さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2016年10月31日

チェンソーの電動目立て治具




チェンソーの刃の目立ては難しい。
丸ヤスリなどですぐに簡単にできる・・というわけでもない。
それなりの修業は確かに必要だ。


が、しかし、誰でも名人として3分もあれば刃研ぎが全て終わる治具がある。
いたって簡単なのでもっぱらこれで刃研ぎをしている。
チェンソーの刃が切れなくなるとすぐに研ぎ、また続けられる。
とにかく目立ての時間が短いので苦にならない。


この刃研ぎの名人はあらかじめ目立て角度が固定・調整されている。
今まで使い終わっていたチェンソーを引っぱりだしての再挑戦も充分できた。
チェンソーの刃は結構高いので、最後の最後まで充分に使い切ってあげた方がいい。


とにかく刃を研ぐ時間が大幅に短縮されるのが一番いい。
素人でも玄人(くろうと)はだしの目立てができる。
ま、そういうことでとても役に立っている「治具」の一つである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 16:12薪ストーブ暮らし

2016年10月29日

狩場山への道




道南の最高峰の山として知られる「狩場山」(かりばやま)である。
「狩場」というからには昔、キツネやキジなどの狩猟地だったのだろうか・・と思ってしまう。
それとも古戦場だったのか?
詳しい事も詳しくない事も分からない。


狩場山が見える。
狩場山に登る道は廃道になってしまったものを加えると5〜6コースがあるそうだ。
ここの「千走新道コース」が距離も短く歩き易い。
それなりの駐車スペースも広い。


狩場山に向かうずーと手前には炭酸の湧き出る小川がある。
ドラゴンなんとか・・?という「案内板」があちこち目についた。
「龍の伝説」があるらしい。


腕章をつけた「森林パトロール」の二人と出会った。
巡回で狩場山に登るとのこと、森林パトロールのほとんどがボランティアかもしれない。


ここが登山道の入り口になる。
頂上まで約4.5Kmの道のり・・2時間半ほどの行程か。
この日は4、5台の車が止まっていた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 17:46あうとどあ

2016年10月26日

ツマムラサキマダラ


2014/01/31
南国の蝶、ツマムラサキマダラ
↑ まだまだ沖縄では暑い日が続いている。おじい、おばァも・・そしてチョウたちも元気である。ガジュマルの木を剪定していると見馴れないチョウの幼虫を発見。これはもしや・・と思い、すぐに調べた。案の定、「ツマムラサキマダラ」の幼虫である。昔ははるか遠方、海を隔てて台湾あたりから飛んできた…




確かに暖かい、いや、暑い、連日30℃を超える。
雑木林の「薪ストーブ」は一時休憩だ。
おかげで薪の消耗が助かる。
沖縄はまだまだ真夏である。


門扉前にうっそうと茂ってしまった「ホウライカガミ」の木。
蔓(ツル)性の木である。
熱帯の蝶、ツマムラサキマダラの食草だ。
「ホウライカガミ」はどちらかというと日本最大の蝶、オオゴマダラの食草ということで定着している。


色鮮やかな蝶である。
紫の色があでやかで華やいでいる。
メスのほうはかなり地味な色をしているがこれはオスである。


ホウライカガミの花は地味である。
それでも蜜はたくさんでる。
一年中枯れることはない。


そしてこれがホウライカガミの実である。
一見するとマングローブの実に似ている。
この中にたくさんの種子が入っている。
その種子はわたぼうしをつけてタンポポのように風に吹かれて飛んでいく。
オオゴマダラを呼び寄せるために保育園、学校、公園などにはホウライカガミの苗がよく植えられている。
そのおかげか、ツマムラサキマダラの棲息地も広がっている。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 11:36どうぶつと昆虫

2016年10月25日

コクワの収穫


2013/10/16
コクワ、最後の収穫
ひと雨ごとに秋も深まっている。トドマツが近くにあるせいか雪虫も多い。と、外を眺めながら這わしている「コクワ(サルナシ)」の収穫をした。ほとんどは柔かくなっている。しかしまだまだ固いのもある。固いのは「果実酒」にすると好いそうだ。熟しているのはふやけてしまうらしい。右側…




