さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2014年12月31日

大晦日の一日は暮れる





きょうは2008年最後の日付けである。
外は霧雨で気温は20℃前後。エゾリスさんのいる北国からくらべると寒くはないが・・でも寒い。
12月の初旬にもなるとさまざまな雑誌は早々に「新年号」を発売して店頭をにぎわす。
小さな離島の島では12月号を追い越して新年号ということも昔はあった。
以前は週遅れの「週刊誌」というのも多かったから無理もない。



時々買う雑誌がある。
月刊誌の「BE-PAL」と季刊誌の「チルチンびと」だ。上のものは2009年の新年号である。
まだ中身をみていない。どちらかというと本は「買って満足」というたぐいなので悪いくせである。
きょう、テレビでは「人生の楽園」という番組の特集をやっていた。
どちらかといえば今までこの番組は「人生の忙しい楽園」という印象だった。今でもそうかもしれないが・・。
その中で今までたまった本を販売しながら「古本カフェ」をやっている熟年夫婦が登場していた。
少し興味がひかれた。
こういうのは儲からないが面白そうだった。
少なくともこれは「人生の忙しい楽園」ではない。



「BE-PAL]のような雑誌もたくさん溜め込んでいるが、この「チルチンびと」という季刊誌もため込んでいる。
姉妹誌は「ナナムイびと」というらしい。
沖縄宮古島地方の方言というがよく分からない。
「森」とか「雑木林・・」の意味があるそうだ。「ナナ」は「七つ」、「ナナチブシ」は「北斗七星」・・「ムイ」は「丘」の意味なのだが。
あと数時間で年があける。
年賀状をかかなくては・・と思う。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 17:19ぶろぐいろいろ

2014年12月31日

氷と遊ぶ




寒い外に出ると大事にしていたバケツが無残にも壊されていた。
犯人は・・・エゾシカか??


まったく、天然の氷を見たことのない沖縄っ子はやることが違う。


エンヤコ〜ラ、ドッコイショ。
将来は水商売の氷屋さんにしよう。


飽きてしまうとガンガンに凍った道路でオットットトット。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 08:20冬の雑木林

2014年12月30日

薪ストーブであつかん




熱燗(あつかん)、寒い時にはこれがいいのかもしれない。
しんしんと暮れた雪景色を見ながら思いをはせる。
明日はビールにしよう。


「温泉タマゴ」の次は、沸いているお湯を少しすくいとって、銚子を暖める。
もちろん銚子の中身は日本酒である。
「日本酒」とてその質も味の種類も多いがなんたってなんである。
味はその日の気分次第、しかしいつも最高級の酒を飲んでいる。
1,000円前後。


年末年始の新聞「休刊日」のお知らせがきた。
来年の4日まで夕刊は休みである。
夕暮れの晩酌も「休肝日」・・としよう。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 08:43薪ストーブ暮らし

2014年12月28日

雑木林のチョモランマ、雪




チョモランマに雪が積もっている。
「ソリ遊び」に興じている。


子どもは元気だ。
大人はやや元気。


スキーのサイズはちょうど良かった。
何年か前に貰ったもの、その時は沖縄だった。
そして車に積んでここに持ってきた。


もちろんストックや靴も一緒。


チョモランマは手ごわい。
もう少し木を伐採して「スキーコース」をつくったほうがいいかもしれない。
生まれて初めてのスキーである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 10:03冬の雑木林

2014年12月27日

薪ストーブで温泉タマゴ




クリスマス前に玉子さんがやってきた。
ずいぶんとその量も多かった。
でも、その使い道は前途多難、ではなくて前途悠々。
まさかタマゴで「雪合戦」というわけにもいかない。


ひらめいた。
「温泉たまご」である。


のんびりゆっくり。
あせらず、じらさず・・騒がず、温泉に浸かる。
いい湯だなぁ〜


タマゴはゆっくりと暖まり・・ヒヨコになる。
そうなったら室内でヒヨコを飼うことにしよう。


やはりヒヨコにはならなかった。
プルプル〜ンの温泉タマゴである。
ツルンっと口に入る。
特に口の大きい人にはおすすめである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 08:21薪ストーブ暮らし

