さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


雑木林に暮らす(Archives) › ろぐはうす › ログハウスのインフラ

2015年04月09日

ログハウスのインフラ





北海道の新天地を求めて土地を探し回っていた。
でも、これは!・・という土地を見つけても「水」と「電気」がどうなっているのか、それが一番気になるところでもあった。
当然と云えば当然だ。
問い合わせをするとあちこちから資料も送られてきた。
どこで調べたのか売り込みなどの電話もきたのには驚いた。
函館、ニセコ、富良野、美瑛、弟子屈、清里・・たくさんの地域が候補だった。
知床の自然、摩周湖の伏流水や温泉付きなども魅力的だった。

しかし北海道は広すぎた。
東北6県をあわせてもなお広い。
オランダ、デンマーク、スイスの2倍弱、沖縄本島の7倍以上である。
そこで沖縄からの「交通アクセス」も重要なポイントとなった。
とにかく移住といっても、当面は北と南の往復をしなければならない。



水は「沢水」、「井戸」そして明かりは「ろうそく」、「ランプ」、あれこれ。
まさか「ホタルの光」・・というわけにもいかない。
街中ならば水や電気の心配もないが、うっそうとした雑木林の中ではそうもいかない。
さらに道路もないような所では本物の「開拓者」になるしかない。
とにかく、ここは国道から少し離れているが車も通り、その心配もなかった。
道路脇には電柱もあり、公営水道もなんなく通っていた。
心配だけが先走っていたが土地を購入する時はやはり注意が肝要だ。
ついでに「先住民」としてのエゾリスくんたちもいたので、それは「おまけ」のようなものだった。
日々心がけが良いと「おまけ」は必ずついてくるようだ。



ただ、下水道のほうは街中にもなかった。
そこで「ポットントイレ」か「合併浄化槽」を選ばなければならなかった。
雑木林に穴を掘って・・と考えたが、隣近所迷惑でもある。
ワンちゃんを連れて優雅に散歩される人たちもすぐそばの道を通る。
やはり気品あふれる生活も必要だった。
                 「その2」につづく



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

          にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  にほんブログ村 小動物ブログ リスへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑

                    


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(ろぐはうす)の記事画像
ログハウス暮らしー2
あのころの「ログハウス」
ログハウスでティータイム
ログハウスの小鳥たち
雪のログハウス
雪らしい雪が降った
同じカテゴリー(ろぐはうす)の記事
 ログハウス暮らしー2 (2017-12-14 10:50)
 あのころの「ログハウス」 (2017-12-12 01:55)
 ログハウスでティータイム (2017-12-10 08:55)
 ログハウスの小鳥たち (2017-12-09 09:07)
 雪のログハウス (2017-12-07 14:30)
 雪らしい雪が降った (2017-12-05 11:48)

Posted by カワセミ@旅人 at 11:06 │ろぐはうす

削除
ログハウスのインフラ