2016年秋、今年もたくさんのコクワ(さるなし)が実った。
いつも食べきれないほどである。
ほとんどはそのまま小鳥たちへのプレゼントになる。
ヒグマの大好物でもあるが・・。


コクワは上へ上へではなく、雪の重みで下へ下へと伸びてしまった。
おかげで収穫し易くなった。
ただ、なんとはなしにうっそうとしてきた。
なにしろこの雑木林はコクワの自然木も多い。


コクワのジャムをつくると、いまいち色がくすんでしまい、見た目が良くない。
でも確かに申し分なくキュイーフルーツの味である。
では、ミックス味にするのもいいかな。。。
そうなると二日酔い防止、肝機能を高める効能がある「ウコン」の粉末にたどり着く。
混ぜあわせると黄色のジャムになりそうだ、見た目もいいだろう。
二日酔い防止に効く「ウコンジャム」、いいかもしれない。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 16:45北の木の実

2016年10月20日

キノコのボリボリの季節


2012/10/10
ナラタケ(ボリボリ)の大発生です
ナラタケのたぐいを北海道では「ぼりぼり」と言うそうだ。このボリボリらしきキノコが雑木林で大発生している。あちこちにカエデやミズナラなどの朽ち木を捨てていたら(というより放置していたら)そこからずいぶんとキノコが発生していた。もちろんボリボリとは違うキノコも発生している。キノコはまっ…



2012/10/11
ボリボリの大発生‐2
見るだけでも楽しい「キノコ」の図鑑。なんと、毒キノコのずいぶんと多いことか。失礼な言い方かもしれないが、知ったかぶりでキノコをうんちくすると死者が増えるかもしれない。そういえば・・キノコのような「検察」の知ったかぶりの筋書きも恐い。冤罪が増える。それにしても面白いといおうか、珍し…




春にもボリボリは発生していた。
その時はほんのちょっと。
今年の秋はかなり多い。
北海道で一番馴染み深いキノコだろう。


最初の頃はキノコを知らなかったせいもあって、食べるのをためらっていた。
が、このボリボリを知ってからはよく食べるようになった。
シャキシャキ、ボリボリとして美味しいキノコである。


雑木林が整頓されきれいになるにつけ、ボリボリの発生も少なくなっているように思える。
やはり自然のままのちょっと荒れた感じの雑木林の方がいいのかもしれない。
枯れた立ち木を整理してしまうとキツツキ類がこなくなるのと同じか。
ま、とにかくこの雑木林を大切にしよう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 12:31キノコたち

2016年10月18日

薪ストーブにトドマツアロマ


2014/12/27
薪ストーブで温泉タマゴ
クリスマス前に玉子さんがやってきた。ずいぶんとその量も多かった。でも、その使い道は前途多難、ではなくて前途悠々。まさかタマゴで「雪合戦」というわけにもいかない。ひらめいた。「温泉たまご」である。のんびりゆっくり。あせらず、じらさず・・騒がず、温泉に浸かる。いい湯だなぁ〜…




天板にのっかる湯沸かし器、いつもは「温泉タマゴ」が定番だった。
その「定番」は時として飽きてしまう。
そこで少し趣きを変えることにした。


そうだ、あのトドマツだ。
棄ててしまうには惜しい。
「トドマツのアロマセラピー」をなんとなく思い出した。
なんでも、空気が浄化されて家の中の空気がきれいになるそうだ。
まぁ、真偽のほどは分からない、でもまずはやってみることにした。


トドマツから発散されるフィトンチッド(フィンチット?)はいつも雑木林に漂っている。
でも今は「雪虫」になってるが。。
「フィトンチッド」・・舌を噛みそうな難しいことばだ。


いくらでもあるトドマツの葉っぱ。
それがストーブを焚くと部屋中に匂いが広がっていく。
湯沸かし器にはヤニも溜まる、そのヤニが蒸発(揮発)するのだろう。


もともとログハウスなので木の香りはしている。
それに輪をかけて最近ではトドマツの匂いに心安らぐ日々である。
・・ホントかな?



