さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2018年11月30日

エゾリスは薪が好き





エゾリスくんをもう少し登場させることにしました。
ずいぶんと古い薪を割った。
表面にはカビがはえている、けれどチーズのカビと思えば気にならない。
むしろ熟成した「薪」だ、美味しいチーズだ。
多少、いいわけがましいね。



薪割りのおかげで後日、背筋やわき腹が痛くなってしまった。
日ごろの運動不足はいかんともしがたい。
スケジュールは「薪割り一日」ということで、翌日から「休憩二日間」、そして「温泉静養一日」、「薪割りもう一日」
・・忙しい毎日である。



きょうで連休も終わり。
昨日、主要な国道にでてみたがずいぶんと混雑していた。
北海道の道路とてやはり混むことが分かった。
高速道路も「無料化」になるらしいが、混雑どころか「暴走族」の遊び場になりそうだ。



今年は雑木林の木を伐採しなかった。
4~5年前の台風で倒れた木がまだまだあるので、これらの木の整理のほうが先決である。
「シルバー人材」にでもお願いしていっきに片付けて、「薪」にしたい気持ちはある。
やはりそうなると大きな「薪小屋」も必要になってくるだろう。



エゾリスくんはそんなおじちゃんの気持ちも分からず、無邪気に遊んでいる。
ちょっと邪魔になる。
・・そこどいて!

(2013年10月のアーカイブを転載しました)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑
                      


Posted by カワセミ@旅人 at 20:06薪ストーブ暮らし

2018年11月29日

ヘミングウェイさんと釣り




「至福のひととき」あるいは「ティータイム」はこういう本を読みながら味わうのがいい。
知的な回路が動き回る。
自分の頭が心なしか利口に見えてくる。


で、ヘミングウェイさんとは誰だった?
海も好きだったが川での「洗濯」も好きだった人かな。
「小説家」なのか「釣り人」だったのかはさておき「老人と海」で「ノーベル文学賞」も貰っているそうだ。


しかし、なんである。。。
やはり絵本のような「釣り」の本のほうが眠たくならない。
このほうがよく分かる。
自分の頭が利口に見えていたが、やっぱり「ノーベル文学賞」にはほど遠い。
・・・日本人の村上さん、あの人は近くて遠い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑
                      


Posted by カワセミ@旅人 at 17:54釣りを楽しむ

2018年11月28日

エゾリスの薪割り斧の棒わたり





では・・ちょっと芸をひろうしま~す
おじちゃん、みててね



おっ・・とっとっと



ワォ~、あぶない!



おじちゃん、もう一回ねぇ~



ん!・・




(2013年10月のアーカイブを転載しました)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑
                      


Posted by カワセミ@旅人 at 20:47薪とエゾリス

2018年11月27日

沖縄のJAXA




沖縄にもJAXA(ジャクサ)がある。
「宇宙通信所」である、いわば追跡所だ。


サッカーボール(?)が大きいので、パラボラアンテナが小さく見える。
沖縄では「自衛隊」、「在日米軍」たちのサッカーボールもあちこちに点在している、それがずいぶんと多い。
で、沖縄のサッカーチーム「FC琉球」がなんと「J3」で優勝を果たした。
ということで「J2」に昇格である。
サッカーファンならずともずいぶんとここでは沸き返っている。


北海道のコンサドーレは「J1」と「J2」を行ったり来たりしていたけれど、今は「J1」か。
「J2」だったら夢の対戦ができたかもしれない、残念。
それとバスケットボールのBリーグ、西地区では沖縄の「琉球ゴールデンキングス」が1位になってる。
レガンバは東地区で最下位かな。
こちらも南と北の対戦があれば面白いのだが。


そしてやっぱり「アンテナカード」が貰える。
今のところ全国では勝浦(千葉県)、臼田(長野県)、増田(鹿児島県)と「沖縄」の4カ所だけらしい。
貴重なカードのようである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑
                      


Posted by カワセミ@旅人 at 16:22まちかど散歩

2018年11月26日

薪ストーブいろいろ




石油の値上がりは底なしである。
ガソリンも灯油もまたまた値上げである。
そして「ビール」も値上げ、晩酌は「一斗缶」じゃなくて「ひと缶(350ml)」で我慢しよう。
・・できたら「500ml缶」での我慢。

倉庫のスミに眠っていたストーブ、が日の目をみている。
出番が回ってきた。
そのうちにまた石炭が復活するかもしれない。
  

石炭はまだ日本の地下に無尽蔵にねむっているという。
天然ガスもしかりである。  
東京の地下には天然ガスも豊富、「温泉」のほうもボーリングをするとどこからでも湧くらしい。  
首都が移転されると東京は人々のオアシスになることは間違いない。  
あの官庁街はすみやかに消えてほしい。

でもまず手始めに「皇族一家」が京都のほうに引っ越しするのが賢明だ。
もともとあちら方面の高貴なお方だったらしいから、なにも徳川さんのお城にこだわる必要はない。


さまざまな形のストーブである。 
写真の中の丸いストーブは貯炭式の石炭ストーブではなかろうか。
ダルマストーブの一種と思う。
いずれのストーブもまだまだ現役である。
燃料の石炭もまだ売られているに違いない。

調べてみるとストーブには今まで「ルンペンストーブ」、「フクロクストーブ」、「ダルマストーブ」、「カッヘルストーブ」、「泥炭ストーブ」、「ローランドストーブ」などがあったそうだ。
北国のお年寄りの方々にとってはなつかしいストーブかもしれない。  
北海道江別市の郊外にある「北海道開拓記念館」にはこれらのストーブが収蔵されている。 


