さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2018年02月28日

島バナナに実がなる




無農薬の島バナナが実をつけて1ヵ月余り経った。
花が次々と開いては閉じていく。
しかしこれ以上の果実は体力的にムリである、ほどほどでいい。
たくさんなっても食べきれない。



そこで先っぽの部分を切り落とした。
砲弾のような形をしている。
皮が一枚はがれるごとに花があらわれる仕組みだ。



バナナの実を見た人は多いが、花のほうはあまりいないだろう。
先っぽが花びらである。
おせじにもきれいな花とはいえない。



花自体は貧弱である。
咲いてもかわいい・・というわけでもない。
しかしこれがりっぱに「バナナ」になるのだ。
この過程を見ているとバナナを尊敬したくなる。
尊敬したくなる人間は皆無だが・・尊敬に値する動植物はなぜか多い。



切った上の部分は立派に実が生っている。
これが日を追うごとに1本1本充実してくる。
小さいながらもバナナはバナナだ。
「島バナナ」はこうして出来上がっていく。



やがて甘酸っぱい香りのする素敵な島バナナが年末?あるいは年始を飾ってくれる。
一房とって、正月飾りをつけて玄関前にぶら下げても面白そうだ。

(2009年12月のアーカイブを転載しました)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑
                      


Posted by カワセミ@旅人 at 16:42ねったい花木

2018年02月27日

2018・ファイターズキャンプ-03(イーグルス)



相手チームの楽天イーグルス。
則本投手に美馬投手(黒シャツ)ともう一人の投手、誰なのか分からない。
「背番号」をどこかにつけていたら調べようもあったのに。


黒シャツの美馬投手はこちらを向いていないけれど、最初は一人で立っていた。
そのあとに則本投手たちがやってきた。
美馬投手とは何回も目を合わせたのですぐに分かった。
ワタシが物おじしないで堂々と近づいていくから「だれだ?こいつは??」と思ったに違いない。
ここは一応「関係者以外立入り禁止」のゾーンだったみたい。


イメージトレーニングかな。
3人は今日の試合の出番はなかったようだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑
                      


Posted by カワセミ@旅人 at 15:51プロやきゅう

2018年02月26日

2018・ファイターズキャンプ-02



今年は毛が無く・・じゃなくて、「ケガなく」がんばりましょう。
腰痛にも気をつけて。
「夢の4割打者」も夢じゃない。


トレードのウワサも消えたかな。
この日ホームランを打った。
意外と守備のほうもうまいね。


ダックアウトで一人静かにバナナを食べていた。
「寿司」じゃなかったね。
今年は「バナナ」でがんばるらしい。
沖縄の「島バナナ」が最高ですよ。
えぇ〜と、この日、新人の清宮は「急性胃炎」で練習試合はパスでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑
                      


Posted by カワセミ@旅人 at 10:10プロやきゅう

2018年02月25日

閑居悠々-5(カーリング)



期待を集めた「平昌冬季オリンピック」も今日が「閉会式」とのこと。
昨日、初めて「ライブ中継」なるものを見ていた。
それは3位決定戦の「カーリング」、イギリスとの銅メダル争いである。
カーリングのルールが段々と分かるにつれて、結構それは面白い。
まぁ、スポーツ競技は何でも面白いのだが、最後は手に汗を握る・・って、感じだった。


イギリスチームの最後の一投が、なんと痛恨のミスを犯してしまったわけである。
そのおかげで「銅メダル」は北海道のチームになんなくころがり込んだ。
運が良かった。
「カーリング」のファンになりそうである。
一度あの「掃き掃除」のようなものもやってみたいね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 16:47ぶろぐいろいろ

2018年02月24日

2018・ファイターズキャンプ-01



いつもの[名護球場]は改築のため使えない。
ここは「金武町(キンチョウ)」にある球場だ。
楽天イーグルスとの練習試合だった。


新しいメンバーも増えている。
背番号が変わった選手もいる。
誰が誰か分かるだろうか。


今年に期待をかける。
もっとも、毎年、毎年期待をかけているのだがね。
がんばって面白い試合を見せてほしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑
                      


