さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2018年07月21日

ワイルドブルーベリー




旅の途中、東北の宿泊地の隣りに大型のDIYショップが見えた。
そこの「園芸コーナー」に少しだけ立寄ってみた。
売れ残りであろう見切り品のブルーベリーの苗が隅にいくつか置かれている。
なんと、「ワイルドブルーベリー」が他のブルーベリーといっしょに並んでいるではないか。
1鉢「300円」もしない格安の値段だ。
値段を3回ほど付け替えたようなラベルの貼り方をしている。
苦労したんだ・・。
「カシス」というグスベリの仲間も小じんまりと隅っこに・・、実にラッキーである。
大体がこういうのを買って育てるのも好き。
店では廃棄されるであろう・・かわいそうな「商品」である。
意外と苗は、しぶとく育っていくことのほうがおおい。
恩返しをしてくれるのだ。



前々から「ワイルドブルーベリー」はほしかった。
「ワイルドブルーベリー」は調べてみると「ビルベリー」と云うこともあるが、北欧やイギリス、北米産の野生種をひっくるめていってるようだ。
この苗の姿からするとどこの産のブルーベリーか分からないが、野生種の一種であることには間違いないだろう。



このブルーベリーは葉が薄くてずいぶんと細身である。
写真をみると実のほうもかなりの「紡錘形」をしていて小さい。
あとは花の色だが・・。薄いピンクの花だとうれしいのだが・・。



ブルーベリーの苗は酸性を好む。
・・ということなので鹿沼土と北海道産のピートモスをまぜて植えつけた。



「カシス」のほうも植え込んだが、乾燥には弱いらしい。
一見するとやはり「グスベリ」とそっくりである。
ブラックベリーの種類になるのだろうか・・「検索」してみるとこれもいろいろな品種があるようだ。



実をつけたら「ジャムづくり」をしてみたい。
以前に植えたブルーベリーもそれぞれの体力に応じて順調に育っている。
今年は珍しく、ひとつも実をつけなかったが。。。

(2015年4月のアーカイブを転載しました)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村 にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                        


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                      


Posted by カワセミ@旅人 at 07:51北の木の実ジャムづくり

2018年07月20日

今年(2018)もカーランツが色づく


2015/07/29
カーランツ、カシスの収穫
苦労知らずの小さな果樹である。放っといても育つ。赤いのは「カーランツ」である。語呂が似ている「シーラカンス」は関係ない。なんのこっちゃ。キュッと甘酸っぱい味がいい。子どもの頃に食べた懐かしい味・・という味か。イチゴといっしょにジャムにすると彩りも鮮やか、いいかもしれない。こ…




雑木林のあちこちでジャムづくりの材料が色づいている。
特にこの「カーランツ」はジャムの彩りにはピッタシだ。


丈夫で病害虫にも強い。
なんたって挿し木でよく増える。
少々手荒く植えても育つたくましさがある。
さあ、今年も赤い宝石のジャムをつくることにしよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑
                      


Posted by カワセミ@旅人 at 21:02ジャムづくり

2018年07月18日

北海道で花豆の栽培




北海道を旅行しているとオレンジ色のきれいな花をよく見かける。
「エンドウ豆」のようでもあり「ツルありインゲン」のような感じでもある。
もっとも、種類としては「ツルありインゲン」の仲間らしい。
田舎の田園風景にもよく冴える。


それでは・・ということで「花豆」をつくってみた。
ところがあの・・じゃなくてこの「寒さ」と「長雨」のおかげでまだまだ生長がかんばしくない。
これからが力の出しどころである、がんばれハナマメくん。

そしてうれしいことに花が終わると、紫色の大きな豆を収穫することができるのである。
もちろんそれは食べられる。
大きいので・・生で食べると歯が折れる←だれも生では食べないよ。
煮豆にすると柔らかくボリュームがあって旨い。
ビールのつまみにはちょっと合わないが「そら豆」のように干して塩味にするといいかも。
花豆は家庭でも簡単に栽培できる。
お試しあれ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑
                      


