さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2014年07月31日

薪ストーブ暮らし(シラカバ)




ここでは木肌の白い木を総称して「シラカバ」と云ってるようだ。
調べてみるとダケカンバ、ウダイカンバなどとそっくりで、見間違うことも確かにある。
いずれにしてもシラカバは「薪」としての評判はすこぶる悪い。
しかし・・しかし・・である。


シラカバの樹皮は「ガンピ」ともいわれ、ずいぶんとよく燃える。
このガンピの皮と一緒に燃やすものだから燃えつきるのも早い。
でも、いわゆる「気乾比重」ではミズナラ、クリ、ブナ、クワ、ケヤキなどとそう変わらないのだ。
45センチのシラカバの太い薪はズッシリと重い。


シラカバは有用だ。
手頃な大きさのガンピがとれる。
ガンピは着火材として最高の自然素材・・と思う。
左にでるものがあっても右にでるものはいない。
雑木林などでは豊富にあって、生長も早く、関係ないがシラカバの水も採取できる。
最初の数年は木肌が黒い、そして次第に一皮、二皮とむけて限りなく白い色に近づいていく。
この様変わりも面白い。


大きく生長したガンピの皮に火をつけると、ちょうどあの・・イカの「スルメ」に似るから笑える。
ガンピをスルメ模様に型どって、北海道限定の「着火材」として売り出したらどうかと思う。
函館名物イカ踊り・・の枕詞(まくらことば)をつけると面白い。
薪ストーブの中での「イカ踊り」はYOSAKOIソーランよりユニークかもしれない。


身ぐるみはがされたシラカバ薪になった。
晩秋には地位向上のためにぜひ焚いてみよう。
すぐに燃えつきることもないのである。
なんたってシラカバはあなどれない「薪材」なのである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 08:44薪ストーブ暮らし

2014年07月25日

渓流釣り紀行・その3




釣った魚をアライグマのごとく、洗いながらさばくことにした。
なぜかイワナが多い。


今回の最高は33センチのニジマスである。
いつも大物狙い一本に絞っているAさんの釣果。
さすがである。


清流をあとにして、ホテル前のキャンプ場広場に移動する。
充分すぎるほどの釣果である。
サンマも食べたいところだがサンマは釣れないか。


あらかじめ持参した「昼食」と川魚のバーベキュータイムとあいなった。
今年のアイデアは遊び人会長のBさんの発案だった。
来年は「ソーメン」と「天ぷら」を準備するそうだ、期待、期待。


ということで、Cさんがアウトドア用のコンロを準備していた。
「塩焼き」の始まりである。
味噌もあったら「チャンチャン焼き」も楽しめたかもしれない。


こちらは炭焼きコンロ。
香ばしい匂いがただよってくる。
なんたって新鮮だから美味しいに決まっている。
でも、やっぱりサンマが食べたかった。
無理難題。


広い芝生は我々だけだった。
飲む人は少々飲んで、飲まない人は・・午後からも釣りに出かけて行った。
そして翌日もまた釣り三昧となった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 17:39釣りを楽しむ

2014年07月24日

薪ストーブの煙突掃除・その3




「煙突掃除人」という言葉を[検索]すると面白い。
イギリス、ドイツ・・北欧の国々の煙突掃除人のことがよく分かる。
煙突掃除の条例まであったそうだ。
掃除人の切手も楽しく、いろいろと発行されている。


ここでの煙突掃除人、いわゆる「幸せを呼ぶ(運ぶ)掃除人」はファイターズピットさん??
・・否、「ファイヤーピット」さんだ。
それにしてもファイターズ、どうも調子が上がらない。
自力優勝はなくなったそうだ、あとはクライマックスシリーズしかないか。


かっこいいので、その雄姿を撮ってみた。
ヘルメットも命綱もきちんとつけている。


屋根の色は「濃紺」から「フォレストグリーン」に替えた。
この煙突掃除の10日ほど前だった。
そろそろ屋根の塗装もしなければ・・と思っていた時だった。
そろそろ煙突掃除もしなければ・・ということになった。


一冬(ひとふゆ)越すならやはり煙突掃除は欠かせない。
そうすることによって、あれこれとアドバイスももらえることだろう。
ファイターズピットさん、煙突掃除ごくろうさまでした。
あ、また間違えた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 17:28薪ストーブ暮らし

