さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2016年09月29日

ソラチワイナリーめぐり・その3


<ヤマザキワイナリー>


続いて三笠市にある「ヤマザキワイナリー」へ。
無骨な柱の看板である。
遠くからは恐竜の骨が大地に突き刺さっているように見えていた。


「鶴沼ワイナリー」の広さは「447ha」あるが、こちらの作付け面積は「7ha」とかなり小さい。
ただ、ヘクタール(ha)と云われても普段使わない単位なのでピンとこない。
札幌ドーム(球場の表面積)だけで「1.44ha」ぐらいだから、「7ha」というと5倍相当の面積になるのかな。
もしかして北海道よりも広い面積かもしれない??


赤ブドウ酒の原料となる黒(赤)ブドウ。
ここでは「ピノ・ノアール」、「ツヴァイゲルト・レーべ」、「メルロー」などが栽培されている。
なにもかもうらやましいね。


白ブドウでは「バッカス」、「ケルナー」、「ソーヴィニヨン・プラン」などが栽培される。
・・次第にいろいろとブドウの名前を覚えてきた。
頭にしっかり。。。忘れるのも、しっかり早い。


さて、ここでも楽しい「試飲」ができた。
きちんと冷やされているのが他所とは違う気づかい。
まずは白ワインから・・品種を覚えたのだが何を飲んだのだろうか?
日本酒を飲んでいるような・・??


飲んで飲まれて、そして赤ワイン。
またまた、ほんのり「貧よく」酔ってしまった。
ところで「ヤマザキワイナリー」は平日は閉まっているらしい。
来訪にはちょっとした注意が必要ですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 08:31きたの散歩北の木の実

2016年09月27日

薪ストーブの季節到来




日中は幸いなことにまだ暖かい。
薪ストーブにとっては不幸なことかもしれない。
そんなこんなの北海道道南の天気、暗くなる夕方からは寒さを感じさせる。
朝の外気温は20℃を切る。
そう、10月に入ると急速に寒さが全身にやってくることだろう。


皮(樹皮)を剥いだ薪も徐々にふえてきた。
あまり高く積むと前に横にと崩れ落ちる。
なんたって地震が多いので要注意だ。
今日も地震があった。


割った薪を更に割って、皮を剝いで・・と手間ひまがずいぶんとかかっている。
燃やすと一瞬のように燃えつきてしまう、割が合わぬ薪割りかもしれない。
それでも毎日飽きもせず薪とじゃれあっている。
ネコを見ると尊敬したくなる。


「根性薪」といおうか「ドンコロ」といぉうか手に負えない薪が必ずでてくる。
それを集めては別の棚に保管する。
貴重な熱源だ。
さぁ、あしたもファイターズ優勝のためにがんばるぞ。
敵地ではなく札幌ドームで優勝してほしいね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 20:25薪ストーブ暮らし

2016年09月26日

ソラチワイナリーめぐり・その2


<鶴沼ワイナリー>

「そらちワインとフード、観光タクシーモニターツアー」ということで出発した。
まずは空知(ソラチ)地区の浦臼町にある「鶴沼ワイナリー」である。この「鶴沼ワイナリー」は小樽市の北海道ワイン(株)の直営農場になっている。
前日からのうっとおしい雨も止んで、晴れ間の広がる清々しい天気となった。
日頃からの心がけが良いせいだろう。


鶴沼ワイナリーの直売所である。
ずらり、ドレミファソラシドとワインが並ぶ。
鶴沼ではブドウの生産だけを受け持っているそうな。
収穫したブドウはここから小樽市まで運んで「醸造」している。


栽培されている品種はたくさんあるが、知っているのでは「ツヴァイゲルト・レーベ」、「ケルナー」、「リースリング」、「バッカス」、「ミュラー・トゥルガウ」あたりか。
ドイツ系のブドウが多いとのこと。
気候風土がここに合っているのだろう。


茶色のラベルは木の樽で熟成した「ヴァイスブルグンダー」
収穫年によって金銀銅などの賞をとっている強者だ。
・・高かった。
それで買うのを止めた。
あの沖縄出身の「GACKT」とはここだけ?が違うか。