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 17:50薪ストーブ暮らし

2016年10月17日

リンゴの気持ち




商品価値が無い・・といってほとんどが棄てられるか、自己消費するようなリンゴである。
それでもかまわないのなら・・。


といって、一袋100円〜200円ほどで道ばたの無人販売などで売られている。
リンゴ農家さんとたまたま出会うと「もう一袋おまけ・・」ということもある。


この青リンゴは加工用ということで詰めてもらった。
200円である。
「アップルパイ」、「煮込みリンゴ」、「ジャム用」にいい。


蜜の入った贈答用のリンゴは、あと一週間ほどしてからでないと手に入らない。
慌てる事もない。
リンゴは来年の春まで順次販売されるのだから。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 18:36北の木の実

2016年10月15日

雑木林のアップルパイ




雑木林のトドマツにしてやられたリンゴもいくつかは無事だった。
生食すると甘さはそれほどでもないが、酸味のある素朴な味がした。


言うなれば昔の「青リンゴ」の味である。
そんなわけで、これらを使って「アップルパイ」をつくることにした。


ふくよかな三口サイズぐらいのアップルパイができあがった。
うれしい限りである。
なんせ、ここで辛抱強く育ったリンゴである。


まだほかにもリンゴの木はある。
小さな果実をつけている。
雪の重みで枝が一本折れてしまったリンゴの木でもある。


この雑木林にはまだ8本のリンゴの木がある。
年々、リンゴの花をつける木が多くなっている。
来年からは「アップルパイ」ざんまいが期待できそうだ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 13:52北の木の実お茶タイムと料理

2016年10月12日

チェンソーで伐採


2015/09/27
伐採終わる・その2
最初に左側の1本の幹を伐採。この幹の重さを利用して伐採方向の向きを変える。地上に着く分はカットした。ナナカマドの上部の幹は結んだロープが役立って、空中遊泳させながら意図する方向に固定する。うまくいった。やや意味不明の説明が終わって、一番難関のもう一つの幹の伐採にとりかかる。どのよ…




カミナリに打たれたかのようにして倒れたトドマツ。
「キノコ狩り」の予定を変更して、まずはトドマツの後始末だ。
やはり「チェンソー」がなければ事ははじまらない。


幸い、チェンソーは今年の春に買い換えていた。
排気量が40cc,重さは4.2kgと、ま、ま、軽いほうだろう。
さらに、在庫のチェンソーの刃がそのまま継続して使えたのがいい。
つまりはそういう「機種」を選んだということになるか。


まずは邪魔になる枝葉を切っていった。
ホント、リンゴの木がかわいそうだった。
そして適度に玉切りをする。
適度・・適当・・かなりいい加減・・の、玉切り。


縦に裂けたトドマツ。
こんなふうにしてバッサリと割れたのだ。
自然のなせるわざ。


そしてトドマツの玉切りは近くの薪小屋でしばらく休んでもらう事にした。
割るのは多分、来年になるだろう。
トドマツは意外と利用価値があるのです。
それは・・次に。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 17:56薪ストーブ暮らし

2016年10月11日

鮭が玄関前に上る




シャケのシーズンたけなわである。
シャケが海岸、河口にたむろし、あちこちの川に上っている。
ここでは玄関前に上ってきた。
ごくろうさまです。
指折りお待ち申し上げておりました。


千歳の「道の駅」のインディアン水車もフル稼働中なことだろう。
あれは見ていても面白い。
さて、このシャケはメスだろう・・ということでメス(ハサミ)を入れる。
・・・イクラ、イクラ、、。