2014年07月23日

渓流釣り紀行・その2




夏の涼しさを・・。


今年の「釣り紀行」は延期したおかげで天気に恵まれた。
当初予定日(1泊)は台風の影響を受けていた。
延期の決断が幸いしたということか。


仲間のみなさんがお気に入りのポイントを見つけては移動、徘徊する。
徘徊は、みなさん、歳が歳だけに得意中の得意である。


総勢14人の大世帯だった。
帰りは10 名ほどだったかな?・・記憶も定かではない。
釣果については次回の「その3」で、お楽しみを。


その釣果は別として、上から下までのスタイル(服装、装備品)はバッチリと決まっていた。
ホント、久しぶりに嫌いな胴長靴をはいて回った。
深みはやはり恐い。


ウグイの引きはとても強い。
素人にとってはこれが面白い。
小さなウキをつけていたので、その引き込まれる感触が手のみならず目でもよく分かる。


ワタシ以外のみなさんの釣果は抜群でした。
穴釣り用の仕掛けをつけた仲間の一人が、33センチのニジマスを釣りあげたのにはビックリ。
ウナギを釣りたい・・という人もいた、人それぞれ自己流の楽しみは尽きない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 06:30釣りを楽しむ

2014年07月22日

渓流釣り紀行・その1




清流日本一に何度も輝いている「後志利別川」とかいて「シリベシトシベツ川」と云う。
ようやくすらすらと・・つっかかりながら覚えた川の名前。
昨年、一昨年はまったく覚えきれなかった。
今年はなぜか頭が良くなっている。


見るからに魚影は濃い。
こういう川でのんびりと釣りができることは幸せそのもの、初心者にとっては贅沢な川遊びでもある。


雑木林の「ミミズ」とスズメバチの幼虫、サナギを持参した。
市販の「ぶどう虫」はまったく使わなくなっている。
エサは雑木林で調達できる。
でも、二箱買った「ブドウ虫」があるのだ、どうしよう。


ミミズによく喰いつく。
しかし、ほとんどがウグイばかりだった。
なんとしても「イワナ」かヤマベを・・。
「スズメバチの幼虫」を使ってみる。
イワナがすぐに喰いついた。
つかんだとたんにスルリ〜と何度も逃げられたので頑丈にしっかりと撮影のために、はがいじめ?
ゴメンね。


ところがハチの幼虫でのイワナはこれ1匹のみ。
幼虫が少ないこともあって、あとはミミズでのオンパレード。
ウグイばかりが釣れ上がる。
あのヤマベとニジマスとの出会いはまったくなかったのである。
あぁ・・悲しや釣り紀行。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 17:06釣りを楽しむ

2014年07月19日

スズメバチの駆除と釣り




スズメバチの巣を見つけた。
「コクワの森」ゾーンを剪定している時のことである。
・・危ないとこだった。


まだまだ小さな巣。
普通の巣とは少し違う。
逆さトックリになる巣のようだった。
あとで知ったので・・そういうことだったら「トックリ」になるまで待てばよかった、残念。


スズメバチの種類を調べてみると、どうやら「コガタスズメバチ」のように見える。
日本には16種類のスズメバチがいるそうだ。
北海道ではそのうちの14種類がいる、まぁ、ほとんど全部が北海道にいるようなものだ。


手前が女王バチである。
そこで・・あることがひらめいた。
そのひらめきを感じながら中を覗くことにした。
しかし、まだ生きているハチがいたら大変である。


案の定、ハチの子やサナギが・いた、まだ生きている。
でもたくさん・・というわけでもなかった。


さて・・・「渓流釣り」が間近にせまっている。
日本一の清流に何度も輝いている川の支流沿いに出かける。
渓流釣りの「エサ」として持って行くことに決めた。
ぜひ大きなイワナ、ヤマベ・・なんならクジラも釣りたい。
ハチの子は「エサ」としては超一級品のグルメである。
例えて云うなら「夕張メロン」のようだ。
あぁ、スズメバチや渓流釣りに関係なく・・メロンが食べたい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 20:57夏の雑木林

