さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2015年02月22日

旭山動物園のオオカミ






マタギから寄贈されたというオオカミの毛皮である。
2,3年前になるが「安比高原」の宿で見ることができた。
そのブログ記事は「オオカミの毛皮」の記事で書いている。
ずいぶんと大きいオオカミ、「もののけ姫」にでてくるオオカミを連想させた。
最後の「ニホンオカミ」だったかもしれない。







こちらは生きているオオカミ。
「シンリンオオカミ」という種類だ。「旭山動物園」で飼われている。
2008年に秋田の「大森山動物園」からやってきたそうだ。
メスのオオカミになる。
札幌の「円山動物園」にもシンリンオオカミがいる。
今年の5月には子どもが生まれたとのこと。







キツネっぽい顔つきでもない。
ウルフ顔でもないのでどちらかというと「イヌ」のように見える。
北海道に棲息していたオオカミは「エゾオオカミ」という種類だが、このオオカミとは体形も顔つきも違うそうだ。







遠吠えは「ワォ~ワォ~~・・」といった感じである。
旭山動物園では「オオカミの森」と称して「放し飼い」をしている。
以前、訪れた時は「オオカミの森」はまだ建設中だった。







「オオカミの森」に同居している黒いシンリンオオカミ。
カナダで飼育されていたオスとメスの2頭がやってきた。
残念ながらもう一頭は探せなかった。
顔つきはやっぱりイヌ・・まったく「甲斐犬」のようだ。甲斐犬のほうがオオカミっぽいかもしれない。
このオオカミは猫声の「ニャ~オ・・」を大きくしたような遠吠えをする。
黒いオス1頭に白と黒が各々1頭のメス・・子どもが生まれるのを期待しているのかもしれない。







この「オオカミの森」を隔てて、エゾシカが飼われている。
柵一つだ。オオカミのエサになっている・・というわけでもない。
隣に天敵のオオカミがいてものんびりである。
北海道のエゾシカは「オオカミ」をまったく知らない世代でもある。
天敵どこ吹く風、「イヌ」のたぐいと思っているのだろうか。







「旭山動物園」は混雑している。
午後の3時あとぐらいがおすすめである。団体客も潮が引くようにいなくなる。
無料の大きな駐車場が一番奥にある。
有料の駐車場に導く旗振り、「客寄せ人」もいるので無視したほうがいい。
ずーと奥にいくと「無料」の駐車場である。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 20:25どうぶつと昆虫

2015年02月22日

日本縦断−安比のオオカミ





「日本縦断」は安比高原から抜け出せなくなっている
この毛皮は当初見た時、まったく分からなかった。
「何の毛皮だろう?」ずいぶんと大きい。
宿の人に聞くと「オオカミの毛皮」という。本物だそうだ。
秋田の「マタギ」の方からいただいた・・と云う。
そういえば「もののけ姫」にでてくるオオカミと似ている
今現在、普通にオオカミがこの地方にいるわけがない。
調べてみると今から100年ほど前に日本のオオカミは絶滅したと言われている。
北のオオカミは大柄で白かったようだ。
北海道にも「エゾオオカミ」というシェパード犬に似たオオカミがいたと云う。
開拓が進み、牧畜が盛んになるにつれてオオカミは嫌われ、淘汰されていったようだ。
だがしかし、先住民族である「アイヌ」の人たちにとってそれは「晴天のへきれき」であったに違いない。
今ではオオカミという天敵もいないのでエゾシカが増え続けている。
ところで最近、カナダから旭山動物園に「シンリンオオカミ」が2頭やってきた。
まだ子どもなのだろうか・・黒っぽいオオカミだ。
さらにはまた何頭かがやってくるらしい。
動物園では「オオカミの野生の森」をつくるそうだ。
そういえばアメリカのイエローストーン公園ではオオカミを導入して野生化させている。



これは「クマ」と「タヌキ」の毛皮である。
オオカミに比べるとなんとなくかわいい。
むかし、キツネやタヌキ、ミンクの毛皮などの襟巻き、首に巻いた「貴婦人」たちがいた。
今でもいるのだろうか・・キツネやタヌキではなくて貴婦人が・・である。
あまり見かけなくなった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 20:20縦断にほん

2015年02月21日

こだわりのビール





だれもが「こだわり」というものをもっている・・そうだ。
道具にこだわり、食べ物にもこだわる。
特に嗜好品の酒類、コーヒー、タバコなどにその傾向は強い。
が、しかし、そのこだわりも結構いい加減らしい。
それはそうとして・・。
富良野の国道沿いの田舎道を走っていると、ふと、目に留まった・・ので止まった。
これがそうか・・
「協同契約農場」とか云う「こだわりの原料、大麦」である。



「麦芽」とか「モルト」とも云ってる。
大麦のビールももちろんだが小麦のビールだってこだわりなく美味いのだが。
ここんとこは富良野産の「大麦」に譲るとしよう。



風にそよぐ大麦畑、ここに「ビアガーデン」があるならばそのうまさも格別だろう。
しかし、それらしき店も人家もまったく見当たらない。



と、話はあまりつながらないが・・。
南の島から台風と一緒にビールが送られてきた。
地元のこだわりの「オリオンビール」である。
それも「エイサー」仕様。以前には「シーサー」仕様もあった。



まったく缶のデザインの「暑苦しさ」では日本一かもしれない。
ちなみに以前の「シーサー仕様」は↓↓



ビール缶のデザインとは思えないほどのインパクトがある。



クラシックと仲よく呉越同舟することになった。



オリオンビールをコップに注ぐ。
久しぶりの地元のビールだ。



となるわけで、こだわりの「ビールグラス」も。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 16:32きたの散歩

2015年02月19日

落花生のエゾリス、もう一度




落花生のエゾリスさんが面白かったのでもう一度続編を。
後ろの雪の中にはもう一匹のエゾリスが控えてる。
いつも一緒にやってくる兄弟?