2014年12月26日

オフリミットのブルービーチ





新しい看板がでていた。
「KIN BLUE」である。以前は「blue beach」と見落とすような小さい標識があっただけである。
正面の基地は「キャンプハンセン」、車の見える道路はかつて「実弾砲撃演習」をしていた「キセンバル」に通じる県道「104号線」である。
演習の日には機動隊が封鎖していた。



キンブルーの看板のところから車で7,8分ほど行くと「ブルービーチ」のゲートがある。
米軍海兵隊がこのビーチで、いつもではないけれど「水陸両用車」などの訓練を行っている。
この「ブルービーチ」のある金武(きん)町は、実に町有面積の60%が基地に占拠されている。
「ジャスミン革命」どころか「チャンプルー革命」が起きても不思議ではないのだが。



ブルービーチのゲートの周りは鉄条網が張り巡らされていた。
しかしこの鉄条網、まぁ、貧弱といえば貧弱・・申し訳程度である。



中をのぞくと・・「オッ!軍用犬?」
・・と思いきや野良犬のようだ。



ゲートの扉には鍵がしっかりと貧弱にかかっている。
横からなんなく入ることができる。
それでは失礼して・・中へ。つづく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 17:45しおさいの風景

2014年12月25日

薪ストーブ暮らし‐36





今年の北海道は暖冬らしい。
そのせいか、過ぎ去りし夏の暑さはやはりどこか違っていた。
沖縄以上の暑さを充分に味わった。
家の中ではなぜか「セミ」も鳴いていた。
それは単なる耳鳴りか。



もうすでに過ぎてしまった6月、わずかな寒さを見計らって薪ストーブを焚いた。
北と南の「体感温度」の差やログハウスの「ぬくもり」を慣らしていたことになる。
散歩の人たちにはすぐに気づかれてしまった。
「匂い」と「煙り」はやはり隠しようがない。
どこかの薪ストーブの「掲示板」を炎上させているようなものだったかもしれない。



こうして夜長にゆっくりとふり返って見るのもなかなかいい。
「薪ストーブの反省」はしないことにしよう。
単に「ふり返る・・」だけが身の丈に合って楽チンだ。



さて、来年の薪はどうなるのだろうか。
さ来年の薪はあっても、来年の冬越しの薪がない。
なんとかエゾリスのように冬を越してみたいと思っている。
越冬生活・・ということになるのだろうか。
そして冬の「歩くスキー」というのをぜひ挑んでみたい。
歳相応に・・というところかもしれない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 13:13薪ストーブ暮らし

2014年12月24日

薪ストーブと焚きつけ・その4





薪ストーブに火を点けるとき、「着火剤」を準備している。
これは落花生の殻である。
中身はエゾリスやゴジュウカラたちが食べている。
最近はエゾリスよりも小鳥たちの来訪が多くなってきた。
どこかの国のように序列があって、一番強いのはゴジュウカラ、2番手はヤマガラ、3番手はコガラ、一番弱いのが意外や意外、ネクタイのシジュウカラである。



小鳥の話ではなかった。
落花生を新聞紙の小片にまるめる。このカシグルミも同じである。
なんたってエゾリスたちはこの殻までは食べない。
エゾリスや小鳥たちの好きな「さかな屋さん」が時折この「カシグルミ」をプレゼントしてくれる。



最近、「枯れたイタドリを焚きつけにする・・」と言って刈っている人を見かけた。
なるほど、イタドリはよく燃えるかもしれない。
イタドリはわりとどこにでもありそうだ。
でももっぱら雑木林では「枯れ枝」がよく集まる。
特にヤマザクラの小枝はとても焚きつけ用にはよく似合う。



そうこう言ってもすぐに燃えるものはなんでも焚きつけ代わりになるはずである。
扱いやすくて火力が強くてどこにでもあるものであればそれでいい。



それで近くにあった「イガグリ」。
これは扱いにくかった。
クリの実の入ったまま、ストーブの中でパ~ンと大きな音がした。
このクリはヤマグリなので中身はごく小さい。
それでも大きな音がした。
もっともこのイガのトゲは痛くて焚きつけづくりには向いていなかった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 17:04薪ストーブ暮らし

