さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


雑木林に暮らす(Archives) › 2018年01月07日

2018年01月07日

エゾリスとまつぼっくり




ナツコちゃんは「まつぼっくり」も好きだ。
この「松かさ」の中に小さな種子がたくさんつまっている。
その栄養価は高い。
ついでに・・栄養価のとっても低いのは「まつぼったくり」と云うそうだ。



エゾリスは「針葉樹」と「広葉樹」がほどよく交ざりあった林の中で暮らしている。
一方で、手っ取り早いエゾリスの生活の地は、自然豊かな「公園」になるかもしれない。
人が公園から遠ざかると「すべり台」や「ブランコ」で遊んでいるらしい。
それはまんざらウソでもない。



しっかりと両手で「まつぼっくり」をつかんでいる。
そういえば二本足で歩いて帰ろうとした「なつこちゃん」もいた。
両手でたくさんかかえる別の「なつこちゃん」もいた。
ホント、なつこちゃんはミステリアスな「女の子」でもある。

2011年4月14日のアーカイブを転載しました)
                     
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 全部の記事の項目は http://ezoriss.sapolog.com/sitemap.html でも見ることができます(ポインタをあててクリック) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この「ブログ版」とは別にホームページを公開中↑↑雑木林に暮らす↑↑  


Posted by カワセミ@旅人 at 09:32えぞりす

2018年01月07日

エゾリスと松ぽっくり・その1




まつぽっくり、松かさ・・松の果実ということになるのだろうか。
小さいほうはカラマツの松かさになる。
中のタネはもうすでになくなっている。
このもう一つの大きな「まつぽっくり」の松の種類が分からない。

近くの山でウォーキングをしながら見つけた。
カラマツの林のなかに混生して生えている。
木肌から見るとトドマツとは全然違う。
円筒形のまつぽっくりでもないのでエゾ松でもない。
赤松か黒松だろうか。



この固くてまだ開ききっていない「まつぽっくり」を給餌場に置いてみた。
エゾリスにとってみればヤマガラやコガラ、ゴジュウカラたちとの「出会いの場」ということになる。
しかしそれらしきロマンスは生まれていない。



しばらくはまつぽっくりを無視していた。
他にも美味しい食べ物がある。収穫したばかりのヒマワリもある。



いつものように「落花生」も食べている。
「貯食」のために持ち帰ることも多々ある。



「まつぽっくり」もエゾリスの好物らしい。
まつぽっくりの中に入っているタネが美味しいらしい。
結局、口にくわえて運んでいった。

(2010年10月05日のアーカイブを転載しました)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑
                      


Posted by カワセミ@旅人 at 09:15えぞりす