最近、上記のストーブのほかにカラマツなどの間伐材やオガクズを圧縮させて小粒燃料を使った「ぺレットストーブ」というのが出回ってきている。
「そんなのは面白みがない、邪道だ・・」という薪ストーブ愛好家もいるが「あたたかく」見守ってあげたほうがいい。   

さらに中国や台湾製の鋳物ストーブも人気があるそうだ。 
欧米や北欧のストーブよりも安価なのが人気の秘密らしい。
大手の薪ストーブメーカーも中国で「鋳型」を作り、本国で生産しているところも多いそうだ。
アウトドア用のダッチオープンも「U.S.A」とかかれてはいるが、よく見ると生産は中国・・というのもほとんどだ。
「生産国」にこだわるアウトドア派の人たちにとっては なんともはがゆいことだろう。  


さて、中国製の鋳物ストーブといっても数多くのメーカーが存在している。  
よりどりみどりのきみどり(!?)だがメンテナンスのしっかりとした販売店から買うようにしたいものである。
思ったより評判のよい「ストーブ」も「販売店」もあるそうだ。
その逆もまた真なりかもしれないが。
・・「疑心暗鬼を生ず」というところで終りです。

(2007年12月のアーカイブ記事を転載しました)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑
                      


Posted by カワセミ@旅人 at 15:48薪ストーブ暮らし

2018年11月25日

首里城と守礼の門のインフラカード




「首里城」までは歩いて30分の距離にある。
往復で1時間はいい散歩コースといえる。
久しぶりにテクテク歩いてみた。

「守礼の門」は「時計台」とか「はりまや橋」と並んで三大ガッカリのひとつになってるらしいが、そんな気はしない。
結構回りの雰囲気に溶け込んで威風堂々としている。
この後ろに「首里城」がそびえている。


こちらがメインの「首里城」である。
中に入るのは有料なので外からパチリとうつす。
当初、ずいぶんと粗悪なウルシ(と思う)が塗られていた。
そのためあちこちの柱などの痛みが早かった。
今はどうなったのだろうか、多分おおがかりな補修が行われたはずである。


ここでは4種類のカードが配布されていた。
請求しなければ貰えないのだがそのうちの2種類がこれである。
きれいなカードである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑
                      


Posted by カワセミ@旅人 at 18:15まちかど散歩

2018年11月24日

白いツバキも咲き出す




カルロス・ゴーンという人が逮捕された。
逮捕は早すぎた。
できれば大晦日の「除夜の鐘」を聞きながらのほうが良かった。
(お寺さんは「ゴ〜〜ン」「ゴ〜〜ン」と応援する)
それにしても「東京拘置所」という別荘も手に入れるとは・・。
大金持ちはやっぱりどこか違うね。


巷(ちまた)ではこの「カルロス・ゴーン」と「Mr・ビーン」の「ローワン・アトキンソン」がそっくりとか云ってる。
なるほど、そうだ。
どうもテレビ画面いっぱいに映るゴーンさんの顔がMrビーンに見えてきて、失礼ながら笑ってしまう。

で、ツバキのはなしだが、このツバキは「加茂本阿弥」と云う。
今年は咲くのが早いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑
                      


Posted by カワセミ@旅人 at 17:56ねったい花木

2018年11月23日

庭のランが咲き出す




初雪の便りが遠くにいても聞こえてきた。
だんだんと本格的な冬になることだろう。
一応「水落とし」は外回りだけをしてきたが室内のほうもちょっと心配になっている。
でも戻るまでは凍りつくことはないだろう。

庭のランが咲き出している。
今年はつぼみが多い。


まったく手のかからないランである。
雨の日も風の日も木の枝にぶら下げているだけである。
鉢が手狭になってきた、春になったら株分けをしなければならないか。
それはファイターズのキャンプが終わる頃かもしれない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑
                      


Posted by カワセミ@旅人 at 18:17ねったい花木

2018年11月22日

薪・ピンからキリまで陽燦々




「ひ・さんさん」と読む。
難しい字だね。
そしてピンからキリまでの「薪々薪(まきまきまき)」を干している。
やがてひからびて薫製(くんせい)になりそうだ。
薫製の究極はやっぱり「木炭」、「石炭」のたぐいかもしれないけど。
その前にキノコが生えるか。


まだ木炭にもなっていない根性のある「薪」である。
北海道の道南が誇るブナ、カエデ、ミズナラたちだ。
ま、誇る・・と云っても単なるやせ我慢だが、燃やしてしまうのが惜しいほどの薪でもある。
「雑木林」の初雪はまだなのだろうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑
                      


Posted by カワセミ@旅人 at 10:30薪ストーブ暮らし

2018年11月21日

ジャムの木・ナツハゼ




この雑木林にはジャムの木が多い。
その野生のジャムの木の中で一番それらしいのが「ナツハゼ」である。
毎年、収穫するのが煩わしいほどに実をつけてくれる。
「ああ・・煩わしい」と云いながら収穫する。


今年(2018年10月)もその収穫時期がやってきた。
待っていなくても時期がやってくる、ありがたいことだ。
ヤマブドウの粒にとても酷似している。
まぜこぜにするとどれがどれか分からないかもしれない。
。。食べても分からないかもしれない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑
                      


Posted by カワセミ@旅人 at 17:45ジャムづくり