Posted by カワセミ@旅人 at 10:48プロやきゅう

2018年02月22日

南のハルサー・その2




北海道の巷では「銀世界」のようだ。
しかし根雪にはまだまだならないだろう。
一方、南の島は「家庭菜園」真っ只中である。
北と南の風景はやはり違う。

隙間だらけの畑もようやく「家庭菜園」らしくなってきた。
それでもまだまだ苗が不足している。
少しづつ・・あせらず、気にせず、ボケないようにハルサー(畑人)しなければならない。



やはり葉野菜の生長は早い。
「小松菜」である。
虫たちも野菜を食べている・・といっても、虫の90パーセントは「カタツムリ」である。
カタツムリは多分、沖縄の人口よりも多いに違いない。
そのうちにカタツムリがおきなわを支配する・・かもしれない。

さらに「アフリカマイマイ」という10センチほどの恐ろしく巨大なカタツムリもいるので油断できない。
ハルサーをしていると手ごわい「敵」が多い。
敵には、ひるむことなく鉄槌(てっつい)を下さなければならない。



こちらはご存知の「ダイコン」である。
少しづつ太りはじめてきた。
どちらかというと「島ダイコン」という辛いダイコンが好きである。
これはオキナワ用の青首ダイコンだ。あまり辛くはない。

大根おろしはサンマやホッケとの相性がいい。
ダイコンの収穫は年内か・・それとも1月になるだろうか・・。
収穫が一度に大量にならないように分けて植えつけている。
また順次タネを蒔かなければならない。



手前は「島ラッキョウ」である。
とても人気のあるラッキョウ。
軽くチャンプルーにすると、もう「ウハ・・ウハ」だ←意味不明。

北海道の花豆を植えた。
あのオレンジ色の花がとても好き、で、北海道ではよく見かけたものである。
花豆の煮豆もおいしい。



北海道のニセコの「道の駅」に白とマダラ模様の赤い花豆が混在して売られていた。
量も少なくて手ごろだった。
値段も安かった。

今年の新豆だったがタネ用として買い求めた。
植えてみるとやはりよく発芽する。
北海道のやりかたを真似てタケの支柱をたててみた。
もうすぐ花が咲くに違いない。近くにトウモロコシも植えると北海道の風景になってしまう。



こちらは「キュウリ」になる。
キュウリは種から育てた。
苗のほうでは50円ほどで売られている。
もちろん少々高いがカボチャに接木した苗もある。
この畑で北海道の菜園風景ができたらおもしろい。

(2009年11月のアーカイブを転載しました)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑
                      


Posted by カワセミ@旅人 at 12:19みなみの野菜畑

2018年02月21日

南のハルサー




「ハルサー」とは「畑仕事をする人」という沖縄の方言だ。
ついでに「キッチンガーディン」の菜園は「アタイ」といってる。

ここ南の島では春野菜の栽培適期でもある。
葉野菜もこれからだ、やはり寒い冬がいい、病害虫も極端に少なくなるからだ。
園芸店では「タネジャガ」などもすでに出回っている。
「キタアカリ」なども見かけた。
北海道では沖縄の島ネギ、島ニンニク、島ラッキョウなどの球根を見かけたので北と南は近くなっている。



北海道での「畑」はお休みになる。
といっても、特に栽培した作物はない。
こぼれタネでの青ジソ、沖縄の葉野菜、ミニトマトぐらいだった。



こちらは「南の島のハメハメハ・・」の畑。
植えている野菜も少ないので少し恥ずかしい。
バナナやパパイヤはこっちに移植することにした。
陽をいっぱいに浴びて、のびのびと育つことだろう。
ただ食べきれないかもしれない。



この畝(うね)にジャガイモを植えるつもりだ。
「ジャガイモ」、「カボチャ」、「トウモロコシ」、「アスパラ」、「メロン」などは北国と思われがちだが、沖縄でもいろいろとできる。
ニンジンやカボチャなどになると島全体が生産地となっているところもある。
沖縄に移住すると一年中「ハルサー」ができるのでいいかもしれない。



