」とかで表現するそうだ。







無理やり「エゾリス」と「薪」の関係をこじつけている。
この「関係」をなんとかまとめあげようと知恵を絞っている。
しかし、なんせ、誰からも強制されるわけでもない。
・・ので、いっこうに前へと進まない。







画像のようなテーマを考えてエゾリスのスナップを整理している。
整理をして「ホームページHP」に載せようとしているがまだまだダメだ。







今年の薪割りはまだ始めたばかり・・。
また多分、様子をうかがいにエゾリスはやってくるだろう。
怖い手斧とカメラを持ってエゾリスくんを待つことにしよう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 20:44薪とエゾリス