楽しみにしていた、のどゴロゴロの「試飲」である。
品よく飲むのは苦手なので「貧よく、どん欲」右側から1本づつ味わって飲むことにした。
右から2番目のここだけ限定のワインが旨かったね。
2〜3種類の品種をブレンドしたワインだ。
どれも自由に飲めたのでおかわり・・ただ、左にいくにしたがって味が分からなくなってしまった。
やっぱりGACKTに負ける。
それでもさらに新品ボトルを開封していただいて試飲と称して飲む。


なぜか昨年の浦臼町応援大使、鍵谷投手と武田の勝ちゃん。
入り口では気づかなかったが出口で気がついた。
もっとも、入り口出口はいっしょなんだが・・。
で、まさるちゃんは今季限りでの引退が発表されたね。
沖縄名護キャンプ場で出会った時の頃が懐かしい。
今晩は「M3」でのオリックス戦だ。
優勝は近い、ビールを中断して鶴沼ワインを飲みながら応援しよう。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 15:51きたの散歩北の木の実

2016年09月25日

「ぬか漬け」のその後




最初の「ぬか漬け」から数日後。
洗面器のように見えるが小さなポリバケツである。
これで顔を洗ったらきれいになるかもしれない。
さて、あれこれいろいろと立ち止まって、先人たちの「ぬか漬け」を調べてみた。
そうしたら「昆布」は風味を増すそうだ。
なるほど、迷わず「昆布」を少々、、、大きかったかな。


ナスだけではなく、ニンジン、ミョウガ、タマネギ、キュウリなども押し込んでいたのだ。
菜園のナス、キュウリも仲間に加わっている。
いい具合に漬かっている。


野菜はついに「まな板の鯉」となった。
「まな板の鯉」は別称「お茶漬けの友」ともいう。
見るだけでもおいしそうだ。


「ぬか漬け」のひと工夫。
だんだん酸味が強くなってくるので、その時は「中和」するのがいいと云う。
先人たちは身近なタマゴの殻を入れて中和していたらしい。
ここでは中ぐらいの大きさの「貝がら」を入れることにした。
・・次は沖縄の海岸のサンゴ(白化)を入れてみよう。
カルシュウム豊富な「ぬか漬け」になるかな。


ま、どちらかといえば酸味のあったほうが好き。
さあ、北海道では米の収穫期をむかえている、新しい「米ヌカ」を探さねば・・。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 08:22お茶タイムと料理

2016年09月20日

ソラチワイナリーめぐり、その1




あすから空知地方の「ワイン醸造所」めぐりをしてきます。
ここに記載されているのだけで8カ所もある。
いったいいくつ訪問できるのだろうか。
う〜ん、試飲だけで酔ってしまいそうだ。
幸い自家用車は宿泊地に留め置きだ。


まだ熟していないヤマブドウ。
雑木林のヤマブドウもそろそろかな。


このモニターツアーは11月頃までやっているそうだ。
興味のある方はどうぞ。。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 20:38きたの散歩北の木の実

2016年09月17日

そろそろ薪ストーブ


2012/09/11
薪ストーブ暮らし‐52
<薪ストーブの掃除‐1>洗濯機の切売り排水ホース50cm(250円)を使って、薪ストーブの掃除をした。大がかりな「煙突掃除」はストーブ屋さんに任せるとして、これぐらいはできる。その掃除の場所はというと「煙突」と「ストーブ」をつないでいる箇所である。煙突からのススや燃えカスがよく溜まる場所でもある…




朝と晩が寒くなってきた。
トンボもたくさん飛んでは頭の上に止まる。
さて、重い腰を上げて、薪ストーブのメンテナンスを今頃になって始めている。
いつものことだ、責めたりはしない。


結構溜まっている。
たまっているのが「貯金」だったらいいのだが、パサパサとガラス化した細かいタールやら灰だけである。
煙突際の見えない所に多い。


そしてダンパーを囲っているガスケットがなぜか切断していた。
ネズミでもはいったのだろうか。
最初、サイドドアからストーブの中を見た時はヘビの子どもがぶら下がっているように見えた。
ヘビの丸焼き??
一瞬、あわててたじろいた。
どこにいても油断はできない。


天板のほうもずいぶんと汚れていた。
ガスケットは昨年取り替えたのでそれはまだきれいだった。


よごれた煤などは歯ブラシや割り箸でも簡単にとれる。
金ブラシを使うほどでもない。
使わなくなった掃除機でゆるやかに吸引しながら器用に掃除する。
さあ、今晩は試し焚きでもしようか。
そういえば「煙突掃除」はいつやったのかな?
なにかとちぐはぐな「薪ストーブ暮らし」である。
ま、いいか。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 17:48薪ストーブ暮らし

2016年09月12日

エゾライチョウか?




