さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2017年12月16日

サンマとエゾリス





けさは大雨になっている。
予報によると明日まで続くらしい。
気温は20℃を下回っている。
大雨の中にもかかわらず「さかな屋さん」がやってきた。
メニューは「サンマ」、「イワシ」、「イカ」のみだった。
サンマは今年の初物・・美味しそう、買った。



サンマを狙ってエゾリスがやってきた。
まぁ・・サンマは食べないと思うが、エゾリスは少々の雨でもやってくる。
今朝の獲れたて(撮れたて)画像になる。
窓ガラス(掃きだし)からそんなにのぞかないでくれ・・。

(2011年7月08日のアーカイブを転載しました)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 16:20えぞりす

2017年12月16日

エゾリスのごあいさつ




↑ おじちゃん おはよう・・・
きょうは掃きだし窓の上から あいさつ
朝早く ゴソゴソと音がする 
バタバタと走りまわる音もする
まだ朝の6時前だ 外は明るくなっているが カーテンを開けてみた
ややしばらくすると 窓の上から現れた

「お前さん なにをしているんだ おどろかして・・」 と 云ってみたが リスは意に介さない 
走りまわっては しきりに 目をあわせようとする 
クルミのおねだりか・・
「お前さん ほんとうに野生のエゾリスくんかね?」

(2007年のアーカイブを転載しました)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                        


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 16:09えぞりす

2017年12月15日

落ち葉のエゾリス





「落ち目のエゾリス」ではない。
落ち葉の多い秋のエゾリスは背景によく映える。
動作も機敏である。
ふと立ち止まる時がカメラ一番の狙い目。
手に持っているのは「カシグルミ」である。
野鳥やエゾリス好きのいつもの「魚屋さん」がプレゼントしてくれた。
魚屋さんも手渡しができたと喜んでいた。

尻尾をたてていないので緊張感は和らいでいる。
なんたってエゾリスくんたちとは長年の付き合いである。
それにしても一体全体この雑木林には何匹のエゾリスがいるのだろうか。
年賀状を交換し合っているエゾリスは4~5匹程度なんだけど。



なかなかのポーズ・・のような気がする。
勇壮にもみえる。
空が白いのがちょっと残念だ。
露出オーバーかな・・でもおかげでエゾリスが引立っている。

やはり冬が近づくにつれ、エゾリスたちはふくよかな姿、体形になっていく。
厳しい冬を乗り越えなければならないからだろう。
毛もふさふさだ、頭を見てうらやましい。



薪ストーブでぬくぬくと冬を過ごす「人間」はやはり軟弱にみえてくる。
エゾリスさん、あんたはえらい!!
おじちゃんは南の島で反省しています~夏でも薪ストーブを焚くのをやめよう。

(2009年12月01日のアーカイブを転載しました)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                        


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 20:07えぞりす

2017年12月14日

ログハウス暮らしー2





昨年の過酷な(?)労働のおかげなのだろう・・周辺はそんなに荒れてはいなかった。
いつもは「ゴミ屋敷」、「フキ屋敷」に近かったけれども、なんとか面目を保っていた。
かつての「フキ屋敷」がなつかしい・・フフフッ、余裕である。



屋根からの雪の落ちる場所、そこのささやかな「花壇」もこんな感じである。
昨年全部片づけたはずの「あさつき(ネギ)」が、片隅でしつこく生えている。
別の場所に移さなくては・・それとも美味しそうなのでみんな食べようか。



今年は小さな「ぺんぺん草」がたくさん生えている。
毎日濃霧がかかる。
こういうのを「エゾ梅雨モドキ」というのだろうか。
細かい雨も降っている。

花壇の縁取りには「カラーブロック」をただ並べておいただけ。
そもそもが「雑草地帯」と「花園地帯」を見分けるためだった。
例えて云えば、禿げてきた人が「どこまでが額(ひたい)なのだろうか・・」と悩まないようにするための思考回路と似ている。