ああ、見事な筋子だ。
なんたって垂涎の的、尿酸値をあげる張本人。
どうしよう。


恐れ入りました。
つい朝まで近くの海で泳いでいたシャケさんである。
黒っぽいのはシャケの心臓かな。
ホイルに包んでバター、醤油で焼くと美味しい。


食べやすいように切り身にして沖縄に送ることにしよう。
台風がなんだかんだしているので落ち着いてから送ろう。
(このシャケはもう既に沖縄に着いている)


シャケの切り身といっしょに「イクラ漬け」も1瓶入れておいた。
イクラの海鮮丼、親子丼が食べれるね。


さらに次はオスのシャケも上ってきた。
切り身にして「味噌漬け」か「酒粕漬け」で保存しようか。
脂ののったシャケのアラ(中落ちも)、ハラゴーは味噌焼きがとても旨い。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 09:21釣りを楽しむ

2016年10月10日

ヤマ・ソーヴィニヨンの収穫


2016/10/01
番外・ヤマソーヴィニヨン
ちょっと「ワイナリーめぐり」は休憩。ここでは雑木林のブドウである。今年(2016)は「ヤマ・ソーヴィニヨン」がよく実をつけている。熟すまでにはあと1週間ぐらいだろうか。茶ブドウのデラウエアのようだが、デラウエアよりも粒は大きい。ヤマ・ソーヴィニヨンは赤(黒)ブドウだ。熟す一歩手前の色は…




それから10日後だった。
ワイン用ブドウ「ヤマ・ソーヴィニヨン」を収穫することにした。


たわわに実る。
さすがにワイナリーのヴィンヤードのようにはいかない。
1ヘクタールもない広さが恥ずかしいのだが・・。


まぁ、小心にて謙虚、謙虚・・が、大切の心だ。
ちょっと一粒を食べてはみたが、甘さはそれほどではなかった、辛口か。
「辛口ジュース」は望むところでもある。


あらかじめ、この世界(どの世界??)の「ブドウジュース名人」のHさんに収穫をお願いしていた。
厳しい目が四方八方に光る。
関係ないが「ソフトボールクラブ」の部長でもある。


というわけで、このカゴで2カゴ分ほど穫ることができた。
4〜5キロぐらいはあるだろう。
意外とたくさん穫れたのでジュースが楽しみ、楽しみ、ふふ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 18:10北の木の実

2016年10月09日

倒れたトドマツとリンゴの木




もしかして・・の危惧(きぐ)はあたっていた。
あろうことか、リンゴの木が下敷きになっている。
ああ・・なんていうことだ。


リンゴの木は派手に裂けていた。
エゾシカやノネズミに根元をかじられながらも生き抜いてきたリンゴの木だった。
ここにきて一貫の終り、the エンドか。


。。気をとりなおして、幹、枝葉などを払いのけることにした。
まったく憎たらしいトドマツ、オソマツ、ジュウシマツである。


無残!御愁傷様・・なんて云ってられない。
ここでなんとか考えなければ、残った幹や枝は??


とにかく、まずは散らばったリンゴを回収する。
形も悪いし味も悪いが、痩せても枯れてもリンゴはリンゴだ。
ジャムにしてアップルパイがいいか。
アップルパイを食べてからトドマツの整理をすることにしよう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 17:50ぞうき林

2016年10月08日

雑木林のトドマツが倒れる




風の強い日が何日か続いていた。
台風の影響も最近では北海道とて例外ではない。
大きく揺れていたトドマツがバキバキッと音を立てて倒れた。


しかし、そのバキバキッ!となる音は聞きのがした。
夜の10時過ぎ頃だったという。
その時は白川夜船(しらかわよふね)のまっさいちゅうだった。
いい夢を見ていたのかもしれない。
。。現実は倒れたトドマツが目の前の庭に倒れていたのだ。
トドマツにしがみついている雪虫もびっくりしたに違いない。


根っこから倒れたのではない。
幹の途中からだ、カミナリが落ちたように裂けている。


倒れたトドマツ、確かに縦に裂けている。
ま、焚き付けの材料にはちょうどいいか。
と、そんなゆとりはない。


ここでビックリ。
周辺にはリンゴが散らばっていた。
もしや・・??
まさか??
案の定・・ショック。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 19:59ぞうき林