2014年12月22日

エゾリスは元気にやってくる




エゾリスは生きている。
昔、「砂漠は生きている」という映画があった。
まさか砂漠の中に生き物がいるとは思ってもみなかった。
いるとしたらラクダぐらい、ましてやサソリやヘビを見てビックリした。
もしかしたら「月」や「火星」にも生き物がいるかもしれない。


結露防止のテープは役立っている。
その後、100円ショップで同じデザインのものを全部購入、といっても3つほどで売り切れ。
足りなかったので他所の100円ショップでは別のデザインになってしまった。
ま、いいか。


ちょっと「掃き出し窓」の雰囲気が変わった。
エゾリスもなんとなくとまどっている・・ような・・?そうでもないか。
昨日までベランダの雪は解けてしまったが今はシンシンと雪が積もってきた。
今日はエゾリスの顔を見ていない。


やはりクルミにかぶりついた。
そういえば今年採ってきたオニグルミ100個余りが雪の中、土の中に埋まったままである。
春に早く掘り起こさないと芽がでてしまうかもしれない。
さて、明日は雪かきの仕事が待っている。
それにしてもよく降る雪だ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 15:23えぞりす

2014年12月20日

薪ストーブ暮らし-59(ストーブガード)




結構それなりの似合うサイズというのは探せばあるもんだ。
色もいい。
「樋口一葉さん」ではなくて「野口さん」が3枚ほどでていった。
お買い得かもしれない。


とっても頑丈・・というわけでもないがほどほどに丈夫そうである。
これでひと安心、あとは待つだけ。
もしもストーブ側に倒れそうになってもワンクッションおける。
子どもならいたずらしそうな感じもしないではない。


火災報知器、ストーブガード・・あとは「消火器」かな。
そういえば「消火器」がなぜか無い。
蚊やゴキブリ用のスプレー缶みたいな消火器はないだろうか。
来週にでも探してみよう、台所にも一つ必要だ。


この冬はさすがに一日中ストーブを焚いている。
でも、昼間は陽射しがはいる。
そうなるとそれだけで暖かく、ストーブは消火気味になって火ダネがなくなることもある。
夕方、もう一度火を熾すということになる。


今日は暖かい日だった。
10℃近い気温になった。
外での薪割りもずいぶんとはかどった。
明日からはずーと雪だるまの並んだ天気になるそうだ。
「歩くスキー」の用具も借りてきたので練習できるかもしれない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 16:23薪ストーブ暮らし

2014年12月19日

厳冬のシイタケ




久しぶりに遠出して?、キノコの圃場に行ってみた。
夏と違って視界が広い。
途中、動物たちの足あとがたくさんあった。
ヒグマの足跡のように大きいものもあったが何だろう。
この前は優雅にキタキツネが横切って行ったけど。
キタキツネの冬毛が素晴らしかった。襟巻きにすると最高だろう。
弓矢があるので次回には・・。


呆れた。
なんとシイタケが雪の中で育っていた。
大きくなっている。
冬に強いシイタケなのだろうか。
3、4本は採れる。


こちらにも。
夏にはなかなかお目にかかれなかったシイタケさん。
よりによって12月の半ばにとは。
ありがたいことです、いただきますです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 08:01キノコたち

2014年12月18日

北の筋子漬け




生の筋子は100グラム300円以下になっていた。
「生のまま」南の島に持って帰りたい・・そう思った。
空路、北海道から沖縄まではその日のうちに着く。
幸い今は夏ではない、外も寒い。
前日に買っても保冷バックを使うとまず大丈夫である。
買い物用の保冷バックに「生筋子」と、ついでに「生シャケの切り身」、「瓶詰めのウニ」・・などなどをためらうことなく詰め込んだ。
大型スーパーでお買い物である。
スーパーには保冷用の氷もおかれているから便利である。



空港職員に盗まれていないか心配だった(疑り深い)。
筋子さんは無事に南の島に到着した。
翌日、生の筋子を洗って水を切り、薄いガーゼに包むことにした。
味付けは酒粕、味噌、ミリン、そばつゆ少々・・などを使う。
「漬け込む・・」という感じである。



一週間ほどで見事に簡単な「筋子漬け」ができあがった。
よく漬かって味がとてもいい。
初めてにしては上出来である。簡単にできるところがいい。
これを全国に販売して「ニシン御殿」ならぬ「イクラ御殿」???
いや「筋子御殿」を建てたい。
「サンマ御殿」。。「シシャモ御殿」。。「ホッケ御殿」。。「イカ御殿」。。「ゴミ屋敷」・・いろいろあるね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 09:22お茶タイムと料理