「ターシャの庭」にはほど遠い。
早く青空をみせてほしい。
今日もエゾリスが遠くを横切って行った。
まだまだ無視されている。

(2011年5月29日のアーカイブを転載しました)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 10:50ろぐはうす

2017年12月13日

エゾリスの品格





うしろ姿を撮ったもの。
なんとなく尻尾の長いネコかイヌが、お上品に座っているように見える。
それとも年老いたメタポなネコが飼い主の家から物思いにふける、、姿か。



昨日のブログに載せた塗料の話・・。
水性の塗料をベランダに塗ったが、一年でこのようにはがれてきた。
塗料がベランダの床材に吸い込んでいないのがよく分かる。
薄い被膜をつくるだけである。

その後、油性の外壁材の塗料に変更して塗り替えたが、この画像では以前のベランダの様子が見てとれる。
雨があたり、雪も積もる場所でもある。
もっとも、エゾリスくんにとってはどっちでもいいのかもしれない。



ここでも同じようなポーズをとっている。
このブルーシートの下にはアオダイショウもいるが、ログ材のあまったものが積まれている。
どうもログ材の整理が追いつかない。
アオダイショウのほうは放っている。

さて、気品を漂わせるエゾリスはいつもせわしなく動き回っているが、時として立ち止まり、「品格」を大事にしている。
・・ところでエゾリスの品格って何だ??
エゾリスも猫のように「毛づくろい(グルーミング)」をするのだろうか。

2008年5月15日のアーカイブを転載しました)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 10:17えぞりす

2017年12月12日

元気なエゾリスたち





久しぶりの再開でしたが、エゾリスくんたちはみんな元気そうでした。
また今年も楽しく遊ぶことができました。
エゾリスくんたちもたくさんいたので、名前もつけました。
 
「なつこちゃん」、「にーなちゃん」、「みつおくん」、「よしこちゃん」です。
それぞれ性格もしぐさも違っていました。
この画像のエゾリスくんはよくなついてくれたので、「なつこちゃん」とつけました。
略称は「なっちゃん」です。
口笛を吹くとやってきます。

そういえば桑の葉を食べる蚕(カイコ)を、おもしろ半分に飼ったことがあります
南国でも昔は「養蚕農家」がたくさんありました。 
そのときのカイコくんたちの名前は「イトコ(糸子)ちゃん」、「キヌコ(絹子)ちゃん」、「まゆこちゃん」そして「モスラちゃん」と云っていました。
・・さてまたのんびりとお付き合いください。
2008年11月01日のアーカイブを転載しました)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                      


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 09:05えぞりす

2017年12月12日

あのころの「ログハウス」





懐かしい写真がいろいろとでてきた。
「ログハウスを建てる」ということで、その経過を4~5回このブログにものせたけれど、あえなく滞ってしまった。
特に「次回につづく」というブログ連載ものはホント・・続かないものである。
「つづかないものをつづける」というのも訳が分からなくて変な話になっている。



言い訳はそのぐらいで、、と。
下草がきれいに刈られ、広さを確保するために雑木が伐採された。
右側が雑木林のチョモランマだろうか。
やはり振り返ってみると懐かしい。



その時の貴重な写真でもある。
やはり「ホームページ」にでもまとめておいたほうが良いのかもしれない。
(2011年2月06日のアーカイブを転載しました)
 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています
     にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                  


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 01:55ろぐはうす

2017年12月10日

ログハウスでティータイム





毎日の日課は雑木林の散策(見回り)と剪定作業になる。
「薪づくり」もしなければならない。
切り倒した木や枝の整理もテキパキ、大変な作業になる。
「知力」も必要だが、なんといっても「体力」のほうが一番である。
「知力」は認知症と対決するために将来までとっておいたほうがいい。
もっとも、まったく「知力」を使わずに終わることもある。