Posted by カワセミ@旅人 at 08:31きたの野菜畑

2018年07月17日

ヤマブドウは今




「とびっきり大豊作」と豪語していた雑木林のヤマブドウ、ここにきて訂正せざるを得なくなった。
なんたって稀にみる「梅雨」が道南に居座った。
そのため寒さもさることながら長雨が続いてしまった。
ファイターズの函館での試合も中止になったし「渓流釣り」の一泊旅行も雨にたたられた。

活発に活動する虫たちも萎縮して出歩かなかった。
オスの木からの花粉をうまく運べなかったということになる。
「花粉症」ならぬ「花粉欠乏症」が蔓延してしまった、残念である。


でも一方で、オスの木を必要としない「ヤマソーヴィニヨン」(ヤマブドウとカベルネソーヴィニヨンの交配種)はすくすくと順調に育っている。
大豊作間違いなしである。
・・とは云っても稀にみる「台風」がやってきて根こそぎ全滅?

ホント、秋の収穫期がまたまた心配になってきた。
西日本豪雨の災害地では袋がけしたブドウが全滅してしまった果樹農家のニュースを見た。
なんとか被災したブドウの木だけでも生かしたいと吐露していたのだが。
まったくやるせない思いである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑
                      


Posted by カワセミ@旅人 at 13:02北の木の実

2018年07月13日

サクランボ




サクランボは毎年きれいな花を咲かせている。
だが、しかし・・である。
まだその果実を賞味したことはなかった。
記憶の限りそうだった(・・食べたことがあったかもしれない)。

今までだいたいが小鳥や昆虫たちのデザートになっていた。
今年はふと気がつくと色づいたサクランボがなっていた。
でもわずかである、出荷するにはほど遠い。


それでも脚立をかけながら収穫することにした。
そしてハスカップや野生のイチゴなどいろいろな果実を少しずつ集めてはジャムにしている。
ヨーグルトのトッピングにはとてもいい。
そのまま果実の形を残して保存することもできる。

今はサクランボの旬でもある。
ジャム用のサクランボも売られている。
近くの「果樹園」で購入して、たくさんのジャムをつくることもできる。
サクランボが終わると次はブルーベリーの旬になるそうだ。
カシス、カーランツ、グスベリ、、コクワ、リンゴ、ヤマブドウ。。
ハッピージャムジャムの季節はめぐる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑
                      


Posted by カワセミ@旅人 at 09:05北の木の実

2018年07月11日

ツルウメモドキ




晩秋になると「ツルウメモドキ」を近くの山から取ってくる。
その姿は正月飾りにいい。
そしてその役目を終えるたびにこの雑木林にポイ捨てしている。


そうするとタネが自然に発芽する。
いたるところで自由奔放に育ちはじめるのだから面白い。
あちこちに苗が点在している。
大きくなったものは蔓性の植物なので、いろいろな木にからみついている。
羽交い締めに近い。


そして花が咲き、いつの間にか実をつけるようになってきた。
オスとメスの木があるのだがまだメスの花をここでは見ていない。
どこか近くにそのオスの花が咲いているに違いない。
まだまだ若い木だ、そのうちにたくさんの実をつけることだろう。
この雑木林でツルウメモドキは自給自足できるほどになるはずである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑
                      


Posted by カワセミ@旅人 at 16:18北の木の実

2018年07月10日

今年のスズメバチは少ない


2016/05/31
スズメバチの季節到来
スズメバチが小鳥のように飛交うようになった。本格的な夏も近い。そこで、昨年の「捕獲器」を集めて、いいかげんに洗浄することにした。いい加減だから洗うのも早い。それにしても、このような「捕獲器」のスペアは残念ながらない。なぜか焼酎を大量に飲む人がうらやましい。ホテルでのバイキング料理…