2014年12月17日

ログハウスの結露




「結露」は悩ましい。
なにかとそれなりの理由はあるのだろう。
外気温と室内との寒暖の差はいかんともしがたい。
確か窓ガラスは二重のはずなんだが。


さすがに朝まではストーブを焚いてはいない。
夜の9時ごろには薪をくべるのを止めている。
あとはほとんど余熱で事足りている。
というよりは薪の節約か、それとも眠くて寝床に入るためか。


「百円ショップ」に駆け込んで、結露を吸い取るドラキュラテープを探した。
やはりあった。
ただ、効果があるかどうか試してみたいので一袋(30㎝のものが3枚)しか買わなかった。
今のところ「効果あり」、また買いに行かなければ・・・。
何しろこのログハウスは窓が多い。
かなりの数が必要だ。
「百円ショップ」はなくても不便ではないが、あると便利である。
エゾリスさんの「のぞき」ができなくなるかもしれない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 08:52ろぐはうす

2014年12月16日

薪ストーブ暮らし⑭ウルシ薪



ウルシの薪



この雑木林で一番最初に紅葉する樹といえば「ヤマウルシ」と「ツタウルシ」になる。
雑木林にはたくさん生えている。
紅葉が美しいので伐採を控え目にしている。
ヤマウルシのほうはすでに落葉し終わっている。しかしツタウルシはまだまだがんばっている。どちらもやはり近づきがたい樹(蔓)でもある。



2年程前に伐採していた直径8センチほどの木、そのまま雑木林に転がしていた。
やはりウルシだけあって腐ってはいない。
皮が自然とはがれて乾燥の度合いも上々である。
恐いウルシの樹液も抜けているようだ。



それほど太くはないのでノコで切った。
なにかとチェンソーでは大げさすぎる。
毎日がチェンソーでは「13日の金曜日」(ジェイソン)になってしまう。
ヤマウルシの特徴である黄色い芯が現れた。結構きれいな色をしている。



切りくずも黄色い。
長い木だったので40センチほどに切っていく。
生木だと白い汁がふきだして、またたくまに黒い色に変わっていく。
ただ「ウルシ工芸」に使うウルシはこの木ではないらしい。
質の良いウルシはベージュからあめ色になるそうである。



まだ完全に樹液が抜けきっていないのだろうか・・よく見ると黒っぽいところもある。
若いときのウルシの木はタラノキとそっくりさんである。
紅葉も同じだ。ただトゲがあるかないかで区別する。「
トゲ」のあるほうがタラノキである。
くれぐれも「若芽」のウルシを採って食べないように・・。
食べたことはないがきっと唇や舌が腫れるほど美味しいのかもしれない。



「薪」として燃やしてみた。
よく燃える普通の薪である。
特に「熾き」が多いとかいうことでもない。
中にはパチパチと音をたてて爆ぜたりもする。
きっと樹液の成分のせいかもしれない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 19:34薪ストーブ暮らし

2014年12月13日

薪ストーブ暮らし-58




昔、江差町の南部地域に「五勝手村」というのがあった・・そうな。
「江差周辺に広がっていた檜の山を開発するにあたって、木材の伐採などに従事する杣工(そまく)たちが移住して、村が形成されたと伝えられています・・」(五勝手屋羊羹さんのチラシより)


この「杣工(そまく)」というのは「杣人(そまびと)」、「杣夫(そまふ)」のことである。
と言っても今一よく分からない。
簡単にいうと「樵(木こり)」のことのようだ。


木材をとりだす山を「そま」と云い、そこから切り出した木々を「そまぎ」とよんでいた。
「杣人(そまびと)」は「杣匠(そまだくみ)」とも云うらしい。
やっぱり何となく分かるようで分からんようなはなし(分からんようで分かる?)
今でもそういう言葉を日常的に使っているのだろうか。


話変わって、雪かき(ママさんダンプ?)道具が薪運びのソリになるとは思ってもみなかった。
こいつは便利である。
でもたくさん運べない。
大きな本物のソリがいいかもしれない。