さあ、お遊び程度にがんばるか。
今朝の外は24℃ほどである。

(2009年11月のアーカイブを転載しました)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑
                      


Posted by カワセミ@旅人 at 10:33みなみの野菜畑

2018年02月20日

あぁ、クスノキの剪定


2013/03/27
薪ストーブ暮らし‐6(クスノキ)
<クスノキ> 前回の「 薪ストーブ暮らし⑤ 」では「ウルシノキ」でした今回は「クスノキ」について・・・ですクスノキは暖かい地方の樹木である 神社仏閣などの敷地に大木がよく見られ なじみ深い木でもある街路樹としてもよく植えられているその「クスノキ通り」になった街路は真夏でも涼しさをも…




大がかりな剪定をしたのは5年ほど前だったか。
上のブログ記事をみて分かった。
なんせ「チェンソー」という便利な機械をここでは持っていない。
売ってはいるが買ってもいない。

北の雑木林では、手頃な「チェンソー」が一台余っている。
ここに持ってきても良かった。
今度「チェンソー」をかついで飛行機に乗ろう。
そして「ジェイソンです・・」と云おうか。
それにしても「13日の金曜日」の新作映画がなかなか無いね。
ジェイソンは薪ストーバーの助っ人として、今は忙しいのかもしれない。


「剪定ノコ」という極めてアナログな道具でやるもんだから、手首や肩が痛くなってしまう。
それでもめげずにせっせ、せっせと頑張りました。
あの北の「雪かき」よりは楽かもしれない。
剪定したクスノキは近くの畑に運んで片付けることにした。

さて、その畑には大きな桑の木が2〜3本ある。
桑の木も剪定しなければ・・と思う。
・・思うだけ、どうしようか。
チェンソーがあれば「伐採」なのだが。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑
                      


Posted by カワセミ@旅人 at 11:05薪ストーブ暮らし

2018年02月18日

野生の沖縄グラジオラス




太陽に映えるグラジオラスだ。
メキシコの高原でサボテンといっしょに咲いているような花にみえる。
今、盛んにあちこちで咲いている。
ここでは野生種のグラジオラスになる。
南アフリカがふるさとの帰化植物らしい。



大きな空き地や公園、畑では自然に生えてくることも多い。
美しいのはいいのだが繁殖力がとても強い。
やはりそれなりの節操は必要だ。



このグラジオラスは「トウショウブ(唐菖蒲)」の仲間とのこと。
トウショウブにはいろいろな花色がある。
この野生種の色はめずらしい。
草ボウボウの空き地の花としてはもったいないのかもしれない。

(2010年5月のアーカイブを転載しました)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑
                      


Posted by カワセミ@旅人 at 16:07ねったい花木

2018年02月18日

サクラもやがて葉桜




サクラももう葉桜になってきている。
今週いっぱいで見ごろも終わりかもしれない。
この「カンヒザクラ」は花が咲き散ってから葉がでてくる。



よく見るとサクラの色も淡桃から濃紅色までいろいろとある。
残念なことに真っ白なサクラは無い。
ハラハラと花びらが散る・・ということもない。
「角館」の武家屋敷の近くの河原のサクラはハラハラドキドキと散るようだ。



葉ザクラになる頃の「葉」は柔かい。
また「テンプラ」と「サクラ餅」の材料にしよう。

(2011年2月のアーカイブを転載しました)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑
                      


Posted by カワセミ@旅人 at 16:02ねったい花木

2018年02月15日

エゾリスとの再会・2014




雪はいっこうに止みそうもない。
スキーをするためにやってきたのではないのに、困ったもんだ。
「雪かき」をするために早目に戻ってきたことになるか。 




今まではエゾリスのなつこちゃんが「雪かき」をしていた・・ようだ。
でも、「足あと」だけの道しかついていない。
これではちょっと歩けない。




でもまぁ、なにはともあれ、今年も一緒に遊べそうだ。
まだ1週間ほどしかたっていないが、もう雪はいりません。
「ふきのとう」のでる春が待ち遠しい。

(2014年3月のアーカイブを転載しました)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑
                      


Posted by カワセミ@旅人 at 17:39えぞりす

2018年02月14日

ポーズをとるエゾリス






(2011年11月のアーカイブを転載しました)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑
                      


Posted by カワセミ@旅人 at 17:01えぞりす

2018年02月13日

エゾリスとクルミ




今年の新米(しんまい)・・ではなくて、今年穫れたクルミ。



こちらは昨年産のクルミ・・・袋にいっぱいある。



おや?