今年(2018年)は梅雨前線が活躍する道南だ。
一体(道南)どうなんだ?
親父ギャグもやや冴えるか。
で、雑木林でのスズメバチが今年は少ない。
スズメバチ愛好家にとってはどうも物足りない。

そんな中、久しぶりに大きなスズメバチを捕まえることができた。
女王蜂かな、まだうろうろしてる。
捕虫網の円月殺法が空を切る、するとその中に入っていた。
腕は鈍っていない。


ただ、スズメバチも「害虫」たちをたくさん駆除してくれる。
云うなれば「益虫」である。
テレビではわざわざあおり立てて怒らしているが、根はおとなしく慎ましやかな昆虫である。
だから何ごともほどほどの駆除にすることにしよう。
絶滅させるには忍びない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑
                      


Posted by カワセミ@旅人 at 20:50どうぶつと昆虫

2018年07月09日

この時期の薪ストーブと雨




今年はすぐにでも秋がきそうである。
うっとうしい雨はホントうっとおしい。
最初は恵みの雨だったのだがやはりなにごともほどほどがいい。
晩酌のほうもほどほどがいい。

雨が多いと朝晩は寒い。
今では20°Cを切ることは無いが湿度が80%とはこれいかに・・である。
こういう季節、天気、気温の時に「薪ストーブを焚く」というのはかなり難しい。


いけいけどんどんで焚くと暑くなりすぎる。
どんとぽっちで焚くとくすぶって寒すぎる。
そこで普段の薪を焚き付けサイズよりもちょっとだけ大きめに割ることにした。
いわば「細太薪」というイメージになるがやや意味不明である。
兎にも角にもその細太薪を燃やすことにしよう。
当分はお日様を望めそうにない。
雑木林の梅雨明けはいつだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑
                      


Posted by カワセミ@旅人 at 17:36薪ストーブ暮らし

2018年07月08日

山採りの山椒の木が実る


2016/08/25
山椒の木が実った
2014/10/30野生の山椒の木数年前、裏山にわけいって偶然見つけた野生の山椒の木。近くにもたくさん生えていた。がその場所はどこだったのか・・もう一度となると、もうよく分からない。あの時は戻ってくるのも大変だった。知人たちにも数本プレゼントした。残ったのは5本ほどだった。しかし、あの有名なエゾシカ、こじん…




裏山から採ってきたのは2014年頃だったか。
今年も実をつけている。
だが不思議なことにオスの花を見ることはない。
数本は友人知人に分けてあげたのだが、そちらでも実をつけている。
ここは雑木林が広い、裏山のどこかでオスの花が咲いているのかもしれない。


それとも朝倉山椒のように1本で実をつける「両性花」なのだろうか。
ま、とにかく実をつけてくれるので文句は云えない。
ちょっと「挿し木」をしてみたら2本は根付いてくれた。
近いうちに「フリーマーケット」もある。
1本10〜30円ほどで出品しようか。
ビールは買えないけどね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑
                      


Posted by カワセミ@旅人 at 18:46北のさんさい

2018年07月07日

島ラッキョウの収穫


2017/05/26
島らっきょうはコンパニオンプランツ
毎年もてあましていた「島らっきょう」。植えっぱなしで越冬もする手のかからない島らっきょうだが今回はコンパニオンプランツとして再デビューである。もちろん、この島ラッキョウは正真正銘の沖縄育ち。温室の片隅、その周りに植えることにした。そして、このにわか温室のために「小玉スイカ」と「アジウ…




島ラッキョウを少しだけ収穫した。
あまり真面目に栽培をしていなかった。
真面目さが売りだった昔の仕事がなつかしい。

島ラッキョウは年々やせ細っていくばかりだ。
いつも畑にあると真剣さが足りなくなる。
考えてみれば大事なコンパニオンプランツだ。
もっと大事に育てなければならない。
大事に育てて晩酌のつまみに役立てることにしよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑
                      


Posted by カワセミ@旅人 at 19:53きたの野菜畑