一生懸命だ。


小鳥たちへのバレンタインディーの落花生に夢中である。


撮影角度を変えて。。。


笑わないでください。
必死なのです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 16:44えぞりす

2015年02月18日

雪のエゾリス




午前中、2時間ほど「歩くスキー」を楽しんできた。
これで5回目?6回目???
一方、エゾリスも雪の中を毎日歩き回り、さらに走り込んでいる。
それは「歩くスキー」ほどの運動量相当なのかどうか・・とにかく彼は(エゾリス)えらい。
それも毎日なのでおみそれしました、尊敬する。


返す刀で冬の動物たちもえらい。
エゾシカ、エゾテン、キタキツネ、イタチ・・みんな偉い。
北海道はどうしてえらい動物が多いのだろうか。
そして人間も、ジャンプの葛西、女子の高梨・・クロスカントリーの・・だれだったっけ?
ま、ほめ過ぎもよくないか。


「ワタシには生活がかかってるのだ・・」という顔かな。
失礼しました、エゾリスさん。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 17:05えぞりす

2015年02月17日

落花生のエゾリスさんです




落花生の「リング」はヤマガラやシジュウカラたちへのバレンタインデーのプレゼントだった。
しかし、なぜかエゾリスが・・でも、やっぱりか。


まぁ、しょうがない。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 16:54えぞりす

2015年02月16日

班の歩くスキー




「大雪」のあとのスキーだった。
ここの「町内会」のそのまた小さな「班」の催し。
参加者は少なかった。
みなさん、雪かきで忙しかったのかもしれない。


のんびりゆっくりと通称「ポンプ小屋」まで。
往復5キロ弱ぐらいになるだろうか。
いや、もっと少ないか。


雪がべとつき気味。
サラサラパウダースノーにはちょっと遠かった。


積雪が多いためか、スキーはずいぶんと沈む。
休憩をたくさんとりながらでの「歩くスキー」もまた楽しからずや・・であった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 17:32あうとどあ

2015年02月15日

暴風雪がかすめていく




暴風雪がヒューンとかすめて行った。
「歩くスキー」の参加はパスして、もっぱら除雪に励むこととなった。
歩くスキーも重労働だがこれもかなりの重労働だ。
雪はズシリっと重い。


屋根からはドドドドッと容赦なく落ちる。
受験シーズンも始まるというのに・・落ちること、落ちること、申しわけない。


すぐ裏にある「薪小屋」までの道を確保しなければならない。
近いようで今はずいぶんと遠い。
夏なら歩いて15秒、冬なら半日がかりか。
ひたすら雪かき、雪かき・・雪投げ、雪投げ。
どっちの表現が正しいのか。


コンポスターへの道も。
生ゴミ処理に困る。
水を切って「燃えるゴミ」として出しても好いのだが、変なところにこだわりがある。
この前は、やっとこさ、道を確保してコンポスターを開けようとしたらフタが凍りついて開かなかった。
すごすごと生ゴミバケツを持ってあと戻り・・ああ、くやしかった。


こちら側の落雪も半端ではない。
もう、この冬には降参、降参・・負けそうだ。
そろそろタイムスリップをする時期かもしれない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 15:18冬の雑木林

2015年02月13日

薪ストーブ暮らし-64(角トップに氷柱)




「氷柱」とかいて「ツララ」とよむ。
北国の人たちにとっては馴染みの氷の棒。
「雪合戦」もいいがツララでのチャンバラも面白い。
手裏剣にもなる。
で、チャンバラの話ではない。


大雪になるとこのツララが垂れ下がる。
決まって朝方だけだ。
薪ストーブに火を入れるとツララは次第に消えていく。
というよりは落ちていく。


夜の9時ともなれば追加の薪をくべることはない。
外はしんしんと雪が降り続く、そうなると角トップにも雪が積もるわけだ。
余熱で雪は水滴になって垂れ落ちる。
それが外気温で冷やされる、もちろん氷点下の世界である。
ツララができあがる。


ということでツララは誕生する。
この画像も数週間前の大雪での時だった。
珍しい光景、煙突が詰まってるのかな・・と一瞬思った。


ストーブは快調である。
今日も大雪。
隔週ごとに楽しむ「ミニバレー」は急遽中止になった。
仲間のみなさん、自宅の「雪かき」に忙しいのかもしれない。
ここでの午前の雪かきは終わった、しかし午後も必要だろう。
「陸の孤島」だけはなんとしても避けたい。
明日も大雪予報、「歩くスキー」はどうなることやら・・である。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 11:02薪ストーブ暮らし

2015年02月12日

再び山林での歩くスキー




歩くスキーの「湖上遊覧」も楽しく終わった。
氷の湖に落っこちる夢を見た人はいたが全員無事でなによりだった。


その後、「流山(ながれやま)温泉」で汗を流して、近くのレストランでの昼食。
車を運転しない仲間のみなさんの生ビールがやけに美味しかった・・そうだ。。。


そして、いつもの山林を歩く、滑る、歩くスキーがまた始まった。
前々日は大雪だった。
しかし。パウダースノーにはちょっと遠い暖気な雪。
滑りがいまいちうまくいかなかった。
体だけがずいぶんと前のめりになる。
ワックスがけが必要だったかもしれない。
自分の顔にも必要だ。


写真を撮ってるといつもおいてけぼりのビリになる。
オ〜〜イ、と叫んでも振り向いてもくれない。
・・ま、いいか。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    
  


Posted by カワセミ@旅人 at 09:02あうとどあ