「賀老の滝」からの帰り道で遭遇した。
というよりも・・何か動くものがいた。
遠くである。
ハト?いや違う、キジ??それらしいが。
「とさか」があるようだ??
こちらに気がついたのか、すぐに飛んでいってしまった。
飛ぶ姿は残念ながら写せなかった。


いろいろと調べてみた。
どうやら北海道では「ヤマドリ」とよんでいる「エゾライチョウ」のようである。
え?ライチョウが北海道にいるの?
とにかくこの鳥は初めて見た。
北海道だけの限定の鳥とのこと。
七面鳥よりも美味しい鳥で、狩猟用の鳥として今でも狙い撃ちされてるらしい。
昔は何万羽も輸出されていたそうである。
今を生きるエゾライチョウ、なんとか逃げのびてほしいね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 15:06どうぶつと昆虫

2016年09月10日

賀老への道




実に見事な滝だった。
北海道には「100選」に選ばれた滝がいくつあるのだろうか。
あとで調べてみよう。
それらの「滝めぐり」をするのもいいかもしれない。
まずは道南からか。


ブナの木が多い。
黒松内町が北限というが、そのとなりのこの島牧村のブナ林も見応えがある。
道すがらブナの巨木もたくさんある。


まったく見たことのないカタツムリがうろうろしていた。
「ブドウマイマイ」というそうだ。
夜中に這い回ると見つけることは難しいか。


どこから飛んできたのかそれとも転がってきたのか大きな岩もあった。
・・・滝を調べてみた。
北海道には「100選」に選ばれた滝は6つ、でも実際は7つである。
層雲峡にある滝の二つ(銀河の滝、流星の滝)を一つに数えていた。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 07:35きたの散歩

2016年09月09日

水無海浜温泉


2009/12/16
水あり海浜天然温泉
ここの「露天風呂」はさえぎるものがなにもない。海の中にある。↑ 場所は道南の椴法華(とどほっけ)という不可思議ですばらしい名前のある所、「水無海浜公園」の中にある。訪れた時はどちらかというと「水あり海浜公園」になっていた。海の「露天風呂」もまさしく海の底に沈没していた。↑ 入…





以前、訪れたのは2009年だった。
それから7年が経ったのか、その時の様子は上のブログ記事に載せた。
温泉は海の中でした。


今度は偶然にも干潮時だった。
恵山の登山、道すがら立寄ったらあちこちに温泉が出現していた。


珍しい温泉だ。
ちょうど夏休み中、先客がいたけれど混雑にはほど遠かった。


満潮時には海に沈んでしまう。
手を入れると確かに暑い・・というよりもぬるい。
沖縄の海の方が温いかもしれない。


ま、しかし、温泉は温泉だ。
珍しいものを見た・・ということで、良しとしよう。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 12:04温泉

2016年09月06日

賀老の滝




「日本の滝100選」の一つになっている。
道南の最高峰「狩場山」へ向かう途中に「賀老(がろう)の滝」はある。


「賀老高原駐車場」から歩いて700mほど、片道30分ほどの距離である。
ただ、アップダウンが結構あって、足腰はきついかもしれない。


かなり大きな滝だった。
高さ、長さを測ってみると70m、幅35mはある。
なんでも、ひとづてによると松前藩の財宝が眠っているそうな。
またここらあたりは「砂金」もよく採れたらしい。


滝に打たれて「、、むにゃむにゃ」と、修業してる人はだれもいなかった。
もちろん、財宝や砂金を探してる欲深いやからも見あたらない。


滝は清く美しく流れていた。
ホント、邪(よこし)まな心も洗われるね。
りっぱな滝でした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 08:39きたの散歩