寒さが厳しくなるにつれ、薪の消費量も多くなる。
雑木林での「越冬生活」ではどのぐらいの量を消費するのだろうか。
「6立米」、3〜4トン前後という話も聞くが、もっとかもしれないね。
雑木林の木々がなくなるか。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 14:14薪ストーブ暮らし

2014年12月12日

エゾリスのカレンダー





今年も残り少なくなっている。
名残り惜しいが仕方ない。
そこで自前のカレンダーを作ることにした。



もちろん来年のカレンダーである。
できれば「日曜日」のたくさんあるカレンダーがいい。
日月火日水木日金土日・・舌を噛みそうだ。
一週間は10日間にしよう。



そういえば♪一週間に10日来い・・というような歌があった・・ような、なかったような?
歌はどうでもいい。
自前のカレンダーは、ちょっとしたメモを書き込めるようにしたい、旧暦も入れたい、潮の干満も。
たかがカレンダー、されどカレンダーである。



「絵がら」はとっておきの「エゾリス」や「薪割り」などの写真がいい。
幸い「カレンダーづくり」のソフトは内蔵されているのでなんとかなりそうだ。
さて、ベストショットを選ばなければ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 17:29えぞりす

2014年12月11日

エゾリスさんへのおみやげ





毎年、知人へのお土産を忘れても、エゾリスくんたちへのおみやげは忘れない。
「スナック菓子」なら躊躇するが、クルミなら自然でもある。



2008年度産の黒松内町の山からの恵みである。
多すぎて昨年は半分ほどしか消費できなかった。



雑木林に植えたクルミの木はまだまだ小さい。
「カシグルミ」と「オニグルミ」が競争している。
実をつけるのはいつのことだろう・・、それが問題なのだが気長に待つしかない。



オニグルミはやはり堅いのか、割って食べているところをまだ見たことはない。
カシグルミのほうは容易に割れる。



袋いっぱいのクルミを車の中に積み込んだ。
この黒松内町のオニグルミは、なぜか沖縄で保存していたのである。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 05:00えぞりす

2014年12月10日

薪ストーブ暮らし‐44(シラカバガンピ)





本格的な「薪ストーブ暮らし」もそろそろ・・だろうか。
何事においても準備が肝心。
というわけで着火の材としていつも使っている「シラカバ」の樹皮、「ガンピ」を集めることにした。
画像はガンピに火を点けたところ。



花壇や果樹まわりにはシラカバの伐採木がある。
シラカバの樹皮はきれいなので「囲い」として使っていた。
しかし、年数がたつにつれて中身だけ腐ってきた。



カッターナイフで切ると容易に剥がすことができる。
シラカバの樹皮は「雁皮(ガンピ)」に変身だ。
ガンピは着火の補助材としては最高の天然素材と思う。
小枝の「焚き木」と組み合わせるとガンピは名刺一枚分の大きさも要らない。



ストーブを焚いた日、台風15号がひたいをかすめていった。
テレビでは、せっかちな都会の風景を一日中映し出していた。
なんといっても世の中は「東京」中心らしい。



シラカバは年季が入って汚れていた。
でもすぐにたくさんのガンピが集まった。
汚れも気にならない。



天気の良い日に乾かして保存することにしよう。
今、ドームでの第2戦、日ハムが負けてしまった。連敗が続いている。
明日はちょっと「札幌ドーム」へ応援に行こう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 16:19薪ストーブ暮らし

2014年12月08日

薪ストーブ暮らし-57(ジャバラ虫)




ずいぶんと古い薪玉、極太どんころである。
ミズナラの木,漬け物になった薪玉のようだ。
これとて無駄にはできない。


そういうのを集めたのがこれ。
半端な季節にはこの半端薪がよく燃えて重宝する。
そしていつの間にか半端材がメインになってしまう。
いつになったら自慢できるような「都会の薪」を焚くことができるのだろうか。


樹皮が容易に、簡単に、何の抵抗もなく剥ける。
「えい!!」と口先の大声だけで剥がれてしまう。
そしてそこには、あの「ジャバラ虫」がたくさん棲みついてる。
大きいのやら小さいのやら。。お互いに驚いてしまう。


思うに、栄養豊かな「ジャバラ虫」たちだ。
決して食べたことはないが。
こういう昆虫、幼虫たちを「食料」として脚光を浴びせる時期も遠くはない。
まま・・?近くもないか。