おや・・おや?
背中にしょって持って帰るか。



・・・・

(2011年11月のアーカイブを転載しました)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑
                      


Posted by カワセミ@旅人 at 13:20えぞりす

2018年02月13日

クルミ割り




「オニグルミ」のかたさは半端ではない。
「菓子グルミ」とは違ってその頑固さには閉口する。
普通「頑固な・人」といえば軟弱なのが相場である。
それからすると野生の「オニグルミ」は名実ともに頑固である。

この「オニグルミ」の実をとるにはいろいろと方法があるようだ。
しかしこれといった決め手に欠いている。
アメリカの「カラス」は「菓子グルミ」を道路において車に轢(ひ)かすようだが、「オニグルミ」では割れない。
それでも方法はある。
「水に漬けてフライパンであぶる」、「ハンマーで叩き割る」、「電子レンジでチ~ンする」など・・、それぞれ危険が伴う。



圧力鍋ではどうか?・・と思ったのだが「圧力鍋」がない。
・・ということで身近にある「電子レンジ」で試してみた。
700ワットの2~3分・・ということでやってみた。
煙がモウモウとたち、焦げてしまった。
しかしクルミの口はあいた。



写真にうつそうと窓際でカメラをかまえているとエゾリスのなつこちゃんがやってきて、不思議そうに覗いていた。
なつこちゃんにお願いしようか。



ホッチキスの先っぽでクルミを挟み込むと簡単に割れた。
でも焦げすぎである。
もう少しワット数を下げるとか時間を短くするとかがいいだろう。
量が多いと電気代がかさむかもしれない。
とにかく電子レンジではクルミが破裂して危ない・・というリスクもある。

もう少し穏やかな方法を考えなくては・・。
時間はかかるが、野生のエゾリスのように土の中に埋めてから、取り出すのが一番かもしれない。
もっとも、芽がでてきて「苗木」になってしまうこともある。

(2009年9月のアーカイブを転載しました)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑
                      


Posted by カワセミ@旅人 at 13:18えぞりす

2018年02月12日

根性パパイヤ




庭のパパイヤはひねくれている・・といおうか、根性があるといおうか、とにかく逞しい。
ゴーヤの網棚にも負けてはいない。
しかしそろそろ伐採しようと思っている。
景観も悪いのだ。



漬物、果物に大活躍だったが冬は実も小さい。
それでも一人前に熟し始めると小鳥たちの食べものになる。
見ているとデザートではなくて「主食」になっているようだ。
小鳥たちは夏には見向きもしなかったパパイヤだったが、なぜか冬だけは食料としている。
ミカンが豊富になっているというのにパパイヤはモテモテである。



パパイヤの実を先ず最初にくちばしを突っ込んで食べるのはスーサーという鳥である。
和名では「ヒヨドリ」、日本全国、北海道の雑木林にもいる。
その次にやってくるのは臆病な「タイワンシロガシラ」である。
やはり体の大きさとクチバシの順番だ。



そして最後にやってくるのは「メジロ」と「ウグイス」の小さな鳥たちだ。
パパイヤの実を見事にきれいに食べていく。
果物に漬物に、そしてチャンプルーなどに大活躍してくれたパパイヤさん、小鳥たちといっしょに感謝、感謝である。