2014年07月18日

巨大なトマトに驚く




「とまとの森」に行ってきた。
おどろきもものきさんしょうのき・・ビックリ。
トマトの妖怪か・・。


一本のトマトが枝分かれをしながら、数えきれないほどの実をつけている。
ウ〜ム、負けた。
雑木林の「菜園」のトマトとは比較にならない。


トマトの種類は「大玉」という。
果実の大きさはどちらかというと「中玉」、でも・・すごい!
その数と美しさに圧倒されてしまった。


上から見るとこれまたすごい。
このトマトの木は7ヶ月目とか、10,000〜20,000個ほどなるそうだ。
この木があると日々、トマトの生活ができる。
トマト好きな人はきっとケチャップ顔になることだろう。


毎年、トマトの木を更新しているそうだ。
これは以前のトマトの木で、正確には「茎」ということか。
どこかの「巨木」みたいである。
今日からはトマトを尊敬することにしよう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 06:50夏の雑木林

2014年07月17日

スモモの袋がけをする




スモモが大きくなってきた。
昨年は3~4個収穫するのがやっとだった。
やはり何事も「放任栽培」というのは難しい。
「政治の世界」も放任していると何をしでかすか分からない。
気をつけよう、果樹栽培と政治の世界←意味やや不明。


果実も皆既日食みたいである。
スモモの袋がけの市販品を買いはしたがどうも使いづらかった。
リンゴ、桃、ナシの袋も買ってみた、しかし、すべてが使いづらい代物だった。
栽培農家向けかもしれない。
あるいはスタップ晴子さんが云うように「・・コツがあります」かもしれない。


そこでいろいろ・・。
結局のところ、ごく普通の傘の雨仕舞いの薄いビニール袋が最適だった。
ハサミで適当に切ってセロテープやビニールテープなどでおさえるだけである。


しかしそれにしても、数が多い。
一本でいくつなっているのだろうか。
小さ過ぎて自然落下しそうなものは無視することにした。
種類は違うが同じスモモの木がもう一本ある。
これも袋がけである。


そして・・年月を重ねて大きくなった別のスモモの木
ノネズミ、エゾシカの被害木である。
枯れてはいないようだがどうも復活再生は難しそうだ。
スモモの種類は「サンタローザ」、「ソルダム」、「大石早生」である。
さて、今年は何個採れるだろうか。
一個を二つに割って味わうということは・・多分ないだろう。
二個以上お願いします、まいにちが祈りの日々になっている・・楽しみだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 06:36夏の雑木林

2014年07月13日

薪ストーブの煙突掃除・その2




一番下のシングル煙突。
薪ストーブ本体と最初につながっている。


中をそぉ〜と覗いてみた。
向こう岸がきちんと見えるだろうか?
煤やタールがこびりつき、遠くかすんで見えない・・となったら大事(おおごと)だ。


一応、煙突を上から覗いたことになる。
幸いなことに煤(スス)やタールはあまりついていなかった、意外である。
それなりにたくさんついているのでは・・と思っていた。


しかし・・である。
甘くはなかった。
向こう岸のストーブと直接接している部分はご覧の通りである。
バリバリのタール??水あめみたいだ。
どういうことだろう?
低温で焚いていたせいか?・・水分の多い薪?・・ダンバーの操作の不慣れ、まずかった??
煙突にこびりついたタールがパラパラと落ちてきて、燃え固まり溜まったのかもしれない。


3~6月はずいぶんと燃やし続けた。
その後は朝晩の寒いときだけの「チョッと焚き」という燃やし方をしていた。
「チョッと焚き」というのも、またそれなりに難しい「焚き火」ということだろうか。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 03:47薪ストーブ暮らし

2014年07月10日

薪の搬入・その後




フレコンを一日一袋。
薪をコツコツと「4立米」ほど積み上げることができた。
あと一袋(1立米)の片付け整理である。
例年よりも早いペースでの作業になった。
でも、台風の余波なのか急に雨で小休止せざるを得ない。


積み込むスペースの確保を考える。
幸いなことに「風除室」の薪を今年の初春にほとんど消化していた。
それゆえ、そこに「薪小屋」の乾燥した薪を移動すれば解決することになる。


空いたスペースを掃除する。
きれいにまたほんのり塗装する。
あとでクレゾールもまいておこう。
ノネズミ避けにもなることだろう。


「1立米」は充分に積める広さだ。
雨が止んで晴れたら残り作業の開始である。


風除室に積み込んだ乾燥薪。
「売り物」ではないので見栄えは良くないか、これが普通だろう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 14:29薪ストーブ暮らし