「ジャバラ虫」たちの運命は小鳥達の「給餌場」へ直行である。
地産地消なのかどうかはよく分からない、小鳥たちは大喜びで笑っている。
しかし、最近の小鳥たちを見ているとメタポに近い。
重くなって空を飛べなくなる日も近いかもしれない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 08:42薪ストーブ暮らし

2014年12月06日

トマトの鉢植えをする




トマトは今年もたくさん収穫することができた。
いつもの「中玉」と「ミニ」のトマトだった。
大型のトマトはここでは作るのが難しい。


トマトの収穫も終わりの頃、いくつかの脇芽を摘んでいた。
その脇芽はりっぱな「苗」になってくれた。


「越冬生活」はそれなりに暇である。
退屈しのぎ、気分転換にはいい。


「りっぱな苗」といったがちょっとひ弱なトマトにみえなくもない。
それはそれ、がんばって収穫の喜びを室内で味わってみよう。
その収穫はいつごろになるのだろうか。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 14:41きたの野菜畑

2014年12月05日

大雪その後




「雪かき」に全エネルギーを注いだ。
雪は手ごわい、まだまだこれはほんの序の口なんだろう。
・・もう雪はいらないよ。
早く春が来い。


まだ冬が始まったばかりなのにもう泣き言、ギブアップである。
やっぱり南国に戻ろうか。
友人たちもソーキソバも待っている。


一応ベランダの雪も半分ほどどけた、投げた?
火災などの時の逃げ道の確保も必要だ。
小樽の朝里川温泉での火事もあったことだし。


「コンポスター」への道も確保。
蓋は容易に開いた。
凍って開かなくなる時もあることだろう、その時はどうしようか?
知らん。


近くの「薪小屋」への道も確保した。
「薪運び」もかなりの重労働である。
カメムシも越冬しているので薪の一つ一つは要チェックである。
さて、また「薪割り」でもしようか。
冬景色の中での薪割りも一応はそれなりに楽しいのだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 15:03冬の雑木林

2014年12月04日

北と南の一品料理





↑南の新鮮な活きエビ(クルマエビ)を網焼きで食べる。
「踊り喰い・・」というよりは「逆さイナバウアー喰い」になる。
沖縄本島の宜野座村(ぎのざそん)のとある店。



↑右がサンマ、左がブリである。
ぶつ切りにして北の雑木林で食べる。
あまりの美味しさに・・皿まで食べる。
歯が欠けた。



↑北の大地のニセコ、道の駅の限定「肉じゃがまん」を食する。
一個200円だった。
美味しいといおうか・・何といおうか・・腹がすいていただけだった。



↑釧路港にて水揚げされた「ミンククジラ」を刺身にして食べる。
クジラの肉・・という味である、珍しかった。
シーシェパードを食べているような邪道をかきたてる食感だった。



↑道南の森町の駅前、「いかめし」発祥の地として知られる店で買った。
ツーリング客なども寄っていた。
イカの身も厚く、ボリューム満点であった。
二つ入って幾らだったろうか・・忘れてしまったが、そんなに高くはなかった。



↑真狩村のユリ根のどんぶりもの。
トラウマのように「細川たかし」の顔がどうしても浮かんでくる。
「まっかりむら」は健在だ。
紅白には出場??



↑雑木林の釣り名人さん育てた「カボチャ」をいただく。
ナタ・・ではなくて出刃包丁でスパッと切って、レンジで「チ~~ン」した。
ホクホクの美味しいカボチャだった。
甘さも充分あった。なぜかまたほしくなる。



↑朝イカを豪快にさばいて、朝と昼はサシミである。
夜は質素に・・。
細く切る「イカそうめん」は惨(みじ)め・・分厚く切って食べるのがいい。
できるならまるごとそのまま、甘さも充分のっている。
足もコリコリ、ワタシの肩も凝り凝り、歯ごたえも充分でした。



↑南のパパイヤと島ラッキョウの自家製の漬物。
島ラッキョウは黒糖と酢で漬けている。
パパイヤは酒粕と味噌になる。パパイヤの果実本体の甘さが味を引き立てている。
手軽なお茶うけでもある。
来年は「工場」を作って全国に発信、金儲け・・(無理)。