倒した木はほとんど全部が「薪」として使える、細かい枝もそうだ。
来年用、さ来年用に積んでおかなければならない。
それらに費やす時間は結構長いが、今のところ苦にはならない。
むしろ楽しくて時間のたつのを忘れてしまう。
寝心地もよくなる。



時間のたつのを忘れてしまう・・と云ったが、「休憩タイム」と「トイレタイム」は、まぁ、忘れない。
特に暑い日は水分の補給をかねてひんぱんにとっている。
その時は冷たい麦茶がおいしい。

ログハウスでは普通、テラスなどでコーヒーとか紅茶・・ハーブティなどを飲むのが定番で格好いいらしい。
でもこういうのはあまり好まない。
どちらかというと田舎暮らしの農家の感じがいい。

やや重いティータイムになるとこのような「おにぎり」付きのものになる。
その時は冷たいお茶ではなくて熱いお茶がいい。
クルミのほうはエゾリスさんの「おやつ」である。
ああ・・今日もやさしいおじちゃんなのである。

2008年9月のアーカイブを転載しました)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 08:55ろぐはうす

2017年12月09日

ログハウスの小鳥たち





小鳥たちは元気にやってくる。
そして相変わらずエゾリスくんたちの来訪も多い。
でも数の多さでは小鳥たちのほうが多い。
小鳥たちはエゾリスたちにひるむことなくやってくる。



ゴジュウカラ、ヒガラ(コガラ)たち。
態度を観察するとゴジュウカラが一番いばっているように見える。
くちばしのせいだろうか、とても強気である。
威勢がいい、口の大きさには勝てない。
どこかの世界と同じだ。
人間も50を過ぎたら威張っていいのだろうか・・カラ元気に。
(50はゴジュウ、カラ元気はカラ・・50になってのカラ元気は「ゴジュウカラ」に似る)←意味汗だく



シジュウカラは一番の臆病者だ。
みんなが回りにいなくなってから、ソロリとやってくる。
臆病者のそしりを免れない、40歳になってからのカラ元気には注意しよう。
しかし、きちんとネクタイをしめて紳士ぶる。



ヤマガラは庶民的・・エゾリスが遊んでいてもかなり平気である。
矢でも鉄砲でも持ってこい・・と叫んでる。
でも逃げ足のほうは素早い。



見ていても飽きることはない。
時として窓ガラスに直撃する小鳥もいる。
窓ガラスと遊んでる?



時として「アカゲラ」がやってくる。
枯れ木をついばむ。
だから枯れ木の整理もままならない。
適度に枯れた木をそのままにしている。
美しい雑木林を作るよりも小鳥たちの棲める雑木林を作りたい。

2013年12月01日のアーカイブを転載しました)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 09:07ろぐはうす

2017年12月08日

プルーンのジャムづくり



(昨夜からずいぶんと雪が降った、積もった、あぁ大変だ
「雪かき」をまたしなければならない。
家を一周させるには相当な労力だ
ただただ、美味しいものを食べて頑張るしかない
下記は2012年1月9日のアーカイブを転載しました)




毎年秋にはジャム用のプルーンが格安で手に入る。遠いかもしれない「プルーンの農園」が近くにたくさんある←意味やや不明
収穫期ともなるとかなりのにぎわいを見せる。



ジャム用だからといって必ずジャムにしなければならない・・という掟(おきて)はあってもないがごとし。
ジャムをつくりながら生食することもある。
果物というのは見栄えだけではそのおいしさが分からない。
かえってジャム用の果実のほうが生食には美味しい・・かもしれない。



クツクツと煮込んでいくと「トロッ」としてくる。
プルーン自身にペクチンが豊富なのかもしれない。
大胆にも粒ありぐらいのジャムのほうが野性味があっていいし、素朴なおいしさが味わえる。



酸味が弱い時のトッピングは「シークワァーサー」である。
そういうことのために「北へ」はるばると持参してきた。
栄養ドリンクの大きさで100円ほどのもの、そんなに高いものでもない。