2016年10月06日

函館まちあるき




面白いパンフレットを手に入れた。
いわゆる「函館」のガイドブックである。
パンフレットはずいぶんと薄いので、持って歩いても「腱鞘炎」にはならないだろう。
箸より軽い。


「函館」あるいは「箱館」という北海道の玄関、港町は魅力にあふれている。
ゆっくり、のんびりと街めぐりをしたい人にとってはピッタシの函館ガイドである。


1〜2時間程度で周る散策コースを26冊にしてまとめられている。
一般的な「観光めぐり」よりもちょっとユニークにして奥が深い。
なかなかの名著である。


中を開くと「出発点」と「帰着点」が効率良く地図に記載されている。
散策の途中で一休みするのもいい、楽しそうな店も載っている。


そのほか、上のようなパンフレットもある。
坂本龍馬もいる、何の関係があるのだろうか。
そういうことを思いながら、謎解きをするのも面白い。
これらの26冊を全てよみ終えると「函館学」の物知りになるかもしれない。
いや、「函館市長」になれるかもしれないね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 21:15まちかど散歩

2016年10月05日

薪の季節とジャバラ虫


2014/12/08
薪ストーブ暮らし-57(ジャバラ虫)
ずいぶんと古い薪玉、極太どんころである。ミズナラの木,漬け物になった薪玉のようだ。これとて無駄にはできない。そういうのを集めたのがこれ。半端な季節にはこの半端薪がよく燃えて重宝する。そしていつの間にか半端材がメインになってしまう。いつになったら自慢できるような「都会の薪」を焚くこと…




もうずいぶんと長い付き合いになっている。
恋人同士かもしれない。
ダレとダレ??


田舎の骨董的な薪は、品よく皮が剥ける。
パッと紙吹雪ならぬ粉が散る。
ああ、都会の清々しいなよなよ薪が恋しい。


ミズナラの薪がそろっている。
樹皮(皮)は頑丈だ。
時折、アカゲラが着地してはコンコココ〜ンと訪問者的な音をたてる。
それはまるで背中を突っつかれているようで痛い・・気のせいか。


ジャバラ虫の軌跡、そのわだちは複雑迷路である。
木粉がぱっと落ちたり、固まっていたりする。
それをマイナスドライバーで削り落とす。
まだ生きながらえているジャバラ虫も一緒に落ちていく。
その下では蟻たちが群がって待ち構えている。
なかなかの「ダーウインが来た」の昆虫世界だ。


剥いだ皮も薪ストーブの前座になる。
最初、煙りは多いがよく燃えてくれる。
煙突掃除の心配がかすめるが無駄にはできない資源だと理解する。
昔、「木材置き場」では誰もがこの皮を剥ぎ、燃料として大切に扱っていたそうである。
さあ、薪ストーブの季節がやってきた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 20:24薪ストーブ暮らし

2016年10月04日

ソラチワイナリーめぐり・その4


<宝水ワイナリー>


「宝水」とかいて「ほうすい」とよむ。
なにやら古民家仕様の店舗兼醸造所である。
古材があちこちに使われている。
昔の石炭ストーブや撮影(映画)に使った小道具たちも見つけることができる。


岩見沢の丘に広がるブドウの栽培面積は9haあるそうだ。
気さくな倉持さん(社長)に案内していただいた。
今度はここだけでもゆっくりと訪れることにしよう。


このワイナリーは「ぶどうのなみだ」という映画の舞台でもあったそうだ。
恥ずかしながら知らなんだ。
2013年にここを舞台にした映画づくりが始まった。
翌年の2014年に映画は公開された。
「ピノ・ノアール」のブドウづくりが展開される。
知ったふりして説明しているけれど・・見てはいないです、まだ。