(2010年1月のアーカイブを転載しました)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑
                      


Posted by カワセミ@旅人 at 11:07みなみの野菜畑

2018年02月11日

畑(アタイグァー)の収穫・その1




虫も活動し始めたので早めに収穫した。
収穫したのは先月ということになる。
立派にはできていないが「21世紀枠」での収穫である←意味不明。
子どもたちが食べるのにはちょうど良い大きさだった。
りっぱにトウモロコシの味がした。
サトウキビの味ではなかった。



また再びトウモロコシのタネを蒔いている。
いったい一年間に何回収穫できるのだろうか。
今はもう4月下旬、夏野菜の植え付けもすでに終わっている。
売れっ子のゴーヤ、赤毛瓜、ヘチマ、オクラなどの活躍する時期である。



「島ラッキョウ」も収穫した。
これは少しづつ収穫している。
「ゴーヤ」とならんで人気野菜の定番とも云える。
またまたこれもあまり場所をとらないので植えつけている。



島ラッキョウはよく分球する。
小さければ小さいほど食べやすい。
料理の幅もふえる。




これは「道の駅」などで売られている「島らっきょう」だ。
浅漬けになる。
チャンプルーや浅漬け、テンプラなどさまざまな料理に合う。
ビールとの相性はとてもとても良すぎて、あごがはずれるかもしれない・・
アゴには要注意である。

(2010年4月のアーカイブを転載しました)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑
                      


Posted by カワセミ@旅人 at 13:07みなみの野菜畑

2018年02月10日

都屋漁港



「都屋(とや)漁港」、沖縄本島中部にある読谷(よみたん)村の港である。
ここでは美味しい「魚料理」や「海鮮丼」が手頃な価格で食べることができる。


最近ではやはり東南アジアからの観光客も多くなっている。
クジラの「ウォッチング」の舟などもこの港からでていた。


おいしい丼物は漁師飯の「定置丼」らしい。
さらにモズクやサカナの「テンプラ」もおやつがわりにおすすめである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑
                      


Posted by カワセミ@旅人 at 13:38まちかど散歩

2018年02月07日

なかゆくい




「なかゆくい」とは沖縄方言で「休憩」のことを意味する。
しかし「なかゆくい」とかかれた「トイレ」や「食堂」なども地元にはあるので、いろいろな意味でそれは使われている。



左が「アップルパイ」、右が「ブルーベリーパイ」である。
そして「ぜんざい」である。
大きさが分からないので、リモコンをそばに置いてみた。
「ぜんざい」には白玉が入っている。
持ち帰ってきたので紙コップに入ったままである。



それにしてもパイのほうは、ひとくちサイズのようだがかなり大きい。
ちょっとした休憩の「なかゆくい」には手ごろな相棒たちでもある。

(2008年6月のアーカイブを転載しました)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑
                      


Posted by カワセミ@旅人 at 16:43お茶タイムと料理

2018年02月05日

エゾリススナップ ‘10-1




今年の新鮮なエゾリスのスナップを。
重複している写真もあるかもしれない、気にしない、気にしない。
なかなかエゾリスの整理ができないので・・そう言い訳をするのが一番。



近くに接近して写せる・・というのがいい。
しかし全てのエゾリスがそうかといえばそうでもない。
あっという間に逃げるリスもいる。



大接近だ。
普通のデジカメでも大丈夫である。
あまりうるさくつきまとうとやはり別なとこに行ってしまう。
ほどほどに・・ということか。

(2010年8月のアーカイブを転載しました)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑
                      


Posted by カワセミ@旅人 at 19:32えぞりす

2018年02月04日

エゾリススナップ ‘10ー2




めい想にふけながら笛(尺八)を吹いているような顔に見える。
ドンちゃんの「ホラを吹く」のとはわけが違う。
あたり一面に知的な雰囲気が漂う。
できればワタシもこうありたい。







朝早くのエゾリス、雑木林の朝は確かに早い。
街中(まちなか)とここでもずいぶんと時間のずれを感じる。
とにかく空が明るくなると同時にエゾリスはやってくる。
朝から陽射しが強い。



ごく普通の顔になってしまった。

(2010年8月のアーカイブを転載しました)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑
                      


Posted by カワセミ@旅人 at 17:23えぞりす