さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


雑木林に暮らす(Archives) › 2017年12月08日

2017年12月08日

プルーンのジャムづくり



(昨夜からずいぶんと雪が降った、積もった、あぁ大変だ
「雪かき」をまたしなければならない。
家を一周させるには相当な労力だ
ただただ、美味しいものを食べて頑張るしかない
下記は2012年1月9日のアーカイブを転載しました)




毎年秋にはジャム用のプルーンが格安で手に入る。遠いかもしれない「プルーンの農園」が近くにたくさんある←意味やや不明
収穫期ともなるとかなりのにぎわいを見せる。



ジャム用だからといって必ずジャムにしなければならない・・という掟(おきて)はあってもないがごとし。
ジャムをつくりながら生食することもある。
果物というのは見栄えだけではそのおいしさが分からない。
かえってジャム用の果実のほうが生食には美味しい・・かもしれない。



クツクツと煮込んでいくと「トロッ」としてくる。
プルーン自身にペクチンが豊富なのかもしれない。
大胆にも粒ありぐらいのジャムのほうが野性味があっていいし、素朴なおいしさが味わえる。



酸味が弱い時のトッピングは「シークワァーサー」である。
そういうことのために「北へ」はるばると持参してきた。
栄養ドリンクの大きさで100円ほどのもの、そんなに高いものでもない。



冷凍保存をしてイチゴのジャム同様「南へ」のおみやげにもなった。
プレーンヨーグルトとの相性も良く、美味しさも格別である。
・・トイレも近くなる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 08:19お茶タイムと料理