そしてここでの一押し。
宝水ワイナリーのブドウソースをトッピングしたソフトクリーム。
残念ながら半分食べてしまった。
食べる前にうつすのがもちろんよかったけど。
愛嬌、あいきょう、、、


ソラチ地方の岩見沢一帯はかなりの豪雪地帯でもある。
棚づくりの柱は冬には倒して、ブドウたちを冬眠させて春を待つとのこと。
芽吹きは5月ごろかな。
主な栽培品種は「レンベルガー」、「ピノ・ノアール」、「ヴァッカス」、「シャルドネ」、「ケルナー」などである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 14:57きたの散歩北の木の実

2016年10月02日

薪を風除室に運ぶ


2015/06/30
薪を運び込む
フレコンパック(ずたぶくろ?)で5袋(5立米)の薪を整理した。「薪小屋」に運び込んだわけである。さすがに45センチの薪はズシリときた、とても重い。45センチ薪は3パック(3立米)で、あとは35センチの薪だった。ストーブは60センチでもOKではある。きれいに再塗装したコーナーにせっせ、せっせと運び込…




「風除室」には薪のストックが少ない。
昨年度使ったからだ。
ここの薪は何かと便利だった。
大雪、大雨になるとそのありがたみがずいぶんと分かる。


今年も早いとこ「薪」を満杯にしておかなくては。
越冬する分には足りないが、大雪をやりすごすことはできるだろう。
比較的暖かい道南地域とて雪は多い。


汚れている所を掃除しながら運び込むことにした。
やはり薪にとりつく虫の死骸の多いこと、虫たちもここで越冬するのだろうか。


せっせ、せっせ・・できるだけ皮(樹皮)を剝がして積上げる。
時間はかかるがなんとか積み上がっていく。
隙き間はたくさんあったほうがいいだろう。


雨がかからないとはいえ、ここでも乾燥してもらわなければならない。
風除室は薪のサウナ室に近い。
ま、なんとか上まで積み上がった。
これで安心だ。
天気の好い日は風通しを良くしてあげよう。


さて次は右側のベランダに積んだ薪である。
日当りも悪く、冬は屋根からの雪が積もってそこは完全に陸の孤島になる。
どこに移動させようか・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 18:26薪ストーブ暮らし

2016年10月01日

番外・ヤマソーヴィニヨン




ちょっと「ワイナリーめぐり」は休憩。
ここでは雑木林のブドウである。
今年(2016)は「ヤマ・ソーヴィニヨン」がよく実をつけている。
熟すまでにはあと1週間ぐらいだろうか。


茶ブドウのデラウエアのようだが、デラウエアよりも粒は大きい。
ヤマ・ソーヴィニヨンは赤(黒)ブドウだ。
熟す一歩手前の色はまさに茶ブドウそっくりである。


ワイナリーの仕事の真似をして、おもむろに葉を落とす。
この作業を「葉かき」と云うそうだ。
陽にブドウの房がいっぱい当たるように仕向ける。
リンゴなども熟し始めると袋を外して陽に当てたり、向きを変えたりするのと同じである。


葉が落ちる。
台風余波での痛めつけられた葉もついでにカットする。


このヤマ・ソーヴィニヨンは最初から袋がけをしていない。
あとの心配は鳥や虫たちの来訪である。
熟し始めるとブドウの匂いが漂うかもしれない。
「ワイナリー」では鉄砲のような大きな炸裂音を定期的に発していたが、一番驚いていたのは観光客だった。
夜中でもやっているのだろうか。
ヒグマやエゾシカ避けにこの雑木林でも「炸裂音」を使いたいね。


「マオイワイナリー」ではこのヤマ・ソーヴィニヨンが主力品種となってる。
「ヤマ・ソーヴィニヨン」はヤマブドウとカベルネソーヴィニヨンとのかけ合わせ、日本で生まれた品種である。
挿し木でも容易に活着、越冬する。
趣味で育てるのには「十勝ワイン」の「清舞」、「山幸」の苗木(挿し木)と同様である。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 09:24北の木の実