冷凍保存をしてイチゴのジャム同様「南へ」のおみやげにもなった。
プレーンヨーグルトとの相性も良く、美味しさも格別である。
・・トイレも近くなる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 08:19お茶タイムと料理

2017年12月07日

雪のログハウス





太陽に見放された日々だった。
雑木林では11月下旬から12月の初旬まで、雪と雨が交互に降っていた。
寒さは・・というと「一進一退」を繰り返す毎日だった。



それでも寒くても今年の「雪景色」は新鮮だった。
こんなにゆっくりと生活したのも珍しい。
およそ8ヶ月ほど、このログハウスに居座っていたのだから。



このログハウスは三ヶ所の小山に囲まれている。
東側の小山に登ってうつしてみた。
この辺りの樹木等はまだ手つかずになっている。
なんとか来年はがんばることにしよう、小山はこども用の「スキーコース」がつくれそうだ。



正面の小山が東側、太陽がいつも昇ってくる。
左下手前には伐採したキノコ用の原木(ミズナラ)が静かに眠っている。
来年の「キノコづくり」が楽しみである。

(2011年12月19日のアーカイブを転載しました)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 14:30ろぐはうす

2017年12月06日

やんばる島豚・あぐ~





とにもかくにも沖縄の豚はトンとおいしい。
その歴史は500年以上も前から、という。
この500年の歴史の最初の1年目はどのような様子だったのだろうか・・。
豚の姿に愛着はわくが鼻やその体型に驚いたに違いない。
1509年といえば信長も秀吉もまだ生まれていない時代である。
沖縄では「琉球国」という時代だ。



「島ブタ」は量は少ないがスーパーでは日常的に売られている。
この脂身(あぶらみ)がなんともおいしい。チャンプルーの出汁にはうってつけだ。
「半額」なのだが味のほうは「半額」にならないので「半額」に出会うと「半額」以上にうれしい←意味やや不明



嫌いな、扱いづらい「ラップ」をとるとこのようになる。
見ていても美味しそうである。
「豚肉」と「昆布」の消費量は沖縄が一番だそうだ。
ついでに「出生率」と「離婚率」も・・。
何でも一番は罪深い。



こちらは肩肉「グーヤー」という。
カレーライスの豚肉にはいつも使っている。
毎週ある「特売日」にはかなり安くなる。
アメリカ産もあるが断然「県内産」がいい。



島ニンニクである。
なぜか沖縄の「島ニンニク」とか「島二十日ネギ」の種球が北国のホーマックなどで売られている。
沖縄の生産物販売所などでは「島ニンニク」が大量に出回っている。
粒も小さいので黒糖などに漬けると皮ごとそのまま食べられる。
「島ブタ・あぐー」の説明をすっかり忘れてしまった・・。

(2009年9月25日のアーカイブを転載しました)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 17:41お茶タイムと料理

2017年12月05日

雪らしい雪が降った




昨日までは、どちらかというと晩秋のような景色だった。
ところが今朝は雪景色に変身していた。
めまぐるしい天気である、気象予報は当たった。
さてこの雪、根雪になるだろうか・・どうなんだろう?
根雪はもっと後かもしれない、この控えめな予報は当たるだろうか。


朝といっても「雪かき」を始めたのはようやく9時を回ってからだった。
毎年ながら大変な・・まぁ、好い運動とでも云っておこうか。
今はひと休み、熱いほうじ茶が旨い。
そういえば「新聞」を取ってくるのを忘れた。


角トップの上にも雪がちょこっとある。
屋根からの落雪には注意しよう・・と自分に言い聞かせる。
20センチを越える雪は一段落して、今の空は晴れている。
歩くスキーもできそうだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 11:48ろぐはうす