↑最後は定番のゴーヤ、今年の初収穫のゴーヤだ。
塩もみを軽く、そしてそのまま生(なま)でいただく。
ほんのりふわっとした苦さがたまらない。
「あぁ~夏だ!」の気分になる。
おかわり!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 20:52お茶タイムと料理

2014年12月03日

二度目の大雪になった




昨日から降り続いてる。
二度目の大雪だ。
このまま「根雪」になってしまうのだろうか。
それとも居座っている大型の低気圧が去ると様子がまた一変するかもしれない。
つまり、雪は解けるか・・な。


そうは云っても今日は「雪かき」にがんばらなくてはならない。
最低限の生活の「道」づくりだ。
薪を補充しなければならないがための「薪小屋」への道、生ゴミを棄てなきゃならない「コンポスターへの道」、新聞や手紙を取りにいかなきゃならない「郵便ポストへの道」、そして生活を支える「車庫への道」・・ウ〜〜ン、こりゃまた大変だ。


ドドドッと屋根から雪の落ちる音が何回となく聞こえる。
今年は屋根を塗替えたので滑りが特にいい。
「受験生」はスベラナイようにがんばってほしい。
さて、こっちもがんばるか。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 08:47冬の雑木林

2014年12月02日

薪ストーブ暮らし-56(煙突遮熱板)




煙突に取付ける「遮熱板」と「煙突支持金具」をずーと以前からホームセンターで購入していた。
しかし、なぜかそれらを買って安心だけで、物置に放っといた。
それではいけないと思いつつ、ようやく重い腰を上げて「やる気、元気」になった。


腰を上げれば作業は早い、あたふたあたふた・・である。
煙突の「遮熱板」は長短のふたつだ。
いわばジェネリック品だがとても頑丈にできている。
ホンマかいな?←謎かけ・・です。


「火の用心」にこしたことはない。
ログ壁は東日本の地震のせいもあったのだろう、少し歪んでいるところもある。
自分の顔でなくてよかった。
支持金具、遮熱板どちらもなんとか素人なりに取付け成功。
取付け方が間違っていたら、来年の煙突掃除の時にでもファイヤーピットくんに頼もう。


「遮熱板」はその隙間からの対流が期待できる。
天井には大きなシーリングファンがあるので冬は時計回りである。
心なしか遮熱板を取付けてからというものは暖かさが違ってきた。
嘘でも本当かもしれない。


ようやく今日、雪が降り始めた。
雑木林のチョモランマは雪景色に変わりつつある。
今年こそは本当の「薪ストーブ暮らし」ができそうだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 11:59薪ストーブ暮らし

2014年12月01日

アインシュタインと暖炉・その2





↑アインシュタインの宿泊した部屋のすべてにマントルピースがあった。
贅沢といえば贅沢だが来日したのは11月だから、やはりこの季節は寒くて暖をとったかもしれない。
この暖炉は小さい。
煙突に通じる孔(あな)もなかった。塞いでしまったのだろうか、それとも七輪でもおいたのかな。



↑これは前回に紹介した甲冑(かっちゅう)のようなストーブである。
ようくみると蒸気機関車に似ていなくもない面構えである。



正面についている物は「取っ手」になる。
ストーブ前面の「フタ」ということになる。このフタは簡単にはずれそうだ。
フタをとると「焚き火」をする空間が見えそうである。



ところでこのストーブは「薪ストーブ」なのか「石炭ストーブ」なのか・・あるいは兼用??
この門司には石炭の鉱山が近くにあって、その産地でもあり「積出し港」にもなっている。
石炭の燃料には不自由しない土地柄でもあるのだが・・。



アク・・灰をとるところだろう。空気孔にもなっている。



レンガの内部である。集合煙突(?)に通じる孔がいくつか見える。



↑実際のところ「マントルピース」といえば家にセットされた「棚」のことを意味するが、ここの内部にストーブを置いたり、直接薪を燃やしたりする作り付けの「ファイヤープレイス」のことを云うのだろう。



いずれの「マントルピース」も内部はずいぶんと狭く感じた。
「火の用心」のほうはどうなっていたのだろうか。
とにかく暖炉というのはまったく見たことがなかったので、大変興味深かった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 08:06薪ストーブ暮らし