さぽろぐ

  自然  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


雑木林に暮らす(Archives) › ぶろぐいろいろ › 「揚水発電所」は動いてるかな

2018年09月14日

「揚水発電所」は動いてるかな




京極町に「揚水発電所」があるそうである。
稼働はしていなかったらしい。
調べてみると北海道には「火力発電所」以外に「水力発電所」が結構ある。
稼働しているのかどうかは分からないが。

*高見発電所 静内川 ダム水路式(揚水式) 20万kW 北海道日高郡新ひだか町
*新冠発電所 新冠川 ダム水路式(揚水式) 20万kW 北海道新冠郡新冠町
*京極発電所 尻別川 ダム式(揚水式) 40万kW 北海道虻田郡京極町 3号機建設中、合計60万kW予定。
*滝里発電所 石狩川 ダム水路式 5.7万kW 北海道芦別市
*豊平峡発電所 ダム水路式 5万kW 北海道札幌市
*雨竜発電所 ダム水路式 5.1万kW 北海道名寄市

全部稼働で90万キロワットか、おおきいね。

記憶をたどって、以前のブログ記事を下記に載せてみた。
沖縄では電力需要が間に合ってるらしく、この海水揚水発電所(Jパワー)は沖縄電力との契約を2016年に打ち切られたそうである。



沖縄本島の北部(ヤンバル)に車を走らせた。
那覇からは高速道路(現在は無料)を使っても、この発電所にたどり着くには3時間ほどかかってしまう。
夜の電力で海水を汲み上げる「水力発電」の一種でもある。
海水での揚水発電は世界で唯一、ここだけだそうだ。



昼間はこの汲み上げた海水を落下させて水車を回し発電する。
最大出力は3万キロワットである。
一般家庭での1日の電力消費量を10キロワットとした場合は3,000世帯分に相当する。
ちなみにあの総すかんをくった東京ドームでの開幕戦ナイターを試算した時の一般家庭の電力消費量は9.7キロワットである



「沖縄やんばる海水揚水発電所」を一望できる場所がある。
ここから田舎の道を下っていく。



途中、このようなおもしろい標識もみられる。
ということで「海水発電所」をシリーズで紹介してみたい。
世界唯一、日本ではなぜかここだけである。
ヤンバルクイナもここだけ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
*クリックすると「ブログ村」にいきます↓↓↓ ランキングに参加しています

      にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


エゾリスの画像をクリックすると↑↑新しい「雑木林に暮らす(ブログ)」にジャンプします↑↑↑
                    


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(ぶろぐいろいろ)の記事画像
大地震・貨物列車が立ち往生
練習船、うしお丸の見学
閑居悠々-5(カーリング)
2018年の始まりです
メリークリスマス
台風18号が去った
同じカテゴリー(ぶろぐいろいろ)の記事
 大地震・貨物列車が立ち往生 (2018-09-07 09:04)
 練習船、うしお丸の見学 (2018-08-14 20:02)
 閑居悠々-5(カーリング) (2018-02-25 16:47)
 2018年の始まりです (2018-01-01 10:17)
 メリークリスマス (2017-12-25 06:43)
 台風18号が去った (2017-09-18 12:39)

Posted by カワセミ@旅人 at 09:15 │ぶろぐいろいろ

削除
「揚水発電所」は動いてるかな