2017年12月04日

朝は簡単に・・食事




「コケコッコ〜」
うなされるような夢をみても、朝はさわやかに起きるのが一番だ。
毎日の「朝ごはん」もしっかりととることができる。



そこで朝は、簡単なインスタントの味噌汁をつくっている。
向って右から「みそ」、「きざみめかぶ」、「かつおぶし」、「とろろ昆布」そして沖縄の海草「アーサ」である。
お湯を注いでかき混ぜると「がごめ昆布」の「ぬめり」がよくでて「ヌルッ」と、おいしい。
昆布類は好きだ、髪の毛もさわやかにしてくれる。



そしていっしょに二個の「おにぎり」となる。
小さめが食べやすい。口と態度のでかい人は、大きいのがいいかもしれない。
「おにぎり」には五色の乾燥野菜がまざっている。



ここで参考までに・・
沖縄では、食堂で「味噌汁」・・と、注文するとこのようなご飯つきのボリューム満点のものがでてくる。
豆腐や野菜、たまごが豪快だ。
「観光客」のカルチャーショックにもなっている。
お試しあれ。
(2009年6月26日のアーカイブを転載しました)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 17:41お茶タイムと料理

2017年12月03日

昔は良かった(シャケをさばく)


2017年の今年はシャケ(鮭)の不漁が続いている
でも2010年は良かった
来年はカムバックさ〜もん〜〜




「シャケをさばく」・・といっても裁判にかけるわけではない。
「さばく」とはサハラ砂漠のことだ←意味不明。
で、「シャケ釣り」の「その2」になります。

42センチのまな板も小さい。
釣ったシャケをさばくのは生まれてはじめて・・です。
昔、「新巻鮭」ならさばいたような、さばかなかったような・・はっきりしない。



シャケのからだは、つるつる滑る。
ヌメリがすごい、生きていないのに逃げる。
とてもやりづらいのでベランダの踏み板を使った。
出刃包丁も使うのですべるのは危険極まりない。
塩でもむとヌメリはとれるとのこと。



この出刃包丁はとても良く切れた。
さすが札幌の狸小路で買った包丁だ。頭(かしら、かぶと?)のほうもなんなく解体できた。



でもそんなに上手にさばいたとは云いがたい。
シャケのずうたいが大きいので下手でも下手なりにできる。
アラは「魚汁」用に選り分けた。
白子(しらこ)も大事にとった。



身のほうも適度な大きさにして一応は保存することにした。
いうなればエゾリスの「貯食」と同じ。
さて、味のほうは・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 16:24お茶タイムと料理

2017年12月02日

昔は良かった(朝イカの日々)



朝イカの日々は2008年でした。
カムバックいか〜いか〜〜




昨年の夏はずいぶんと「イカ刺し」を食べた。3日に一回は食べていたような気もする。
おかげでイカの皮も手際よくむけるようになった。一夜干しもOKである。
ついでに自家製の塩辛も簡単につくることができた。
イカ三昧の日々、まさにイカさま・・さまである。



これはイカにホッケ、サンマである。
しめて500円、ワンコインだ。
実は毎朝、演歌をかけながら魚屋さんの車がやってくる。
獲れたての魚である。



普通のスーパーなどで買っても同じぐらいの値段かもしれないが、身が厚くて甘みがある。
とても美味しいのである。
そして何よりも「朝イカ」は朝食で食べるのが一番である。
余れば夜のビールの友達になるが、基本は朝ご飯である。



手前の魚は多分サンマの子どもだろう。
さばいている時にイカの体内からでてきた。
それがイワシやワカサギなどであったりもする。イカもかなり貪欲(どんよく)な生き物だ。



イカの手足がまたうまい。
こりこりしている。大きな吸盤はタコと違って美味しくないので、ある程度はとり除いてから食べる。
北海道のタマネギ、ジャガイモ、そしてこの新鮮なイカを使って「イカジャガ」をつくるとゴロ(はらわた)の味が濃厚にでる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 20:28お茶タイムと料理